ネット生命保険のおすすめまとめ!メリットとデメリットから見る加入すべき理由とは

ネット保険のおすすめが知りたい!
ネット保険っていざという時、大丈夫なの?

対面型の生命保険と違い、担当者から直接話を聞くことができないネット保険。

「何となく不安・・・」という方もいらっしゃると思います。

一方、ネットで手軽に手続きが進められるので、「ちゃんとしているなら入りたい!」と考える人が多いのではないでしょうか?

大丈夫!ネット保険もちゃんとしてますよ!

という訳で、今回はネット保険について。

いろはからおすすめポイントから辛口なデメリットまで…元大手損保社員の城山が語り尽くします。

おすすめのネット保険についてもご紹介しているので、加入を検討されている方はぜひ、ご参考に!

ネット保険おすすめをざっくり言うと・・・
  • ネット保険とはインターネットで見積もりや申し込みができる保険のことである
  • おすすめネット定期保険はSBI生命「クリック定期!Neo」とライフネット生命「かぞくへの保険」である
  • おすすめネット終身保険はオリックス生命「終身保険RISE」と楽天生命「スーパー終身保険」である
  • おすすめのネット収入保障保険はアクサダイレクト生命「収入保障2」とオリックス生命「KEEP」である
  • ネット保険のメリットは手軽さ、割安さ、保障内容のシンプルさの3つ
  • ネット保険のデメリットは保障の手薄さと自分に合う保険から保障内容まで自分で探す必要がある点の2つ
  • ネット保険で分からないことがあれば保険見直しラボなどの保険のプロに相談するべし

保険見直しラボ_ネット保険_おすすめ

>>> 保険見直しラボでネット保険の相談を!<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

マネーR読者に人気の保険代理店は以下の3つです。
*スマホでは横にスワイプできます!
代理店名 公式 取扱数 特徴
訪問型
保険相談
窓口
保険見直しラボ
32社 ●全国に約70拠点展開
●平均業界歴12.1年のベテランFP
●選べる6つの嬉しいプレゼント!
●合わないコンサルタントの変更ができるイエローカード制度
ほけんのぜんぶ 32社 ●全国どこでも対応(離島を除く)
●取り扱い保険会社数32社
●電話・オンライン相談なら24時間365日対応
●FPの資格取得率が驚異の100%!
●選べる6つのプレゼント!
店舗型
保険相談
窓口
保険相談ニアエル保険相談ニアエルのメリットとデメリット ●全国に1200店舗以上のショップと提携
●保険代理店掲載数はダントツNo1
●女性スタッフやキッズルームなど詳細選択可
この記事の執筆者
城山ちょこ_プロフィール 城山ちょこ
現場で得た保険と金融の知識を活かしWEBライターとして執筆活動をおこなっている。
一方で2児の母としての一面も持ち、より読者に近い視点から書かれる“分かりやすく丁寧に”な文章が、多くの読者から支持集めている。
そんな彼女の推し保険は、収入保障保険。

ネット死亡保険おすすめ

ネット死亡保険おすすめ

とりあえず、おすすめ商品教えてよ・・・

そんな方々多いと思います!

まずは早速、ネットで申し込むことができるおすすめ死亡保険をご紹介しましょう。

 おすすめネット定期保険

保険料が掛捨てで終身保険に比べて保険料が割安な定期保険。

スピーディに申し決めるうえ、保険料を更に抑えることのできるネット保険が人気です。

中でも、支持を集めているのがこれからご紹介する2つ!

