FXとは?初心者のための基礎知識

ネット生命保険のおすすめまとめ!メリットとデメリットから見る加入すべき理由とは

記事監修者紹介
松葉 直隆 大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。  その後、2016年6月より保険のドリルをはじめとする保険媒体の記事監修を務める。

生命保険によっては、ネット申し込みができる商品があることをご存じですか?

来店申し込みとネット申し込みの両方を受け付ける商品もあれば、ネット申し込みに特化した保険会社もあります。

この記事では、ネット上で契約できるおすすめの生命保険をメリット・デメリットも絡めてご紹介いたします。

また加入制限が細かい定期保険だけでなく、引受基準緩和型の定期保険も説明いたしますので、体調のため保険加入に不安のある方々もぜひご覧ください。

この記事の要点
  • 生命保険のネット申し込みのデメリットは、短所にならないこともある。
  • 掛け捨て型の生命保険のおすすめは、アクサダイレクト生命とSBI生命の商品。
  • 引受条件緩和型の生命保険は、メットライフ生命とアクサダイレクト生命の商品がおすすめ。
  • 保険の新規加入や見直しを検討するなら、相談員の約97%が国家資格であるFPの資格を所持しているほけんのぜんぶで無料で相談することをおすすめします。

【安いって本当?】生命保険のネット申し込みのメリット

保険のドリル読者

「ネット販売されている保険は保険料が安い」とは、事実ですか?
どの商品でも必ずその通りとは限りませんが、傾向としては事実です。

松葉 直隆

ネット販売では人件費や店舗の建物などのコストが低く抑えられるため、保険会社は保険料を低くできます。

ネット販売の生命保険 メリット
  • 時間と曜日に関わらず、いつでも申し込むことができる
  • 保険料が安い
  • その場で選択を迫られる心配がない
  • 保障内容がシンプル
  • 相談窓口が充実している(コールセンター・メールサポートなど)

保険のドリル読者

低く抑えられたコスト分が、保険の加入者に還元されると言えるのはなぜですか?
保険会社は原則に則った保険料を金融庁に提示しなくてはならないためです。

松葉 直隆

保険料の大まかな内訳は、原則として以下の通りに定められております。

保険料設定の算出方法

保険料 = 純保険料(保険金を支払うための財源)+ 付加保険料(保険会社の運営費用)

保険会社が運営コストを削減すると上記の付加保険料も下げなくてはならないため、被保険者が支払う保険料が下がることになります。

なお、生命保険会社の保険料算出方法などに関する詳細は、以下の金融庁公式ページもあわせてご参考ください。

参考:https://www.fsa.go.jp/common/law/guide/ins/04.html#04_05

注意
  • 保険料は保険金の金額と特約の金額、性別などによって大きく変わります。
  • どのような商品でもネット申し込みが窓口で申し込む場合に比べて無条件に安いとは限らないため、加入候補の生命保険の保険料を比較してから契約手続きを始めましょう。

ネット生命保険のデメリット。心もとないって本当?

保険のドリル読者

反対に、生命保険のネット申し込みにデメリットはありますか?
デメリットはあります。ただし、一概に不便であるとは限りません

松葉 直隆

ネット販売の生命保険 デメリット
  • 質問したいことをその場で訊ねることが難しい
  • ネットに不慣れである場合、手続き方法がわかりにくい・面倒だと感じることがある
  • 商品の内容がシンプルであるため、保障の選べる幅が少ない
  • 手厚いサポートなしで商品を選ばないといけない(保険の知識が必要)
  • 必要な手続きを見落とすリスクがある(保障となる状況なのに、知らなかったなど)
  • 審査が厳しめになることがある
窓口で説明を受けることができない生命保険でも、電話相談を受け付けている保険会社もあります。

松葉 直隆

保険の加入に関して相談したいことは電話相談か保険代理店で説明を受け、保険加入後は電話相談で十分とお考えの方にとっては、一つめのデメリットは短所にならないでしょう。

生命保険のネット申し込みを検討すべき方の特徴!

