ファクタリングのおすすめ人気ランキング9選!【2020年最新版】

ファクタリング_おすすめ_ランキング

記事番号:141529/アイテムID:5318737の画像

ファクタリング(Factoring)とは、自社が保有する売掛債権をファクタリング会社に譲渡・売却する事によって、売掛債権から諸手数料を引いて現金化する、比較的新しい資金調達方法です。

 

売掛金とは営業取引から発生した未収金で、1年以内に現金・預金での回収が見込まれるものですので、売掛債権とは、それを請求できる権利です。

 

日本の商習慣として、信用取引の後日払いが大半であり、ほとんどの場合で取引完了後、半月〜2ヶ月後にその報酬を得る事になります。

 

商品を販売したり、依頼された仕事を完了した際は売り上げを計上しますが、その対価として現金の支払いを受けるまでの期間は売掛金という債権の形で保有します。

 

その入金待ちの請求書を買い取ってもらって、早めに現金化してしまうのがファクタリングです。

 

ファクタリングの特徴として、

 

  1. 最短1日スピード資金調達
  2. 銀行融資に比べると手数料が高いが審査が優しい
  3. 債権譲渡登記により取引先にバレる場合もある
  4. 取引先が倒産しても回収義務がない
  5. 担保・保証人なしで利用可能
  6. 信用情報に影響しない(融資NGでも利用可能)

 

などが挙げられます。

 

ファクタリングは、売掛債権の買取金額は、手数料を割り引いた金額になるため、本来取引先から入金される金額よりも少なくなります。

また、ファクタリングは手数料が比較的高いため、単発利用向けと言えます。

一方で、現金化が最短即日と早く、2社間ファクタリングを活用することで取引先にバレることもなく、信用情報にも悪影響が出ずにノンリコース、担保・保証人なしで使えるので資金繰りに悩んでいる経営者の方、急ぎで現金が必要な場合や、金融機関から融資が受けられない場合におすすめの資金調達方法です。

 

ファクタリング

:入金待ちの請求書(売掛債券)を買い取ってもらうサービス

ファクタリング利用のメリットとして下記の4つが挙げられます。

  1. 資金調達が楽で早い
  2. 保証人・担保が不要
  3. 売掛先の倒産リスクを回避できる
  4. 負債にならない(信用情報への影響なし)

資金調達が楽で早い

記事番号:141529/アイテムID:5318758の画像

通常、金融機関や信販会社からの融資では、経営状態や信用度が重視されますが、ファクタリングでは債権の買い取りなので融資とは異なります。

 

融資ほど審査に時間はかからず、最短1日、遅くても数日で資金調達できます。

 

銀行の融資では、審査に通らないケースも多いですが、ファクタリングなら確実性が高い資金調達が可能になります。

F保証人・担保が不要

記事番号:141529/アイテムID:5318759の画像

ファクタリングは売掛債権を売却するという取引であって、お金の借入ではないので、銀行の融資で必要な保証人や担保が不要です。

 

融資の際に保証人を立てるのは、債務者の代わりに返済義務を負う人を決めておく目的です。

 

また、担保も返済できない場合の備えであり、お金を借りるのと異なるファクタリングは全く別物と理解しておきましょう。

売掛先の倒産リスクを回避できる

記事番号:141529/アイテムID:5318766の画像

償還求償権がないファクタリング契約を「ノンリコースファクタリング」といい、売掛金の未回収リスクを背負わなくて済みます。

 

ファクタリングにおいて償還求償権がないということは、取引先の代わりに売掛金を支払ったファクタリング会社が肩代わりした分をあなたに請求しないことを示します。

 

つまりノンリコースファクタリングの場合、万が一取引先が倒産したとしても、未回収の売掛金を請求されることはありません。

信用情報に影響がなく負債にならない

記事番号:141529/アイテムID:5318767の画像

ファクタリングは売掛債権を売買(譲渡)するものなので借入のように負債には該当しません。

融資を受けた場合、会計上借入金の項目に入りますが、ファクタリングの場合、通常の掛け取引に該当します。

よって、貸借対照表にも影響しないため、会社の評判が下がることもなく資金調達することができます。

 