まずは表をご覧ください。

<定期保険>

定期保険
(保険料掛捨て)
月額保険料 契約年齢 保険期間 払込期間 保険金 支払方法 申込方法 備考
SBI生命
クリック定期!Neo
990円 20歳~69歳 ・10年~30年
(5年単位)
・55歳~80歳
(5歳単位)
保険期間と同じ 300万円~1億円
(100万円単位)
クレジットカード
口座振替
ネット ※保険料払込免除あり
※リビング・ニーズ特約あり
医師の診査不要
ライフネット生命
かぞくへの保険
1,068円 20歳~70歳 ・10年、20年、30年
・65歳まで
80歳まで
90歳まで
保険期間と同じ 500万円~1億円
(100万円単位)
※51歳以上は300万円~
クレジットカード
口座振替
ネット ※保険料払込免除あり
健康診断書は原則提出不要

※30歳/男性/保険金額1000万/60歳払済の場合

※リビングニーズ特約とは・・・被保険者が余命6ヶ月以内と判断された場合、生存中でも死亡保険金などの一部を前払で受け取ることができる特約

※保険料払込免除とは・・・不慮の事故によるケガにより約款所定の身体障害状態になったときには、保障はそのままに以後の保険料が免除される制度。

  SBI生命「クリック定期!Neo」

SBI生命 クリック定期!neo

出典:SBI生命

SBI生命「クリック定期!Neo」は、保険市場における「昨年最も選ばれた保険ランキング」で3年連続1位!

とても人気のある「クリック定期!」シリーズの定期保険です。

魅力は割安なネット定期保険の中でも安い!こと。

そして、それでいて保障が手厚いところが支持されています。

保険期間が5年単位で設定できたり、リビングニーズ特約、保険料払込免除が付いていたり、保険金の受取人を同性パートナーに指定することも可能。

また、いざという時に最短請求日当日に保険金が受け取れるところも大きな強みです。
SBI生命「クリック定期!Neo」の魅力

  1. 保険料が業界最安水準!
    インターネット申込みに限定し、保障内容をシンプルにすることで割安保険料を実現!
    他社商品よりお安いうえ、リビング・ニーズ特約も付いているので、いざという時に安心です。
  2. スピーディな手続き&支払い
    医師の診査がいらず、最短5分で申し込みが完了します。
    最短、請求日当日に保険金が支払われます。受け取ることができます。
  3. 余命6カ月以内&重度の介護状態になると前払いで保険金が支払われる!(リビング・ニーズ特約あり)
    短期払なら、いざという時も安心。
    余命6カ月以内と判断された場合、重度の介護状態に該当時には前払いで保険金が支払われます。
  4. 受取人を同性パートナーにすることも可能
    通常、死亡保険の受取人は配偶者や子供などの家族ですが、『クリック定期!Neo』は受取人に同性のパートナーを指定することができます。
    本当に大切な人を受取人に指定できるのは当たり前でありながらも保険商品としては画期的です。
  5. 所定の障害状態になった時は、その後の保険料が免除!
    保険期間中に所定の高度障害状態になったときに保険金額と同額が支払われます。

  ライフネット生命「かぞくへの保険」

かぞくへの保険

出典:ライフネット生命

ライフネット生命「かぞくへの保険」は、業界最安水準の保険料が大きな強みです。

また特約がないというのが最大の特長。

保険金額と保険期間を選ぶだけというシンプル設計。

分かりやすく、わずらわしさがないので、ネット保険としてはとても優秀です。

面倒な健康診断書の提出が原則不要なので、手軽に加入することができます。

保険料払込免除ありなので、いざという時に安心です。

ライフネット生命「かぞくへの保険」の魅力

  1. 保険料が業界最安水準!
    インターネット申込みに限定し、保障内容をシンプルにすることで割安保険料を実現!
  2. 特約なし
    特約がないので、あれこれと選ぶ必要がありません。シンプルで分かりやすいので、ネット申込みに最適です。
  3. 健康診断書の提出が原則不要!
    ウェブ上の健康に関する質問に答えるだけで、健康診断書の提出が原則いりません。入りたい時にすぐ加入することができます。
  4. 所定の障害状態になった時は、その後の保険料が免除!
    約款に定める高度障害状態に該当する場合、死亡保険金と同額が高度障害保険金としてが支払われます。

 おすすめネット終身保険

保険料が掛捨てでなく、貯蓄性を持つ終身保険は定期保険に比べ、保険料が割高。

そのため、少しでも安くしたいとネット商品を選ぶ方も多くいらっしゃいます。

中でも人気のネット終身保険をご紹介しましょう!