ここまでは、生命保険のネット申し込みの強みと弱みをご説明いたしました。

これらの性質を踏まえ、インターネット上で生命保険を契約すべき方々は以下の条件に当てはまると言えます。

生命保険のネット加入がおすすめの方
  •  生命保険をある程度理解している
  •  押しに弱い
  •  不規則な生活を送っている
  •  育児中など、家の外に出ることが難しい
  •  保険料を抑えたいと思っている

保険のドリル読者

働き盛りで忙しい方々に優しいのですね。

保険のドリル読者

私は生命保険に詳しくないので、必要な保障について育児の合間に情報収集をしてからネット申し込みに進めるのはありがたいです。

ネット申し込みができるおすすめの定期保険 ~健康状態に大きな問題がない方~

保険のドリル読者

ネットで申し込むことができる生命保険の中で、保険料を抑えやすいおすすめの商品が知りたいです。
保険料の安さを重視する方には、定期保険がおすすめです。

松葉 直隆

ここでは数ある定期保険の中でも、特に保障内容と保険料のバランスが優れた生命保険をご紹介いたします。

①アクサダイレクト生命「定期保険2」

アクサダイレクト生命の死亡保険/定期保険2

出典:https://www.axa-direct-life.co.jp/products/term/example/

災害割増特約を除き、保険料の高額割引制度が利用できる商品です。

「定期保険2」につけられる特約
  • リビング・ニーズ特約(無料)
  • 保険料払込免除特約
  • 災害割増特約

各特約の内容

リビング・ニーズ特約

余命6か月以内と医師から通告された場合、満額保険金から6か月分の保険料と手数料を引いた死亡保険金を受け取ることができる。

保険料払込免除特約

被保険者が不慮の事故による所定の障害を負った場合に、保険料の払い込み義務が免除される(詳細は約款を参照)

災害割増特約

被保険者が所定の不慮の事故や感染症による死亡、もしくは所定の高度障害状態になった際、基本保障に保険金がプラスされる。

シミュレーション例
  • 保険料払い込み期間10年
  • 保険金500万円
  • リビング・ニーズ特約 あり

「30歳 男性」:650円

「40歳 女性」:850円

②SBI生命「クイック定期!Neo」

20代独身の方におすすめの生命保険 SBI生命のクリック定期!Neo 詳細とシミュレーション例

出典:https://www.sbisonpo.co.jp/life/click/

SBI生命保険株式会社は、「保険金即日支払サービス」を無料オプションサービスとして提供しております。

「クリック定期!Neo」で使える特約
  • リビング・ニーズ特約(無料)
  • 保険料の払込免除特約
  • 災害割増特約
  • 傷害特約
  • 保険金の最短即日振込

傷害特約の保障内容は、どのようなものですか?

傷害特約に加入すると、被保険者が災害により死亡した場合に災害死亡保険金が、不慮の事故により所定の障害を負った場合は障害給付金が支払われます。

シミュレーション例
  • 保険料払い込み期間10年
  • 保険金500万円
  • リビング・ニーズ特約 あり
  • 保険金の最短即日振込サービス あり

「30歳 男性」:620円

「40歳 女性」:820円

保険のドリル読者

2つの商品の保険料を比べると、無料の付加サービスを付けられる「クリック定期!Neo」が月に30円だけ高いのですね。

ネット申し込みができるおすすめの生命保険 ~引受基準緩和型の死亡保険~

保険のドリル読者

持病があっても入れる生命保険を探しているのですが、対面販売限定の商品が多いです。
引受基準緩和型保険のネット販売は確かに少ないですが、生命保険のネット販売大手では取り扱っている会社もあります。

松葉 直隆

引受基準緩和型の生命保険には、以下の4種類があります。

引受基準緩和型保険の4分類

①定期死亡保険

②終身死亡保険

③定期医療保険

④終身医療保険

注意

定期保険と終身保険では保険料が大幅に異なります。

シミュレーションを行う際には保障内容の違いに注意してください。

なぜ、定期保険と終身保険で保険料に大きな差が出るのですか?

終身保険は解約されない限り、保険会社が死亡保険金を必ず支払わなくてはならないからです。

 定期死亡保険は、予め設定した一定の保障期間内に被保険者が死亡した場合にのみ保険金が支払われます。

一方で終身死亡保険は保障期間が被保険者の一生涯であるため、確実に死亡保険金を得られるといえます。

保険のドリル読者

終身保険は保険料が保険金として必ず返ってくるため、保険料が高くなるのですね。

①アクサダイレクト生命「はいりやすい定期」

ネットで申し込みできる、引受基準緩和型の生命保険 メットライフ生命の「終身保険 ずっとスマイル」

出典:https://www.axa-direct-life.co.jp/products/su_term/index.html

先ほどご紹介いたしました「定期保険2」と異なる点は、災害割増特約がないことです。

リビング・ニーズ特約と保険料払込免除特約は、「はいりやすい定期」でも利用できます。

松葉 直隆

シミュレーション例
  • 保険料払い込み期間10年
  • 保険金200万円
  • リビング・ニーズ特約 あり

「30歳 男性」:834円

「40歳 女性」:1,208円

ただし、こちらの商品には以下の注意すべき点がございます。

注意

こちらの保険には保険金の支払削減期間(※)が設けられております。

保険金の支払削減期間とはどのようなものですか?

