【家売却】査定の流れとおすすめ一括査定サイト3選

不動産査定の流れ_サムネイル

家を売ろう!

と決めたら、次にすることは、不動産屋さんに査定をしてもらうことです。

この記事では、家の査定を依頼するまでの流れを分かりやすく説明しています。

そして、査定を依頼する不動産会社の探し方もお伝えします。

家の売却を誰に相談すればいいか分からない…

という方も、この記事を読めばすぐに次の行動に移れます。

是非、参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • 家の査定を依頼するまでの流れ
  • 不動産会社の探し方

【家査定】査定の流れを把握する

査定を依頼する…と言っても、不動産会社にいきなり依頼するのは失敗のもとです。

次の、査定の流れを見てください。

査定の流れ
  1. 相場価格を自分で調べる
  2. 一括査定サイトで査定を依頼する不動産会社を選ぶ
  3. 簡易査定(机上査定)を依頼する
  4. 訪問査定(詳細査定)を依頼する

この中で、省略しても良いのは、3の「簡易査定を依頼する」だけです。

1の「相場価格を自分で調べる」は、特に大切ですので詳しく説明しますね。

自分の家の価格相場を把握する

不動産会社に査定依頼をする前に、自分の家の価格相場を調べてみましょう。

少し面倒に思うかもしれませんが、自分で相場を把握することはとても重要です。

相場を把握しないまま査定依頼を進めると、こんなリスクがあります。

査定依頼をしないリスク
  • どの不動産会社の査定額を信じれば良いか分からない
  • 査定額が妥当かどうか判断できない
  • とりあえず一番高い査定額の不動産屋と契約してしまう
  • 売れないと不安になる
  • 値引きの要請にすぐ応えてしまう
  • 納得いかない価格のまま売却してしまう

このようなリスクを避けるためにも、自分の家の相場価格を調べてみましょう。

簡単に調べられるサイトを3つご紹介します。

土地総合情報システム(国土交通省)

国土交通省が公開している、不動産の取引価格情報サイトです。

不動産取引をした人のアンケートに基づいて情報が提供されているので、全てをカバーしているわけではありませんが、充分なデータを見ることができます。

  1. 取引の時期
  2. 不動産の種類(マンション、土地、一戸建てなど)
  3. エリア

を、選択して検索するようになっています。

>>>土地総合情報システムはこちら

レインズマーケットインフォメーション

REINS(レインズ)という、全国の不動産会社が加盟している情報共有システムがあります。

不動産会社しか扱うことのできないシステムですが、過去の取引事例を一般に公開しています。

それが、レインズマーケットインフォメーションです。

>>>レインズマーケットインフォメーションはこちら

レインズは、国土交通大臣指定の不動産流通機構が管理・運営している不動産情報サイトなので信頼できる確かな情報です。

是非いちどは使ってみたいサイトです。

goo 住宅・不動産

NTTグループの不動産総合情報サイトです。

国土交通省のサイトとレインズのサイトは、過去の取引事例を見るものでしたが、このサイトは、今現在売りに出されている物件を検索するサイトです。

>>>goo 住宅・不動産はこちら

ここで調べる価格は、成約価格ではなく売り出し価格なので、この価格で売れるかどうかは分かりません。

あくまで参考程度に考えてください。

このサイトは、自分の家の近くで、似たような競合物件が売りに出されているかどうかを調べたり、売り出し価格を設定する時の参考に利用することもできます。

査定してもらう不動産会社を探す

自分で家の相場がつかめたら、実際に不動産会社に査定依頼をします。

どの不動産会社に頼めば良いのか分からないという人は、一括で数社に査定依頼ができる一括査定サイトがおすすめです。

ネットで一括査定が便利

インタネットで一括査定サイトを調べると、数十という数のサイトが出てきて、どのサイトを選べば良いのか迷ってしまいます。

家売却におすすめの一括査定サイトを3つ、後ほど紹介しますので、参考にしてみてください。

その前に…

一括査定サイトは間違いなく便利でおすすめですが、万能ではないこともあわせてお伝えしておきます。

数少ないデメリットとして、こんな面があります。

一括査定サイトのデメリット
  • 一括査定サイトに参加していない不動産屋は見つけられない
  • 地方のエリアでは、対応できる不動産会社が1~2社しか見つからないことがある
  • 人気物件だと、営業の電話が集中することがある

