おすすめのペット保険比較表!サラッと特徴を把握してベストな選択を!

ペット保険を比較して、一番良い商品を選びたいな。

ペット保険に加入しておくと、いざという時に助かります。

病気や怪我だけでなく、他人に損害を与えてしまった時にも役立つことがあるので安心です。

その一方で、「ペット保険の種類が多くて、どれがベストなのかわからない…」という人も。

今回は、あなたにピッタリの商品を選んでいただくため、おすすめのペット保険を徹底比較しました!

ペット保険の必要性や、契約後のトラブル回避につながる情報もお届けするので、ぜひお役だてくださいね!

【10社】おすすめのペット保険比較表

ペット保険 比較_比較表

項目 FPC ペットメディカルサポート 楽天ペット保険 SBIいきいき少短のペット保険 うちの子 アクサダイレクトのペット保険 うちの子 Light NEW セレクト BEST げんきナンバーわんslim どうぶつ健保ふぁみりぃ
保険料 1ヶ月 1,950円 2,150円 1,980円 2,100円 2,810円 2,520円 1,030円 1,290円 1,790円 3,270円
1年 21,250円 24,830円 21,780円 24,570円 32,740円 28,050円 12,040円 14,520円 19,040円 35,630円
補償割合 70% 70% 70% 70% 70% 70% 90% 80% 70% 70%
通院補償 限度額(1日) 12,500円 10,000円 15,000円 年間最大補償額まで 12,000円 年間最大補償額まで
※通院、入院、手術の合算額
記載なし 年間最大補償額まで
*2
年間最大補償額まで 14,000円
限度日数(1年) 30日 20日 22日 年間最大補償額まで 22日 年間最大補償額まで
*1
10日
*3
年間最大補償額まで
*2
年間最大補償額まで 20日
入院補償 限度額(1日) 10万円 10万円 15万円 年間最大補償額まで 30,000円 年間最大補償額まで
*1
50万円 年間最大補償額まで
*2
年間最大補償額まで 14,000円
限度日数(1年) 1回 2回 3回 年間最大補償額まで 22日 年間最大補償額まで
*1
2回 年間最大補償額まで
*2
年間最大補償額まで 20日
手術補償 1日の限度額 10万円 10万円 15万円 年間最大補償額まで 15万円 年間最大補償額まで
*1
50万円 年間最大補償額まで
*2
年間最大補償額まで 14万円
年間限度回数 1回 2回 3回 年間最大補償額まで 3回 年間最大補償額まで
*1
2回 年間最大補償額まで
*2
年間最大補償額まで 2回
年間最大補償額 85万円 110万円 115,5万円 70万円 122.4万円 70万円 100万円 50万円 70万円 84万円
免責金額 なし なし なし なし なし なし 3万円以上の治療費が補償対象 1年につき2万円 1日につき3,000円 なし
その他の補償 なし ・車イス費用特約(全契約対象)
・火葬費用等担保特約(任意で付帯可能)
ペット賠償責任特約
※免責金額:1,000円(1事故あたり)
なし ペット賠償責任特約の付帯可能 ペット賠償責任特約の付帯可能 ペット賠償責任特約の付帯可能 なし なし ペット賠償責任特約の付帯可能
補償開始までの時間 怪我 なし なし なし なし なし なし なし なし 15日 なし
病気 なし なし 30日 30日 なし 30日 なし 30日 30日 30日
がん なし なし 30日 30日 なし 120日 なし 60日 90日 30日
新規加入条件 0歳1ヶ月~8歳11ヶ月 0歳1ヶ月~8歳11ヶ月 0歳0ヶ月~11歳0ヶ月未満 0歳2ヶ月~11歳11ヶ月 0歳0か月~12歳11ヶ月 0歳0ヶ月~8歳0ヶ月未満*4 0歳0ヶ月~12歳11ヶ月 生後50日~12歳11ヶ月まで 生後45日~7歳11ヶ月 0歳0ヶ月~7歳11ヶ月
保険金受取方法 ・立替請求型 ・立替請求型 ・立替請求型 ・立替請求型 ・立替請求型
・窓口精算型
・立替請求型 ・立替請求型 ・立替請求型 ・立替請求型 ・立替請求型
・窓口精算型
保険金請求~受取までの目安時間 30日以内 20日以内 30日以内 20日以内 30日以内 30日以内 30日以内 15営業日以内 20日以内 30日以内
保険料支払方法 ・クレジットカード
・口座振替
・クレジットカード
・口座振替
・クレジットカード
・口座振替
・クレジットカード
・口座振替
・クレジットカード
・コンビニ
・クレジットカード
・口座振替
・クレジットカード
・口座振替
・クレジットカード
・コンビニ
・クレジットカード
・口座振替
・クレジットカード
・口座振替
割引等 なし ・インターネット割引 なし ・インターネット割引 ・多頭割引*5
・無事故継続割引*6
・インターネット割引*7
・マイクロチップ割引
・多頭割引(2~3契約:2%、4契約~:3%)
・無事故継続割引(5%)
・インターネット契約割引(10%)
なし なし ・多頭割引*8
・健康割増引制度
備考 *5 2~3契約:2%、4契約~:3%割引
*6 5%割引
*1 通院、入院、手術の合算額
*4 新規契約および契約継続時に引受審査あり
(審査の結果、条件変更や契約継続不可の可能性あり)
*7 初年度のみ3,000円
*3 手術を含んだ連続した入院10日につき、1回 *2 年間保険支払額50万円 *8 月払:50円引、年払:600円引

