マンション査定で押さえるべきポイントとは?|マンション売却の注意点から、より高額で売るための方法まで

マンション査定_ポイント

マンションを査定に出そうと考えたとき、何をすればいいのか、査定に出す際注意すべき点は何かなど、不安になることが多いでしょう。

ここでは、マンションを査定に出してから売却に至るまでの流れや、マンションの査定されるポイントなどを紹介していきます。

また、マンションの査定に必要な書類や、査定に出す際、注意すべきポイントについても簡単に解説します。

マンションの査定を考えている方には、不動産一括査定サイトがおすすめです。

ネット上で査定でき、不動産会社へ売却を依頼するところまで無料でしっかりとサポートしてくれます。

不動産一括査定サイトを利用するなら、業界で一番人気のある「すまいValue」がおすすめです。

すまいValueは、不動産業界をリードする6社が運営しており、年間取引件数は10万件以上です。

6社合計の店舗数は全国900店舗あるため、気軽に相談できるのも魅力です。

最大で6社と比較して、不動産の価値を調べることができ、一番納得できる価値を選択できるので安心して使うことができます。

>>>すまいValueで無料査定してみる

マンションの査定から売却までの流れ

マンション査定_流れ

マンションを売るためには、まず査定に出さなくてはなりません。

ここでは、マンションを査定に出してから売却に至るまでの流れを解説していきます。

マンションを査定に出すにあたって、ここで紹介する手順を飛ばしてしまうと、相場よりも安い金額で手放してしまうなどの失敗に繋がります。

一度ここでマンションの査定から売却までの流れを把握して、より良い不動産会社と取引をしましょう。

マンション査定の流れ
  1. 簡易査定(机上査定)で不動産会社を選抜
  2. 訪問査定をした後、より良い会社と契約
  3. マンションの売り出し

簡易査定(机上査定)で不動産会社を選抜

マンション査定_簡易査定で良い会社を見つける
マンションを査定に出す際には、まず簡易査定(机上査定)をしましょう。

簡易査定とは、不動産会社と直接のやりとりをせずに、その物件の価格を算出する方法です。

簡易査定は、多くの不動産会社のホームページで行うことができます。

不動産会社が変われば、この簡易査定で算出される金額も変わってくるため、一度複数の会社で簡易査定をすると良いでしょう。

また、不動産会社の簡易査定を一括で受けられるサイトは、下記にてまとめていますので、コチラをご参照ください。

訪問査定をした後、より良い会社と契約

マンション査定_訪問査定を依頼_契約

簡易査定をして、良い不動産会社が見つかったら次は訪問査定をしましょう。

訪問査定は、実際に不動産会社の人に物件を見てもらって、直接査定してもらう方法です。

簡易査定で結果の良かった会社を何社か選び出し、その中から訪問査定を依頼しましょう

また、マンションの査定はあくまでも、これくらいの値段なら買い手が付きそうだという、見積もりです。

査定額が高いから、という理由だけで不動産会社と契約をしないようにしましょう。

マンションの売り出し

マンション査定_売り出し

簡易査定、訪問査定を終えて、より良い不動産と契約ができたら、いよいよマンションが売りに出されます。

売り出しの価格は、自分で決めることができます。

不動産会社が見積もった査定額を参考にしたり、自分で相場を調べるなどして、売り出し価格を設定しましょう。

また、エリアごとに物件の相場を調べることのできるサイトもあります。

コチラで紹介しておりますので、ぜひご参考ください。

まとめ

マンション査定_流れ_まとめ

マンションを売却するときは、まず、簡易査定を行い、次に訪問査定をして、仲介する不動産会社を決めましょう。

簡易査定をせずに、不動産会社を決めてしまうと、相場よりも安い価格で売り出すなど、売却の失敗につながります。

また、不動産は、売りに出してから売却まで6ヶ月程度かかると言われています。

マンションを売りに出す際には、余裕を持って準備すると良いでしょう。

マンション査定の流れ
  1. 簡易査定
  2. 会社の選定
  3. 訪問査定
  4. 不動産と契約
  5. 売り出し

マンションを査定に出す前にするべきこと4選

マンション査定_査定前にすべきこと4選

マンションを査定に出すとなった際には、様々な書類や、やっておくべきことが沢山あります。

ここでは、マンションを査定に出す前にやっておくべきことを4つ紹介していきます。

これから紹介することを事前にやっておけば、マンションの売却をスムーズに行うことができるでしょう。

必要な書類の準備

マンション査定_必要な書類マンションを売りに出す際には、マンションを購入した際の契約書や、建物の図面など、様々な書類が必要になってきます。

物件を査定に出そう、売りに出そうと考えたときは、まず、必要な書類を集めましょう。

マンションの査定や売却に必要な書類は、コチラでまとめていますので、ぜひ、参考にしてみてください。

マンションの簡易的な修繕

マンション査定_修繕マンションを査定に出す際には、住んでいるうちに壊れてしまった部分を修理すると良いでしょう。

扉の建て付けや、壁紙の張り替えなど、安価でできる修繕をすることで、見栄えも良くなり、売却の際、有利に働きます。

また、大規模なリフォームをしても、査定額が大幅に変わることは滅多にありません。

中古マンションを購入する人の中には、自分でリフォームをしたいと考える人も多いため、大規模なリフォームはあまり必要ないでしょう。

住んでみないとわからない情報の書き出し

マンション査定_書き出しマンションを査定に出す際や、売りに出す際に、そのマンションに住んでみないとわからないことを書き出しておくと良いでしょう。

物件の特徴を書き出しておくことで、その物件のセールスポイントや、良くない点を事前に把握でき、不動産会社とのやりとりが楽になります。

良い面だけでなく、悪い面も伝えることで、売却が決まった際、買い手とのトラブルを避けることができます。

相場の事前確認

マンション査定_相場_事前確認マンションを査定に出す際は、事前に近辺のマンションがどれくらいの金額で売れたのか、確認しておくと良いでしょう。

事前に相場を知っておくことで、売りに出すマンションの適正価格を把握することができます。

これらのサイトを使えば、過去に売れた物件の価格を閲覧することができるため、利用してみると良いでしょう。

サイト名 特徴
レインズマーケットインフォメーション 公益財団法人 不動産流通機構が運営している
土地総合情報システム 取引価格と、土地の相場をそれぞれ把握できる
価格天気図 場所や年代を遡って価格を閲覧できる

マンションの査定に必要な書類とは?

