生命保険の選び方とは?20代~60代別に選び方をかんたん解説!

生命保険の選び方を知っておくと、あなたにピッタリのプランを選ぶことができます。

でも将来のことってわからないし…どうやって選べばいいんだろう?

そんな方のために、今回は年代や家族構成別に見た生命保険の選び方をお伝えします。

本記事では、「20代~30代」「40代~50代」「60代以上」に分けて、生命保険の選び方をまとめました!

さらに、「独身かどうか」「子供ありかどうか」についても場合わけして、生命保険の選び方をご紹介します。

生命保険の種類や生命保険選びのポイントやFAQまで徹底的に解説しています。

スルッと読めるよう簡単に説明しているので、この記事を読めば、あなたにピッタリの生命保険を選ぶ方法を理解することができます!

「生命保険の選び方」をざっくり言うと
  • 生命保険の種類や特徴をおさえておくとより選びやすくなる
  • 生命保険は種類ごとにカバーできるリスクが異なる
  • 生命保険選びをする前に2つのことを行う必要がある
  • 生命保険の選び方は、保障内容など6つのポイントをおさえることが重要
  • 年代家族構成によって生命保険の選び方は異なる
  • 生命保険は健康なうちに選び始めるべき
  • 保険の新規加入や見直しを検討したら、まずは保険代理店に相談することをおすすめします。
  • 中でも保険見直しラボは利用者満足度97%とおすすめです。

保険見直しラボ

>>>保険見直しラボで無料相談<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

マネーR読者に人気の保険代理店は以下の3つです。
*スマホでは横にスワイプできます!
代理店名 公式 取扱数 特徴
訪問型
保険相談
窓口
保険見直しラボ
32社 ●全国に約70拠点展開
●平均業界歴12.1年のベテランFP
●選べる6つの嬉しいプレゼント!
●合わないコンサルタントの変更ができるイエローカード制度
ほけんのぜんぶ 32社 ●全国どこでも対応(離島を除く)
●取り扱い保険会社数32社
●電話・オンライン相談なら24時間365日対応
●FPの資格取得率が驚異の100%!
●選べる6つのプレゼント!
店舗型
保険相談
窓口
保険相談ニアエル保険相談ニアエルのメリットとデメリット ●全国に1200店舗以上のショップと提携
●保険代理店掲載数はダントツNo1
●女性スタッフやキッズルームなど詳細選択可

そもそも、生命保険とは?

生命保険とは?基礎知識を解説

そもそもだけど、生命保険について基本的なことを把握しておきたいな。

そんな方のため生命保険の基礎知識について、わかりやすくお伝えします!

生命保険 = 死亡や病気などに備えるための保険

生命保険とは、死亡や病気などの際にお金を受け取れる保険のことです。

生命保険の加入者全員で所定の保険料を払い、予期せぬ状態になった時にお金をもらえる仕組みが生命保険です。

つまり、保険はいわば相互扶助の精神で成り立っているのです。

生命保険は広い意味でとらえられることが多く、年金保険や学資保険も含まれています。

そこで次は生命保険の種類について、チェックしておきましょう!

生命保険 9種類とは?

生命保険には、以下の9種類があります。

・生命保険の種類

定期保険 ・期間の定めがある生命保険
・掛け捨てタイプが多い
終身保険 ・一生涯保障の対象となる生命保険
・解約返戻金があるタイプが多い
収入保障保険 ・契約者の死亡時に遺族に対し、分割で保険金が払われる
・経過年数に応じて、受け取れる保険料は減る傾向がある
養老保険 ・定期保険だがかけ捨てではないタイプ
・定期保険よりも保険料が割高になることが多い
医療保険 ・所定の病気になったり、怪我を負ったりした際に保険金が受け取れる
介護保険 ・要介護状態になった時に保険金が受け取れる
就業不能保険 ・退院後など、働けない時に保険金が受け取れる
個人年金保険 ・所定の年齢まで保険料を納めた後、年金形式で保険金を受け取れる
学資保険 ・子供の教育資金を貯めるための保険
・医療保障などがついているタイプもある

9種類の生命保険のそれぞれの特徴については次の項目で分かりやすく紹介します。

生命保険 9種類ごとに見る特徴

上記でお伝えした生命保険の種類が、どんなリスクに対応できるのかについては、以下の表をご覧ください!

