無利息キャッシングできるのはどこ?おすすめ会社や選び方を解説!

キャッシング_無利息_アイキャッチ

急な出費があったけど、すぐに取り崩せる貯金もないなー。
どこかでお金を借りたいけど、キャッシングって利息が高そうだよね。

なんて経験はないですか?

そんなときに、無利息でキャッシングできる会社があればとても助かりますよね。

とはいえ、数ある会社の中から、無利息キャッシングのキャンペーンがあるのか、あったとしてどこを利用すればいいかを比較・判断するのは難しいです。

そこで、この記事では、無利息キャッシングできるおすすめの会社やその選び方を解説します。

この記事で、無利息キャッシングのメリット・デメリットをお伝えしますので、急な出費も無利息キャッシングで賢く切り抜けられるようになります!

ざっくりいうと、、、
  • 無利息キャッシングは、30日間などの一定期間、利息無しでお金を借りることができるサービス!
  • 無利息キャッシング選びでは、金利や審査スピード、借入時・借入後の利便性も重要!
  • 審査の速さや借入・返済の便利さに優れた大手消費者金融は、無利息キャッシングと相性抜群!
  • 無利息キャッシングの申込み過ぎは厳禁。必要に応じて賢く使い分けるべし!
  • 無利息キャッシングのおすすめ消費者金融をおすすめを紹介!

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

キャッシング 人気ランキング キャッシングおすすめ人気ランキング!即日審査・審査通過率・金利を約30社から比較!

無利息キャッシングとは?基本を解説!

キャッシング_無利息
無利息キャッシングとは、文字通り利息のかからないキャッシングのことをいいますが、そもそも「利息」とは何のことでしょうか?

また、キャッシングでは、「利息」以外にも「金利」といった言葉もよく耳にします。

どちらも、借りた金額とは別に余分に支払うお金に関係していることは分かりますが、その違いを意識したことはあまりないかもしれませんね。

ここでは、利息や金利といったキャッシングの基本について解説します。

キャッシングの金利とは?

キャッシングの金利とは、借りた金額に応じて支払うお金の割合のことをいいます。

キャッシングを利用すると、その見返りとして借りた金額に上乗せしてお金を返す必要があります。

そのときに、いくらお金を上乗せしないといけないかを決めるのが金利で、利率も同じ意味です。

金利(利率)は、キャッシング会社によって異なりますが、利息制限法によって、下図のように上限が設けられています。

借入金額上限金利
10万円未満年率20%
10万円以上100万円未満年率18%
100万円以上年率15%
実際の金利は会社によって本当にまちまちです。

一般的には、貸し手が消費者金融であれば高めの金利、銀行系の会社であれば低めの金利となる傾向があります。

もちろん金利が低ければ低いほど利用者にはありがたいのですが、その場合は審査が厳しく行われるのが通常です。

無利息キャッシングが必要になるのは、急な出費に迫られて、次にお金が入ってくるまでのつなぎとして利用したいというケースが多いでしょう。

そのため、金利ももちろん大切ですが、無利息キャッシングでは審査スピードとの兼ね合いが特に重要になってきます。

キャッシングの利息とは?

キャッシングの利息とは、借りた金額に上乗せして支払うお金のことをいいます。

金利が上乗せして支払う金額を決めるものであるのに対して、利息は金利計算を通じて決められた実際の上乗せ額のことを指します。

例を使って説明しましょう。

例:10万円を年利18%で借り入れ、30日後に101,479円を返済した。

この場合、年利18%が金利、借入金額に上乗せして支払った1,479円が利息に当たります。

無利息キャッシングとは、この上乗せ分を支払う必要のないキャッシングのことをいいます。

なお、キャッシングの利息計算は通常日割り計算ですので、上の例の利息は以下のように計算して求めます。

100,000万円×18%÷365日×30日≒1,479円

1円未満は四捨五入するか切り捨てるかなど、キャッシングの利息計算の詳細は会社との契約によりますので、不明な点があれば会社に直接問い合わせましょう。

ワンポイント
利息と似た言葉に「利子」という言葉があります。

一般に、上乗せして支払うお金のことを借り手の立場から見たものが利子、上乗せして受取るお金のことを貸し手の立場からみたものが利息と説明されています。

もっとも、実際には厳密に使い分けられていないことが多いです。

無利息キャッシングの選び方は?