ファクタリングのデメリット

最短即日で資金調達ができて信用情報にも影響を与えないと大きなメリットがたくさんあるのがファクタリングです。

しかし、ファクタリングにはメリットだけではなく、デメリットも存在します。

 

この章ではファクタリングのデメリットを2点紹介していきます。

手数料がやや高い

記事番号:141529/アイテムID:5318769の画像

ファクタリングの大きなデメリットとして、手数料が多くかかることが挙げられます。

 

ファクタリングには、銀行融資やカードローンのように利息はかかりませんが、その分多くの手数料が取られています。

 

一般的な手数料の相場は2社間ファクタリングの場合10~30%、3社間ファクタリングの場合2~20%です。

 

これは、金利に換算すれば、およそ60~500%という超高金利に相当します。

悪質業者に騙される可能性がある

記事番号:141529/アイテムID:5318770の画像

ファクタリングは比較的新しい資金調達方法で、近年、ファクタリング業者を名乗る無許可貸金業社が増えています。

 

このようないわゆる闇金には十分気をつけるようにしましょう。

 

ファクタリングと金融機関融資の違い

記事番号:141529/アイテムID:5318771の画像

資金調達の際、金融機関の融資を受けるのがメジャーですが、ファクタリングと金融機関の融資とでどんな違いがあるのでしょう?

 

そこで、下記にファクタリングと金融機関の融資の違いについてまとめました。

 

ファクタリング 金融機関の融資
担保 不要 必要
保証人 不要 必要
債務超過・赤字決済 利用可能 利用困難
入金速度 即日-2日程度 1ヶ月程度
支払い方法 売掛金入金後一括払い 毎月返済
利息・手数料 売掛金に対する手数料 貸付額に対する利息
支払い義務 未払い・破綻等支払い義務なし 支払い義務あり

 

根本的に金融機関からの融資とファクタリングには審査やそのスキームに違いがあります。

金融機関からの融資はあくまでも融資でしかないので借金をしていることと同じですが、ファクタリングは売買契約です。

 

商品を売ってお金をもらっているのと変わりがありません。

 

また、ファクタリングを利用した資金調達は、国が現在推奨する新しい資金調達方法でもあります。

 

ファクタリングの種類

ファクタリングには、主に「債権買取タイプ」「回収保証タイプ」の2タイプがあります。

 

ここでは、それぞれの特徴・違いについて解説していきます。

債権買取タイプ

記事番号:141529/アイテムID:5318772の画像

債権買取型のファクタリングは、先ほども述べたように、売掛金を売り、現金化する方法です。

 

いわゆる資金調達のためのファクタリングです。

回収保証タイプ

記事番号:141529/アイテムID:5318774の画像

回収保証タイプのファクタリングは、売掛金を売却する方法とは異なります。

万が一債務者が倒産した時などの場合に 売掛金の金額を一部保証してもらえるサービスで、売掛債権の回収リスクを減らしたいときに役立ちます。

 

回収保証タイプのファクタリングの手順は以下のようになります。

 

  1. ファクタリング会社に保証依頼申し込みをし、債務者について伝える
  2. ファクタリング会社が債務者の信用調査を行い、その結果から保証限度額を決定する
  3. その後に発生した売掛金をファクタリング会社に連絡する
  4. もし売掛金が回収不可能になれば保証を受ける

 

回収保証型の売掛金の繰上げ入金はできませんが、売掛金が回収不可能になった場合に契約内容に応じて保証してもらえるため安心です。

 

また、回収保証型を利用しながら必要な時には債権買取型も利用して売掛金を早く現金化することも可能です。

 

債権回収の依頼や売掛金事務処理の依頼まで可能な場合もあります。

 