マンション査定_必要な書類ここでは、マンションを査定に出す際や、売却する際に必要な書類をまとめています。

その書類がどういった物なのかや、どういう役割で必要なのかを簡単に説明していきます。

これからマンションを査定に出そうと考えている方は、一度目を通しておくと良いでしょう。

必要な書類
  • 身分証明書
  • 間取り図
  • 登記済権利書
  • 固定資産税納税通知書
  • マンションの利用規約
  • 重要事項調査報告書

身分証明書

マンション査定_身分証明書マンションの査定や、売却にも、身分証明書は必要です。

運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど、本人確認ができる物が必要です。

間取り図

マンション査定_間取り図マンションの間取りを確認するための書類です。

その物件の情報を買い手に提供する際に必要となります。

マンションの購入時に受け取る物ですが、もし手元になければ、登記所の窓口で受け取ることができます。

登記済権利証

マンション査定_登記済み権利書登記済権利証とは、いわゆる権利書です。

そのマンションが、名義人の物であるということを証明する書類です。

不動産を手放す際に、買い手などの売却先に渡す必要があります。

固定資産税納税通知書

マンション査定_固定資産税納税通知書その物件の所有者に課せられる固定資産税を詳細に記した書類です。

固定資産税の納税義務は、売主にありますが、一般的に売主と買主で分割するのが一般的です。

そのため、固定資産税の詳細な情報が必要です。

マンションの利用規約

マンション査定_利用規約マンションには、ペットや駐車場に関することを始めとした、様々な利用規約が設けられています。

買主は、その利用規約も物件購入の判断基準とするため、マンションの利用規約は、査定、売却に出す際に必要となる書類です。

重要事項調査報告書

マンション査定_重要事項調査報告書マンションの一室に関してではなく、マンション全体の重要な情報を記載した書類を、重要事項調査報告書と言います。

重要事項調査報告書はマンションの管理会社が発行しており、マンションの耐震性や、今後の改修予定の有無などについてが記載されています。

こちらも、物件購入の判断基準となるため、査定、売却の際には必要となる書類です。

必要書類まとめ

マンション査定_査定に必要な書類マンションを査定に出したり、売却をする際には必要な書類が非常に多くあります。

また、ここで紹介した書類が全てではありません。

不動産会社、またはマンションの管理会社によって、必要となる書類が異なる場合がありますので、査定に出す前に、必ず確認しましょう。

必要な書類一覧
  • 身分証明書
  • 間取り図
  • 登記済権利書
  • 固定資産税納税通知書
  • マンションの利用規約
  • 重要事項調査報告書

マンション査定の方法は4つ!無料で査定できる方法は?

マンション査定_無料査定位_方法

マンションを査定する方法は、直接不動産会社に依頼をするだけではありません。

ここでは、マンションを査定する方法を4つ紹介していきます。

これから紹介する中から、自分の目的に合う方法を探して、マンションの査定をしましょう。

不動産会社に直接依頼する

マンション査定_直接依頼直接不動産会社に依頼すると、マンションを売りたい場合などは、売却までの流れがスムーズになるでしょう。

不動産会社は大きく、大手と地域密着型、の2種類に分けることができます。

大手は店舗数が多いため、情報が渡りやすく、また、今までの取引によるデータも豊富なため、買主が付きやすいのが利点です。

対して、地域密着型は、その地域の土地や建物を詳しく把握しています。

また、売主の要望にも柔軟に対応してくれることもあるため、融通が効きやすいのも特徴と言えます。

ポイント!
  • 大手は情報量が多く、買い手が付きやすい!
  • 地域密着型は独自のネットワークがあり、融通が効きやすい!

不動産鑑定士に依頼する

マンション査定_不動産鑑定士不動産鑑定士とは、マンションなどの物件を法律に基づいて評価する国家資格です。

他の査定と違い、不動産鑑定士に査定を依頼すると、20~30万円ほどの費用がかかります。

不動産鑑定士の作成する不動産鑑定評価書は、公的な証明書となります。

遺産分割など、マンションの評価額を証明する必要がある際に利用すると良いでしょう。

ポイント!
  • 一回の査定に料金がかかる
  • マンションの売却にはあまり向かない

シュミレーター・AI査定

マンション査定_シュミレーターAI膨大な取引データを元に、実際に売却された価格に近い査定額を、AIが自動で算出します。

また、直接不動産会社に査定依頼をするのと比べて、査定結果がすぐに出るのが特徴です。

さらに、多くのサイトで匿名での査定ができるので、不動産会社からの営業も受けずに済みます。

一度シュミレーター・AI査定で算出された価格を基準に、他の不動産会社に提示された査定額を比較するのが良いでしょう。

ポイント!
  • 査定結果がすぐに出る
  • 不動産会社を選ぶ基準として利用するのが良い

不動産一括査定サイトを利用する

マンション査定_一括査定サイト1社ずつ不動産会社に簡易査定の依頼を送るのは時間がかかります。

しかし、不動産一括査定サイトを利用すれば、一度に複数の不動産会社に、簡易査定の依頼を送ることができます。

下に不動産一括査定サイトの特徴を、それぞれまとめましたので、自分に合ったサイトに査定依頼を出すと良いでしょう。

サイト名 特徴 こんな人におすすめ
イエウール 利用者数&提携者数 No.1!