なお、各生命保険がどんなリスクに適しているかについて、「◎=非常に適している」「〇=適している」「△=部分的に適している」「×=適していない」の4つで評価しています。

生命保険の種類ごとに見る特徴

生命保険の名称 死亡した場合 病気・怪我を負った場合 将来に備える場合
家族の生活費 子供の教育費 葬儀費用 医療費 介護費用 収入減少 老後資金 子供の教育費
定期保険 × × × × ×
終身保険 × × ×
収入保障保険 × × × × × ×
養老保険 × × ×
医療保険 × × × × × ×
介護保険 × × × × × × ×
就業不能保険 × × × × × × ×
個人年金保険 × × × × × × ×
学資保険 × × × ×

このように、生命保険のタイプによってカバーできる保障は異なります。

どんな保障が必要かについてしっかり検討し、ベストな生命保険を選びましょう!

生命保険についてどの会社を選ぶべきか悩んでいる方は、11社21商品から厳選・徹底比較して生命保険を紹介している以下の記事をご覧ください。

生命保険を徹底比較!驚異の11社・21商品から厳選!【ジャンル別】

生命保険になぜ入るべきか

生命保険に保険料を払う代わりに貯金していれば十分なのでは?

このように考える方もいるかと思います。

確かにコツコツと貯金をしていれば数十年経った時には必要な金額やそれ以上の金額が貯まるかもしれません。

しかし、貯金をしている途中で、万が一のことがあった場合では貯金額だけで必要な金額を賄うことが不可能で、自分自身や遺された家族が苦しむことが予想されます。

そんな時に、保険に加入していれば、それまで支払った保険料に関係なく受け取れる金額を指定しておくことができます。

いつ何が起こるかわからない人生の万が一のリスクに備えて、あなた自身や家族のために、あなたに合った生命保険を選び、加入することをおすすめします!

生命保険選びの前に…!!

生命保険を選ぶ前に行うべきこと

生命保険が何か分かったところで生命保険を選び始めよう!

そう思った方もいるかもしれませんが、生命保険を選ぶ前に2つだけ行わなければいけないことがあります。

生命保険選びの前に行うべきことその1.現状を把握する

まずは、自分や自分の家族が現在、どんな生活状況、経済状況、就業状況におかれているのかを把握する必要があります。

自分や家族の現状把握なしには、今の自分にはどんな保険が必要なのか、どの程度の保険料なら支払い可能か、どれほどの補償が必要かなど、保険選びに必要なポイントが不明瞭になってしまいます。

生命保険選びでは、重要なポイントを抑えなくては自分にあった保険を見つけることができません。

せっかくの保険選びを失敗しないように、自分の現状をまずはしっかりと把握しましょう

生命保険選びの前に行うべきことその2. 生命保険に加入する目的を明確にする

現状把握ができたら、「何のために保険に入るのか」を明確にしましょう。

目的をしっかりと決めずになんとなく保険選びをすると、失敗して損をしてしまう危険があります。

生命保険に入る目的は「自分が死んだときにお葬式の費用を賄うために」「病気になって働けなくなった時のために」「老後にお金に困らないために」「子供を大学まで行かせてあげるために」など、年齢や家族構成など人それぞれです。

また、生命保険は将来を見据えた保険なので、保険選びには自分が将来どうなりたいかという将来設計も必要です。

どうして保険に入りたいのかをある程度明確にすることができたら、さっそく保険選びに入りましょう!

生命保険の選び方 6つの手順を紹介!

生目保険選び方6つの手順 ポイント

STEP.1
保障内容を決める
STEP.2
保障期間を決める
STEP.3
保障金額を決める
STEP.4
解約返戻金を決める
STEP.5
保険料の支払期間を決める
STEP.6
保険料を決める

生命保険の選び方は、上記6つの手順をふむことがおすすめ。

どんな点に気を付ければいいのか、お伝えしますね!