このような面も踏まえた上で、一括査定サイトを賢く利用しましょう。

【家売却】おすすめ不動産一括査定サイト3選

では、おすすめの一括査定サイトを紹介します。

それぞれサイトの特徴と、おすすめポイントを掲載していますので、自分に当てはまるサイトを是非見つけてください。

また、ひとつのサイトだけでなく複数のサイトを利用するという選択もあります。

特に、地方のエリアで該当する不動産会社が少ない場合は、他の一括査定サイトも見てみることをおすすめします。

一括査定サイトおすすめその1:すまいValue

すまいValue_ロゴ

利用者が多く、人気なのが大手不動産会社が共同運営するすまいValueです。

査定対応不動産 マンション(分譲・一棟)、一戸建て、土地、ビル一棟、アパート一棟、その他(投資物件など)
運営会社 大手不動産会社6社の共同運営
提携不動産会社数 6社
対象エリア 全国(店舗数は全国890店舗)
主な提携不動産会社名 住友不動産販売、小田急不動産、東急リバブル、野村の仲介+(PLUS)、三井のリハウス、三菱地所ハウスネット
同時依頼可能数 最大6社
サービス開始時期 2016年10月
こんな人にオススメ 安心の大手会社に査定依頼したい方・都市部の不動産売却を検討している方・査定から売却まで手厚いサポートを受けたい方

この表は横にスクロールできます

すまいValue_超大手6社に一括査定

すまいValue』は、不動産業界を率いる大手6社の不動産会社が運営する「不動産一括査定サイト」です。

そのため提携している不動産会社も、運営会社である6社しかありません。

しかしこの6社というのは、それぞれ高い功績を持つ大手不動産会社たちです。

首都圏で過去3年間に不動産を売却された方454名を対象に調査したところ、67%(303名)の方が全国の不動産会社約12万社のうち、私たち6社のいずれかに売却の相談をした。

中でも、「三井のリハウス」「東急リバブル」「住友不動産販売」は、業界内の売上高ランキングトップ3の超大手不動産会社であり、この3社を含む6社に一括で査定依頼できるのは『すまいValue』だけなんです!

すまいValue_多くの利用者が取引に満足

1年間のうち『すまいValue』を運営する6社の不動産会社に、不動産の購入相談をするお客さんの数は、36万組以上です。

また、2019年度の契約成立した売買仲介取扱件数は、6社まとめると11万件以上にのぼりました。

『すまいValue』の特徴の一つは、誰もが知っている実績ある不動産会社が運営しているという安心感です。

そのためお客さんの満足度も抜群に高く、実際に6社のどれかを利用して不動産を売却したお客さんのうち96.7%が、

「トラブルなく安心・安全に取引できた」

と回答しています。

『すまいValue』を運営する不動産会社は、それぞれが全国各地に店舗を持っており、合計で全国に890店舗あります。

全国規模で集めた豊富な情報力で、その地域に合わせた不動産売却をサポートしてくれますよ!

不動産一括査定サイト_実際に使った人の口コミ

今回マンション売却のためにすまいValueで一括査定をし、その中から不動産会社を選びました。
結果、自分の希望額で売り出すことが出来たのでかなりスムーズに物事が進んだと思います。やはり大手企業はさすがですね!
40代/女性

サービス・対応全て満点

初めての不動産売却だったが、分からないことだらけの私に一から丁寧に説明してくれた。
売却については「あと2ヶ月待てばさらに高く売れますよ」とアドバイスしてくれ、それに従ったらかなり高額で売ることに成功。終始満足のいくサービスだった。
50代/男性
メリット デメリット
大手不動産6社に査定依頼できる
都市部の不動産売却に強い
査定から売却後までのサポートが充実
田舎など一部の地域には対応していない
大手不動産会社なので、値引きには応じてくれない
すまいValueの評判
  • 大手不動産会社ならではのスピード感で売却に成功
  • 終始満足のいくサービスを提供してくれた
  • 都市部やその近郊の不動産売却に強い

>>>すまいValueで査定依頼!<<<

すまいValue
公式サイトはこちら

すまいValueの評判・実態については、以下の記事で詳しくご説明しています。

すまいValue_サムネイル すまいValueの評判は?口コミからわかった特徴やメリット・デメリットまで徹底解説

一括査定サイトおすすめその2:イエウール

イエウール_ロゴ

すまいValueの次におすすめなのが、提携不動産会社数が多いことで有名なイエウールです。

査定対応不動産 マンション(分譲・一棟)、一戸建て、土地、ビル一棟、アパート一棟、区分マンション(収益)、区分所有ビル(ビル一室)、店舗・工場・倉庫、農地、その他
運営会社 株式会社Speee
提携不動産会社数 1,800社以上
対象エリア 全国
主な提携不動産会社名 大京穴吹不動産、三交不動産、三井住友トラスト不動産、みずほ不動産販売、日本住宅流通株式会社など
同時依頼可能数 6社
サービス開始時期 2014年1月
こんな人にオススメ 地方物件の売却を考えている方

この表は横にスクロールできます

【イエウールの特徴】利用者数&提携不動産会社数がナンバーワン!

