どうしてもお金が必要なときの対処法は?おすすめの消費者金融も解説!

このままだと支払いに間に合わないし、どうしてもお金を借りたい… 
でもお金を借りたことなんてないし、一体どうしたらいいんだろう? 

そんな悩みを抱いたことのある方は、少なくないのではないでしょうか?

想定外の支払いや、大きな買い物をした後など、突発的にお金に困るシチュエーションは、日常的に起きてしまうもの。

どうしてもお金を借りたい」状況でとれる手段を知っているのと知らないのとでは、心の余裕に大きな違いが生まれてきます。

今回の記事では、緊急時にお金を借りる方法を詳しく解説していきます。

あなたもスムーズにお金を借りて、大変な支払いなどを乗り切りましょう!!

今回の内容をざっくり言うと…
  • お金を借りたい時の手段は様々だが、一番早いのは消費者金融
  • 審査の際には、借入額や過去の延滞歴、収入の安定性がポイントになる
  • 消費者金融の中でもおすすめは、アイフル、プロミス、アコム
  • 中でもアイフルなら、価格.comの「カードローンカテゴリ2020年上半期総合ランキング」で1位に輝くほどの人気ぶり!
  • 初めての方なら、最大30日間利息0円!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

アイフルの無料登録はこちら

キャッシング 人気ランキング キャッシングおすすめ人気ランキング!即日審査・審査通過率・金利を約30社から比較!

どうしてもお金を借りたい方が取れる手段は主に5つ!

どうしてもお金借りたい_お金

どうしてもお金を借りたいという状況は、程度の差こそあれ、誰しもが直面したことのあるシチュエーションではないでしょうか。

急な支払いが発生し、手持ちのお金では賄えないなど、お金が即座に必要となる状況は実に様々です。

しかし、まとまった額のお金を素早く用意するのは、そう簡単なことではありません。

ここでは、急にお金が入用になった際にとれる5つの手段についてご紹介していきます。

消費者金融から借りる

消費者金融からお金を借り入れるのは、最も簡単且つ身近な方法です。

融資の手続きは原則無人の契約機から行うことができ、審査を行った後、即日お金を借り入れられる場合もあります。

また、最近ではWEB上で審査の手続きなどを行える会社も増えているため、さらに手続きがお手軽になっています。

消費者金融は企業ごとに大きくサービス内容が異なります。

そのため、数ある企業の中から自分に合った消費者金融と契約できる点も、大きな魅力ですね。

ファイナンシャルプランナー 宮野茉莉子

プロミスやアイフルなど、消費者金融が行っているカードローン。銀行に比べて金利は高めですが、大手消費者金融なら即日審査・即日融資や、30日間などの無利息サービスにも対応しています。総量規制により年収の3分の1まで借り入れできます。
消費者金融_ランキング 消費者金融おすすめ人気ランキング|FPが語る〇〇は絶対におすすめしない理由