上記は0歳のチワワがペット保険に加入する際の比較一覧表となります!

編集部厳選の人気10社に関するペット保険をしましたので、ぜひ参考になさってくださいね!

ペット保険とは?

ペット保険 比較_ペット保険とは

そもそも、ペット保険のことを詳しく知らないんだけど…

そんな方のため、ペット保険の基礎知識についてご紹介します!

「ペット保険とはなんなのか?」、「ペット保険って必要なの?」といった点を解説しますね!

医療費の自己負担を減らしてくれる保険

ペット保険とは、ペットにかかる医療費を安くするための保険です。

基本的に通院・入院・手術に関する医療費が、補償の対象となります。

他にも特約を付けることで、ペット賠償責任特約や火葬代などの補償をしてくれる商品もあります。

なお、ペット賠償責任特約とは、ペットが他人の物を壊すなど、損害を与えてしまった時のための補償です。

ペット保険に入っていない場合は、医療費などは全て自己負担となるので要注意。

日本でのペット保険加入率は、約10%です。

ペットの寿命も高齢化していることから、今後ペット保険はさらに普及すると言われています。

ペット保険の必要性

ペット保険の必要性は、年々増しているとされています。

アイペット損害保険株式会社によると、ペット保険に加入した人の約62%が1年以内に保険を使ったとのこと(2018年1月1日~2018年12月31日 保険金請求実績 アイペット調べ 対象商品:「うちの子」より)

また手術費用の請求に関しては、0歳~6歳のペットが53.2%という結果に(2018年1月1日~2018年12月31日 保険金請求実績 アイペット調べ 対象商品:「うちの子」「うちの子ライト」「うちの子プラス」より)

0歳~6歳までの手術費用の請求率については、以下の表にまとめましたので、ご覧くださいね!

年齢 手術費用の請求率
0歳 9.7%
1歳 8.9%
2歳 6.3%
3歳 6.8%
4歳 6.8%
5歳 6.7%
6歳 8.0%

出典:https://www.ipet-ins.com/pet-insurance/about/

このように、0歳・1歳・6歳が手術費用の請求率が高め。

2歳~5歳の手術費用請求率に関しても、低いとは言えません。

このように、いつペットの医療費が発生するかわからない状態なので、早めの加入を検討しましょう!

ペットの医療費はいくらくらい?

ペット保険 比較_医療費はいくら?

ペット保険って、どれくらい大事なのかが、よくわからないな…

ペットの医療費について把握すれば、ペット保険の必要性が見えてきます。

そこで、一生涯におけるペットの医療費や、犬に多い異物誤飲の医療費について、お伝えしますね!

ペットの一生に必要な医療費は約64万円

ペットにかかる医療費は犬だと約64万円、猫だと約36万円とされています。

このようにペットの医療費は決して安いとは言えません。

そのため、予めペット保険に入っておくことが効果的です。

なお、上記の医療費は犬や猫の年間医療費の平均に、それぞれの平均寿命をかけて算出した金額です。

アニコム損害保険株式会社は、ペットにかかる年間医療費について、以下のように発表しています。

犬・猫にかかる年間医療費
  • 犬:44,869円
  • 猫:23,919円

出典:https://www.anicom-sompo.co.jp/news/2019/news_0200331.html

また、一般社団法人 ペットフード協会では、犬や猫の寿命について、以下の結果を発表しました。

犬や猫の寿命
  • 犬:14.29歳
  • 猫:15.32歳

出典:https://petfood.or.jp/

上記をもとに犬・猫にかかる医療費を算出すると、以下のようになります。

ペットの種類 年間医療費 一生涯の医療費 平均寿命
44869 641178.01 14.29
23919 366439.1 13.63

このように、犬や猫を飼う際には医療費が必須と言えます。

そのため、早いうちからペット保険に入り、いざという時に備えておくことが有効です!