イエウール_利用者数ナンバーワン

『イエウール』の特徴は、なんと言ってもその提携不動産会社数の多さです。

大手不動産会社だけでなく、地域密着型の優良不動産会社とも提携しており、北は北海道から南は沖縄まで、全国各地にある1,800社以上の不動産会社と提携しています。

そのため利用者数は1,000万人と、利用者の多さも業界トップクラスです。

『イエウール』がサービスを開始したのは2014年〜と他サイトと比べると遅めですが、ここ数年でこれほど多くの不動産会社と提携し利用者を得ているという点は、高く評価できますよね。

地方に住んでいて、不動産売却を検討している方には特にオススメしたい不動産一括査定サイトです。

【イエウールの評判】悪徳企業を排除するお客さん想いの一括査定サイト

イエウール_悪徳業者は徹底排除

イエウール』の凄さは、提携不動産会社数だけではありません。

『イエウール』は実際に利用した方からの評判が非常に良く、ネット上の口コミも良いコメントばかりです。

このような、良い口コミや噂から、更に利用者が増えているんでしょうね。

『イエウール』がそんなにも高い評価を得ている理由は、彼らが行う「悪徳企業は排除」のシステムにあると思います。

『イエウール』は1,800社以上の不動産会社と提携していますが、利用者からクレームが多い不動産会社との契約は解除し、常に”優良な不動産会社のみ提携している”状態を保っているのです。

まさに『イエウール』が提携している不動産会社は、厳選した1,800社なんですね!

また定期的にお客様アンケートも行い、サイトの改善に努めています。

イエウールの利用者の口コミ

不動産一括査定サイト_実際に使った人の口コミ

今回イエウールを利用して良かったなと思った点は、友人から聞いた悪評な不動産業者を査定申し込みする時点で排除できたこと
複数ある不動産会社の中から、自分で査定依頼する会社を選べるのは大きな利点だと感じました。
(40代/女性)
持ち家を売却したく、査定して頂くためにイエウールを利用しました。これまで不動産の査定とは何だか難しいイメージを持っていたのですが、イエウールは入力情報もシンプルで簡単。他サイトと比べて明らかに提携不動産会社が多いのも、有り難かったです。対応も素早く丁寧で、とてもオススメできます。(30代/男性)

イエウールのメリット・デメリット

メリット デメリット
全国1600社以上の不動産会社が提携
地方の物件も査定依頼可能
大手3社には査定依頼できない
イエウールの評判をまとめると
  • 利用者数&提携者数No.1
  • 評判の悪い不動産業者が徹底排除されている
  • 査定依頼はスマホ一つで簡単!
  • 地方の物件も査定依頼可能
イエウール(家を売る)

>>>イエウールで査定依頼!<<<

イエウール
公式サイトはこちら

イエウールの実態・評判は、以下の記事にまとめてありますので、ぜひご参考にしてください!

イエウール_サムネイル イエウールの評判は本当に最悪?「怖い・しつこい」の口コミから分かった実態を徹底解説

一括査定サイトおすすめその3:マンション.navi(マンションナビ )

マンションナビ

査定対応不動産 分譲マンション
運営会社 マンションリサーチ株式会社
提携不動産会社数 900社以上
対象エリア 全国
主な提携不動産会社 三菱UFJ不動産販売、みずほ不動産販売、センチュリー21グループ、大京グループ、大成有楽不動産販売グループ、近鉄不動産、日本住宅流通、ポラスグループ、中央住宅、朝日住宅
同時依頼可能数 9社(売買6社+賃貸3社)
サービス開始時期 2011年8月
こんな人におすすめ できるだけ高い値段でマンション売却したい方・売却と賃貸を比較検討したい方

3番目におすすめなのが、マンションリサーチ株式会社が運営する「マンションナビ」です。

【特徴】「仲介」「買取」「賃料査定」が可能!