このように両タイプのファクタリングを上手に活用することで、売掛債権の早期現金化と売掛金の回収保証で経営状況に合わせて売掛金を管理することができます。

 

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い|ファクタリングの仕組み

記事番号:141529/アイテムID:5318775の画像

ファクタリングの取引形態として、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングが存在します。

 

ファクタリング取引で登場するのは、「自社」「取引先」「ファクタリング会社」の3つですが、実際にファクタリングする際の3社の関わり方によって2社間ファクタリングと3社間ファクタリングに分類されます。

 

では早速2社間ファクタリングと3社間ファクタリングについて徹底解説していきます。

2社間ファクタリング

記事番号:141529/アイテムID:5318778の画像

2社間ファクタリングとは、「自社」と「ファクタリング会社」の2社だけでファクタリング取引を行うファクタリング形態です。

一切取引先を経由しないため、2社間ファクタリングを活用することで取引先にバレることなく、売掛金を直ちに資金調達することができます。

 

2社間ファクタリングのメリット・デメリットとして下記が挙げられます。

 

メリット デメリット
・取引先の承諾を得る必要がない

・資金化がスピーディーで楽

・審査のハードルが比較的低い

・手数料が比較的高い

・大手では利用できないことが多い

・万が一取引先にファクタリング利用が伝わった場合、信頼を失いかねない

3社間ファクタリング

記事番号:141529/アイテムID:5318780の画像

3社間ファクタリングとは、「自社」「取引先」「ファクタリング会社」の3社でファクタリング取引を行うファクタリング形態です。

 

2社間ファクタリングでは、取引先が直接契約手続きに関わることなく完了しますが、3社間ファクタリングでは必ず取引先がかかわってくるため、取引先に、ファクタリング利用による債券譲渡を承諾してもらう必要があります。

 

2社間ファクタリングのメリット・デメリットとして下記が挙げられます。

 

メリット デメリット
・手数料が比較的低い

・大手ファクタリング業者もサービスを行なっている

・取引先とクリアな関係を確保できる

・売掛金回収の手間と時間が省ける

・取引先の承諾を得る必要がある

・資金化に時間がかかる

・審査がやや厳しい傾向

 

2社間ファクタリング・3社間ファクタリング比較早見表

記事番号:141529/アイテムID:5318781の画像

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングについて比較しやすいようにいかに表でまとめておきます。

両者の特性を理解して、状況によりうまく使い分けるようにしましょう。

 

2社間 3社間
取引先への通知 なし あり
手数料 高い 安い
ファクタリング会社への入金 利用者(あなた) 利用者の取引先

 

 

ファクタリング会社によっては、2社間取引と3社間取引の両方に対応している場合もあれば、片方のみにしか対応していない場合もあります。

自分のニーズに合わせて事前にチェックしておきましょう。

 

ファクタリング会社の選び方・ポイント

記事番号:141529/アイテムID:5318783の画像

Googleなどで「ファクタリング」と検索すると、ファクタリング会社の広告やホームページが大量にヒットします。

どこも似ていたり、ファクタリング会社のホームページなどには良い部分しか記載していなかったりと、なかなかそれぞれのファクタリング会社の特徴を掴んだり、比較・違い等を見極めるのは難しいですよね。

 

では、どのようにファクタリング会社を選べば良いのでしょうか?

ファクタリングは、会社によって、ファクタリング方法・提供する債権の種類などによって買取額・手続き・スピードが大幅に異なってきます。

ファクタリング会社を選ぶ際に損をしないためには、各ファクタリング会社の特徴をつかむことが非常に重要です。

 

ここでは、ファクタリング会社の特徴をつかむためにチェックしておくべきポイントを紹介していきます。

 

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

ファクタリング会社を選ぶ際のチェックポイント7

  1. 2社間か3社間か
  2. 最小・最大買取額
  3. 償還求償権の有無
  4. 手数料
  5. 入金スピード
  6. 債権譲渡登記の有無
  7. 口コミや評価