キャッシング_無利息_選び方
無利息キャッシングのキャンペーンを行っている会社はよく見かけます。

ですが、広告などをよく読むと、会社によって条件は様々ですし、複雑でなかなか分かりづらいこともあります。

これでは、急いで無利息キャッシングを利用したくても、なかなか利用に踏み切れませんよね。

そこで、ここでは無利息キャッシングの選び方について解説します。

無利息の条件を確認しておく

無利息キャッシングの条件は会社によって異なります。

条件をよく理解しておかないと、無利息のつもりが利息が付いていたなんてことにもなりかねないですよね。

そのため、無利息の適用条件をよく確認しておく必要があります。

無利息キャンペーンの条件の例としては、以下のようなものがあります。

会社条件
プロミスプロミスをはじめて利用する人のうち、メールアドレスを登録し、Web明細を利用する人
アコムアコムをはじめて利用する人
アイフルアイフルをはじめて利用する人で、かつ、無担保キャッシングローンを利用する人

金利

資金繰りの予定が変わって、無利息期間内にキャッシングが返済できない場合も考えられますよね。

また、思いの外キャッシングサービスの使い勝手が良く、今後も何かあったときに利用したいと思う人もいるかもしれません。

そうなると、無利息期間終了後の金利がいくらかも重要になってきます。

先にお伝えしたように、キャッシングの金利は、利息制限法の上限金利の範囲内で自由に定められるため、会社によって異なります。

キャッシングの金利は、審査の結果設定される借入可能額(利用限度額)に応じて変わるのが一般的で、金利の相場は以下の通りです。

100万円未満:18%前後
100万円以上:15%前後

各社のホームページでは、例えば、4.5%〜17.8%などのように幅をもって表記されていますが、低い方の金利は、顧客属性が高く、相当大きな限度額が設定された場合の話です。

ちょっとした出費のためにキャッシングを利用したいという場合は、高い方の金利を想定しておくのが無難でしょう。

審査速度

無利息キャッシングといえども、会社は貸したお金を回収しないといけませんので、融資可能か審査が行われます。

ですが、キャッシングを利用したいときって、急な出費で現金が必要になったからという場合が多いですよね。

そんなときに、何週間も審査をされるようでは、わざわざお金を借りる意味がありません。

そこで、無利息キャッシングを選ぶにあたって、審査速度も重要な基準になってきます。

審査速度は、大雑把に考えると、会社の種類によって以下のように分類できます。

種類期間
消費者金融系30分以内~数日
信販系1日~1週間
銀行系1日~数週間
一般的に、金利が低いほど、融資額が大きいほど、慎重に審査する必要があるため、審査期間が長くなる傾向があります。

無利息キャッシングのキャンペーンを実施しているのは主に消費者金融系の会社ですので、大手の会社ですと、WEBや無人契約機で申し込むと1時間以内でそのまま借入できるケースも多いです。

無利息期間内での返済や、少額の利用を考えているのであれば、審査速度の速さを謳っている会社を利用する方が便利でしょう。

利便性

無利息でお金が借りられる、審査速度も速い、と好条件が揃っていても、いざ借入れる際の手続が面倒だったら台無しですよね。

また、無利息期間内に返済を考えている方でしたら、返済手続に時間がかかるようでは大問題です。

そのため、キャッシングの利用・返済の利便性も無利息キャッシング選びの重要な判断材料となります。

キャッシングの利便性については、以下のようなチェックポイントがあります。

チェックポイント内容
ATM自社ATM以外のコンビニATM・銀行ATMの利用可否
振込融資インターネット借入の利用可否
手数料借入時・返済時の手数料の有無

無利息でキャッシングができるおすすめ消費者金融!

キャッシング_無利息_おすすめ
無利息キャッシングの選び方について解説しましたが、それでもキャッシングを利用できる会社は非常に多くあります。

選び方は分かったけど、会社が多くて結局どれを選べばいいか分からない、、、
手っ取り早く、おすすめの会社を教えて!

