FXとは?初心者のための基礎知識

がん保険は必要?不要?プロが徹底解説!【女性特有保険も】

がん保険って不要なんじゃないの?

がん保険に加入する人は多いですが、その一方で必要性を感じない人もいます。

実際がん保険が不要な場合はあるので、無駄な出費をおさえるためにも確認しておくと良いでしょう。

そこで今回は、がん保険の必要性について解説していきます!

がん保険が不要な人や、がん保険が必要とされる理由賢いがん保険の選び方などをまとめました!

がん保険についてお悩みの初心者さんに向け、やさしく解説しているので、ぜひ最後までご覧くださいね!

「がん保険は不要?」をざっくり言うと
  • 貯蓄が多い人など、がん保険が不要な人もいる
  • がん保険は、がん治療を手厚くしたい人には必要
  • がん治療には公的医療保険が使えるケースがある
  • がん治療は高額で長期になることが多く、必要性が高いと言える
  • がん保険の選び方は、3つの種類などに注目すると良い

がん保険が不要なタイプ4

がん保険 不要_不要なタイプ

がん保険が不要な人は、上記のような方です。

わかりやすくお伝えしていきますね!

収入が多く、貯蓄も十分にある人

がんになっても経済的に困らない人は、無理にがん保険に加入する必要はありません。

つまり、収入が多い人や貯蓄の多い人は、がん保険が不要の可能性があります。

お金には余裕があるけど、実際がんになったら、心配だな。

このような方は、貯金をするイメージでがん保険を活用するのもありです!

治療はしない意思のある人

がん治療をしない方が良いと考える人には、がん保険は不要です。

人によっては、「がんは治療する必要がない」と考えている人もいます。

このような方は、主にがんを2種類に分け、以下のようにとらえていると言われています。

がんの種類
  • 本物のがん:
    がん治療をしても、治らない
  • がんもどき:
    放っておいても進行しない

上記のように考えるため、そもそもがんは治療の必要がないと結論づける人も。

こういった考えの方には、がん保険は不要です。

がん以外にも幅広い保障を求める人

がん以外の病気にも備えたいな。

こういった方には、がん保険が不要なケースがあります。

なぜなら、がん保険よりも幅広い保障がある医療保険が適している可能性があるからです。

医療保険とは、がんに限らず幅広い病気に備えられる保険のこと。

がんに対する保障はがん保険に及ばないケースが多いですが、特約をつければある程度保障を充実させられます。

そのため、がん治療に特化するのではなく広い視野で医療費に備えたい方には、がん保険が不要なことがあります。

今、何に備えるべきかわかない人

どんな保障を求めるのかわからない状態で、がん保険に入ることはおすすめできません。

例えば若い人で、「周りの人がみんな入ってるから、がん保険に入ろうかな」といった場合です。

よく考えたら、がん保険じゃなくて医療保険の方が良かった…

こういったことになりかねないので、焦ってがん保険に加入する必要はありません。

がん保険にせよ医療保険にせよ、加入目的をハッキリさせることが大事です。

不要な保険に入って、いざという時に「しまった!」とならないよう、事前に加入目的を明確にしておきましょう!

そうは言っても、目的をハッキリさせるのって、難しいなぁ。

こういった方には、保険のプロへの無料相談がおすすめです!

特に「ほけんのぜんぶ」は、都合の良い場所まで相談員が来てくれて、丁寧に保険について教えてくれます。

お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談すれば、悩みや加入目的の明確化にもつながるでしょう!

がん保険が必要な3つの理由

がん保険 不要_必要な理由

がん保険が必要な場合、上記3つの理由に当てはまるケースが多いです。

各項目について、詳しく見ていきましょう!

治療に必要なお金がまとめて受け取りたい人

がん保険には診断給付金があり、がんと診断された際に、まとまったお金をもらえることが多いです。

がん保険の一般的な診断給付金の額は、100万円~200万円と言われています。

がん治療の他、当面の生活費に充てられる点も、診断給付金のメリット。

がんと診断された時に、ある程度のお金をもらいたい

このように考える方には、がん保険の必要性が高いと言えます!

がん保険には、入院給付金の支払い限度日数が設けられていない

がん保険は医療保険とは違って、入院給付金の支払限度日数がないことが多いです。

入院給付金の支払限度日数とは?
入院時にもらえる保険金について、上限となる日数が定められていることです。

そのため医療保険だと、入院給付金の支払限度日数以上の入院では保険金が受け取れないということに…。

その一方で、がん治療は長期になる可能性が高めなので、入院給付金の支払限度日数がない商品が多いんです!