2社間か3社間か

記事番号:141529/アイテムID:5318785の画像

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いについては先ほど説明しました。

そもそも、業者によって、

 

2社間ファクタリングのみを扱っている会社

3者間ファクタリングのみを扱っている会社

選択可能な会社

 

があるので、取引先を通さない2社間ファクタリングを希望するのか、3社間ファクタリングを希望するのかを最初にはっきりさせておきましょう。

手数料

記事番号:141529/アイテムID:5318786の画像

ファクタリング会社を選ぶ際に一番気になるのが手数料ではないでしょうか。

手数料が高いか低いかを判断するために、まず手数料の相場を知っておきましょう。

 

ファクタリングの手数料は、3社間ファクタリングで1~9%、2社間ファクタリングで10~30%が相場となっています。

 

3社間ファクタリング 2社間ファクタリング
1~9% 10~30%

3社間ファクタリングの手数料が2社間より圧倒的に低い理由

ところで、なぜ、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで手数料にこんなにも大きな差があるのでしょうか?

 

理由として、ファクタリング会社が負うリスクが関係しています。

3社間ファクタリングの場合、債権譲渡登記を行うとともに、売掛先から支払われる代金をファクタリング会社が直接回収するので、売掛金回収不能となるリスクが低くなると言えます。

 

一方で、2社間ファクタリングの場合、売掛先に知られずに利用できるために使用している会社が多く、債権譲渡登記を行わないケースも珍しくありません。

また、利用者が売上金を取引先から回収し、その後ファクタリング会社に引き渡すため、万が一売掛先が倒産などしてしまった場合に利用者に支払いの義務がなく、お金を請求することができないため、未回収のリスクが高くなってしまいます。

 

よって、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの手数料に大きな差があります。

最小・最大買取額

記事番号:141529/アイテムID:5318787の画像

ファクタリング会社を選ぶ際には、必ず最小買取可能額と最大買取可能額を確認しておきましょう。

最小買取可能額は、数十万円の売掛金から取り扱いのある会社もあれば、数百万円の売掛金でないと取り扱いのないところもあります。

また、最大買取可能額についても、1000万円まで可能なところもあれば、1億円以上可能なところもあり、対応金額が大幅に違います。

よって、利用ニーズや企業規模に合わせて最小・最大買取価格をチェックし、ファクタリング会社を選ぶことが重要です。

償還求償権の有無

記事番号:141529/アイテムID:5318790の画像

ファクタリング会社を選ぶ際には、償還求償権の有無もしっかり確認しておきましょう。

 

万が一取引先が倒産・廃業などしてしまった場合、売掛金が自社に入金されないというケースがあります。

そんな時に重要になるのが、償還求償権の有無です。

 

償還求償権とは、売掛金の企業の倒産や廃業などで売掛金回収ができなかった場合、ファクタリング会社が利用者に対して支払いを請求できる権利のことです。

 

つまり、「償還求償権あり」の場合、万が一売掛金が入金されなかった場合でも、自社がファクタリング会社に約束していた売掛分の金額を支払わなければなりません。

 

2社間ファクタリングでは償還求償権なしが一般的になっていますが、稀に償還求償権ありのところもあるので、忘れずにチェックしておきましょう。

入金スピード

記事番号:141529/アイテムID:5318791の画像

ファクタリングの魅力は何と言っても、本来30~90日後に入金される売掛金を利用者の好きなタイミングで現金化できるということです。

しかし、ファクタリング会社によって入金スピードは違います。

一般的に、3社間ファクタリングの場合、売掛先への通知や契約の同意が必要となるため現金化までに時間がかかってしまします。

一方で2社間ファクタリングでは、審査完了次第、即日〜1週間以内で買い取りきんが入金されます。

ファクタリング会社によっても入金スピードが異なってくるため、資金回収に急がれている方は各社の入金スピードもチェックしておきましょう。

債権譲渡登記の有無

記事番号:141529/アイテムID:5318792の画像

先ほども少し触れましたが、債権譲渡登記とは、「ファクタリング会社○○に売掛金を譲渡しました」と法務局の登記簿に記録することです。

 

