FXとは?初心者のための基礎知識

学資保険おすすめランキングTOP10|2020年最新版【返戻率で比較】

学資保険で貯蓄するメリットって何?
進学のためにお金は貯めておいてあげたいけど学資保険でどのくらいカバーできるのかしら
どんな点重視して学資保険を決めたら良いのか分からない

子供にかかる教育費を想像して絶望した方もいるのではないでしょうか。

子供の教育費は1000万円以上はかかると言われています。

私立の学校に通わせるとなんと2000万円を超えることも!

せめて大学だけでも行きたいところに行かせてやりたいというのが親心だと思います。

そこで学資保険を考えているなんて方もいるのではないでしょうか?

この記事では、「自力で貯めるのと何が違うの?」や、「学資保険に入ったら本当に安心できるの?」といった疑問を解決していきながら、おすすめの学資保険を紹介していきます。

学資保険はソニー生命明治安田生命フコク生命など、信頼性の高い大手の保険会社が提供していることも多く、安心して加入できます。

また、学資保険の選び方や、よくある質問についてもまとめているのでぜひ最後までご覧くださいね。

子供を想う親心を無駄にしないためにも、学資保険をおすすめしない方についても包み隠さずお伝えしていきます。

「おすすめの学資保険」をざっくり言うと
  • おすすめの学資保険No1は、学資金準備スクエア
  • 学資保険で迷った時には、貯蓄性や保障とのバランスなどに注意して検討すると良い
  • 学資保険にはおすすめな理由もあるが、おすすめしない理由もあるので要注意
  • 学資保険の返戻率を高めるためには、加入時期や支払方法に注意することがおすすめ
  • 保険選びに迷ったら保険のプロに相談!

\学資保険はプロに相談/

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ公式サイトはこちら

- PR -

ソニー生命学資保険

ソニー生命の学資保険

おすすめの学資保険ランキングTOP10!

学資保険_おすすめ_ランキング学資保険は万が一の時でも、子供に進学をあきらめてほしくないといった親の愛情を叶える保険として人気です。

国内の多くの学資保険の中から、条件を比較し編集部おすすめのランキングを作成しました。

ぜひ保険会社選びの参考にしてくださいね!

また、ランキング上位であっても自分の目的に合っているかをよーく吟味してくださいね!

学資保険の選び方については記事後半で詳しく解説しています。

学資保険の選び方を先に見る!

第1位:学資金準備スクエア(ソニー生命)

学資保険_おすすめ_ソニー生命

出典:https://www.sonylife.co.jp

ソニー生命の学資金準備スクエアは、返戻率が高いことが大きな魅力として人気の学資保険です。

契約者や子どもの年齢が高い場合でも100%を超えることがほとんどです。

契約内容によっては返戻率が106%を超えることもあり、ランキング1位となりました。

ソニー生命の学資保険は3つのタイプがあり、用途や資金必要なタイミングに合わせて選ぶことができます。

学資保険_ソニー生命

特におすすめな契約プランは、大学入学前~22歳の満期まで、毎年1回(計5回)を受け取れるⅢ型です。

また、満期学資金の支払い期間も4タイプから選択でき、保険設計も柔軟にできるため、使いやすい学資保険といえます。

基本情報
返戻率 102.6~106.3%
加入年齢 0歳~満3歳
契約タイプ ・Ⅰ型
・Ⅱ型
・Ⅲ型
支払方法 ・月払
・半年払
・年払
支払期間 ・10歳
・15歳
・17歳
・18歳
・20歳
・22歳
支払経路 口座振替
おもな特約

ソニー生命の学資保険は以下の記事でも詳しく解説しているのでご覧ください!