なんて方もいらっしゃることでしょう。

そこで、ここからは無利息でキャッシングができるおすすめの消費者金融をご紹介します。

無利息おすすめ1位:プロミス


商品名
フリーキャッシング
運営会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
通常金利4.5%〜17.8%
融資可能金額1万円〜500万円
審査時間最短15秒事前審査
 ※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
  ※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
融資スピード最短1時間
無利息条件プロミスとはじめて契約した人で、メールアドレスを登録し、書面の受取方法でWEB明細を選択した人
無利息期間初回利用日の翌日から30日間
借入方法インターネット振込、電話振込、プロミスATM、提携ATM、店頭窓口
返済方法インターネット返済(Pay-easy)、店頭窓口、プロミスATM、提携ATM、Famiポート、口座振替、銀行振込
借入手数料インターネット振込、電話振込、プロミスATM、三井住友銀行ATM、店頭窓口:無料
提携ATM:1万円以下の取引で110円、1万円超の取引で220円
プロミスは、テレビCMや街中の広告などでも非常に目にする機会の多いキャッシングサービスです。

日本人であれば、プロミスという名前を聞いたことがない人はいないといっても過言ではないほど、抜群の知名度を誇ります。

現在はSMBCグループの傘下に入り、社会的信用度が大きく向上するとともに、圧倒的な資本力を背景に、非常に使い勝手の良いサービスを提供しています。

最短15秒事前審査、融資スピード最短1時間と非常にスピーディーな上、借入方法や返済方法もバラエティー豊かです。

「2020年オリコン顧客満足度調査」ではノンバンクカードローンで第1位に輝いたのも納得です。

プロミスの無利息キャッシングサービスの特徴

プロミスの無利息キャッシングサービスは、「初回利用日」の翌日から30日間利息がかからないサービスです。※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

無利息期間が30日間というのは珍しくないかもしれません。

ですが、30日間の起算日を「契約日」の翌日からとする会社も多い中、プロミスはあくまで「初回利用日」の翌日から無利息期間がスタートします。

これでしたら、いざというときに備えて予めキャッシングの申込をしておいても、貴重な無利息期間を無駄にせずに済ませられますよね。

また、通常金利を最大18.0%とする消費者金融が一般的ですが、プロミスは最大17.8%で他社よりも低くなっています。

そのため、無利息期間内に返済できなかった場合も他社よりもお得に返済することができます。

なお、初回利用日の翌日から30日の間であれば、追加の利用があったとしても、その利用に対しても初回利用日翌日から30日経過する日までは無利息が適用されます。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

無利息おすすめ2位:アコム

キャッシング_無利息_アコム

商品名カードローン
運営会社アコム株式会社
通常金利3.0%〜18.0%
融資可能金額1万円〜800万円
審査時間最短30分
融資スピード最短即日
無利息条件|アコムとはじめて契約した人(クレジット、借換えローンなどは対象外)
無利息期間契約日の翌日から30日
借入方法インターネット振込、電話振込、アコムATM、提携ATM、店頭窓口
返済方法インターネット返済(Pay-easy)、店頭窓口、アコムATM、提携ATM、口座振替、銀行振込
借入手数料インターネット振込、電話振込、アコムATM、店頭窓口:無料
提携ATM:1万円以下の取引で110円、1万円超の取引で220円
返済手数料インターネット返済(Pay-easy)、店頭窓口、アコムATM、口座振替:無料
提携ATM:1万円以下の取引で110円、1万円超の取引で220円
銀行振込:振込手数料
アコムは「は・じ・め・て・の、アコム〜♪」のCMフレーズなどでおなじみの、最も知名度が高い消費者金融の一つです。

2020年5月末時点で、消費者向け無担保ローンの会員数が約156万人で、大手消費者金融の中でも会員数ナンバーワンを誇っています(2021年3月期上期マンスリーレポート参照)。