債権譲渡登記が行われる理由として、二重譲渡の防止が挙げられます。

利用者が他のファクタリング会社と同一の売掛金に対して同じ契約をしていた場合どうでしょうか。

実は法律的には同一のものや権利を複数人に譲ることは認められています。

よって、債権譲渡登記はこうしたファクタリングの二重取引を防止するために活用されています。

 

また、この登記簿は誰でも観覧することができます。

つまり、取引先の信用調査で「債権譲渡歴、譲受人(ファクタリング会社)」といった記録が知られてしまうことになります。

一般的に債権譲渡登記録で信用がマイナスになることはないと言われていますが、不安な方は債権譲渡登記が無いところもあるので、チェックしておきましょう。

評判や口コミ・評価

記事番号:141529/アイテムID:5318793の画像

最後に、ファクタリング会社についてある程度の見当がついたら、実際の利用者からの口コミや評価も確認、比較検討しておきましょう。

 

ファクタリング会社は、融資やローンなどに比べるとまだ歴史も浅く、悪質な業者も多数存在します。

 

「即日現金化」や「即日審査」などを謳いつつ、実際には嘘の情報を掲載しているといったケースも少なくありません。

実際に利用したことのある第三者からの口コミや評判をチェックすることで、使用後の「予期していたものと違う」というリスクや悪質業社を使用してしまうリスクを事前に減らしましょう。

 

ファクタリング会社のおすすめ人気ランキング9選!

ここまでファクタリングを利用する際の基本的な情報について解説してきましたが、ここでは、実際に多くの方に利用されていて人気・おすすめのファクタリング会社を9つ紹介していきます。

では早速、2020年最新版・人気のファクタリングおすすめ会社9選を見ていきましょう。

  1. OLTA
  2. アクトウィル
  3. ビートレーディング
  4. 三菱UFJ
  5. MSFJ
  6. 七福神
  7. 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
  8. トップマネジメント
  9. みずほファクター

みずほファクター

アイテムID:5318506の画像1枚目

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メガバンクのみずほ銀行が提供するファクタリング!

みずほファクターは、みずほファクター株式会社が提供するファクタリングサービスです。

大手銀行であるみずほ銀行のグループ会社であり、東京・大阪・福岡に支店を構えています。

三菱UFJファクタリングサービスの特徴として、下記の3つが挙げられます。

 

  • 売掛金は取引先ごとに買い取り手数料が計算される。
  • 設定された手数料で反復的なファクタリングが可能
  • 2社間ファクタリングには非対応

 

メリット デメリット
・業界トップレベルの信頼と実績

・大手銀行の100%子会社である信頼性

・国際ファクタリング利用可能

・保証ファクタリング利用可能

・2社間ファクタリング非対応

・即日の資金化はできない

・限度額や手数料が非公開

取り扱いファクタリング 3者間ファクタリング 対応エリア 全国対応可能

トップマネジメント

アイテムID:5318525の画像1枚目

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファクタリングサービスを提供する株式会社トップ・マネジメントは、10年以上の歴史があり、買取実績45,000件以上、累計買取高100億円です。

特徴として、お客様と揺るぎない信頼関係を築いていくことをモットーに

資金調達において最も重要な事。

それは、お客様との揺るぎのない信頼関係を築いてゆく事。

 

という信念を第一に掲げている誠実なファクタリング会社です。

 

メリット デメリット
・2社間ファクタリングの手数料が安い

・東京商工会議所の会員なので安心

・助成金や補助金なども含む資金繰りのコンサルティングが受けられる

・面談などにかかる交通費が実費請求

・2社間ファクタリングの買取金額は額面の50~90%

取り扱いファクタリング 2社間・3社間 対応エリア 全国対応可

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構

アイテムID:5318535の画像1枚目

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

単にファクタリング だけでなく、経営サポートなども魅力!