【2020年3月】ソニー生命の学資保険は返戻率No.1!口コミから見るデメリット検証

第2位:つみたて学資(明治安田生命)

学資保険_おすすめ_明治安田生命

出典:meijiyasuda.co.jp

つみたて学資も返戻率の高さが光る学資保険です。

特に一括払いにした際の返戻率が魅力的で、約109%にもなり業界最高水準になっています。

また、15歳までの早期に支払いが終わり、大学生活において1年に1回ずつ受け取れる点も高評価ですね。

早い段階でしっかり準備しておきたい方にピッタリです。

保護者に万が一のことがあった時のために保険料支払い免除の制度もあるため安心です。

さらに、保護者だけでなく子供が死亡した時の給付金制度もあり、多角的保証が魅力的な学資保険になっています。

基本情報
返戻率 103.1~105.0%
加入年齢 0歳~満6歳
契約タイプ ・Ⅰ型
・Ⅱ型
支払方法 ・月払
・半年払
・年払
支払期間 ・10歳
・15歳
・一括払
支払経路 ・口座振替扱
・振込用紙扱
おもな特約

\学資保険はプロに相談/

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ公式サイトはこちら

第3位:学資保険みらいのつばさ(フコク生命)

学資保険_おすすめ_フコク生命

出典:fukoku-life.co.jp

返戻率の安定性と、入学前にしっかり学資金を受け取れることが魅力の学資保険みらいのつばさ。

大きな特徴としては、子供の加入年齢が他社よりも長く設定されていることです。

みらいのつばさには、大学の入学資金を見据えたジャンプ型と幼稚園から大学入学までの学資金重視のステップ型があります。

また、契約者が死亡した場合の死亡給付金制度が標準付帯しているため万が一の時も安心です。

2人目から支払額が安くなる兄弟割引があることも大きな特徴。

兄弟がいるご家庭で返戻率の高さを求める場合におすすめです!

基本情報
返戻率 102.5~105.8%
加入年齢 0歳~満7歳
生前加入は予定日の140日前から可能
契約タイプ ・ステップ型
・ジャンプ型
支払方法 ・月払
・半年払
・年払
支払期間 ・11歳
・14歳
・17歳
支払経路 ・口座振替扱
・振込用紙扱
おもな特約 兄弟割引

\学資保険はプロに相談/

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ公式サイトはこちら

第4位:ニッセイ学資保険(日本生命)

学資保険_おすすめ_日本生命

出典:nissay.co.jp


返戻率だけでなく配当金もある
ことで人気のニッセイ学資保険。

キッズデザイン賞やマザーズセレクション大賞を受賞しており、契約件数も30万件を超えています。

大学入学以降の学資金を充実させるこども祝い金なし型と、小学校~大学までをバランス良く充実させるこども祝い金あり型から選べます。

365日いつでも相談可能な育児相談ほっとラインも大きな特徴。

何か合った際にはすぐに相談でき、夜間や休日に体調を崩した際などには医療機関を教えてくれます。

こういったサービスの充実度が人気学資保険です。

基本情報
返戻率 102.2~104.9%
加入年齢 0歳~満6歳
生前加入は予定日の140日前から可能
契約タイプ ・こごも祝い金あり型
・こども祝い金なし型
支払方法 ・月払
・年払
支払期間 ・5年
・10年
・学資年金開始時まで
支払経路 口座振替
おもな特約

\学資保険はプロに相談/

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ公式サイトはこちら

第5位:はじめのかんぽ(かんぽ生命)

学資保険_おすすめ_かんぽ生命

出典:jp-life.japanpost.jp

かんぽ生命が扱っているということで大きな安心感があり、人気を誇る「はじめのかんぽ」。

3つのコースがあり、特に大学生活を安定させるためのプランが揃っていることが特徴です。

子どもの入院時や手術に備える特約も充実していることもメリットです。

その一方で元本割れの可能性がある学資保険なので、注意が必要。

安心感や特約保障とのバランスなどに魅力を感じる方におすすめです。

基本情報
返戻率 97.50%
加入年齢 0歳~12歳
契約タイプ ・「大学入学時」の学資金準備コース
・「小・中・高+大学入学時」の学資金準備コース
・「大学入学時+在学中」の学資金準備コース
支払方法 ・毎月
・前納
支払期間 ・12歳
・17歳
・18歳
支払経路 ・口座振替
・窓口
おもな特約 ・入院特約
・手術特約など

\学資保険はプロに相談/

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ公式サイトはこちら

▼かんぽ生命の学資保険はこちらの記事でも詳しく解説しているので合わせてご覧ください!