銀行から借りる

銀行からお金を借りるのも手段の1つです。

銀行ローンには実に様々な種類が存在しており、借りるお金の額や用途によって数あるプランの中から選択することが可能です。

銀行から借り入れているため、金利や返済プランに関する安心感・安全性も銀行ならではというところでしょうか。

ただし、どの種類の銀行ローンを組む場合でも、おおよそ審査に1週間から1か月程度の時間を要します。

また、審査の要件が厳しい場合も多々あるため、「誰でも借りられる」という種類のローンではありません。

そのため、今すぐお金が欲しい、という状況には適さないことを覚えておきましょう。

クレジットカード会社から借りる

お手持ちのクレジットカードのキャッシング機能を使うのも、お金を借りる際の選択肢の1つです。

クレジットカードの中には、クレジットカード決済の枠とは別のキャッシング枠が備わっているものがあります。

キャッシング機能を使えば、設定した額の現金を引き出すことが出来ます。

返済も翌月一回払いやリボ払いなどのオプションから選択可能です。

元々持っているクレジットカードを使ってキャッシングするため、さらに別のカード発行手続きなども必要ありません。

そのため、スピード感をもってお金を手に入れることが出来ますね。

注意
ただし、クレジットカード決済とは異なり、キャッシング機能については必ず金利手数料が発生します。

キャッシング機能を利用する際には必ず手数料についての説明書きを確認するようにしましょう。

国や自治体から借りる

どうしてもお金を借りたい_調べる

本当にお金に困っている人に向けて、国や自治体ではお金の貸付制度を設けています。

例えば、国からの貸付金制度として「生活福祉資金貸付制度」というものが存在します。

これは所得の少ない世帯や、障がい者や介護を要する高齢者のいる世帯に向けて、生活の安定を手助けする貸付金制度です。

生活福祉資金貸付制度を始めとして、国や各自治体ごとに、生活の安定などの諸目的で融資を受けられる制度が存在するのです。

注意

ただし、これらの資金を遊興費に充てることは出来ず、いずれもその制度で定められた用途でのみ使うことができるお金です。

使い方には十分注意しましょう。

その他(知人や家族、勤務先など)から借りる

特定の機関を介さず、知人や家族、勤務先などからお金を借りるのも手段の1つです。

友人や知人とお金の貸し借りをすることを始め、お勤めの会社によっては、従業員貸付制度などを設けている会社も存在します。

なお、この手段は先に紹介した手段とは異なり、特別な手続きや審査などは必要がないため、比較的カジュアルな方法となります。

しかし、一見手軽なように思われますが、実は大きなリスクが伴います。

知り合いや勤務先からの借り入れとなるため、返済が遅れたりした場合、人間関係に影響を及ぼす可能性があるからです。

そのため、借りた額が大きくなればなるほど、借りた当人の信用問題に関わってくることを認識しておきましょう。

しっかりと借りたお金を返済できる見込みがある場合にのみ、この手段を採用するのがいいかもしれません。

どうしてもお金を借りたい時の手段まとめ
  • 一番手軽でスピーディーなのは消費者金融
  • 銀行融資は大きな額のお金を借りられるが、審査に時間がかかる
  • クレジットカードのキャッシングローンも便利だが、金利手数料には要注意
  • 国や自治体からお金を借りる場合は、使い方に十分気を付けよう
  • 知人友人や勤務先からお金を借りるのは、返せる見込みのある時だけにしよう!

どうしてもお金を借りたい方必見!早く借りたい方におすすめなのは消費者金融

どうしてもお金を借りたい_消費者金融

ある程度大きな額を手早く借りたい。そんな方におすすめなのは消費者金融です。

契約機やWEBを通じて審査を行い、キャッシュカードも即日発行することができます。

これだけのスピード感でまとまった融資を受けられるのは、やはり消費者金融だからこそ可能だといえるでしょう。

思い立った時に必要な額だけをすぐに借りることができる、それが消費者金融の一番の魅力です。

今すぐ借りたいなら|スピード審査ですぐ借りられる消費者金融3選

どうしてもお金を借りたい_消費者金融3選

消費者金融の利用を検討されている方の中には、

「今すぐ消費者金融でお金を借りたいのに、会社が多過ぎてどれがいいのか分からない!」

そんな疑問から踏み出せていない方もいらっしゃるかと思います。

ここからは、スピード審査でおすすめの消費者金融を3つ紹介していきます。

業者の選定で悩まれている方は、是非参考にしてみてくださいね。

アイフル

どうしてもお金を借りたい_アイフル

大地真央さんのCMでもお馴染みのアイフルも、おすすめの消費者金融です。

アイフルは大手消費者金融の中でも珍しいメガバンク傘下ではなく、独立型の消費者金融として知られています。

アイフルの詳細は以下の通りです。

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資速度 即日可

アイフルの強みとしては、以下の3点が挙げられるでしょう。

アイフルの強み
  • 最短審査30分のスピード感
  • 初回利用最大30日間利息0
  • 利用者への細やかな配慮

ファイナンシャルプランナー 宮野茉莉子

接客対応が好評で、はじめての方も利用しやすいでしょう。最短30分審査、最短1時間融資に対応しています。アプリで申込みから借り入れまで完結。カードレスなので郵送物がくる心配もありません。