生命保険選び方①保障内容を決める

生命保険選び方その1保障内容

生命保険を選ぶ際には、保障の内容を明確にすることが大事です。

「誰に保険をかけるか」、「どんな内容の保障をかけるか」を決めれば、生命保険を選びやすくなります。

例えば、「自分が病気で入院してしまったときのため」というように目的を決めると良いでしょう。

他にも、配偶者や子どものために生命保険を活用する人もいます。

まずは、「誰に対する、どんなリスクに備えたいのか」を明確にし、保障内容を決めましょう!

でも、どんなことに備えるべきかわからない…

そんな方は、後ほどご紹介する年代別のおすすめの選び方をご覧ください!

年代ごとに家族構成別おすすめの選び方をご紹介しているので、どんなリスクが考えられるか確認できます。

先にご覧になりたい方は、以下のジャンプリンクをクリックしてください!

生命保険選び方②保障期間を決める

生命保険選び方その2保障期間

生命保険は、定期保険終身保険の2タイプにわけられます。

定期保険とは、10年や15年など、期間の定めがあるタイプの保険です。

それに対し、終身保険には期間の定めがなく、一生加入し続けます。

定期保険や終身保険は保険金の受け取り方などによって、以下のように4タイプに分けられます。

項目 定期保険 終身保険
定期保険 収入保障保険 養老保険
保障期間 加入時~満期まで 加入時~満期まで 加入時~満期まで 加入時~死亡するまで
保険料 満期まで同じ金額 満期まで同じ金額 満期まで同じ金額 一生、同じ金額
満期保険金 なし なし あり なし
解約返戻金 なし なし あり あり
備考 ・期間満了時に保険金がない
・満了後に更新できる生命保険が多い
・死亡時の保険金を分割で受け取る生命保険
・保険金の受取額は少しずつ減る
・満期時に保険金がもらえる生命保険
・定期保険より、保険料が割高
・必ず保険金がもらえるタイプ
・葬式代として活用する人が多い
・解約返戻金がある

上記をふまえ、保証期間を決めれば生命保険を選びやすくなります。

保障期間の決め方としては、「子どもが成人するまで」「定年退職を迎えるまで」などが挙げられます。

定期保険を選ぶ場合には、上記3つのうち、どのタイプを選ぶのかも検討する必要があります。

生命保険選び方③保障金額を決める

生命保険選び方その3保障金額

保証金額を選ぶ際には、どれくらいのお金が必要になるかを考えることも重要です。

想定したリスクが起こった時に、いくらあれば暮らしていけるのかを考えましょう。

例えば、「10年後に自分が入院で1ヶ月働けなくなったら…」といった考え方です。

「入院している1ヶ月のうちに、会社から給料がもらえるのか?」などを確認し、必要な生活費の予測を立てましょう。

そして、その際の不足額をまかなえるよう、生命保険の保障金額を決めると良いですよ!

生命保険選び方④解約返戻金を決める

生命保険選び方その4解約返戻金

解約返戻金とは、生命保険を途中解約した際、保険会社からもらえるお金のことです。

定期保険の場合、基本的に解約返戻金はありません。

反対に主な終身保険には、解約返戻金があります。

ただ商品によって、解約返戻金を出さず、保険料を抑える終身保険もあります。

このように、解約返戻金の有無は各商品によって異なります。

そのため、解約の可能性や保険料とのバランスを見て、解約返戻金について考えることが重要です。

生命保険に加入した後、不足の事態で解約しなければいけなくなった時のことも考えておきましょう!

生命保険選び方⑤保険料の支払期間を決める

生命保険選び方その5支払期間

保険料の支払期間を決めると、保険料の算出がしやすくなります。

なぜなら、保険料の支払期間の長短で保険料の額が変わるケースが多いからです。

一般的に保険料の支払期間を短くすると、1回に支払う保険料は多くなります。

反対に保険料の支払期間が長くなると、1回に支払う保険料は少なくなります。

いつまでに保険料を払い終えたいかを考えて、支払期間を決めましょう!