かんぽ生命の学資保険の特徴と注意点をわかりやすく解説します!

第6位:こども共済(JA共済)

学資保険_おすすめ_JA共済

出典:ja-kyosai.or.jp

返戻率が高いだけでなく、保障も充実しているJA共済。

マザーズセレクション大賞の受賞歴があり、契約件数も170万件以上と人気です。

年払いにすることで約4%も返戻率が上がるので、まとめて支払える方におすすめ。

こども共済は18歳~22歳まで、年に1回学資金を受け取れ、受取総額を100万円~1,000万円に設定できるところが特徴的。

大学の学費をサポートしたい方にピッタリです。

基本情報
返戻率 99.3%~105.8%
加入年齢 0歳~12歳
契約タイプ ・中学プラン
・高校プラン
・大学プラン
支払方法 ・月払
・年払
支払期間 ・11歳
・12歳
・14歳
・15歳
・17歳
・18歳
支払経路 ・口座振替
・クレジットカード
おもな特約

\学資保険はプロに相談/

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ公式サイトはこちら

第7位:終身保険RISE(オリックス生命)

学資保険_おすすめ_オリックス生命

出典:orixlife.co.jp

終身保険でありながら、貯蓄性の高さや親の死亡に備えられるとして、学資保険と考えられることがある終身保険RISE。

親に不幸が訪れた際、死亡保険金がスピーディーに受け取れることから人気です。

学資保険の多くは、すぐに死亡保障が行われないので、終身保険RISEの魅力を上げていると言えるでしょう。

終身保険RISEは、契約内容を柔軟に設計できることも大きな武器。

ただし契約内容によっては元本割れになってしまう点も、おさえておきましょう。

基本情報
返戻率 100.50%
加入年齢
契約タイプ
支払方法 ・月払
・半年払
・年払
支払期間 ・10年
・15年
・20年
支払経路 ・口座振替
・クレジットカード
おもな特約 リビング・ニーズ特約

\学資保険はプロに相談/

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ公式サイトはこちら

第8位:スミセイのこどもすくすく保険(住友生命)

学資保険_おすすめ_住友生命

出典:sumitomolife.co.jp

スミセイのこどもすくすく保険は、返戻率が100%を超えるケースが多いことで評判。

医療特約が充実していることも、大きな特徴です。

入院時や手術時の保障があるので、医療費を心配される方におすすめ。

スミセイのこどもすくすく保険は中学・高校・大学の入学前に学資金を受け取れる点も特徴的。

安心して新しい生活をスタートさせたい方に向いています。

基本情報
返戻率 100.1~102.8%
加入年齢 0~9歳
契約タイプ
支払方法 ・月払い
・年1回
・年2回
・前納
・一括
支払期間 ・15歳
・18歳
支払経路 ・口座振替
おもな特約 ・こども総合医療特約
・こども入院保障充実特約(09)など

\学資保険はプロに相談/

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ公式サイトはこちら

第9位:わくわくポッケ(太陽生命保険)

学資保険_おすすめ_太陽生命

出典:taiyo-seimei.co.jp

保障を重視されたい方には、太陽生命保険のわくわくポッケがおすすめです。

こどもの入院や手術だけでなく、親に不幸があったときの育英年金など、保障が充実しているからです。

また、こども保険総合保険料払込免除特約を付帯すると、契約者が高度の障害状態やがんなどで所定の状態になった時、支払い免除となります。

元本割れしてしまう点がデメリットですが、保障を重視されたい場合にはおすすめです。

基本情報
返戻率 55.0%~81.0%
加入年齢 0歳~12歳
契約タイプ ・Ⅰ型
・Ⅱ型
支払方法 ・月払
支払期間 ・15歳
・18歳
支払経路 ・持参
・集金員への手渡し
・口座振替
・銀行送金
・クレジットカード
おもな特約 ・こども保険入院特約
・こども保険手術特約など

\学資保険はプロに相談/

>>> 保険見直しラボで相談!<<<

保険見直しラボ公式サイトはこちら

第10位:アフラックの夢みるこどもの学資保険(アフラック)