悪徳業者の徹底排除

地方の不動産を売却したい方
マンションナビ マンション売却に強い

仲介」「買取」「賃料査定」の3種類の査定ができる

査定なしでおよその相場を調べられる

売却・買取・賃貸の比較して検討したい方
リビンマッチ 査定できる不動産の種類が豊富

買取の一括査定もある

買取・賃貸の一括査定も依頼したい方
Smoola マンション売却に強い 売却・賃貸のどちらも検討している方
イエイ 契約の断り代行がある 地方での不動産売却を考えている方
すまいValue 都市部やその近郊の売却に強い 都市部での不動産売却を考えている方
HOME4U 中堅・地域密着型の不動産会社とも提携 郊外の不動産を売却を考えている方
おうちダイレクト インターネットで売り出せば仲介手数料無料

都市部の売却に強い

自分のペースで売却したい方

都市部での不動産売却を考えている方

LIFULL HOME’S 希望の会社に直接連絡できる 高く売れそうなら、直接不動産会社と話がしたい方
イエシル(IESHIL) 首都圏売却に強い

物件の周辺状況を詳しくチェックできる

一都三県にあるマンションを売却査定したい方

マンション査定に影響するポイント10選

マンション査定_査定_影響するポイント

ここでは、マンション査定の際に、査定額を算出するための基準となっているポイントを10種類、紹介していきます。

実際に売り出す際のアピールポイントにもなりますので、一度目を通しておくと、新しい発見があるかもしれません。

査定に影響するポイント10選
  1. 立地条件/周辺状況
  2. 築年数
  3. 耐震基準/構造
  4. 部屋の階数/方角/位置
  5. 広さ/間取り
  6. 設備/内装の状況
  7. 共有部分
  8. 管理状況/セキュリティ
  9. 管理費/修繕積立金
  10. 施工・販売会社