犬の異物誤飲で15万円以上かかることも

ペットにも医療費がかかることはわかったけど、イメージがわきづらいな…

そんな方のため、犬に多いとされる異物誤飲に関する医療費の一例をご紹介します!

農林水産省獣医師臨床研修者指定施設のDVMsどうぶつ医療センター横浜における異物誤飲の医療費は、以下です!

異物誤飲の医療費
  • 催吐処置:3万円~
  • 内視鏡による摘出:10万円~
  • 胃切開:15万円~

出典:https://yokohama-dvms.com/er/fee/

DVMsどうぶつ医療センター横浜では、異物誤飲について少なくても3万円の医療費がかかります。

このうちのいくらかを保険でまかなえれば、支払負担の軽減が可能。

大切なペットに必要な医療を受けさせてあげられるよう、ペット保険の検討をおすすめします!

ペット保険の選び方

ペット保険 比較_選び方

ペット保険を比較する際には、しっかりとした選び方を把握しておくことがおすすめです。

より賢くペット保険を選ぶための8つのポイントは、以下です!

STEP.1
補償範囲を設定する
主な補償範囲となる、通院・入院・手術の補償内容を検討しましょう。
通院補償といっても、対象となる病気や治療が異なるケースがあります。
入院や手術に関しても同様ですので、必要な補償を選びましょう。
STEP.2
補償割合を決める
補償割合の多い、少ないを決めましょう。
補償割合が大きくなるほど、自己負担額が減りますが、保険料は高くなる傾向があります。
また、補償の限度額や回数制限などについてもあわせて確認しておくと、思わぬトラブルが減りますよ。
STEP.3
特約を設定する
必要な特約がないか、チェックしておきましょう。
ペットが他人に損害を与えた場合に補償されるペット賠償責任特約などをつけておくと、安心につながります。
STEP.4
保険料をチェックする
ペット保険に加入した場合の合計費用を把握しておきましょう。
ペット保険は終身保険が多いので、一生を終えるまでにどれくらいの保険料が必要なのか、計算することが重要。
加入する際の年齢によっても保険料は変わるので気を付けましょう。
月払い・年払いなどの、払い方についても決めておくと、より安心して加入できます。
STEP.5
割引内容を確認する
インターネット割引など、使える割引がないか確認しておきましょう。
また、一定期間無事故の場合に割引されるなどのペット保険もあります。
あなたにピッタリのペット保険を選ぶために重要です。
STEP.6
加入条件をチェックする
現在の年齢や健康状態などをふまえ、加入できるペット保険かどうか確認しましょう。
これまでにした病気や怪我などによっても、加入に制限が生じるケースがあります。
STEP.7
補償開始日を確認する
ペット保険の契約日から、補償開始が適用されるまでの日数は要チェック。
契約した直後に怪我をした場合など、補償されない恐れがあるからです。
STEP.8
受取方法をチェックする
保険金の受取方をチェックしておくと、後々のトラブル防止に役立ちます。
主な受取方として、立替請求型と窓口請求型があります。

このように8つのポイントからペット保険を選ぶと、より良い契約ができるでしょう。

思わぬトラブルを予防することにもつながりますので、ぜひ参考になさってくださいね!

「ペット保険の比較」まとめ

ペット保険 比較_まとめ

「ペット保険の比較」のまとめ
  • ペット保険を比較すれば、自分にピッタリの商品を選びやすくなる
  • 犬の場合、一生涯の医療費は約64万円とされるため、ペット保険の必要性は高いと言える
  • ペット保険を比較する際には、賢く選ぶための8つのポイントを意識すると良い

ペット保険をうまく比較すれば、安心して過ごしやすくなります。

そのためにもペット保険を選ぶ際のポイントをおさえて、あなたにピッタリの商品を選ぶことが重要です。

ペット保険を賢く選ぶため、この記事でお伝えした内容をお役立てくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です