学資保険_おすすめ_アフラック生命

出典:aflac.co.jp

アフラックの夢みるこどもの学資保険は、早い時期から学資金の準備をしたい方におすすめです。

出産予定日の140日前から加入ができるので、前もって準備されたい方にピッタリ。

親に万一のことがあった時の保障があることや、申込時に医師の診査が不要なところも特徴的。

申し込みやすさや保障がある一方、元本割れしてしまう可能性が高めな点には要注意。

高校入学時と大学在学中の4年間に学資金が受け取れるので、高校以降の学資金を充実させたい場合におすすめです。

基本情報
返戻率 95.70%
加入年齢 0歳~7歳
契約タイプ
支払方法 ・月払
・半年払
・年払
支払期間 ・10歳
・17歳
・18歳
支払経路 ・口座振替
・クレジットカード
おもな特約

- PR -

ソニー生命学資保険

ソニー生命の学資保険

迷ったらこれ!目的別おすすめ学資保険

学資保険_おすすめ_目的別

目的別おすすめ学資保険
  • 返戻率にこだわるなら「学資金準備スクエア」
  • 大学入学時にまとめて受け取りたいなら「学資金準備スクエア」
  • 月額を押さえたいなら「学資保険みらいのつばさ」
  • 学費だけでなく医療特約も付加するなら「わくわくポッケ」
学資保険は種類が多いから、選ぶのが難しいな…

そんなあなたのため、目的別におすすめの学資保険をまとめました!

返戻率にこだわるなら「学資金準備スクエア」

学資保険_おすすめ_ソニー生命

返戻率重視の方には、「学資金準備スクエア」がおすすめです。

先ほどお伝えしたとおり、返戻率が102%以上となる可能性が高く、契約内容によっては106%を超えることも

Ⅲ型を中心に、状況に応じてタイプを選ぶと良いでしょう!

大学入学時にまとめて受け取りたいなら「学資金準備スクエア」

学資保険_おすすめ_ソニー生命

「学資金準備スクエア」は大学入学時の学資金を充実させたい方にもピッタリ。

返戻率が高いことが特徴なうえ、Ⅱ型は大学入学時の受取りに特化しているからです。

契約内容によっては、入学時の学資金受取額が300万円になることもあるので、ぜひ検討なさってくださいね!

月額を押さえたいなら「学資保険みらいのつばさ」

学資保険_おすすめ_フコク生命

学資保険みらいのつばさは、月額約8,200円から支払える学資保険。

毎月の支払額が1万円~15,000円になることも多い学資保険の中で、この安さはトップクラス。

それでいて返戻率も約102%~105%と高め。

月額保険料を抑えたい場合は、学資保険みらいのつばさを検討なさってくださいね!

学費だけでなく医療特約も付加するなら「わくわくポッケ」

学資保険_おすすめ_太陽生命

医療特約も充実させたい場合は、わくわくポッケがおすすめです。

先ほどお伝えした通り、子どもの入院や手術時、親の不幸があった時に対応できます。

また、がんなどで所定の状態になった時に保障されるこども保険総合保険料払込免除特約もあります。

医療特約も付けたい方は、わくわくポッケをお考えくださいね。

- PR -

ソニー生命学資保険

ソニー生命の学資保険

学資保険とは?

学資保険_おすすめ

学資保険とは、ざっくり言うと子どもの教育費を貯めるための保険のこと。

主に4つの特徴があります。

学資保険の特徴
  • 子供の学費に備えた保険
  • 加入できる子供の年齢に制限がある
  • 出産前から加入できる
  • 契約した条件、時期によって返戻率が異なる
それぞれについて詳しく見ていきましょう!