審査に最短30分での手続きが可能な他、ネット上での申し込み後、すぐに審査結果を確認できる回線も用意されています。

審査開始から結果の確認までのスピード感は、他企業にはないアイフルの大きな強みだといえますね。

そして、初回申し込みの方には最大30日間利息0のサービスも行っており、消費者金融を初めて利用する方も気軽に借入ができます。

また、女性専用の相談窓口も設置されているなど、他の企業にはない、細かな気配りがアイフルも魅力です。

女性の方や、初めて消費者金融を利用される方でも安心して利用することのできるのではないでしょうか。

最後に、アイフルの会社概要は以下の通りです。

運営会社 アイフル株式会社
代表取締役 福田光秀
資本金 940億280万円
本社所在地 京都市下京区烏丸通五条上高砂町381-1

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

アイフルの無料登録はこちら

プロミス

最後にご紹介する消費者金融は、三井住友銀行のSMBCグループによって運営されている「プロミス」です。

ユニークなテレビCMはいくつかのシリーズで放送されており、CMからプロミスを知った方も多くいらっしゃるかもしれません。

そんなプロミスの詳細は以下の通りです。

実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資速度 最短1時間

プロミスの強みは、以下の2点が挙げられるでしょう。

プロミスの強み
  • 実質年率の低さ
  • 他者にはない先進的なサービス

ファイナンシャルプランナー 宮野茉莉子

大手消費者金融の中で、初回借入時に適用されやすい上限金利が最も低い「プロミス」。カードレス対応で、最短1時間で融資まで可能です。アプリを利用すれば、スマホで申込みから借り入れ、返済もでき便利でしょう。

まず目に付くのは、プロミスの金利の低さです。大半の企業が年率の最大値を18.0%としている中、プロミスはそれを下回る17.8%。もちろん金利は利用者にとって重要なポイントです。

何よりも金利を重要視したい、そんな方にはプロミスがピッタリかもしれませんね。

また、プロミスは利用者のニーズに寄り添った先進的なサービスの数々を提供していることでも有名です。

例えば、プロミスでは「アプリローン」や「カードレスキャッシング」といったサービスを展開しています。

アプリローンでは、プロミス公式からリリースされているアプリケーションを通じて借り入れや審査の手続きを行うことができます。

さらに契約後もセブンイレブンのスマホATMから、24時間いつでも借り入れの手続きを行えるので便利です。

契約機や専用のATMでカードで手続きする…という従来的な手法の面倒くささがなく、よりお手軽に融資ができるのは魅力ですよね。

また、土日祝日出の審査にも対応しており、出先で急にお金が必要になった場合にも頼りになる消費者金融です。

運営会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
代表取締役 金子良平
資本金 140,737百万円
本社所在地 東京都中央区銀座4-12-15

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

プロミスの登録はこちら

アコム

どうしてもお金を借りたい_アコム

まずおすすめしたいのはアコムです。

「はじめてのアコム」というキャッチフレーズのCMでイメージを持たれている方もいらっしゃるでしょう。

アコムの詳細は以下の通りです。

実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資速度 即日可

アコムの強みは、以下の2つが挙げられるでしょう。

アコムの強み
  • 限度額の大きさ
  • サポート体制の充実

アコムでの借り入れ限度額は最大800万、これはその他の消費者金融と比べても数百万単位で大きな額です。

利用を検討されている方の中には、一度でかなり大きな額の借り入れを考えていらっしゃる方も多いかと思います。

そんな方にはアコムがおすすめです。800万の限度額設定であれば大体の状況に対処できますし、安心できそうですよね。

2つ目の強みとして挙げられるのは、「サポート体制の充実」です。

消費者金融の利用に際して、利用者が一番不安に思うのが、「返済」に関することだと思います。

毎日忙しく働いている方も多い中、返済日を忘れてしまったり、返済に行く時間がなかったりと、様々な事情がありますよね。

そんな忙しい日々を過ごしている方の為に、アコムは万全のサポート体制を用意しています。

返済日を通知してくれるeメールサービスや、ネット上から返済手続きのできるインターネット返済にも対応しています。

こうしたサポート体制の有無で、借り入れや返済についての不安や気負いはかなり軽減されるかと思います。

不安な事項が多い方には、アコムがピッタリかもしれませんね。

最後に、アコムの会社概要は以下の通りとなります。

運営会社 アコム株式会社
代表取締役 木下盛好
資本金 638億3,252万円
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-1-1

消費者金融の審査を通りやすくするための3つのポイント

どうしてもお金を借りたい_審査通過ポイント

消費者金融って審査があると思うんだけど、通すって難しいの?

