FXとは?初心者のための基礎知識

個人間融資って何が危険なの? 対処法まで徹底解説!

個人間融資って何が危険なの?

そう思っていませんか?

個人間融資は正規の金融機関で借りれない人でも貸してくれる可能性があるので、一見魅了的です。

しかし、実はたくさんの危険が潜んでいるのです。

そこで、この記事では個人間融資の概要から危険性まで、徹底解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

「個人間融資の危険性」ざっくり言うと
  • 個人間融資は個人間でお金の貸し借りを行うこと
  • 個人間融資のメリットはブラックでも借りれて融資が早いことなど
  • 個人間融資の危険性は肉体関係の強要、法外な高金利など
  • 個人間融資よりもカードローンで借りるのがおすすめ
  • 正規の金融機関で借りれない場合は家族などから借りるなどするのがおすすめ

そもそも個人間融資って何?

個人間融資_危険性_何個人間融資とは、個人間でお金を貸し借りを行うことです。

個人間融資はSNSや掲示板で募集されることが多く、審査がほとんど行われないことが特徴です。

そのため、金融ブラックの人でもお金を借りれる可能性が高いです。

しかし、個人間融資にはさまざまな危険性が潜んでいます。

そんな個人間融資は、以下のような流れで行われるのがふつうです。

STEP.1
貸してくれる人を探す
まずは掲示板やSNSなどで、お金を貸してくれる人を探します。

SNSの場合はTwitterで募集されていることが多いです。

一方、掲示板の場合は2chや、もしくは個人間融資専用の掲示板で貸し借りが行われます。

STEP.2
貸主に連絡する
次は貸主にどのくらいのお金を借りたいのか連絡します。

貸主に希望の融資額と借りたい理由、口座番号を伝える形になります。

Twitterの場合はDMで連絡を取る場合が多いでしょう。

貸主と希望額、利息、返済期間、返済日などで合意できたらお金を借りることができます。

STEP.3
お金を借りる・返済する
貸主と合意できたら、教えた口座番号にお金が振り込まれます。

直接会ってお金を借りる場合もあります。

返済は貸主に指定された方法で行いましょう。

銀行口座への振込で返済することが多いです。

個人間融資の3つのメリット

個人間融資_危険性_メリット個人間融資には以下の3つのようなメリットがあります。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:ブラックでも借りれる

個人間融資_危険性_ブラック個人間融資の最大のメリットは、正規の金融機関から借りれないほど返済能力が低い人でも借りれる点です。

個人間融資では、審査がほぼないに等しいため、たとえ金融ブラックでも借りることができます。

金融ブラックとは、以下のような条件に当てはまる人のことを指します。

ブラックリストに登録される条件
  • 5年以内の3ヶ月以上の滞納歴がある
  • 5~10年以内の債務整理(自己破産、任意整理、個人再生など)歴がある
  • 5年以内の保証会社による代位弁済歴がある
  • 5年以内のカードの強制解約歴がある
  • 現在の借入残高が年収の3分の1を超えている