立地条件/周辺状況

マンション査定_立地条件_周辺状況駅からの距離や、生活に必要な施設が近隣にあるかなど、そのマンションの住みやすさが、物件にとって重要な要素です。

また、駅から近いことや、周辺の環境が整っていることだけでなく、景観の良さもアピールポイントになるでしょう。

ポイント!
  • 駅が近かったりなど、利便性が良いと、高く評価されます
  • 自然が多かったり、夜間に暗い場所が少ないこともアピールポイントになります

築年数

マンション査定_築年数基本的に、築年数が経過するほど、物件の査定額は下がっていきます。

価格は、築20年まで急落し続け、21年目から加工幅が緩やかになります。

マンションをできるだけ高く売りたいのであれば、査定に出すタイミングは早い方が良いと言えるでしょう。

ポイント!
  • 築年数は少ない方がいい
  • 高く売りたいなら、できるだけ早く査定、売却に出す

耐震基準/構造

マンション査定_耐震基準地震の多い日本では、耐震性も物件にとって重要な要素です。

1981年に耐震基準法が改定され、それ以降に建てられた物件の方が高い評価を受けます。

また、鉄筋コンクリートの物件も、耐震性が高いため、評価が高くなるでしょう。

免震構造や制振構造を取り入れているとなお良いでしょう。

ポイント!
  • 1981年以降と以前では評価が変わる
  • 鉄筋コンクリートや、耐震構造が充実していると高く評価される

部屋の階数/方角/位置

マンション査定_階数_方角_位置部屋からの見晴らしや、日当たりの良さ、部屋の場所は、物件の査定において重要です。

高層階の部屋や、南向きの部屋角部屋は、他の部屋と比べてそれだけで評価が高くなります。

また、南向きや高層階でも、目の前に建物が合って日当たりが悪かったりすると、良い評価にはならないでしょう。

ポイント!
  • 日当たりの良さや見晴らし、部屋の位置が重要
  • 目の前に建物が建つ予定があると、評価が下がる場合もある

広さ/間取り

マンション査定_間取り_広さ部屋の広さや、間取りによって、買い手の需要は変化します。

例えば、部屋が多くて広いマンションであれば、家族連れに需要がありますし、1LDKはは、一人暮らしや高齢夫婦に人気です。

立地や周辺状況に加え、そこに適した広さや間取りであれば、より高い評価を受けるでしょう。

ポイント!
  • 広さや間取りによって、需要のある客層が変わる
  • 立地場所や周囲の状況と、広さや間取りとの相性が良ければ高評価

設備/内装の状態

マンション査定_設備_内装水回りや玄関、収納などが充実していると、良い評価を得られます。

特に水回りは重要で、著しい劣化や破損がある場合は、評価を下げてしまうかもしれません。

簡単に直せる物であったり、交換できる物であれば、修繕しておくと良いでしょう。

ポイント!
  • 風呂の追い焚き機能や、床暖房なども評価される
  • 簡単な修繕や掃除をしておくと良い

共有部分

マンション査定_共有部分エントランスや駐車スペースなども、査定での評価対象になります。

また、インターネットは通っているかや、宅配ロッカーなどがあると、より良い評価を受けるでしょう。

しかし、共有部分は管理会社によって大きく変化し、個人での対応はできません。

何か共有部分に不備があれば、一度管理会社に連絡してみると良いでしょう。

ポイント!
  • 共有部分が充実していると、それだけで評価が良い
  • 管理会社に依存する部分が多いため、個人での対応は難しい

管理状況/セキュリティ

マンション査定_セキュリティ_管理状況しっかりと管理され、セキュリティの整った物件は、高く評価されます。