一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構は、「全ての企業の資金難を解決したい」という想いから、非営利団体である一般社団法人にて活動をスタートさせた日本中小企業金融サポート機構です。

日本中小企業金融サポート機構の特徴として、「郵送ファクタリング」を提供しており、離島・遠方であっても手軽かつスピーディーに利用することが可能な上に、かかる費用が郵送費のみと、コストパフォーマンスにも優れています。

 

メリット デメリット
・郵送審査可能

・無料査定

・買最短即日融資

・2社間ファクタリングの手数料は比較的高い
取り扱いファクタリング 2社間・3社間 対応可能エリア 全国対応可能

七福神

アイテムID:5318559の画像1枚目

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人気のファクタリング会社!

七福神は株式会社ZERUTAが運営するファクタリングサービスです。

個人・法人共にファクタリングを行なっている企業で、口コミ・評判でも断トツの人気を誇っています。

また、在籍しているのはファクタリング案件で経験が豊富な専門スタッフのみで、プロ目線でのアドバイスがもらえるので、ファクタリングを使うのが初めての方にもおすすめです。

 

メリット デメリット
・即日利用可能

・来店不要

・ブラックでも利用可能

・利用上限が低い

・手数料が高い

取り扱いファクタリング 2社間・3社間・給料 対応エリア 全国対応可能

MSFJ

アイテムID:5318575の画像1枚目

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊富なプランを取り扱っているファクタリング会社!

MSFJは池袋に拠点をおくファクタリング業者で、内容が異なる「クイックファクタリング」、「プレミアムファクタリング」、「個人事業主専用ファクタリング」の3種類のサービス提供しています。

 

クイックファクタリングは最大300万円までの利用が可能です。

 

原則、申込当日に入金されるので、比較的少額の資金を急いで調達しなければならない方におすすめのサービスです。

 

まとまった資金調達が必要な方向けには「プレミアムファクタリング」がおすすめです。

限度額が最大5000万円までで、最短即日入金が可能です。

また、MSFJの手数料はファクタリング業界でも最安水準です。

最大10%未満で2社間ファクタリングを利用できるということは、最大のメリットということができるでしょう。

 

さらに、MSFJでは他社からの乗換え割があります。

買取手数料が最大50%オフになる場合があるので、乗り換え時には申し出るようにしましょう。

 

メリット デメリット
・ニーズに合わせてプランを選べる

・乗換割がある

・少額(10万〜)から利用可能

・手数料が安い

・面談が必要
取り扱いファクタリング 2社間・3社間 対応エリア 全国対応可能

三菱UFJファクタリングサービス

アイテムID:5318582の画像1枚目

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三菱UFJ銀行グループが提供するファクタリング!

三菱UFJファクタリングサービスは、三菱UFJファクター株式会社が提供するファクタリングサービスです。

大手銀行である三菱UFJ銀行のグループ会社であり、東京・名古屋・大阪・福岡に支店を構えています。

三菱UFJファクタリングサービスの特徴として、下記の3つが挙げられます。

 

  • 万が一の場合、売上債権の保証限度額内を100%保証
  • 売上損失を回避しながら営業拡大する、攻めの与信管理
  • 与信管理の手間とコストを削減

 

メリット デメリット
・業歴40年以上

・大手銀行の100%子会社である信頼性

・国際ファクタリング利用可能

・保証ファクタリング利用可能

・2社間ファクタリング非対応

・即日の資金かはできない

・限度額や手数料が非公開

取り扱いファクタリング 3社間 対応エリア 全国対応可能

 

ビートレーディング

アイテムID:5318585の画像1枚目

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業界老舗のファクタリング会社!