学資保険は子供の学費に備えた保険

学資保険とは、毎月一定額の支払いをすることで子供の進学にかかる教育費を保証してもらう保険のことを言います。

強制的に定額を納めることで、自力での資金つみたてが苦手な方でも子供ためにお金を残すことができます。

さらに、普通預金との違いは”保証”があることです。

万が一、保護者が高度障害で働けなくなったり、病気や事故で亡くなってしまった場合でも、保険払込免除の制度があるので保険料が満額支払われます。

さらに、保護者だけでなく子供に不測の事態が起こった場合も保証が効きます。

このように学資保険は、万が一の場合に備えた子供のための保険として人気を集めています。

学資保険は加入できる子供の年齢に制限がある

学資保険には、子どもの加入年齢に上限があります。

多くの会社では、0~6歳の就学前の子どもが対象です。

保険会社によっては6歳以降も加入が可能な場合もありますが、毎月の支払額が大きくなり、保証金が元割れしてしまうこともあり得ます。

加入の際は必ずシミュレーションをおこない、保証金が必ず保険料を上回るか確認するようにしましょう。

MEMO
フコク生命の「みらいのつばさ」は6歳以降も加入でき返戻率も比較的高いのでおすすめです。

学資保険は出産前から加入できる

学資保険は加入できる子供の年齢に上限がある一方で、出産前でも加入することができます。

多くの保険会社では、出産予定日の140日前から加入が可能です。

学資保険は加入する時の子どもの年齢が低ければ低いほどお得に貯蓄できることを覚えておきましょう。

学資保険は契約した条件、時期によって返戻率が異なる

学資保険は、支払った保険料を保険会社が株や債券で運用することによって、総支払額よりも多い保険金を受け取ることができます。

支払った保険料に対する保険金の割合を返戻率と言い、返戻率が高いほどとお得というわけです。

中には、返戻率が100%を下回る場合もあるので、十分に注意が必要です。

返戻率は、特約の有無、保険支払い者の年齢、子供の年齢、受け取り方法によって異なります。

あらかじめ保険代理店などで、複数の学資保険を比較、シミュレーションしておくと良いでしょう。

保険の相談、見直しは「保険見直しラボ」がおすすめです。

>>> 保険見直しラボで相談してみる!<<<

保険見直しラボ 公式サイトはこちら

学資保険がおすすめな理由・おすすめしない理由

学資保険_おすすめ_理由子供のことを考えると、お金は残しておきたいけれど、学資保険を使うのと自分で貯蓄するのではどちらの方が良いんだろう…

この記事を読んでいる方の中にも、このように思っている方は少なくないはずです。

実際に、あなたの目的によっては学資保険の恩恵を十分に受けられない場合もあります。

そんな方のため、学資保険のメリットとデメリットをまとめました!

学資保険に本当に加入する必要があるのどうかを見ていきましょう。

学資保険のメリット
  • 半強制的に積み立てられる
  • 親の不幸に備えられる
  • 所得控除が使える、節税対策になる

半強制的に積み立てられる

学資保険の返戻率は決して高いとは言えません。

学資保険を使わず自力で毎月保険料と同じ額月貯蓄した場合と総額が大きく変わることもありません。

しかし、半強制的に保険料を支払うことで、確実に資金を積み立てることができます。

貯金や資金管理が苦手な方にとってはうれしいポイントでしょう。

また、保護者に何かあった場合の保障もあり、万が一の事態に備えた保険という色が強くなっています。

返戻率が100%を下回らなければ、病気や事故が無かったとしても支払った保険料をそのまま受け取ることができるため損にはなりません。

親の不幸に耐えられる

上記でも解説した通り、学資保険には万が一の場合に備えた保障制度があります。

支払った保険料を大きく上回る保証を受け取ることはありませんが、不測の事態が起こった際も子供にお金を残すことができます。

所得控除が使える、節税対策になる

学資保険は、生命保険の一種に分類される保険であるため、税金の控除が受けられます。

控除の額は支払った保険料によって異なります。

生命保険控除額 毎月の保険料
年間の保険料の全額 20,000円以下
年間の保険料の半額+10,000 20,000~40,000円
年間の保険料の1/4+20,000円 40,000~80,000円
40,000円 80,000円~

- PR -

ソニー生命学資保険

ソニー生命の学資保険

学資保険のデメリット

学資保険のデメリット
  • 元本割れのリスクがある
  • インフレが起こると損しやすい

学資保険は途中解約すると元本割れのリスクがある

学資保険は、途中解約を前提に作られていないため、払込期間が短くなると元本割れの可能性があります。

学資保険に加入する際は、保険料の支払いに無理が無いかよく考えましょう。

インフレが起こると損しやすい

これは学資保険に限ったことではありませんが、基本的に円建てで運用されるため、国内のインフレには対応できないといって良いでしょう。

学資保険のおすすめの選び方

学資保険_おすすめ_選び方学資保険は、多くの保険会社が提供しており、それぞれに特徴があります。

選び方のポイントとして返戻率を重視することは分かりやすいですが、ほかにどんな点に着目して選んでいけばよいのでしょうか?