生命保険選び方⑥保険料を決める

生命保険選び方その6保険料

保険料を決める際には、無理なく払っていける金額に設定することがポイント。

途中で支払えなくなってしまうと、肝心な時に保障されないケースもあります。

また途中解約となってしまった場合には、元本割れのリスクが高まることに…。

これまでにあげた5つの選び方でお伝えした項目とのバランスをふまえ、適正な保険料を考えましょう!

生命保険選び方 6つの手順のまとめ

生命保険を選ぶときにはこれら6つの手順を追って、あなたにぴったりの生命保険を選びましょう!

ここまでこの記事を読んでくださったあなたなら「自分はどんな基準で生命保険を選べばいいのか…」と気になっているのではないでしょうか。

そんな方のために次の項目から、年代、家族構成別におすすめの生命保険の選び方を独自解説しました!

20代~30代におすすめの生命保険の選び方

20代30代におすすめの生命保険選び方

20代~30代は病気や怪我などへのリスクを重視することがポイント。

必要に応じて老後資金などにも備えていくと良いですよ!

状況別に、おすすめの生命保険の選び方を見ていきましょう!

①独身の場合

20代30代独身の生命保険選び方

20代~30代で独身の方は、以下の項目に注意して生命保険を選びましょう!

20代~30代・独身の場合の生命保険の選び方
  • 病気、怪我などで働けなくなった際のリスク(医療費・収入減)
  • 老後資金
  • 葬儀費用

20代~30代で独身の方は、医療保障に重点を置くことがポイント。

病気や怪我などで働けなくなった時の収入減や医療費をまかなえる生命保険が良いでしょう!

この点をふまえて、老後資金などをカバーできる生命保険も検討すると、将来の安心につながります。

②夫婦の場合

20代30代夫婦の生命保険選び方

20代~30代で結婚した場合には、子供の有無によって備えるべきリスクが変わります。

子供なしの場合と、ありの場合についてお伝えします!

子供なしの場合

子供がいない場合、生命保険を選ぶ際に見るべきポイントは、こちらです。

20代~30代・既婚・子供なしの場合の生命保険の選び方
  • 病気、怪我などで働けなくなった際のリスク(医療費・収入減・配偶者の生活費など)
  • 老後資金
  • 葬儀費用

20代~30代で子供がいない場合、お互いに働けなくなった際のリスクに対応できる生命保険がおすすめです。

例えば、「あなたの収入のみで暮らしている場合、あなたが働けなくなった時のことを考える」といった選び方です。

ここでも、病気や怪我などによる医療費や収入の減少リスクには要注意です。

20代~30代の場合、老後資金や葬儀費用などへの備えは、重要性が低めと考えて良いでしょう。

子供ありの場合

子供ありの場合には、以下の点に注意して生命保険を選ぶことをおすすめします。

20代~30代・既婚・子供ありの場合の生命保険の選び方
  • 病気、怪我などで働けなくなった際のリスク(医療費・収入減・家族の生活費など)
  • 子供の教育資金
  • 老後資金
  • 葬儀費用

20代~30代で子供ありの場合、生計を立てる人が働けなくなるリスクに加え、子供の教育資金も重要です。

目先の教育だけでなく、高校や大学などの教育資金の準備も大事です。

これらをふまえて生命保険の保障内容について、バランスをとると良いですよ!

40代~50代におすすめの生命保険の選び方

40代50代におすすめの生命保険の選び方

40代~50代の方は、一歩踏み込んだ医療保障を検討することがおすすめです。

どんな選び方をすれば良いのか、わかりやすくお伝えしますね!

①独身の場合

40代50代独身の生命保険選び方

40代~50代で独身の方は、以下のような点に注意して生命保険を選ぶと良いですよ!

40代~50代・独身の場合の生命保険の選び方
  • 病気、怪我などで働けなくなった際のリスク(医療費・収入減など)
  • がん、介護費用に関するリスク
  • 老後資金
  • 葬儀費用

40代~50代になると、健康面のリスクが高まりやすくなります。

そのため、がんや介護に対する備えがあると安心できるでしょう!