<終身保険>

定期保険
(保険料掛捨て)
月額保険料 契約年齢 保険期間 払込期間 保険金 支払方法 申込方法 備考
オリックス生命
終身保険RISE
12,710円 20歳~69歳 一生涯 ・終身払
・10年、15年、20年払済
50歳~80歳
(5歳単位)払済
200万円~5,000万円
(100万円単位)
クレジットカード
口座振替
対面
郵送ネット
特定疾病保険料払込免除特則あり
リビングニーズ特約あり
医師の診査不要
(郵送の場合)
楽天生命
スーパー終身保険
12,700円 30歳~75歳 一生涯 ・終身払 100万円~5,000万円
1,000万円までは100万円単位
1,500万円以上は500万円単位
クレジットカード
口座振替
ネット 保険料払込免除あり
医師の診査、
健康診断書提出は原則不要
リビングニーズ特約あり

※30歳/男性/保険金額1000万円/終身払の場合

  オリックス生命「RISE」

おすすめ終身保険 オリックス生命Rise

出典:オリックス生命

対面でもネットでも申し込みが可能なオリックス生命「RISE」。

ネット保険ならではの割安さは残しながらも、対面商品らしい細かい設定ができるところが魅力です。

払込期間や保険金額の設定に自由度があるので、貯蓄プランや家計の状況に合わせた内容に設定することができます。

また、リビングニーズ特約、保険料払込免除もきちんとついているのでいざという時に安心です。

オリックス生命「RISE」の魅力

  1. 割安な保険料を実現!
    保険料払込期間中の解約返戻金の額を抑えることで、お手頃な保険料を実現しています。
  2. 払込期間や保険金額の設定が細かく選べる
    貯蓄プランや現在の家計の状況に合わせた設定が可能。自分にぴったりの保険にすることができます。
  3. 余命6カ月以内&重度の介護状態になると前払いで保険金が支払われる!(リビング・ニーズ特約あり)
    短期払なら、いざという時も安心。
    余命6カ月以内と判断された場合、重度の介護状態に該当時には前払いで保険金が支払われます。
  4. 所定の障害状態になった時は、その後の保険料が免除!
    「特定疾病保険料払込免除特則」によりがんや急性心筋梗塞、脳卒中になったときは以降の保険料は免除となります。

  楽天生命「スーパー終身保険」

楽天生命スーパー終身保険

出典:楽天生命

業界最安水準の保険料、原則告知のみの簡単手続きが魅力の楽天生命「スーパー終身保険」。

リビングニーズ特約、保険料払込免除もついていて保障もしっかりとしています。

ですが、他商品との一番の違いは、楽天ポイントが付くという点です!

①申込み時に楽天IDを連携することで、保険料の1%の楽天ポイントを毎月ゲット

②楽天カードに入会することで、保険料の1%の楽天ポイントを毎月ゲット

①②を合わせれば、保険料の2%の楽天ポイントが毎月もらえます

ネットショッピングだけでなく、コンビニなどでも使用できる楽天ポイントは使い勝手が良いと大人気ですよね。

それが、保険をかけているだけで、貯まっていくというのはかなり魅力的なのではないでしょうか。
楽天生命「スーパー終身保険」の魅力

  1. 割安な保険料を実現!
    保険料払込期間中の解約返戻金の額を抑えることで、お手頃な保険料を実現しています。
  2. 余命6カ月以内&重度の介護状態になると前払いで保険金が支払われる!(リビング・ニーズ特約あり)
    余命6カ月以内と判断された場合、重度の介護状態に該当時には前払いで保険金が支払われます。
  3. 所定の障害状態になった時は、その後の保険料が免除!
    不慮の事故によるケガで事故の日から180日以内に約款所定の身体障害状態になったときには、以後の保険料が免除され、保障は継続します。
  4. 毎月楽天ポイントをゲット!
    申込み時に楽天IDと連携することで保険料の1%、楽天カード入会で保険料の1%がそれぞれ付与。最大、合わせて保険料の2%の楽天ポイントが毎月付与されます。