アコムは、2008年にはMUFGグループの連結子会社となりました。

アコムは10年以上にわたって、このメガバンクグループの消費者金融事業の中核を担っており、その実績・信頼性は抜群です。

アコムも、最短30分の審査と即日融資で非常にスピーディーに手続可能な上、借入方法・返済方法ともに豊富なので、どこに住んでいる人でもストレスフリーで利用可能です。

アコムの無利息キャッシングサービスの特徴

アコムの無利息キャッシングサービスは、「契約日」の翌日から30日間利息がかからないサービスです。

あくまで「契約日」の翌日が無利息期間の起算日になりますので、この間に全くキャッシングを利用しなかったとしても無利息期間が終了してしまいます。

そのため、無利息の特典を受けたいのであれば、借入の予定日まで決めた上で申込をするのがベターです。

最短即日融資のアコムでしたら、借入予定日のギリギリまで申込を待ったとしても、予定日に間に合わせられる可能性がありますよ。

ちなみに、契約日の翌日から30日の間であれば、何回キャッシングを利用したとしても契約日翌日から30日が経過するまではどの利用についても無利息が適用されます。

これでしたら、予定よりも多くの借入が必要になったとしても安心して追加借入ができますね。

無利息おすすめ3位:アイフル

キャッシング_無利息_アイフル

商品名キャッシングローン
運営会社アイフル株式会社
通常金利3.0%〜18.0%
融資可能金額1万円〜800万円
審査時間最短30分
融資スピード最短即日
無利息条件アイフルとはじめて契約した人で、無担保キャッシングローンを利用する人
無利息期間契約日の翌日から30日間
借入方法スマホアプリ(セブン銀行ATM)、インターネット振込、電話振込、アイフルATM、提携ATM
返済方法スマホアプリ(セブン銀行ATM)、アイフルATM、提携ATM、Famiポート、口座振替、銀行振込
借入手数料インターネット振込、電話振込、アイフルATM:無料
スマホアプリ(セブン銀行ATM)、提携ATM:1万円以下の取引で110円、1万円超の取引で220円
返済手数料アイフルATM、Famiポート、口座振替:無料
スマホアプリ(セブン銀行ATM)、提携ATM:1万円以下の取引で110円、1万円超の取引で220円
銀行振込:振込手数料
「そこに愛はあるんか?」のフレーズのCMなどで有名なアイフルは、プロミス、アコムと並んで、消費者金融大手3社の1社に数えられています。

アイフルは、プロミスやアコムとは異なり、大手メガバンクグループには属さない独立系の消費者金融です。

メガバンクの後ろ盾のない独立系の消費者金融は、地方で中小規模の会社が多いのが実情です。

そうした中、全国規模で事業を展開し大手3社の一角になるまで成功している独立系会社はアイフルのみです。

大手3社に数えられるだけあって、最短30分の審査時間、最短即日融資など、その実力はメガバンク系列の会社に全く引けを取りません。

その上で、アイフルには特徴的な点があります。

電話担当の応対が良かった、他社の審査には落ちたがアイフルの審査は通過できた、など、応対の良さ融資の積極性を褒める口コミが多いのです。

以下は公式サイトで紹介されている口コミですが、一般サイト上でも同様の評判を頻繁に目にしました。

ネットで調べた際、アイフルが親切に対応してくれると口コミを見て申し込んだ。
(30代・女性)

知り合いにアイフルの応対が丁寧と聞いた。CMのイメージ通りでとても良かった。
(30代・男性)

短期間で融資してもらい助かった。 他で数週間かかると言われたため、有難い。
(60代・男性)

正直、キャッシングの申込みって、経験があったとしても緊張しますよね。

だからこそ、メガバンク系列に劣らないサービスはもちろんのこと、消費者金融で借りる不安に少しでも寄り添った応対を受けたいという人には、特におすすめの会社です。

アイフルの無利息キャッシングの特徴

アイフルの無利息キャッシングサービスは、「契約日」の翌日から30日間利息がかからないサービスで、アコムと同様のサービス内容になっています。

ですので、契約日から利用日まで開きがあると、せっかくの無利息期間が目減りしてしまいます。

そのため、利用予定日から逆算して、計画的に申込日を考えましょう。

なお、アイフルも契約日の翌日から30日の間であれば、何回キャッシングを利用したとしても、契約日翌日から30日が経過するまではどの利用についても無利息が適用されます。

無利息キャッシングの注意点!