また、40代~50代に差し掛かると、老後の資金もしっかり準備しておきたいところです。

現状の生活を維持しながら、将来に備えられる生命保険がおすすめです!

がん保険_人気 【2020年11月最新】人気ながん保険ランキング|FP・利用者の口コミから徹底分析!

がんに強い保険もまとめました。

是非参考にしてくださいね。

②夫婦の場合

40代50代夫婦の生命保険選び方

40代~50代の夫婦の場合も、子供ありかどうかで、生命保険の選び方が異なります。

どんな点に注意すれば良いのか、おさえていきましょう!

子供なしの場合

子供がいない40代~50代の方は、以下に注目して生命保険を選ぶことをおすすめします!

40代~50代・既婚・子供なしの場合の生命保険の選び方
  • 病気、怪我などで働けなくなった際のリスク(医療費・収入減・夫婦の生活費など)
  • がん、介護費用に関するリスク
  • 老後資金
  • 葬儀費用

年齢を重ねるにつれて、がんや介護に対する重要性が上がってきます。

病気や障害など、予期せぬ状態になってしまった場合にカバーしてくれる生命保険を選びましょう!

また、老後資金の充実につながる生命保険を選ぶこともお忘れなく!

子供ありの場合

40代~50代で子供ありの場合には、以下の点に注意すると良いですよ!

40代~50代・既婚・子供ありの場合の生命保険の選び方
  • 病気、怪我などで働けなくなった際のリスク(医療費・収入減・家族の生活費など)
  • がん、介護費用に関するリスク
  • 子供の教育資金
  • 老後資金
  • 葬儀費用

子供がいる場合には、教育資金の準備にも目を向けることが重要。

20代~30代に比べ、40代~50代の時期は子供が大学生になる家庭がグンと増えます。

そのため、しっかりと教育資金を準備しておかなければなりません。

また、働けなくなるリスクや老後資金にも備えられるよう、バランスを見ていきましょう!

60代以上の方におすすめの生命保険の選び方

60代以上におすすめの生命保険の選び方

60代になると、仕事や子育てから離れることが多くなり、生命保険の選び方も異なります。

そこで、60代におすすめの生命保険を見てみましょう!

①独身の場合

60代以上独身の生命保険の選び方

60代で独身の場合、以下の点に注意して生命保険を選ぶことをおすすめします!

60代・独身の場合の生命保険の選び方
  • 老後資金
  • がん、介護費用に関するリスク
  • 病気、怪我などで働けなくなった際のリスク(医療費・収入減・家族の生活費など)
  • 葬儀費用

60代になると老後や病気などへの備えを充実させることが大事です。

「60代を過ぎてもまだまだ働ける」という人もいますが、勤務できなくなるリスクは大きくなりがちです。

状況によって、葬儀費用を充実させることも考えましょう!

②夫婦の場合

60代以上の夫婦の生命保険の選び方

60代以降の夫婦であっても、子供ありかどうかで生命保険の選び方は異なります。

どのような選び方をすると良いのか、見ていきましょう!

子供なしの場合

子供がいない場合には、以下の点に注目して生命保険を選ぶと良いですよ!

60代・既婚・子供なしの場合の生命保険の選び方
  • 老後資金
  • がん、介護費用に関するリスク
  • 子供の教育資金
  • 病気、怪我などで働けなくなった際のリスク(医療費・収入減・配偶者の生活費など)
  • 葬儀費用

60代になると死亡リスクが高まるので、残された配偶者のことを考えた生命保険選びが大事。

万一の時、配偶者だけで暮らしていけるような保障がある生命保険を選びましょう!

子供ありの場合

60代以降で子供ありの場合には、以下の点に注意して生命保険を選びましょう!

60代・既婚・子供ありの場合の生命保険の選び方
  • 老後資金
  • がん、介護費用に関するリスク
  • 子供の教育資金
  • 病気、怪我などで働けなくなった際のリスク(医療費・収入減・家族の生活費など)
  • 葬儀費用

60代になってから子供が大学生になることもあります。

そのため、子供の年齢に応じて、教育資金の準備にも気を付けましょう!