 おすすめネット収入保障保険

保険金の受取金額が年齢に応じた必要保障額と同じく推移していくという合理的な収入保障保険。

無駄を省いているので保険料が全体的に安価に抑えられています。

その時々の家庭の状況に合わせることができる、毎月受取り額を細かく指定できるもの、一括受取ができるものが選ばれています。

無駄がなく合理的というこの保険を好む方は同じく保障や手続きのシンプルさを売りにするネット保険を支持。

中でもおすすめのネット収入保障保険は次に挙げる2つです!

<収入保障保険>

収入保障保険
(保険料掛捨て
解約返戻金なし)
月額保険料 契約年齢 保険期間 払込期間 保険金 年金支払保証期間 支払方法 一括受取 申込方法 備考
アクサダイレクト生命
収入保障2
2440円 満20歳~満60歳
※保険料払込期間により変動
55歳~70歳満了
(5歳単位)
保険期間と同じ 月額5万円~30万
(1万円刻みで設定可能)
2年
5年
クレジットカード
口座振替
ネット リビングニーズ特約あり

保険料払込免除あり
医師の診査は不要

オリックス生命
KEEP
2450円 男性23歳~55歳
女性23歳~46歳
※保険料払込期間により変動
55歳
60歳
65歳満了
保険期間と同じ 契約年齢により10万円
15万円、20万円から選択可能
1年
5年
クレジットカード
口座振替
対面
ネット
リビングニーズ特約あり
保険料払込免除あり

※30歳/男性/保険金額 月額10万円/保険期間60歳満了の場合

  アクサダイレクト生命「収入保障2」

アクサ収入保障2

出典:アクサダイレクト生命

必要保障額に合わせた保険料設定をしているので、保険料が割安。

また、通常は月々少額ずつを受取る収入保障保険ですが、アクサダイレクト生命「収入保障2」なら一括受取も可能です。

急に大きなお金が必要になった場合にも対応できると支持されています。

また、月額受取金額を1万円単位と細かく設定できる点も魅力です。

今の家計の状況と将来ほしい額の最適なバランスを備えた設定にすることができます。

また、ネット保険なので、医師の診査が不要です。申込当日に加入ができるので、すぐに入りたい方にもおすすめです!

アクサダイレクト生命「収入保障2」の魅力

  1. 割安な保険料を実現!
    必要保障額に合わせた保険設計で、お手頃な保険料を実現!
    年齢が上がるにつれて減少する必要保障額の推移に年金受取額も合わせているため、必要な保障を残しながら保険料を抑えています。
  2. 月額受取金額が細かくチョイスできる(一括受取も可能!)
    『アクサダイレクト生命収入保障2』なら毎月の受取額を5万円~30万円まで1万円単位で設定可能。
    家計にぴったりと合わせたチョイスができるので、無駄なく無理なく継続していくことが可能です!
    また、一括受取も可能なので、大きなお金が必要なときに安心です。
  3. 余命6カ月以内&重度の介護状態になると前払いで保険金が支払われる!(リビング・ニーズ特約あり)
    余命6カ月以内と判断された場合、重度の介護状態に該当時には前払いで保険金が支払われます。
  4. 医師の診査が不要!その日のうちに申込完了!
    面倒な医師の診査が不要。加入したい時にすぐに申し込むことができます。申込当日に加入できるのも嬉しいポイントですね。