マンションナビ_特徴マンションナビは、分譲マンションの査定に特化したサイトとなっています。

同じマンション査定に特化したサイトとしては、などもありますが、マンションナビの最大の特徴は「仲介」「買取」「賃料査定」の、3つ方法の検証ができること。

通常、賃貸の場合には賃貸専門、売却・買取なら買取専門の業者に依頼をしなければいけませんが、マンションナビなら手間を省いて一括で査定依頼が可能です。

また、運営会社のマンションリサーチ株式会社は、不動産業者へのコンサルティング業務なども行っている企業であるため、不動産業界で働いていた方が多く在籍しています。

そのため、専門性の高い情報を発信していることでも評判です。

【評判】中古分譲マンション売却に特化!マンション情報がかなり豊富

マンションナビ_評判中古分譲マンション売却に特化している一括査定サイトの中でも、マンションナビ情報の豊富さにかなりの高評価を得ています。

また、マンションナビではマンション名をいれただけで査定相場がわかるため楽チンという意見も多く見受けられます。

Googleマップから地域のマンション相場が調べられるのも嬉しいポイントです。

さらに無料のメンバー登録をするとマンションの階数や方角といった細かい項目に入力することが可能なため、より詳しい物件情報を知ることが可能になります。

利用者の口コミ

不動産一括査定サイト_実際に使った人の口コミ

マンション売却の得意な不動産会社と多数提携を結んでいると聞き、他の査定サイトより高く売れる会社とマッチングできるかも、と思い利用しました。他サイトとは異なり、賃料の査定も同時にできたのも非常に助かりました。賃貸としての運用も視野に入れて検討していこうとおもいます。(30代/男性)
マンション名とほんの数項目の情報入力の後、複数の不動産会社が見つかったため、非常に簡単で便利でした。また、マンション売却に特化している会社のためか、最初査定してもらった会社より数十万ほど上の査定額を得ることができたのも良かったです。(40代/女性)

マンション.navi(マンションナビ )のメリット・デメリット

メリット デメリット
売却6社+賃貸3社の合計9社に査定依頼できる
査定しなくてもおおよその相場がわかるサービスがある(マンション名でらくらく検索)
マンション売却に特化しているため、高く売却することができる
マンション以外の物件の査定ができない
マンションナビの評判をまとめると
  • マンション名・住所だけでおおよその相場が分かる
  • 仲介」「買取」「賃料査定」の3つの査定ができる
  • マンション売却に特化しているので高額で売れる

マンションナビ

>>>マンションナビで査定してみる!<<<

マンションナビ
公式サイトはこちら

マンションナビについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をごらんくださいね。

マンションナビ_口コミ・評判 マンションナビは本当に信憑性あるの? 評判や口コミ、使い方を徹底解説!

【家売却】2つの査定方法を比較

一括査定サイトで査定依頼をすると、査定方法を選ぶ項目がたいていあります。

2つの査定方法から選ぶことになります。

2つの査定方法
  • 簡易査定(机上査定)
  • 訪問査定(詳細査定)

このふたつ、どちらを選ぶべきでしょう?

物件やあなたの状況によって変わりますので、下の説明を参考に、検討してみてください。

簡易査定(机上査定)

簡易査定は机上査定とも呼ばれ、実際の物件を見ずに机上でデータだけを頼りに査定する方法です。

依頼から早ければ数時間、遅くとも3日以内には査定結果がもらえるので、手軽で便利な査定方法です。

その代わりに、査定価格の精度に欠けるというデメリットがあります。

通常は、簡易査定を4~6社に依頼し、各不動産会社の査定価格や各担当者の対応などを見て、さらに詳細な訪問査定を1~3社に依頼するというステップを踏むことが多いです。

ただし状況によっては簡易査定を省略して、最初から訪問査定を依頼する方が良い場合があります。

簡易査定を省略したほうが良いケース
  • 売却までに時間の制限がある
  • すでに売却することを決めている
  • マンションではなく一戸建ての家
  • きれいに使っている又はリフォームをした家
  • 一括査定サイトで、該当の不動産会社が2~3社しかない

では、訪問査定はどんな場合に適しているのでしょう…

訪問査定(詳細査定)

訪問査定は、不動産会社の担当者が物件を見た上で、査定価格を出す方法です。

簡易査定は省略できますが、訪問査定は契約前に必ず行われます。

机上のデータだけでは分からない情報を加味した上での査定ですので、簡易査定より精度の高い査定価格を知ることができます。

ただし、訪問査定となると不動産会社の担当者と日程の打ち合わせをしたり、実際家に来てもらったり、その後、販売活動の見通しなどを聞いたりしますので、簡易査定ほど気楽に依頼はできなくなります。

2~3社にしぼって依頼をするのがおすすめです。

家売却|査定の流れとおすすめ一括査定サイト【まとめ】

家の売却を決めたあと、どのように査定の依頼をすれば良いのか、イメージはつかめましたか

査定の流れと、おすすめ一括査定サイトを最後にまとめておきます。

査定の流れ
  • 自分で相場価格を調べる
  • 一括査定サイトで査定依頼をする
  • 簡易査定か訪問査定を選ぶ
おすすめ一括査定サイト
  • すまいValue
  • イエウール
  • マンション.navi

家の売却活動を、ホップ!ステップ!ジャンプ!で例えると、査定依頼はホップの段階です。

ホップではずみをつけたら、次はステップ!

いよいよ不動産会社と媒介契約を結んで、実際の販売活動を開始します。