この章では、損をしないための学資保険の選び方について解説していきます。

学資保険のおすすめの選び方
  1. 貯蓄性と保障のバランスはどうか
  2. 保険料払込免除が適用されるか
  3. 学資金の受取時期はいつか
  4. 無理なく支払える保険料か
  5. 保険会社の運営は安定しているか

保険の相談、見直しは「保険見直しラボ」がおすすめです。

>>> 保険見直しラボで相談してみる!<<<

保険見直しラボ 公式サイトはこちら

学資保険の貯蓄性と保障のバランスはどうか

学資保険には、貯蓄型と保証型があります。

この違いをざっくり言うと、「特約」があるかないかです。

保障型は、保証が充実している分、返戻率が低めに設定されています。

一方で、貯蓄型は保証を最低限に抑え返戻率を高めに設定しています。

目当ての保障がある場合は除き、迷ったら返戻率の高い貯蓄型を選ぶことをおすすめします。

保険料払込免除が適用されるか

保険料払込免除とは、保護者に万が一のことがあった際に、資金の保障をしてもらえる制度です。

学資保険は、貯蓄のほかにこの制度が大きなメリットであることは間違いないので必ずチェックしましょう。

学資金の受取時期はいつか

学資保険の保険金の受け取り方法は大きく分けて3つのタイプがあります。

保険金受取のタイミング
  • 進学毎に受け取る
  • 大学進学時に分割して受け取る
  • 大学進学時に一括で受け取る

保険会社によっては、特定の受取期間しか選択できないこともあるので、お金の必要になるタイミングをしっかり想定して選ぶようにしましょう。

また、受取期間によって返戻率も異なるので、この点も加味して複数の学資保険を比較しましょう。

無理なく支払える保険料か

学資保険は保険料を払いきり満期金を受け取ることで、メリットがあります。

途中で解約してしまうとほぼ100%損をすると思っておきましょう。

学資保険は短期間で保険料を払いきることで一番返戻率が高くなりますが、無理をして途中で解約してしまっては意味がありません。

生活に無理が生じないように毎月の支払額や支払期間を設定しましょう。

保険会社の運営は安定しているか

保険などの投資商品は、運営母体の強さが非常に大切になってきます。

特に支払った時期と受け取る時期に一定の期間のある保険などは、その間に会社の倒産してしまうと保険金を受け取ることができません。

- PR -

ソニー生命学資保険

ソニー生命の学資保険

学資保険の返戻率を上げるおすすめの方法4つ

学資保険_おすすめ_返戻率やっぱり学資保険の返戻率は少しでも高い方が嬉しいですよね。

そこで、返戻率を上げるためのちょっとしたコツをお伝えします。

返戻率を高くするためのコツ
  1. 早めに加入する
  2. 保険料の支払期間を短くする
  3. 保険料の支払方法を年払いにする
  4. 特約を付けない

上記はあくまで一例ですので、保険の相談はプロに任せましょう!