  オリックス生命「KEEP」

オリックス生命KEEP

出典:オリックス生命

オリックス生命「KEEP」は割安な保険料と申込方法がネットと対面で選べることで支持されている商品です。

保障が手厚い点も魅力。保険金の一括受取可能、リビングニーズ特約あり、保険料払込免除あり、年金支払保証期間も設定できます。

また、通常の収入保障保険と違い、健康区分がないので喫煙者なども普通区分で加入することができるのも特長です。

ただし、健康状態によっては加入できないこともあるので注意が必要です。

オリックス生命「KEEP」の魅力

  1. 割安な保険料を実現!
    必要保障額に合わせた保険設計で、お手頃な保険料を実現!
    年齢が上がるにつれて減少する必要保障額の推移に年金受取額も合わせているため、必要な保障を残しながら保険料を抑えています。
  2. 健康区分なし
    健康状態による保険料の値上がりがないので、喫煙者なども割安な保険料で加入できます。(ただし、健康状態によっては加入できないため、注意が必要です。)
  3. 余命6カ月以内&重度の介護状態になると前払いで保険金が支払われる!(リビング・ニーズ特約あり)
    余命6カ月以内と判断された場合、重度の介護状態に該当時には前払いで保険金が支払われます。
  4. 所定の障害状態になった時は、その後の保険料が免除!
    不慮の事故により約款所定の身体障害の状態に該当した場合、以後の保険料の払込みは免除され、そのまま保障が継続します。

人気商品を販売するネット保険会社3選

ネット保険会社3選

 アクサダイレクト生命

アクサダイレクト生命

出典:アクサダイレクト生命

アクサダイレクト生命は世界最大級の保険・資産運用グループであるアクサグループのインターネット専業生命保険会社。

グローバル保険ブランドランキングで10年連続1位という実績を持つ、信頼できる保険会社です。

同グループには対面販売を主とするアクサ生命、自動車保険などを販売するアクサダイレクト損害保険会社があります。

“保険がわかると人生が変わる”というコンセプトのもと販売されている商品は分かりやすく無駄がないのが特徴です。

シンプルな保障をベースに必要なものだけを組み合わせるスタイルなので、保険料も割安に抑えられています。

手続きも簡単。ネット上で完結できるので、印鑑や面倒な書類は一切不要です。

シンプルで安価な商品でありながら、保険金支払いが迅速なのも支持されている理由のひとつ。保険金を請求後から平均2.22日支払われるので、いざという時に安心です。

また、加入者なら誰でも利用できる健康相談サービスもアクサダイレクト生命保険の魅力。24時間365日いつでも電話にて相談が可能です。病気にかかった際には専門医によるセカンドオピニオンサービスも受けることができます。

アクサダイレクト生命の特長 まとめ
  • 世界最大級であるアクサグループのネット専業生命保険会社
  • 割安な保険料
  • 保障内容と手続き方法が分かりやすい
  • 保険金支払いが迅速
  • 24時間365日!専門医による健康相談サービス付き

ライフネット生命

ライフネット生命

出典:ライフネット生命

ライフネット生命保険は2008年に開業した日本のネット生命保険会社です。

「生命保険がわかる」をマニュフェストに掲げ、必要最低限のシンプルな保険にこだわっています。

複雑な保険のイメージを払拭するために本当に必要な5種類の保険のみ販売しています。

ライフネット生命 取り扱い保険種類
  1. 定期保険
  2. 終身医療保険
  3. 女性向け終身医療保険
  4. 就業不能保険
  5. がん保険

また、子育て世代にフォーカスしているのも特徴の一つです。

2019年1月には保有契約件数が30万件以上と、高い満足度を獲得。

保険料の内訳となる純保険料と付加保険料の価格設定を、公式ホームページ上で最初に公表した保険会社(ライフネット生命HPより)でもあり、加入者に誠実な面も支持されています。

ライフネット生命の特長 まとめ
  • ライフネット生命は本当に必要な5種類の保険のみ販売している
  • 子育て世代にフォーカスしている
  • 保険料の内訳を最初に公開した誠実な会社である
  • 保有件数30万件以上と多くの人から支持されている

