ドル円(USD/JPY)の特徴・今後を専門家ひろぴーがわかりやすく解説!

ひろぴー解説_ドル円

ドル円(USD/JPY)は人気の高い通貨ペアの1つです。

情報を集めやすく、大きく値動きするケースは少ないため、初心者向けの通貨ペアとも言えるでしょう。

しかしたった1日で、8円以上も急落した過去があります。

なぜそのようなことが起きたのでしょうか。

また、今後のドル円はどのような値動きを見せるでしょうか。

この記事ではドル円の特徴や相場について、プロトレーダーのひろぴーが解説します。

 

ドル円(USD/JPY)の特徴

はじめにドル円の特徴を2つご紹介します。

①流動性が高い

国際決済銀行(Bank for International Settlements)の情報から、2019年に世界で取引された通貨の割合は下記の通りです。

通貨 割合
米ドル 88%
ユーロ 32%
日本円 17%
イギリスポンド 13%
オーストラリアドル 7%
カナダドル 5%
スイスフラン 5%
トルコリラ 1%
ニュージーランドドル 1%

比較してみると、ドル円は他の通貨ペアと比べ、流動性が高いと分かるでしょう。

②リスクオフ通貨である

ドルは世界の基軸通貨であり、様々な場面で取引できます。

例えば資源国の通貨や高金利の通貨を取引する場合も、ドルを使用するケースが多いのです。

しかし資源国や新興国でテロや金融危機が起これば、リスクを避けるために資産はドルに戻されます。

そして日本円も同様に、リスク回避の目的で買われることが多いのです。

日本円は金利が低くリターンを期待できませんが、安全資産という共通認識があります。

このようにドルと円は、リスクオフ通貨とみなされているのです。

アメリカと日本の概要

ドル円_概要

アメリカ合衆国は50の州・連邦区で成り立つ国です。

世界最大の経済大国であり、軍事国家でもあります。また2019年における名目GDPは世界1位です。

そして米ドルは基軸通貨であり、世界中で使用されています。

第二次世界大戦前は、イギリスポンド(GBP)が基軸通貨でした。

しかし戦後のアメリカには国力があり、イギリス以上の工業国となりドルが基軸通貨になりました。

戦後は金本位制で、アメリカがイギリス以上の金を保有していたという背景もあり、ドルが基軸通貨となりました。

一方で日本は、アジア圏に位置する島国です。

第二次世界大戦敗戦後、高度経済成長・バブル崩壊を経て、2019年の名目GDPはアメリカ・中国に続いて世界3位となりました。

日本円はドルと比べて世界での取引割合は高くありません。

しかし日本円は安全通貨と認識され、多くの人に利用されているのです。

ドル円(USD/JPY)のスワップポイント傾向

ドル円のスワップポイントは、新興国通貨ペアと比べると高くありません。

FX会社のドル円のスワップポイントは、下記の通りです。

プラススワップ マイナススワップ
外為どっとコム 7 -32
FXプライムbyGMO 2 -17
みんなのFX 2 -4

出典:外為どっとこむ
みんなのFX
FXプライムbyGMO

※2020年12月21日時点での各社のスワップポイントです

両国の政策金利

日本とアメリカの政策金利は、下記の通りです。

2020年/月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
日本 -0.1%
アメリカ 1.75% 0.25%

日本は2016年1月からマイナス金利であり、アメリカは2020年3月から金利を1.75%から0.25%に引き下げました。

その目的は、新型コロナウイルスにより滞った経済を活発化させるためです。

このように日本とアメリカの金利には、大きな差がないのが分かります。

ドル円(USD/JPY)の過去の相場

ドル円_過去相場

それでは過去のドル円の値動きを見ていきましょう。

1日で大きく値動きしたイベントについて解説します。

日時 イベント内容 1日の急落値幅
2008年10月24日・28日 リーマンショック 24日:約7.3円下落
28日:約5.9円上昇
2010年5月 NYダウのフラッシュクラッシュ 約6.2円下落
2015年8月 チャイナショック 約5円下落
2016年6月24日 イギリスのブレグジット 約8.5円下落

まずは2008年に起きた「リーマンショック」です。

ドル円は24日に約7.3円下がり、その反動で28日には約5.9円上がりました。

次に2010年5月に起きた、「NYダウのフラッシュクラッシュ」です。

フラッシュクラッシュは株式指数の先物取引で、人為的に多くの売り注文が出されたことで発生しました。

株式市場だけではなく為替にも大きな影響を与え、1日で約6.2円下落しています。

そして2015年8月には、中国の株式市場が大きく下落する「チャイナショック」が起きました。

チャイナショックはアメリカにも影響し、リスクオフとして円が買われた結果、1日で約5円下落したのです。

最後にご紹介するのは、イギリスのブレグジットです。

2016年6月23日、イギリスの国民投票の結果、EU離脱派が過半数を獲得しました。

この投票結果を受けてイギリスポンドは下落し、ユーロやドルにもダメージが及びます。

その結果ドル円は1日で約8.5円と大幅に下がりました。

【検証】ドル円の月別のアノマリーと実際の騰落率

前提として、ドル高や円安になるドル円は上昇しやすく、逆にドル安や円高になるとドル円は下落しやすくなります。

有名なアノマリーに、2・5・8・11月はアメリカ国債の利払いがあります。

投資家は受け取ったドルを自国通貨に替えるため、ドル安・円高になり、ドル円は低迷しやすくなります。

3月は日本企業の決算です。

利益を確定させるために円に戻すことで、円高になります。

また4月は決算が済み、再び円を海外の投資に回すため円安になります。

12月はアメリカ企業の決算であるため円安になり、1月は円高になる傾向があります。

このように各月ごとに円高・円安になる特徴がありますが、必ずしも特徴通りの値動きにはならない点にご注意ください。

ドル円の各月の騰落率

実際に2000年1月から2021年11月までの月足データから、ドル円の各月の騰落率の平均を算出しました。

過去20年において上昇しやすかった月と、逆に下落しやすかった月が分かります。

平均騰落率
1 0.3%
2 0.7%
3 -0.2%
4 -0.1%
5 -0.1%
6 -0.5%
7 -0.9%
8 0.2%
9 -0.0%
10 0.9%
11 0.3%
12 -0.5%

必ずしも上記で紹介したアノマリー通りには、騰落していませんでした。

しかしドル円は、春から夏にかけて下落しやすいことがわかり、興味深い結果となりました。

今後ドル円に影響をもたらす事柄

2020年は新型コロナウイルスの影響で、日本円だけではなくスイスフランや金(ゴールド)といった安全資産が買われ、ドルを含めたそれ以外の通貨は売られる様子が見られました。

2021年も新型コロナウイルスによる感染者・死者数が増えるようであれば、ドル円の買戻しにはなりにくいでしょう。

一方でワクチンの開発が進めば、経済は再び活発化し、失業者の減少・アメリカ政策金利の引き上げなどにより、ドル買いが進むと考えられます。

しばらくの間は、新型コロナウイルスとワクチン関連のニュースをメインに情報収集を続けるのが良さそうです。