キャッシング_無利息_注意点
利息無しでお金を借りられる無利息キャッシングはとても便利なサービスですが、良いこと尽くめという訳ではありません。

無利息に目がくらんで足元を掬われないよう、ここからは無利息キャッシングの注意点を説明します。

短期間で複数社には申し込まないように!

まず、無利息を目当てにして、短期間で複数の会社に申し込むことは避けたほうが無難です。

キャッシングの申し込みの際、会社は個人信用情報機関に申込情報を登録することが義務付けられており、その情報は他社も申し込み受付時に確認します。

そのに、複数社でキャッシングの申込みをしている事実が発覚します。

すると、金融機関は次のように判断します。

この人は何社もキャッシングを申し込まないといけないほどお金に困っているのか?
何社からもお金を借りて、うちからの借入はきちんと返済してくれるのだろうか?

いわゆる「申込みブラック」という状態です。

こうなると、1社の申し込みであれば通っていたかもしれない審査が落ちてしまったり、しばらくの間どの会社に申し込みをしても審査が通りづらくなったりしてしまいます。

申込情報の保有期間は半年ほどですので、この間に複数社に申込むことは控えましょう。

無利息キャッシングの裏技には注意!

無利息期間を延長できる裏技として、次のような手口を目にすることがあります。

A社で無利息キャッシングを利用
→A社の無利息期間終了前にB社で無利息キャッシングを申し込み、B社からの借入でA社からの借入を返済
→B社の無利息期間終了前にC社で無利息キャッシングを申し込み、C社からの借入でB社からの借入を返済

このように、複数社の無利息期間を数珠つなぎにすることで、確かに実質的に無利息期間を延長できます。

ですが、当然ながら3社分の無利息期間を使っているだけですので、今後の無利息キャッシングの選択肢が減ります。

そして何よりも、信用情報上のリスクが無視できないです。

個人信用情報は、キャッシング申込のときにだけ利用される訳ではなく、住宅ローンや自動車ローンなど、無利息キャッシングよりもずっと大口の融資の際にも利用されるものです。

個人信用情報機関での申込情報自体は半年ほどで削除されますが、申込を受けた会社が申込を受けた事実まで社内的に抹消してしまう訳ではありません。

このことが今後にどう影響するかは、それこそ審査会社のみぞ知るといった話になってしまいます。

数カ月分のキャッシング利息のために、得体の知れない不安要素を抱えるべきではありません。

初回しか無利息キャッシングはできないから注意

無利息キャッシングの適用条件が会社によって異なることはお伝えしました。

ですが、多くの会社で「その会社ではじめて利用すること」という条件は共通しています。

そのため、無利息だからといって借金までする必要がないときに利用してしまうと、本当にキャッシングが必要になったときに無利息の特典を利用できないことになってしまいます。

無利息という嬉しい特典は、本当に必要なときにとっておきたいですよね。

無利息期間は30日という会社が多いですが、中には無利息にできる利用額が小さい代わりに30日よりも長い無利息期間を設けている会社もあったりします。

いま本当に無利息の特典を使用する必要があるか、無利息の期間が何日くらい必要かを考えて、賢く無利息キャッシングを使い分けましょう。

無利息キャッシングまとめ

キャッシング_無利息_まとめ
無利息キャッシングは、文字通り無利息でお金を借りられるとても便利なサービスです。

うまく活用できれば、急にまとまったお金が必要になった場合も、余分な支払いをせずに切り抜けることができます。

社会生活では、急な出費とはなかなか無縁ではいられませんよね?

無利息キャッシングは、そんな社会生活での心強い味方です!

無利息キャッシングを賢く利用して、ぜひ皆さまの生活に役立てていきましょう。

無利息キャッシングまとめ
  • 無利息キャッシングは、一定期間、無利息でお金を借りられるサービス
  • 無利息キャッシングを受けられる条件は会社によって様々。初回利用が条件の会社が多い。
  • 無利息期間内に返済できない場合や、今後の利用も考えて、金利も注目。
  • 無利息キャッシングを活用するには、審査速度や利便性も重要。
  • 無利息に釣られて、同時に何社も申し込むのは避けるのがベター。
  • 無利息キャッシングは、内容をよく理解して使い分けることが大

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<