保険の相談、見直しは「保険見直しラボ」がおすすめです。

>>> 保険見直しラボで相談してみる!<<<

保険見直しラボ 公式サイトはこちら

早めに加入する

学資保険の返戻率は、運用期間が長ければ長いほど高くなります。

つまり、子供の年齢が低いうちに加入することで受け取り時期までの期間が長くなり、高い返戻率が期待できるということです。

学資保険は、妊娠中でも契約できるため、加入を検討してしているのであれば生れる前に契約しておくこともおすすめです。

保険料の支払期間を短くする

学資保険は、保険料の支払い期間を短くすればするほど返戻率が高くなるという傾向があります。

保険料の支払い期間を短くすると、一回に払う保険料が高くなりますが、総額が同じで期間がより長い学資保険にすると返戻率は下がります。

もしより余裕がある場合は、保険料の支払い期間は短く設定すると良いでしょう。

保険料の支払方法を年払いにする

学資保険の支払い方法は、月払いや半年払いなど様々あります。

そして支払い方法によっても返戻率が多少変化することを知っておきましょう。

月払い 年払い
一回の支払額は小さいが
年払いに比べると返戻率が低い
一回の支払額が大きいが返戻率が高い

支払方法はそれぞれに特徴があるので、無理のないように設定しましょう。

特約を付けない

学資保険には、資金の貯蓄のほかにも、医療費保障などの特約を付けることができます。

目当ての特約がある場合を除き、なんとなくで特約を付けることはおすすめしません。

特に、子供の教育費を貯蓄することが目的であれば、特約はなくて良いでしょう。

MEMO

「保険料払込免除」があるかどうかだけは必ず確認しましょう。

もし特約として保険料払込免除を追加する必要があれば必ず追加しましょう。

- PR -

ソニー生命学資保険

ソニー生命の学資保険

学資保険にかかる税金

学資保険_おすすめ_税金

保険金を受け取る際に、保険金に対して税金がかかることはご存知ですか?

この章では、学資保険にかかる税金について安くする方法や税金の種類について解説していきます。

知らないと損をしてしますことになるので、必ずチェックしましょう!

また、契約時に税金についても相談しておくことで思わぬ損失を防ぐことができます。

学資保険にかかる税金の特徴
  • 学資保険にかかる税金の種類は2種類
  • 学資保険にかかる税金の条件は3つある
  • 一般的な加入であれば、税金は気にしなくていい

学資保険のかかる税金の種類

学資保険は誰が受け取るのかによって、税金の種類が異なります。

学資保険にかかる税金の種類
  • 契約者(保険金支払者)が受け取る場合は所得税
  • 契約者以外が受け取る場合は贈与税

学資保険に課税される条件

学資保険にかかる2つの税金について、課税の条件を見ていきましょう。

所得税
  • 満期保険金等(お祝い金や学資金)が払込保険料より多く、年間で50万円以上のもうけになったとき
  • 学資年金を受け取ったとき

上記のことより、年金形式で受け取る際は条件に関係なく課税されることが分かります。

一括で受け取る際は、年間で50万円以上の利益があるかどうかが決め手になるので、支払金額と保険金の額によって受け取り方を相談するようにしましょう。

贈与税
  • 保険料を支払った人以外の人は年間110万円を超えるお金を受け取ったとき

贈与税は、1年間(1/1~12/31)の受け取った贈与の総額に対してかかります。

年間で110万円までは基礎控除があるため、110万円を超えた分に対して税金がかかります。

一般的な加入であれば、税金は気にしなくていい

学資保険は受取額が200~300万円くらいになるのが一般的です。

仮に満期保険金が300万円で返戻率が110%だった場合、支払った保険金は270万円ほどなので30万円ほどのもうけになります。

受取の時期にほかの一時所得が無ければ50万円以内の特別控除なので、税金については考慮する必要はありません。

学資保険の支払いがきつくなったときに考えるべきこと

学資保険_払えない時

学資保険は満額支払うことでそのメリットを十分に受けることができます。

そのため、途中解約はなるべく避けるべきです。

しかし、どんなにプランを考慮したとしても保険金の支払いが負担になってしますこともあるかもしれません。

そこで、もしも学資保険の支払いが負担になってしまった場合に取れる対処法について解説していきます。

学資保険の支払いが負担になってしまったら
  • 払済保険への変更で支払いをやめ保障は続ける
  • 自動振替貸付制度を利用する
  • 契約者貸与制度を利用する