該当する期間において保険金が支払われる場合、保険金の受取人は満額保険金の一部しか受け取ることができないものです。

 この保険では契約日からその日を含め1年以内に死亡保険金を受け取る場合、支払われる保険金額は本来の死亡保険金額の50%となります。

なお被保険者が災害により死亡した場合は、契約開始からの期間に関わらず死亡保険金全額が支払われます。

②メットライフ生命「ずっとスマイル」

ネットで申し込みできる、引受基準緩和型の生命保険 メットライフ生命の「終身保険 ずっとスマイル」

出典:https://www.metlife.co.jp/products/life/siwl/plan.html

シミュレーション例
  • リビング・ニーズ特約 あり
  • S2プラン
  • 保険金:病死時 200万円(契約後、2年以上経過)
  • 保険金:災害死亡時 800万円
  • 災害死亡給付特約は85歳満了

「30歳 男性」:4,656円

「40歳 女性」:4,696円

この商品にはプランが3つあり、加入時の年齢によって選べるプランの数が異なります

男性で満41歳~80歳、女性で満51歳~80歳の方は他のプランも選べます。

松葉 直隆

「ずっとスマイル」に興味のある方々はS2以外のプランも併せてご検討ください。

信頼性で選ぶなら!生命保険のネット販売の老舗会社を紹介

保険のドリル読者

生命保険のネット申し込みが初めてなので、商品のネット販売に実績のある生命保険会社を選びたいです。
それでは①日本で最初に生命保険のネット販売を始めた会社と、②生命保険全商品をネット販売に限定する会社を紹介いたします。

松葉 直隆

①アクサダイレクト生命

グループの保険ブランドランキング世界No.1 生命保険のネット販売に特化した会社、アクサダイレクト生命

アクサダイレクト生命保険株式会社は、アクサグループの会社の1つです。

アクサグループはグローバル・保険ブランドランキングで10年連続世界一をとっている、確かな実績を持ったグループです。

出典:https://www.axa-assistance.co.jp/reason/

同グループには他にアクサ生命保険会社と、自動車保険を中心に扱うアクサダイレクト損害保険株式会社があります。

保険のドリル読者

アクサダイレクト生命とアクサ生命保険会社は、何が違うのですか?
展開する商品と、その販売形式が異なります。

松葉 直隆

アクサ生命保険会社は、主に対面販売に対応します。

一方で、アクサダイレクト生命は商品の主にネット販売に対応します。

店舗が無く徹底的に保険会社の運営費を抑えることができることから、アクサダイレクト生命は他の保険会社よりも商品のコストパフォーマンスが秀でていると言えます。

また女性向けの保険は終身保険とがん保険の2種類があり、収入保障保険と就業不能保険も扱うなど、ネット販売専門の保険会社にしては商品の種類が多いことも、アクサダイレクト生命の特徴です。

②ライフネット生命

プロが選ぶ生命保険ランキング7位 ライフネット生命

出典:https://www.lifenet-seimei.co.jp/

ライフネット生命では、以下の5種類が販売されております。

ライフネット生命が扱う商品の分類
  • 定期保険
  • 終身医療保険
  • 女性向け終身医療保険
  • 就業不能保険
  • がん保険

保険料の内訳となる純保険料と付加保険料の価格設定を、公式ホームページ上で最初に公表した保険会社です。

出典:https://www.lifenet-seimei.co.jp/shared/pdf/insurance_table_2019.pdf

保険のドリル読者

保険料の詳細を公開する会社からは、加入者への誠実さを感じます。

必要最低限のシンプルな保障にこだわった生命保険をお探しの方々は、ライフネット生命の商品を検討することをお勧めいたします。

まとめ

インターネットで申し込みができる生命保険は数こそ多くはないですが、窓口申し込みに比べ同等の保障内容を手頃な保険料で用意できる商品がございます。

店舗に行かずにインターネットで生命保険を契約する選択肢は、時間に縛られず保険料を抑えやすい、自力でデメリットを打ち消せる便利な契約方法です。

生命保険の加入をお考えの際には、窓口からの申し込みと同時にインターネットを利用した申し込みも候補の一つとしてご検討ください。

生命保険を徹底比較!驚異の11社・21商品から厳選!【ジャンル別】 おすすめの死亡保険(生命保険)10を徹底比較!ベストな選び方をFPが解説 生命保険に関しての記事はここにまとめています。

是非参考にしてくださいね。