オートロックや監視カメラが設置されていたり、エントランスや廊下が清掃されていると、それだけで評価が良くなるでしょう。

しかし、こちらも管理会社に依存する部分が多いため、個人での対応は難しいでしょう。

何か不備があれば、管理会社に連絡をすることで、解消できるかもしれません。

ポイント!
  • セキュリティが整っていると、それだけで評価が良い
  • 管理会社に依存する部分が多いため、個人での対応は難しい

管理費/修繕積立金

マンション査定_管理費_修繕積立金共有部分の維持費や修繕費、マンションの管理費の負担が大きいと、査定額は下がる傾向にあります。

また、これらの管理費や修繕の積立金を滞納していないか、確認されます。

もしマンションを売却する際、これら管理費や修繕費の滞納がある場合、売却前に解消しておくと良いでしょう。

滞納分を値引きすれば、マンションの売却は可能ですが、買い手が見つかりにくくなってしまいます。

ポイント!
  • 管理費や修繕積立金が高いと、査定額は下がってしまう
  • もしこれらを滞納している場合は、売却前に解消しておくべき

施工/販売会社

マンション査定_施工会社実績の豊富な施工会社や、有名な開発業者の手掛けた物件は、その会社に対する信頼から、査定額が上がる可能性があります。

また、大手の不動産会社が販売した物件であれば、同様の理由で、査定額が上がる場合があります。

ポイント!
  • 有名な会社が関わっている物件は、信頼があるため、高く査定される場合がある

マンションの査定で注意すべきポイント6選

マンション査定_注意すべきポイントマンションの売買は、そう頻繁にする物ではないでしょう。

ここでは、そんな数少ないマンションの売買で、失敗しないためのコツを6つ紹介していきます。

これから紹介するポイントを把握してマンションを査定に出せば、大きな後悔を避けることができるでしょう。
#小目次

複数の不動産会社で査定を受ける

マンション査定_複数で査定を受ける少しでも高い査定額を出したいのであれば、必ず複数の不動産会社で査定を受けましょう。

複数の不動産会社で簡易査定を受けることで、どの会社が高く買ってくれるかの目処が立ちます。

簡易査定で高い査定額が出た会社の中から数社選んで、訪問査定を依頼し、より良い不動産会社と契約を結ぶと良いでしょう。

また、複数の不動産会社の簡易査定をまとめて受けられる手段もありますので、詳しくはコチラをご覧ください。

査定額だけで不動産会社を選ばない

マンション査定_査定額で会社を選ばない高い査定額を出した不動産会社だからといって、それだけの理由で契約を結ぶのは、少々危険があります。

査定額はあくまでも、「これくらいの金額で売れそう」という目安ですので、実際に売れる金額とは異なる場合があります。

訪問査定を依頼した時に、最も信頼できると感じた会社に依頼すると、安心感もあり、おすすめです。

査定額の根拠を確認する

マンション査定_根拠の確認訪問査定の際、高い査定額を提示した不動産会社には、必ず、なぜその査定額になったのか、根拠を尋ねましょう。

悪質な不動産会社と契約してしまうと、高い査定額で売り出してくれるかもしれませんが、あまりに高すぎると売れ残ってしまいます。

マンションを査定に出す場合は、提示された査定額になった理由を聞くことをおすすめします。

マンションは査定額のまま売却できない

マンション査定_査定額のまま売却できないマンションの査定額とは、あくまでも「これくらいの値段ならば売れるだろう」という憶測の金額です。