株式会社ビートレーディングは 2013年に設立されたファクタリング会社で、取扱件数が1万6千社超、累計取扱高は約409億円と業界トップレベルの実績があります。

申し込みから入金まで12時間ととても早く、ファクタリング以外にも、「買掛金先払いサービス」を提供しています。

東京・大阪・福岡に店舗を展開しており、無料の出張査定にも対応しているので、実績のある会社でなるべく早く資金調達したい経営者の方におすすめです。

 

メリット デメリット
・15時までに契約完了で即日入金可

・書類提出〜査定結果報告まで最短30分

・契約までの面談一切なし

・東京、大阪、福岡の3店舗展開

・最低買取額が100万円〜

・手数料が平均的

取り扱いファクタリング 2社間・3社間 対応エリア 全国対応可能

アクトウィル

アイテムID:5318590の画像1枚目

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクトウィル株式会社は法人事業資金融資に強みをもつ貸金業社で、ファクタリングにとどまらず、信用保証融資など8種類の金融サービスを提供しており、総合的な金銭支援を期待できます。

長期的なお付き合いでファクタリング会社を探されている方におすすめです。

 

メリット デメリット
・中小企業のサポートが得意なローン会社

・安心の貸金業登録会社

・ファクタリングにとどまらないサービスの充実

・最高取扱額が500万円

・返済方法一括のみ

・保証人が必要な場合あり

取り扱いファクタリング 2社間・3社間 対応エリア 全国対応可能

 

OLTA

アイテムID:5318598の画像1枚目

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人気のクラウドファクタリング!

OLTAのクラウドファクタリングサービスは売掛金の売却をオンライン上で完結できる画期的な新しい資金調達方法です。

法人・個人事業主であれば誰でも使うことができ、

・資金を早く調達したい

・書類のやりとりや審査対応が面倒

・手数料を安く済ましたい

といった人にぴったりのファクタリングサービスです。

 

メリット デメリット
・資金調達型クラウドファクタリング

・早い、簡単、リーズナブル

・買取価格の上限下限なし

・手数料が業界最安値2~9%

・3社間ファクタリングに非対応

・書類の受付はwebからのみ

取り扱いファクタリング 2社間 対応エリア 全国対応可能

 

ファクタリング会社のおすすめ人気ランキング一覧比較早見表

商品名 OLTA アクトウィル ビートレーディング 三菱UFJファクタリングサービス MSFJ 七福神 一般社団法人日本中小企業金融サポート機構 トップマネジメント みずほファクター
特徴 大人気のクラウドファクタリング! 業界老舗のファクタリング会社! 三菱UFJ銀行グループが提供するファクタリング! 豊富なプランを取り扱っているファクタリング会社! 大人気のファクタリング会社!  単にファクタリングだけでなく、経営サピポートなども魅力! メガバンクのみずほ銀行が提供するファクタリング!
価格 円(税込) 円(税込) 円(税込) 円(税込) 円(税込) 円(税込) 円(税込) 円(税込) 円(税込)
取り扱いファクタリング 2社間 2社間・3社間 2社間・3社間 3社間 2社間・3社間 2社間・3社間・給料 2社間・3社間 2社間・3社間 3社間ファクタリング
対応エリア 全国対応可能 全国対応可能 全国対応可能 全国対応可能 全国対応可能 全国対応可能 全国対応可能 全国対応可能

 

ファクタリングの利用方法(申し込み〜入金までの流れ)

記事番号:141529/アイテムID:5318795の画像

ファクタリングの利用方法(申し込みから入金までの流れ)について、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングに分けて説明します。

ここでは、わかりやすいように下記のように設定して説明していきます。

 

自社(あなた)A

取引先企業 B

ファクタリング会社 C

2社間ファクタリング利用方法

記事番号:141529/アイテムID:5318796の画像

2社間ファクタリングでは、売掛金への通知が不要であることから債権譲渡登記をしないケースも多いため、大きな流れとしては、

契約を結ぶ→買取代金の振込→売掛金の支払い

となります。

 