金融ブラックになってしまうと、金融機関からお金を借りるのはほとんど不可能になってしまいます。

個人間融資ではそんな金融ブラックの人でも借りれるのです。

ただ、個人間融資で借りれる金額は10万円以下の少額のことが多いです。

メリット②:融資のスピードが早い

個人間融資_危険性_スピード個人間融資には融資までのスピードが早いというメリットもあります。

普通の金融機関では、審査を行うためどうしても一定の時間がかかってしまいます。

しかし、個人間融資では審査がほぼないため、極めて短時間で借りれる場合があります。

ただ、メッセージをすぐに見てくれるとは限らないので、借りれるまでにかかる時間は場合によってかなり変わります。

メリット③:在籍確認がない

個人間融資_危険性_在籍確認個人間融資では在籍確認がありません。

在籍確認とは、申込者が本当に申告した職場に在籍しているのか確かめるため、職場に電話することを指します。

個人間融資では審査はほぼ行われないため、もちろん在籍確認が行われることもありません。

そもそも、職場の情報自体、申告しなくて良い場合がほとんどです。

個人間融資の5つの危険性

個人間融資_危険性_危険性個人間融資には以下の5つのような危険性があるので、絶対に利用しないようにしましょう。

それぞれの危険性について詳しく見ていきましょう。

危険性①:肉体関係の強要

個人間融資_危険性_肉体関係特に女性の場合、個人間融資で肉体関係を強要される場合があるので注意が必要です。

具体的には、お金を貸す見返りとして肉体関係を求められたり、借金を返せなかった場合に、「体で支払え」と言われる場合があります。

また、直接的な肉体関係ではなくても、わいせつな写真を要求され、それをネット上にバラまかれる可能性もあります。

このように、お金を貸す代わりに肉体関係を迫る行為は、「ひととき融資」と呼ばれています。

危険性②:法外な高金利を要求される場合も

個人間融資_危険性_高金利個人間融資では法外な高金利を要求される場合もあります。

個人間融資ではほぼ誰でもお金が借りれる代わりに、利息も大変高いものになっているのです。

なお、金融機関の場合は設定できる金利の上限は以下のとおりです。

金利
10万円未満 20%以下
10~100万円 18%以下
100万円以上 15%以下

しかし、個人がお金を貸す場合は年109.5%までの金利が合法です。

その上、個人間融資ではこのような金利に関する法律が守られるとも限りません。

金利が高いと利息がすぐ膨らんでしまうので注意が必要です。

危険性③:個人情報の流出

個人間融資_危険性_個人情報個人間融資では、お金を借りることになるので、以下のような情報を提出する必要があります。

個人間融資で提出する個人情報
  • 住所
  • 氏名
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 借入金額