長期入院かどうかにかかわらず、がん治療に専念したい!

こういった方には、がん保険の必要性が高いと言えます。

がんに特化しているので手厚い保障を受けれる

がんに特化した保障を受けたい場合、がん保険の必要性は高めだと言えます。

先ほどお伝えした入院時の支払限度日数がない以外にも、診断給付金の支払回数にも限度がないがん保険もあります。

他にも特約をつけることで、その他の治療をカバーできることも。

例えば以下のような特約があれば、がん保険の保障をさらにグレードアップできます!

がん保険の特約例
  • 放射線治療費用
  • 抗がん剤治療費用
  • 通院費用
基本となる保障では物足りないな…

このような方は、特約が充実しているがん保険を検討されると良いですよ!

がん保険が必要だとは思うけど、自分にあった商品がわからない…

そんな方は、保険のプロが無料相談に駆けつけてくれる「ほけんのぜんぶ」がおすすめです!

あなたにとって都合の良い場所に来てくれて、無料で保険について教えてくれます。

プロに相談することで新しい気付きを得ることもあるので、ぜひご活用くださいね!

損をしないために日本の医療制度と恩恵を知ろう

がん保険 不要_医療制度

「日本の公的医療保険が充実しているから、がん保険は不要」と考える人もいます。

外国に比べて充実していると言われる日本の公的医療保険。

主なメリットは以下の2つです!

日本における公的医療のメリット
  1. 医療費3割負担
  2. 高額療養費制度

上記の魅力について、わかりやすく解説しますね!

医療費3割負担

現役世帯の場合、医療費の自己負担は3割です。

つまり、1万円の医療費がかかった場合、3,000円の支払いで済みます。

このように、医療費の自己負担割合が少ないことが、日本の公的医療保険のメリットです。

高額療養費制度

高額療養費制度とは1ヶ月のうち、医療費の自己負担上限額を超えた場合に、差額が返還される制度のこと。

例えば、1ヶ月の医療費が50万円、自己負担額は3割の15万円とします。

この場合、自己負担額の上限は82,430円となるため、差額の67,570円が返ってくることに。

実質自己負担額 = 病院などで支払った金額 – 1ヶ月の自己負担上限額

例)67,570円 = 15万円 – 82,430円

このように1ヶ月の自己負担上限額が設けられている点も、日本の公的医療の大きなメリットです。

民間の医療保険は入った方が良いの?

公的医療保険以外にも、民間の医療保険があります。

公的医療保険があるから、民間の医療保険は不要じゃない?

民間の医療保険を把握しないままにしておくと、後で悔やむことになるかもしれません。

そこで民間の医療保険について、見ていきましょう!

公的医療保険だけでは医療費が高額になることも!

医療費が高額にならないため、貯蓄で補うことが可能(⇒公的医療保険だけでは医療費が高額になることも!)

公的医療保険の充実によって自己負担額が膨らみにくくなりましたが、それでもなお医療費の自己負担は大きいと言えます。

そのため、民間の医療保険を使って将来に備えることが有効です。

参考までに入院時の自己負担費用について、ご覧ください!

入院の際の自己負担費用
  • 1日平均:16,000円(平成22年生命保険文化センター調べ)
  • 20日入院した場合:16,000円×20日=32万円

上記の自己負担額は、治療費・食事代・差額ベッド代などを含んでいます。

このように月に20日入院した場合、32万円もの自己負担額が必要になるため、貯金ではカバーできないケースも。

いざという時に備えたい方にとって、医療保険の必要性は大きいと言えるでしょう!

医療保険の保険料を使わないと無駄にならないの?

医療保険に払う保険料と実際に必要な医療費、どちらが多いのかな?

このように思う方もいます。

もし実際にかかる医療費より、医療保険に払う保険料の方が多い場合には、加入不要と考えられるでしょう。

そこで、契約年齢が30歳の場合を例に医療費の保険料をシミュレーションしてみました!

契約年齢が30歳の場合の保険料
  • 月額保険料:5,000円
  • 保険料払込期間:60歳まで
  • 払込保険料(総額):180万円

上記の通り、30歳~60歳まで毎月5,000円を支払うと、合計金額は180万円になります。

その一方で厚生労働省によると、生涯医療費は2,700万円とのこと。

出典:https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/shougai_h27.pdf

これらをふまえると、医療保険への支払総額よりも、実際に必要な医療費の方が大きくなると言えます。

そのため、医療保険への加入は将来に備えるための有効な手段だと言えるでしょう!