生命保険選び方FAQ

生命保険の選び方FAQ

ここで生命保険を選ぶときによくある質問を紹介します!

生命保険の選び方に関する質問1.「いつから保険選びを始めるべき?」

生命保険選びを始める時期は人それぞれですが、就職した時や、結婚や出産を迎えた時など人生の節目を迎えた時期に保険への加入を検討する方が多いようです。

 

環境の変化で必要な保障も大きく変わってきます。

 

新たな環境下で、すでに保険に入っている場合は保険を見直し、保険に入っていない場合でも自分が抱えるリスクへの備えとして生命保険への加入をおすすめします!

 

ほとんどの生命保険は年齢が上がると保険料も上がってしまうので生命保険への加入を検討しているのであれば、誕生日よりも前に保険選びを始めるべきです。

 

また、年齢が上がると怪我や病気のリスクが高まり、健康状態によっては保険加入が難しくなります。

 

新しい環境下ではなくとも、怪我や病気になってから後悔しないように、健康なうちに保険への加入を検討しましょう。

生命保険の選び方に関する質問2.「女性特有のリスクに備えられる生命保険はある?」

女性は、生命保険を選ぶ際には先に述べたような男女共通のリスクに加えて、乳がんや子宮がんなどの女性特有の病気や女性がかかりやすい病気のリスクを考慮しなくてはなりません。

 

そんな女性特有のリスクに備えるために女性保険というものがあります。

 

女性保険は医療保険と女性疾病特約がセットになった保険で、通常の医療保険と同様に一般の病気や怪我を保障しつつ、女性特有の病気に関しては一層手厚い保障が付くというものです。

 

分類としては、女性保険は医療保険やがん保険の一種なので、記事の前半で述べた6つのポイントを軸にどの女性保険があなたのニーズを満たしているかをチェックしましょう!

 

一般的な医療保険でも女性特有の病気、女性がかかりやすい病気への保障は付いていますが、それだけでは不安という方は女性保険への加入も検討してみてはいかがでしょうか。

生命保険の選び方に関する質問3.「保険に加入する場合、医師の診査は必須なの?」

医師の診査が必要か否かは生命保険によってそれぞれですが、生命保険では、健康状態の告知や医師の診査が必要なものがほとんどです。

 

医療保険やがん保険、小型の死亡保険などの保障額が少ない生命保険や通信販売の生命保険では、一般的に医師の診査は必要なく、現在や過去の健康状態の告知だけで加入することができます。

 

一方で、一般的な死亡保険などの保障額が高額となる保険では医師などの診査が必要となります。

 

これは人間ドッグなどの健康診査の提出や、生命保険面接士の診査でも代用することができます。

 

健康状態の告知などが正しく行われなかった場合には、告知義務違反となり保険を解除される可能性もあるので、健康状態の告知は正しく行いましょう。

「生命保険の選び方」のまとめ

生命保険 選び方_まとめ

「生命保険の選び方」をざっくり言うと
  • 生命保険の種類や特徴をおさえておくとより選びやすくなる
  • 生命保険は種類ごとにカバーできるリスクが異なる
  • 生命保険選びをする前に2つのことを行う必要がある
  • 生命保険の選び方は、保障内容など6つのポイントをおさえることが重要
  • 年代家族構成によって生命保険の選び方は異なる
  • 生命保険は健康なうちに選び始めるべき
  • 保険の新規加入や見直しを検討したら、まずは保険代理店に相談することをおすすめします。
  • 中でも保険見直しラボは利用者満足度97%とおすすめです。

保険見直しラボ

>>>保険見直しラボで無料相談<<<

保険見直しラボ
公式サイトはこちら

今回は生命保険の選び方を解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

生命保険の選び方を把握しておくと、自分にピッタリの保険を見つけることができます。

もし万が一のことがあった場合に備えて、早めのうちから生命保険に加入しておくことで、あなたやあなたの家族も安心して暮らすことができるのではないのでしょうか。

この記事でお伝えした選び方を参考に、あなたのニーズに合った生命保険を選んでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です