必ずしも、最初に提示された査定額で売却できるとは限らないことを、理解しておく必要があります。

物件の瑕疵(欠陥)を必ず提示する

マンション査定_物件の瑕疵_提示瑕疵とは、元々その物件が備えている性能を発揮できない欠陥のことを指します。

日本では、この瑕疵が見つかった際、発見から1年以内であれば買主は売主に修繕費を請求することができると、法律で決まっています。

これでは、いつまでも売主が修繕費用を持たなくてはならないので、契約書には、より具体的な期間が記載されています。

しかし、瑕疵が見つかると、どうしても売主と買主でトラブルに発展する原因となります。

トラブルを引き起こさないためにも、事前に瑕疵や欠陥がある場合は提示するようにしましょう。

住宅ローンの残高は確認しておく

マンション査定_ローン残高もし、住宅ローンを組んでマンションを購入したのであれば、事前にローンの残高を確認しておきましょう。

ローンがまだ残っている状態でも、マンションを売却することは可能です。

しかし、ローンの残債が売却額を上回っていた場合、売却額でも補いきれない金額を一括で支払わなくてはなりません。

マンションを売却する際には、必ず住宅ローンの残高を確認しておくようにしましょう。

マンション査定でよくある質問|Q&A

マンション査定_Q&Aマンションの売買は、あまり頻繁に行うことではありません。

そのため、マンションの売却を考える際には、様々な疑問が湧いてきます。

ここではマンションを査定に出す際によく見られる、疑問や質問を解消していきます。

Q&A 一覧
  • マンションを売るために掛かる費用は何があるの?
  • 査定前にクリーニングやリフォームは必要?
  • 住みながらでもマンションの売却はできるの?
  • マンションが売れやすい時期はある?
  • マンションを匿名で査定できる方法はある?

Q.マンションを売るために掛かる費用は何があるの?

売却価格によって変動しますが、基本的には税金や仲介手数料が主で、その他諸経費がかかります

Q.査定前にクリーニングやリフォームは必要?

基本的に、大規模なクリーニングやリフォームは必要ありません

しかし、簡単に修繕できる部分や簡易的な掃除はしておくと良いでしょう。

Q.住みながらでもマンションの売却はできるの?

可能です。
内見の際に、買主が実際に住んでみた場合の想定をしやすくなるので、住みながら売却することが有利に働くこともあります。

Q.マンションが売れやすい時期はある?

基本的にはありません。

しかし、マンションは築年数が経過するほど、価値が下がっていくため、できるだけ早期に売却した方が、高額で売ることができます。

Q.マンションを匿名で査定できる方法はある?

詳細に査定する際は難しいですが、簡易査定であれば、LIFULL HOME’Sの利用がおすすめです。

複数の不動産会社の簡易査定を、一括で受けることができるので、不動産会社を選定する際にも便利です。

マンション査定|まとめ

マンション査定_まとめマンションを査定に出したり、売却したりするということは、そう頻繁に行うことではありません。

不慣れなことも多い中、できるだけ失敗を減らすには、これまでに紹介したことを意識して、査定に出すと良いでしょう。

ここで紹介したことの他に不安なことがあれば、プロに相談すると、より詳しく説明してくれるはずです。

マンションを査定するときのポイント!
  1. 複数の不動産会社に査定依頼をする
  2. 査定額だけで不動産会社を選ばない
  3. マンションは査定額のまま売却できるわけではない
  4. 物件の良い点と悪い点、どちらも提示する