払済保険への変更で支払いをやめ保障は続ける

学資保険は途中で解約してしまうと、高い確率で元本割れになります。

そこで、学資保険の保険料の支払いが負担になってしまった場合は、「払済保険」への変更考えてみましょう。

「払済保険」への変更とは、これまでの保険料は保険会社に預けたまま保険料の支払いを停止することです。

これにより、保険料の支払いは不要になり、保証だけが続きます。

全額支払った場合に比べると保険金は少なくなりますが、元割れの可能性をぐんと回避できます。

また、元割れしてしまったとしても、保証は続くので解約比べるとかなりメリットのある方法と言えます。

注意

払済保険料に変更をすると、多くの場合特約が無効になります。

また一度変更をすると元に戻すことはできません

これらを考慮に入れた上で、払済保険を利用するかを検討しましょう。

自動振替貸付制度を利用する

自動振替貸付制度とは、解約返戻金の範囲内であれば、保険会社が保険金を利子付きで立て替えてくれるという制度です。

一時的に、保険金の支払いが負担という方はこちらの制度を利用してみるものいいでしょう。

契約者貸与制度を利用する

契約者貸付制度とは、解約返戻金の範囲内であれば、保険会社お金を借りられるという制度です。

立て替えでなくお金を貸りたいときに利用する制度ですが、自動振替貸付制度と同じで一時的な利用と考えることが大切です。

- PR -

ソニー生命学資保険

ソニー生命の学資保険

学資保険に関するよくある質問

学資保険_おすすめ_QA

学資保険に関するよくある質問
  1. 受取人は誰にするのがおすすめ?
  2. 学資保険には税金がかかる?
  3. 学資保険は年末調整で申告できる?
  4. 学資保険以外に教育費を貯める方法は?

学資保険については、上記4点を疑問に思う方が多いです。

これらの答えを確認していきましょう。

FAQ① 受取人は誰にするのがおすすめ?

受取人は契約者とあわせることがおすすめ。

こうすることで課税所得が半分になり、節税効果が期待できるからです。

その一方、受取人と契約者が異なると贈与税が発生するので要注意。

そのため、父親が学資保険の契約者となる場合は、受取人も父親にしておくことがおすすめです!

FAQ② 学資保険には税金がかかる?

先述の通り、学資保険の受取時には税金がかかります。

学資金を一回で受け取る場合には一時所得が課され、分割で受け取る場合には雑所得が課されます。

ただし、学資保険の支払分について所得控除が受けられる点をふまえると、メリットの方が大きいと言えるでしょう。

学資保険は一般生命保険料控除の対象とされているので、忘れずに申告することが重要です!

FAQ③ 学資保険は年末調整で申告できる?

学資保険は年末調整で申告できます。

保険会社名や保険の種類、契約者の氏名などを記入し、生命保険料控除証明書を添付する流れになります。

勤務先によって異なりますが、年末調整は11月頃から始まることが多い点もおさえておきましょう!

FAQ④ 学資保険以外に教育費を貯める方法は?

学資保険以外に教育費を貯める方法
  1. 低解約返戻金型終身保険
  2. 外貨建て保険

学資保険以外で教育費を貯めたい場合には、上記2点がおすすめです。

低解約返戻金型終身保険とは、保険料を支払っている最中の解約金を抑えることで保険料を安くできる保険のこと。

保険料の支払いが終わった時から、解約返戻金がアップするので、学資保険の代わりに使えると言われています。

一方の外貨建て保険は、外貨で資産運用して受取額を増やすことを狙いにする保険商品です。

日本は低金利なので、より金利が高い外貨での積み立てに魅力を感じる人が増えています。

外貨建て保険には、為替変動リスク両替手数料が発生するなどのデメリットがあるので、この点もおさえておきましょう!

「おすすめの学資保険」のまとめ

学資保険_おすすめ

「おすすめの学資保険」のまとめ
  • おすすめの学資保険No1は、学資金準備スクエア
  • 学資保険で迷った時には、貯蓄性や保障とのバランスなどに注意して検討すると良い
  • 学資保険にはおすすめな理由もあるが、おすすめしない理由もあるので要注意
  • 学資保険の返戻率を高めるためには、加入時期や支払方法に注意することがおすすめ

おすすめの学資保険を把握しておけば、お子さんのためにお金を準備しやすくなります。

より良い環境を整えるためには、お金が重要。

大切なお子さんのため、早めに学資保険の検討をしていきましょう!

- PR -

ソニー生命学資保険

ソニー生命の学資保険

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です