  1. 商品・サービスの売買で売上債権が発生
  2. ファクタリングの申し込み(自社A)
  3. 債権内容を調査(ファクタリング会社C)
  4. ファクタリング取引内容の確定(AとC)
  5. ファクタリング契約結ぶ(AとC)
  6. 買取代金の振込(C→A)
  7. 売掛金の支払い(B→A)
  8. ファクタリング会社へ売掛金の支払い(A→C)

3社間ファクタリング利用方法

記事番号:141529/アイテムID:5318797の画像

3社間ファクタリングでは、取引先含め3社合意でファクタリング取引を行います。

よって、取引先Bへの通知や同意が必要となり、ほとんどのケースで債権譲渡登記を行います。

そのため、2社間ファクタリングよりも手続きに時間がかかる傾向にあります。

 

  1. 商品・サービスの売買などで売上債権が発生
  2. ファクタリング申し込み(自社A)
  3. 債権がくや内容を調査(ファクタリング会社C)
  4. 取引額確定(AとC)
  5. ファクタリングの契約結ぶ(AとC)
  6. 債権譲渡(A→C)
  7. 企業Bへの債権譲渡通知
  8. 買取代金の振込(C→A)
  9. 取引先企業Bからファクタリング会社Cへ直接支払い(B→C)

 

ファクタリングに必要な書類

記事番号:141529/アイテムID:5318798の画像

ファクタリングでは、申し込み・手続き段階で必要になる書類が6つあります。

自社で用意できるものもあれば、法務局で準備が必要なものもあるので、あらかじめ準備が必要です。

 

法務局での発行が必要な書類

  • 履歴事項全部証明書(登記簿謄本。発行日より3ヶ月以内のもの)
  • 印鑑証明書

自社で準備する書類

  • 売買契約書・基本証明書等
  • 法人税確定申告書・決定報告書(税務署の収受印があるもの)
  • 売掛金の入金日がわかる書類(請求書・納品書・注文書など)
  • 試算表(決算より6ヶ月以上経過している場合)

 

ファクタリング利用の際の注意点

記事番号:141529/アイテムID:5318800の画像

売掛金を債権として譲渡するファクタリングは、借り入れとは異なり、担保や保証人が必要なく、金利が発生しない資金調達方法です。

しかし、中には、債権を担保にしたり、法外な金利を請求してくるような悪質な会社も存在するので、気を付けましょう。

 

  1. 固定電話がなく、連絡先が携帯電話になっている
  2. 手数料が極端に安い
  3. 提出する書類が極端に少ない
  4. 2社間ファクタリングにはないはずの償還請求権がある
  5. 契約書に関するきちんとした説明がない

 

上記に該当する場合は、特に注意が必要です。

また、公式サイトに会社の所在地が書いてあっても、架空の住所である可能性もあります。少しでも怪しいと思ったら、Google Earthのストリートビューなどを使って確認してみるといいでしょう。

 

契約前には、手数料などの請求額を書面で提示してもらい、内訳を確認し、契約した際には、忘れずに契約書の控えを受け取り、内容もしっかり確認しておきましょう。

 

 

ファクタリングおすすめまとめ

以上、「ファクタリング おすすめ」でした。

今回は、ファクタリングについての基本情報から、具体的なおすすめのファクタリング会社まで詳しく解説しました。

最後に大切なポイントを振り返っておきましょう。

 

  • ファクタリングとは、売掛債券を買い取ってもらうことで現金化を早めるサービス
  • ファクタリングは金利換算すると比較的高金利であるため、必要な時に単発利用がおすすめ
  • ファクタリング自体がまだ新しいものなので、悪徳業者には気をつける

 

ファクタリングに関する疑問や不安点はある程度解消できたのでは無いでしょうか?

ファクタリングを利用する際のヒントとして、参考にしていただければ幸いです。

あなたのニーズに合ったファクタリング業者が見つかることを祈っています。