 SBI生命

SBI生命

出典:SBI生命

SBI生命とは1990年に設立された日本の生命保険会社です。

SBI生命保険が提供している「クリック定期!」は保険市場における「昨年最も選ばれた保険ランキング」で3年連続1位を獲得しています。

また、保険市場における「生命(死亡)保険ランキング」では37ヶ月連続1位を獲得。

SBI生命はその商品力で加入者からの高い満足度を誇る会社です。

また、加入者とその家族への相談サービスが手厚いのも魅力の一つです。

医療・健康分野に限らず相続や年金、メンタル相談、介護関連の相談も専門家に無料で相談することができます。

また、全国約2,500箇所の提携医療施設で人間ドックの予約を代行するサービスも行っており、割引価格で受診することができます。

SBI生命の特長 まとめ
  • SBI生命「クリック定期!」は保険ランキング1位の常連である
  • SBI生命は商品力で加入者から支持されている
  • 医療、健康、相続、介護など様々な悩みを専門家に無料で相談できるサービスがある
  • 全国2500箇所の提携医療機関で人間ドックを割引価格で受けることができる

ネット保険と一般保険との違い

ネット保険 一般保険 違い

ネット保険といえば、インターネットで申し込みをするというのはイメージできる方が多いと思いますが、その他に一般保険との違いはどこにあるのでしょうか。

違いをまとめたので、表をごらんください。

ネット保険と一般保険の違い ネット保険 一般保険
商品 必要最小限の保障、シンプルな保険内容のものが多い。
保険の種類が少ない。
手厚い保障のもの、持病があるなどイレギュラーにも
対応できる様々な商品がラインナップされている。
申込み時 保険商品の選定から申し込みまでを保険会社のウェブサイトで行う。
見積もりも自分で条件をインプットして算出する。
書面にて手続き。保険担当者より説明がある。
申込方法や保険期間や保険金額、特約の設定なども
担当者に相談して決めることができる。
書類の書き方も指示を受けることができる。
引受審査 医師の診査や健康診断書の提出が不要の商品が多く、
すぐに申し込み完了となる。
健康状態を詳しく告知する商品が主流。
医師の診査や健康診断書提出のケースが多い。
保険金請求時 保険会社に連絡して請求書類を受け取る。自分で記入し、
必要書類を揃えて対応する必要がある。
保険担当者が手続きのサポートをしてくれる。
指示に従い、書類を揃える。
相談窓口 サポートデスクに電話で相談する。 保険担当者に相談。
必要ならば対面での相談が可能。

ネット保険の商品はシンプルでスタンダードなものが主流。

万人受けする商品ですが、種類の豊富さは対面での一般保険の方が勝っているので、持病があったり、保障を通常よりも沢山つけておきたいという方は一般保険向きと言えます。

手続き面に関しての違いはサポートしてくれる保険担当者がつくかつかないかというところです。

一般保険では担当者がついてくれるので、何かと相談できて心強いです。

ただし、面談したり、説明を聞いたりと時間をとられることに煩わしさを感じる人は多いはず。

ネット保険であれば、自分ですべて完結できるので手軽に手続きを進めることができます。

また、サポートデスクなど相談を受け付けてくれる窓口もあるので、いざという時は頼りになるでしょう。

ネット保険とは

ネット保険とは

インターネット(オンライン)で見積りや申し込みができる保険です。

ネットのみで申込ができる商品のほか、ネットと対面で申込が可能な商品、ネット、通販、対面どれでもOKという商品などもあります。

複数の申込方法が選択できる商品では基本的にネットでも書面でも保障内容は変わりません。

ただし、商品によっては対面の場合のみ付帯が可能になる特約やネット割引が使えるものなどもあります。

 ネット保険のメリット

ネット保険のメリットは手軽に申し込める点、インターネット割引が適用される点、保険料が割安な点などが挙げられます。

面倒な書面でのやりとりや医師の診査、健康診断書の提出などが基本的にないため、入りたいときにすぐ加入することができます。

お忙しい方にとってちゃちゃっとインターネットで申し込めるのはありがたいですよね。

また、加入者に分かりやすいように書面での保険商品よりも内容がシンプルで分かりやすいのも魅力です。

いつでもどこでもネットさえあれば加入できる上に割安なので、書面での手続きよりも「楽でお得!」と支持されています。

ネット保険のメリット
  • いつでもどこでも手軽に申し込める
  • 保険料が割安(ネット割引が適用されることも・・・)
  • 保障内容、手続き方法がシンプルで分かりやすい