注意
ただし不要な保障をつけすぎると、うまく保険金を受け取れず、損する可能性が高まります。
医療保険に加入する際は、ご自身に合ったプランを見極めるよう注意しましょう!

医療保険では治療費の全額が補えない

医療保険は所定の保障額のみ、保険金が受け取れるケースがほとんどです。

つまり、医療保険による保険金よりも、実際の医療費の方が高額になることが、多々あります。

例えば、先述の「入院給付金に関する支払日数制限」などが挙げられます。

だからと言って保障額を大きくすると、保険料が高額になることに…。

そのため、保障と保険料のバランスを見ることが重要です。

医療保険の恩恵をフル活用できるよう、必要な保障を見極めましょう!

【最新版】がん保険人気ランキング!一般・プロの両目線で5選を厳選紹介 こちらにもがん保険についての説明があります。
是非活用してくださいね。

加入前に絶対知っておくべき!がん保険の基礎知識

がん保険 不要_基礎知識

がん保険を検討する際には、がん治療の仕組みやがん保険の保障内容を把握しておくことが重要です。

賢い選択ができるよう、がん保険の基礎知識について、わかりやすく解説していきますね!

がん治療の仕組みとは?

がん治療の特徴は大きくわけて以下の3つです!

医療費  大規模な治療や手術、抗がん剤、ホルモン剤など薬が高額になりやすい
長期期間  再発、転移のリスクがあるため、検査や通院治療も多い
医療費以外の費用  治療中や療養中の収入減、サプリメント代、かつら代など

上記3つの特徴により、がん治療は高額になりやすいとされています。

ですが、公的医療保険が使える治療の場合、基本的には自己負担は3割になります。

3割負担が適用された場合の入院期間や治療費については、以下をご覧くださいね!

胃がん  20.2日/約25万円
結腸がん  19.9日/約28万円
直腸がん  16.8日/約23万円
機関誌がんおよび肺がん  11.5日/約13万円
乳がん  12.2日/約18万円

※(社)全日本病院協会HPより
(全て3割負担:治療費は万円未満四捨五入)

上記のデータは平均的な数値になります。

そのため、がんの進行状況や転移の有無などによって、入院日数や治療費が変わることも。

また、状況によっては先進医療が必要になるケースもあります。

これらをふまえ、さらに治療費が高額になる可能性もある点もおさえておきましょう!

がん保険を比較する前に知っておくべき保障内容

がん保険の主な保障内容は、以下の5つです。

がん保険の主な保障内容
  1. がん診断給付金
  2. 入院給付金
  3. 手術給付金
  4. 通院給付金
  5. 先進医療特約

上記の保障内容について、わかりやすくお伝えしていきますね!

①がん診断給付金

がん診断給付金とは、がんと診断された時に受け取れる保険金のことです。

入院や手術がなくても受け取れる点が、がん診断給付金のメリット。

先述の通り、がん診断給付金は一般的に100万円~200万円ほどとするがん保険が多いです。

最近のがん治療では、入院よりも通院治療が増えている傾向があるので、がん診断給付金はチェックしておきましょう!

②入院給付金

がん治療で入院した場合に支払われる保険金が入院給付金

基本的に入院日数の制限はありません。

入院給付金の日額

ほとんどのがん保険で日額1万~2万円となっています。

中には3万~4万円に設定できるがん保険もあります。

なお、入院給付金は、契約時に設定可能です。

③手術給付金

手術給付金とは、がん治療のために行った手術に対して受け取れる保険金のこと。

「手術給付金」は一回の手術に対して約10万~20万円とするがん保険が多いです。

がん保険の中には、入院日額給付金の20倍の手術給付金を受け取れる商品もあります。

④通院給付金

通院給付金は、がん保険の治療に際して通院した際に支給される保険金のことです。

通院給付金は、以下の2種類に分けられます。

通院給付金の種類
  • 入院を伴うタイプ:
    入院後、所定の期間内(365日など)に通院した場合に、保険金を受け取れる(支給限度日数があるがん保険が多い)
  • 入院の有無を問わないタイプ:
    入院したかどうかにかかわらず、手術・抗がん剤治療・放射線治療といった三大治療のために必要な通院に対し保障される(日数制限がないがん保険が多い)

最近のがん治療では、入院よりも通院治療が多くなってきているため、入院の有無を問わない通院給付金が人気です!