消費者金融と聞いて思い浮かぶイメージの中には、審査の厳しさを想起される方もいらっしゃるでしょう。

確かに、大手の消費者金融は明確な審査基準を設けているため、場合によっては融資の審査に通らない場合もあります。

しかしながら、いくつかのポイントに留意して気を付けていれば、まず審査に通らないということはありません。

消費者金融での審査の際には、おおよそ以下の観点を基に借入の審査が行われます。

審査の際に気を付けるべきポイント
  • 借入額の規模
  • 信用情報に傷がついているかどうか
  • 収入は安定しているか

ここからは、上記で挙げたポイントについて具体的に解説をしていきます。これから借入を検討している方は是非参考にしてみてくださいね。

借入額を必要最低限に抑える

消費者金融でお金を借り入れる際、借入額が大きすぎると審査に落ちてしまう可能性があります。

これは、「利用者の収入」が基となって、借入限度額が変動することに起因しています。

ご自身の収入に対し、大きすぎる額の借り入れを希望してしまうと、返済能力の観点から、審査に落ちてしまう可能性があります。

消費者金融でお金を借り入れる場合には、借入額を必要最低限に抑え、返済可能な範囲でお金を借り入れるよう気をつけましょう。

カードや公共料金の延滞をしないようにする

クレジットカードの支払いや、公共料金の延滞をしないように心掛けるのも、消費者金融の審査に通るためには重要なポイントです。

上記で挙げた各種支払いの延滞歴の有無は、審査の際にそのまま信用を評価する際の基準となります。

信用情報として特に重要なのは、下記の3点です。

重要となる信用情報
  • 直近で滞納・延滞履歴はあるか
  • クレジットカードやキャッシングサービスへの多重申し込み履歴はあるか
  • 過去10年以内に金融事故や債務整理の履歴はないか

今後消費者での借り入れ予定などがある方は、必ず上記の3ポイントを心掛けつつ、信用に傷がつかないよう心がけましょう。

収入を安定させる

収入の安定性も、審査の際の重要なポイントの1つです。消費者金融での審査では、必ず以下の項目を問われることが殆どです。

消費者金融の審査で問われる項目
  • 年収
  • 会社の事業規模
  • 勤続年数
  • 雇用形態

勤務先が短いスパンで変わっていたり、収入額が大きく変動している場合、支払い能力についての評価を下すことが出来ません。

「これだけの収入があれば、月々これだけの支払い能力がある」という信用を得ることが借入れでは重要となってきます。

そのため、安定した収入が毎月見込めるよう気を付けなくてはいけません。

特に仕事を転々と変更している場合には、審査の際に注意しましょう。

タ消費者金融の審査に通りやすくするポイントまとめ
  • 借入希望額は、ご自身の収入に合った額を希望しよう
  • 各種支払いの延滞がつかないよう、期日通りの支払いを心掛けよう
  • 仕事を頻繁に変えていたり、収入が大きく上下している場合は要注意を

消費者金融でお金を借りにくい人の特徴

どうしてもお金を借りたい_借りられない人

手早くお手軽にまとまった額のお金を借りられる消費者金融ではありますが、誰でもお金を借りられるわけではありません。

ある特定の事項に当てはまる方については、消費者金融の融資の際に行われる審査に落ちてしまう可能性があります。

このコーナーでは消費者金融でお金を借りづらい人の特徴について解説していきます。

「もしかしたらダメかも…」と心配な方は、参考にしてみてくださいね。

過去に延滞歴などがありブラックリストに載っている人

長期間に及ぶクレジットカードの延滞歴などがあると、金融機関の個人信用情報に登録されてしまうことがあります。

俗にいうブラックリストとは、この金融機関へ情報が登録されてしまった状況のことを指します。

ブラックリスト入りしている方の場合、個人の信用情報自体に傷がついてしまっている状態です。

そのため、クレジットカードの作成や各種ローンの利用など、様々な手続きを行うことが難しくなってしまいます。

当然、消費者金融で融資の手続きを行おうとしても、審査に通る可能性は低いです。

ブラックリストの掲載期間は5年から10年とされており、登録されてしまうと相当な期間、消費者金融の利用が難しくなってしまいます。

今後消費者金融の利用などを視野に入れている方は、信用情報に関わる支払いの延滞はできるだけ避けましょう。

無職者・主婦など収入がない人

無職者や主婦の方も、消費者金融利用に際する審査に通りづらいです。

というのも、消費者金融での金銭の借り入れでは必ず自身の「返済能力」を証明するだけの一定額の収入が審査の対象となります。

貯金や世帯としての収入がいくらあっても、借り入れを行う本人の安定的な収入がない限りは、融資は難しいことを覚えておきましょう。

未成年

未成年者も、消費者金融の審査に通りづらい人の特徴です。

殆どの大手消費者金融は、融資の基準として「20歳以上で、かつ安定した収入を有する」という条項を設けています。

そのため、そもそも19歳以下の方が消費者金融の融資を受けることが出来ないのです。

この基準の背景には、日本の民法も深く関係しています。

日本の民法第5条では、「未成年者が親権者の同意なく交わした契約は無効であり、取り消しが可能」という記載が存在します。

これは未成年者が親の同意を無しに消費者金融と契約した場合、その契約は無効で且つ好きに取り消しができるということです。

いくらアルバイトなどで収入を得ていても、未成年の方は消費者金融からの借り入れが不可能だということを覚えておきましょう。

消費者金融の審査に通りづらい人の特徴まとめ
  • ブラックリスト掲載者は、信用の観点から融資の審査に漏れやすい
  • 無収入者は個人としての返済能力が証明できないため、審査に通りづらい
  • 未成年者は民法の関係上、消費者金融からの融資を受けることができない