 ネット保険のデメリット

メリットが多いネット保険ですが、デメリットも・・・。

まずは保障の手厚さの点です。

ネット保険は必要最小限のシンプルな保障の商品が主流。

手厚い保障を受けたい人には不足を感じるかもしれません。

また、最大のデメリットと考えられるのは、保険内容を自分で理解し、自分に合ったものをチョイスする必要があるという点です。

手続き方法は簡単とはいえ、沢山の商品の中からライフプランに合った保険を見つけるというのはなかなかの至難の業。

ある程度保険の知識を身につけ、しっかりとリサーチする必要があります。

「よくわからないけど、まぁいいや」と適当な商品に加入してしまっては必要な保障が受けられずに後悔することも。

不安がある場合やよくわからない場合には保険代理店などの保険のプロに相談するとよいでしょう。

中でも保険見直しラボではファイナンシャルプランナーや相談実績のある保険のプロが多数在籍しています。

無料で相談できるので、ぜひ、気軽にアポイントをとってみるとよいでしょう。

ネット保険のデメリット
  • 保障が手薄なことが多い
  • 自分に合う保険から保障内容まで自分で探す必要がある
  • 分からないことがあれば気軽に「保険見直しラボ」などの保険のプロに相談すべし

 ネット保険に向いている人

メリットもデメリットもあるネット保険ですが、どのような人に合っているのでしょうか。

まずはネットの手続きが苦ではない人。

自分が好きなタイミングで手軽に手続きができるネットがいいという方がおすすめです。

また、シンプルな保障で保険料を抑えたい方、詳しい説明は不要という方が向いているでしょう。

逆に担当者からじっくり説明を聞きたい方、手厚い保障を付けたい方などは書面での保険商品に加入した方が良いでしょう。

ネット保険に向いている人
  • ネット手続きが気楽な人
  • シンプルな保障を求めている人
  • 保険料を抑えたい人
  • 詳しい説明は不要だという人

ネット保険まとめ

ネット保険 まとめ

ネット保険おすすめをざっくり言うと・・・
  • ネット保険とはインターネットで見積もりや申し込みができる保険のことである
  • おすすめネット定期保険はSBI生命「クリック定期!Neo」とライフネット生命「かぞくへの保険」である
  • おすすめネット終身保険はオリックス生命「終身保険RISE」と楽天生命「スーパー終身保険」である
  • おすすめのネット収入保障保険はアクサダイレクト生命「収入保障2」とオリックス生命「KEEP」である
  • ネット保険のメリットは手軽さ、割安さ、保障内容のシンプルさの3つ
  • ネット保険のデメリットは保障の手薄さと自分に合う保険から保障内容まで自分で探す必要がある点の2つ
  • ネット保険で分からないことがあれば保険見直しラボなどの保険のプロに相談するべし

保険見直しラボ_ネット保険_おすすめ

>>> 保険見直しラボでネット保険の相談を!<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

インターネットで見積もりや申し込みができるネット保険。

気軽に手続きができることは想像の通りだと思いますが、そのほかのメリットやデメリットについてもお分かりいただけたのではないでしょうか?

そして、保障はシンプルながらもきちんとしている、いざという時にしっかりと役に立つ商品だということもご理解いただけたことと思います!

割安で手軽というのは忙しい方やなるべく出費を抑えたい子育て世代の方々にとっては大きな魅力のはず。

商品を比較検討したり、保険の内容をきちんと確認して選択することはなかなか難しいことですが、それをクリアすればお得に保険に入ることができます。

もちろん今回ご紹介したおすすめ商品はどれも魅力的で優秀な商品です。

ただ、保険料や保険期間の設定、特約など選ぶべき項目もあるうえ、合う商品というのは個人によって異なります。

加入を考えている方は、ぜひ、一度保険見直しラボなどの保険代理店などを利用して相談してみてはいかがでしょう。

ファイナンシャルプランナーや保険相談の実績を持つ保険のプロがあなたに合った商品を提案してくれるはずです。