⑤先進医療特約

先進医療とは高度な技術を必要とする治療法などのうち、厚生労働大臣が認めており、公的医療保険の対象外とされている治療のこと。

先進医療は高額になるケースが多いので、がん保険で特約を付けておけば安心につながります。

できる限りがんに備えておきたい場合には、先進医療特約の付加を検討しましょう!

自分に最適な保険を見つける保険選びのポイント

がん保険 不要_選び方

がん保険選びのポイント
  1. 3つのタイプから選ぶ
  2. 保険期間を決める
  3. 商品を選ぶ

がん保険を選ぶ際には、上記3点に注目すると良いですよ!

どのような点に注意すれば良いのか、詳しくお伝えしますね!

【保険の3型】

がん保険は大きくわけて以下の3タイプです。

がん保険の種類
  1. バランス型
  2. 一時金充実型
  3. 治療費実損補てん型

大枠で見てどのタイプの保険にするのかを決めると、がん保険選びがスムーズになります。

そこで上記3つのタイプの特徴をチェックしていきましょう!

①バランス型 通常のがん保険

バランス型のがん保険は商品数が多いので、自分に合ったプランを見つけやすいことが特徴的。

保険期間払込期間など、自分好みの商品を選びやすい点がメリットです。

また、抗がん剤特約や放射線治療特約などの特約が付けられば、より満足度を上げられるでしょう!

なお、バランス型のがん保険における一般的な保障内容は、以下のとおりです。

バランス型がん保険の一般的な保障内容
  • がん診断一時金(100万円)
  • がん入院給付金(1日1万円)
  • がん手術給付金(20万円)
  • がん通院給付金(1日1万円)

バランス型のがん保険は、診断から治療の終わりまでバランス良く保障してくれる点が特徴的。

商品によって保障内容や保険料が変わるので、あなたに合ったがん保険を選ぶことが大事です!

②一時金充実型 今、大注目!使いやすい診断一時金

一時金充実型は、がんと診断された時にまとまったお金を受け取れるタイプのがん保険のこと。

がん治療の種類はとても多く、医療技術も日々進歩するため、予め治療方法を選ぶことは難しいです。

がんと診断された時に保険金を受け取り、状況に応じて最善の治療法を選びたい

そういった方におすすめながん保険が、一時金充実型。

使い勝手が良く、近年注目を集めているがん保険です。

③治療費実損補てん型 がんになった時に安心

治療費実損補てん型は実際にかかった治療費をカバーしてくれるタイプのがん保険。

所定の保険金ではなく実際にかかった分だけ支給してくれるので、治療費の不足を心配する方に適しています。

治療費実損補てん型は、公的医療保険で対象外とされる治療も対象となるところ。

もしがんになったら、手厚い治療を受けたい

このように思う方におすすめのがん保険が、治療費実損補てん型です!

注意
治療費実損補てん型は、保険料が割高になる傾向があるので要注意。
このタイプはほとんどの場合、定期保険になるので、更新時に保険料が上がるケースが多いです。

保険期間の設定

保険期間は大きくわけて以下の2種類です!

保険期間の種類
  1. 定期がん保険(一定期間で保障が終わる)
  2. 終身がん保険(保証期間が一生涯)

上記の特徴を把握しておけば、あなたに合ったがん保険を選びやすくなります!

そこで、両者のメリット・デメリットを確認しておきましょう!

定期がん保険のメリットとデメリット

定期がん保険のメリットとデメリットについては、以下の表をごらんください!

メリット デメリット
・終身保険と比べて契約時の保険料が安い
・保険の見直しがしやすい
・更新が必要(保険料が上がることが多い)
・商品によっては、一生涯の保障が不可

このようにがん保険には良いところも悪いところもあります。

定期がん保険は、商品によって80歳までしかできないケースもあるので、注意してくださいね!

終身がん保険のメリットとデメリット

終身がん保険のメリット・デメリットは、以下の通りです!