ブラックだがお金を借りたい人におすすめの方法

どうしてもお金を借りたい_ブラックリスト

この記事を読んでいる方の中には、既にブラックリスト登録されてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、「ブラックリスト入りしているから無理か…」と諦めてしまうのはまだ早いです。

ブラック入りしている方でも、お金を借りる方法はいくつか存在します。

ここではブラックでもお金を借りるいくつかの方法をご紹介していきますので、参考にしてみてください。

大手金融機関に一度審査に出してみる

まずはダメでもともと、大手の金融機関に一度融資の審査を出してみることをおすすめします。

というのも、金融機関が行っている融資の種類は実に様々な種類があり、その数だけ対象とされる人も異なっています。

特に政府系の金融機関は生活困窮者や、災害の被害者などに向けた融資を行っている場合もあります。

一度審査に出してみれば、中にはブラックでも通過する場合があるかもしれません。

まずは大手の金融機関に審査に出してみて、その対応によってその後の策を考える、というのが定石だといえるでしょう。

ブラックでも借りれる消費者金融を探す

消費者金融の中には、ブラックリスト登録者でも審査に通る業者が存在します。

先に紹介したような大手の消費者金融は自社独自のしっかりとした基準をもって審査を行っています。

そのため、ブラックリスト入りしている場合は中々審査を通過することが難しいです。

しかし、中堅以下の消費者金融は基準を甘めに設定している企業が多く、ブラックでも融資を受けられる場合があります。

「街金」と呼ばれる地域密着型の消費者金融は甘めの審査基準で融資を行っており、ブラックでも審査に通る可能性があります。

身の回りの人に助けを求める

どうしてもお金を借りたい_金庫

最後にご紹介する手段としては、シンプルに身の回りの人に助けを求めることです。

経済的な事情は恥ずかしさや申し訳なさから中々周囲の人に助けを求めることに抵抗感を覚える方も多いかと思います。

しかしながら、時には悠長なことを言っていられないこともあるでしょう。

そんな時は、自らの窮状を素直に打ち明けましょう

身の回りにいる家族や友人知人、恋人に助けを求めるのも立派な手段の1つです。

素直に事情を説明することで、中には救いの手を差し伸べてくれる人がいるかもしれません。

しかし、友人や家族の「信頼」に応えるようしっかりと返済しなくては、自らの人間関係が全て崩壊してしまう危険性があります。

そのため、返済のアテがある場合にのみ、この手段を用いることをおすすめします。

ブラックでもお金を借りたい場合におすすめの方法
  • 最初から諦めず、まずは金融機関の審査に出してみてから方策を考える
  • 中堅以下の審査基準が甘い消費者金融なら、融資をしてくれる可能性がある
  • 素直に窮状を打ち明け、身の回りの人に助けを求めるのも立派な手段

どうしてもお金を借りたい方に伝えたいこと、まとめ

どうしてもお金を借りたい_まとめ

「どうしてもお金を借りたい」。

そんな時にとれる手段は様々です。借りるお金の規模感や、借りたお金の用途など、様々な観点から考えた上でどうやってお金を借りるのかを決めることが重要でしょう。

しかし、「どうしても今日中にお金を借りたい」など、スピード感をもってまとまった額のお金を借りたい場合には、消費者金融を利用することが、一番便利で素早い手段だといえるでしょう。

それでは、ここから今回のまとめをしていきます。

どうしてもお金を借りたい時のおさらい
  • どうしてもお金を借りたい時の手段で、おすすめなのは消費者金融
  • 大手消費者金融の中では、アコム、アイフル、プロミスがおすすめ!
  • 審査を通りやすくするには、支払いの延滞歴や収入、借入額などに注意!
  • ブラックでも中小の消費者金融など、お金を借りる手段はいくつか存在する

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

アイフルの無料登録はこちら

この記事のアドバイザー(専門家)

宮野茉莉子
1984年生まれ。東京女子大学卒業後、野村證券に入社。ファイナンシャルプランナーとして活躍。2011年よりフリーランスでライターとして活動し、マネー分野の記事を執筆している。
得意分野:金融商品、投資
資格:2級FP技能士証券外務員一種中学高校社会科教員免許