消費者金融・銀行などの金融機関では、これらの個人情報はきちんと管理され、外部にもれることもありません。

しかし、個人間融資の場合は提出した個人情報が悪用される場合があります。

また、提出した個人情報を使って継続的な嫌がらせを受ける場合もあります。

たとえば、電話番号を教えた場合、迷惑電話を繰り返してくる可能性があります。

危険性④:犯罪行為への加担の強要

個人間融資_危険性_犯罪行為犯罪行為への加担を強要してくる場合もあります。

返済する代わりに犯罪行為の片棒を担がされる場合があるのです。

具体的には、以下のような仕事を任される場合があります。

巻き込まれる可能性がある犯罪
  • 麻薬の運び屋
  • オレオレ詐欺の手先

犯罪の片棒を担がされると、警察に捕まってしまうリスクがあるので注意が必要です。

危険性⑤:お金を騙し取られる場合も

個人間融資_危険性_騙し取られる個人間融資では、逆にお金を騙し取られる可能性もあります。

最初に保証金としてお金を要求し、それが振り込まれたら連絡を断つという手口です。

もちろん、保証金を受け取った後、お金を貸してくれる場合もありますが、詐欺の場合もあるので注意しましょう。

初回はきちんとお金を貸し出して信用させ、2回目は保証金を振り込ませて姿をくらますという手口もあるようです。

個人間融資の危険性を下げる3つの対処法

個人間融資_危険性_下げる個人間融資の危険性を下げる対処法は以下の3つです。

それぞれの対処法について詳しく見ていきましょう。

対処法①:借用書を作成する

個人間融資_危険性_借用書たとえ個人間のお金のやり取りでも、借用書はきちんと作成するべきです。

借用書とは、お金を借りたことを証明する書類で、返済日・利息・返済できなかった場合の対処まで記載されています。

借用書をきちんと作成しないと、「利息が約束と違う」などトラブルの原因になる場合があります。

約束以上の返済を求められないためにも必ず借用書を作成しましょう。

対処法②:借りる前に絶対振り込まない

個人間融資_危険性_振り込まない個人間融資でお金を借りる場合には、借りる前には絶対にお金を振り込まないようにしましょう。

「保証料」などの名目で、お金を借りる前にお金を振り込む必要がある場合、詐欺の可能性があります。

お金を振り込んだ瞬間に姿をくらまし、連絡が取れなくなってしまう可能性があるのです。

先にお金を振り込む必要がある場合はかなり危険なので、絶対に避けるようにしましょう。

対処法③:先に利息を確認する

個人間融資_危険性_利息個人間融資でお金を借りる時には、先に利息を確認するようにしましょう。

個人間融資では募集する時に金利が記載されてない場合がほとんどだからです。

金利について一度も確認することなく借りてしまうと、法外な金額を請求されてしまう場合があります。

もちろん、違法な高金利は無効です。

具体的には、個人間の貸し借りであっても、年20%以上の金利は支払う義務がありません。

しかし、たとえ裁判に持ち込んでも、相手が裁判外で嫌がらせをしてくる場合もあります。

いずれにせよ、先に利息を確認しない行為はトラブルのもとなので、必ず確認するようにしましょう。

個人間融資を利用してしまった場合の2つの対処法

個人間融資_危険性_対処法個人間融資を利用してしまった時の対処法は以下の2つです。

個人間融資を利用した場合の対処法

それぞれの対処法について詳しく見ていきましょう。

対処法①:法律の専門家に相談する

個人間融資_危険性_法律個人間融資を利用して、何らかのトラブルが発生してしまった場合、基本的には弁護士などの法律の専門家に相談するべきです。

弁護士には守秘義務があるので、個人間融資をしたことが周りにバレることもありません。

弁護士に相談したいと思った時には、証拠は事前にきちんと揃えておくようにしましょう。

証拠がなければ裁判に持ち込むこともできません。

また、弁護士に相談・依頼するには弁護士費用がかかることも覚えておくべきです。

対処法②:警察に相談する

個人間融資_危険性_警察個人間融資で明らかな犯罪行為に巻き込まれてしまった場合、警察に相談するようにしましょう。

具体的には、詐欺でお金を騙し取られてしまったり、脅迫や暴行を受けたりした場合は警察に届けるのが適切です。

警察に相談する場合も、犯罪の証拠があるとスムーズな相談が可能です。

お金を借りるなら個人間融資よりカードローンがおすすめ!

個人間融資_危険性_カードローンここまで個人間融資について見てきましたが、お金を借りるなら個人間融資よりカードローンのほうが圧倒的におすすめです。

カードローンにはきちんとした審査があるため、個人間融資よりも借りるハードルは高いですが、利息は年18%程度ですし、正規の事業者なのでトラブルに巻き込まれることもないからです。

カードローンの中でも特におすすめなのは大手消費者金融、プロミスのカードローンです。

プロミスは2020年のオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン部門で第1位を獲得するなど、多くの方に選ばれ、多くの方が満足しているカードローンです。

プロミスでは初めての利用の場合、利用開始から30日間利息が0円になるサービスも行っています。

できるだけお得に借りたい人には、特にうれしいサービスになっています。

>>> プロミスに口座開設!<<<

プロミス公式サイトはこちら

正規の金融機関から借りれない場合の2つの対処法

個人間融資_危険性_正規正規の金融機関から借りれない場合の対処法は以下の2つです。

正規の金融機関から借りれない場合の2つの対処法

それぞれの対処法について詳しく見ていきましょう。

対処法①:家族・知人から借りる

個人間融資_危険性_家族プロミスなど、正規の金融機関から借りれない場合は、まず家族や知人を頼るべきです。

家族や知人に迷惑をかけたくない気持ちは理解できますが、知らない他人からお金を借りるよりもずっと安全です。

家族や知人なら、金銭的に援助をしてくれる可能性もあります。

まずは一度、頼んでみるのがおすすめです。

対処法②:債務整理を行う

個人間融資_危険性_債務整理借金が膨らんでおり、これ以上誰からも借りれないという場合は、個人間融資に頼るのではなく、債務整理を行うのが適切な対処法です。

債務整理とは、借金を減額したり、支払いを猶予してもらったりできる制度のことです。

債務整理には以下の3つの種類があります。

債務整理の種類
  1. 任意整理
    貸金業者と交渉して、借金を減額したり金利の引き直しなどを行ったりして毎月の支払額を減らして、生活に支障がない範囲で返済できるようにする手続きのこと
  2. 民事再生(個人再生)
    今の借金が返済困難であることを裁判所に認めてもらい、減額された借金を返していく手続きのこと。借金を最大10分の1にまで減らすことができ、住宅などの資産を残すことができます
  3. 自己破産
    借金の返済ができないことを裁判所に認めてもらい、借金の支払い義務を免除してもらう手続きのこと。住宅や高価な財産は手放さなければなりませんが、借金をなくして人生を再スタートすることができます

個人間融資の危険性のまとめ

個人間融資_危険性_まとめ個人融資とは、個人が個人からお金を借りる仕組みのことです。

個人間融資には以下のような3つのメリットがあります。

しかし、個人間融資には以下のような危険性があるので絶対に利用すべきではありません。

そんな個人間融資の危険性を下げる対処法は以下の3つです。

また、すでに個人間融資を利用している場合の対処法は以下の2つです。

個人間融資を利用した場合の対処法

お金を借りるなら個人間融資よりカードローンがおすすめです。

正規の金融機関から借りれない場合の対処法は以下の2つです。

正規の金融機関から借りれない場合の2つの対処法