メリット デメリット
・保障が一生涯続く
・契約時から保険料が一定
・短期的に見ると、定期がん保険より保険料が高い
※保険料総額では、終身がん保険のほうが割安

終身がん保険に入る場合、若いうちに入った方が月額保険料が安くなりやすいです。

こういったこともあり、定期がん保険より終身がん保険の方が人気と言われています。

その一方で、目先の経済状況に余裕がない場合には、定期保険がおすすめです。

なぜなら、短期的に保険料が安く、保険の見直しがしやすいから。

終身がん保険、定期がん保険にはそれぞれの魅力があるので、迷ってしまうのも無理はありません。

どちらにすればいいのかわからない時には、保険のプロに相談すると良いでしょう。

特に「ほけんのぜんぶ」は、無料で訪問して、保険の相談にのってくれます。

あなたに最適なプランを提案してくれると期待できるので、ぜひ活用なさってくださいね!

商品の選択

がん保険の商品選びをする際には、以下に注目すると良いですよ!

がん保険を選ぶポイント
  • 診断一時金
  • 通院特約
  • 抗がん剤特約
  • 診断特約

それぞれのポイントについて、わかりやすく解説しますね!

診断一時金は何回?(1回だけか、複数回支払われるか?)

診断一時金を見る際には、以下の2点に注目すると良いですよ!

診断一時金の注目ポイント
  1. 複数回の診断を保障対象としているか?
  2. 上皮内新生物を保障対象としているか?

先述の通り、診断一時金は、がん保険の中でも要チェック項目です。

がん保険によっては、診断一時金を初回のみにしていることもあるので要注意。

そのため、2回目以降の診断でも給付金をもらえるかどうか確認しておくことをおすすめします。

また、上皮内新生物でも、通常のがんと同額で保障対象としているかどうかも重要です。

上皮内新生物とは
比較的軽度のがんのこと。
上皮内新生物の場合、がん細胞が上皮内に留まっていることから、転移の危険性が低いと言われています。

通院特約

通院特約を検討する場合、以下の3点に注意しましょう!

通院特約を付加する場合の注意点
  1. 保障期間(何日間の通院が対象か)
  2. 入院なしでも保障対象となるか
  3. どんな治療でも保障対象となるか

上記3点に着目すると、通院特約をうまく使いやすくなります。

他の保障内容と同様、通院特約は各商品によって条件が異なるので、しっかりと内容を確認しておきましょう!

抗がん剤特約

抗がん剤特約を付ける際には、以下の2点に注意しましょう!

抗がん剤特約の注意点
  1. ホルモン療法も対象となるか?
  2. 保険期間はいつまでか?

抗がん剤特約は近年注目を集めている特約。

その理由は、自宅での治療など、抗がん剤を使った治療が増えているからです。

1ヶ月の間に抗がん剤治療をすれば10万円の保険金が受け取れるなど、条件は商品によって異なります。

しっかりと保険金をもらえるよう、上記2つの注意点以外に制限がないか、チェックしておくことをおすすめします!

診断特約

診断特約とは、がんと診断された後の保険料が支払免除となる特約のこと。

がん治療をしながら、がん保険の保険料を払うと、経済的に厳しくなる可能性が高まります。

そのため、診断特約をつけておくと効果的。

診断特約に限りませんが、保障を充実させると月額保険料が高くなる傾向があります。

そのため、商品選びや特約をつける際などには、その保障が本当に必要かどうか吟味することが重要です!

「がん保険は不要?」のまとめ

がん保険 不要_まとめ

「がん保険は不要?」のまとめ
  • 貯蓄が多い人など、がん保険が不要な人もいる
  • がん保険は、がん治療を手厚くしたい人には必要
  • がん治療には公的医療保険が使えるケースがある
  • がん治療は高額で長期になることが多く、必要性が高いと言える
  • がん保険の選び方は、3つの種類などに注目すると良い

がん保険の必要性に注目すれば、無駄な保障を削ぎ落し、最適な商品選びがしやすくなります。

「この保障、不要じゃない?」といった視点で見れば、保険料をおさえてコスパを高められるでしょう!

今回お伝えした情報を参考に、満足できるがん保険をお選びくださいね!

結局自分には、どのがん保険が良いんだろう?

このように思った方には、「ほけんのぜんぶ」がおすすめです!

保険のプロが無料で訪問してくれるうえ、あなたのニーズに合った保険を提案してくれます。

保険選びで煮詰まった際には、ぜひ「ほけんのぜんぶ」で相談して、プロの知識を活用してくださいね!

おすすめのがん保険ランキングTOP10!賢い選び方&必要な理由とは? がん保険のランキングです。
どのがん保険が良いかが書いてあります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です