今すぐお金を借りる方法完全ガイド|約35種類の方法を徹底比較!

今すぐお金を借りる方法を知りたい!

24時間以内に現金が必要!

病気による収入の減少や急な出費、欲しいものがある際など、様々な理由で「今すぐにお金を借りる方法が知りたい」と考える方も少なくないのでしょうか。

お金を借りる方法は様々ですが、複雑な手続きや、時間がかかる方法はすっ飛ばして、とにかく早く・楽に現金だけを知りたいですよね。

そこで今回は、最短で「最短24時間以内にお金を借りることのできる方法」だけに厳選して、方法をご紹介していきます!

本記事を読めば、『今すぐお金を借りる方法』についてバッチリ理解することができますよ。

ざっくりいうと…
  • 最短24時間以内に、すぐお金を借りる方法は存在する!
  • 最もメジャーな方法は『消費者金融カードローン』『キャッシング』『日雇いバイト』など。
  • 中でもおすすめなのは、消費者金融カードローン !審査は『数分』で終わるので、即座にお金を借りることができる。
  • カードローンの中でも人気が高いのは『プロミス』『アイフル』『アコム』などが挙げられる。
  • 中でも『プロミス』は、2020年顧客満足度調査ランキング「ノンバンクカードローン部門」で1位に輝いている!

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録!

今すぐお金を借りる方法|最短24時間以内に借りれる方法おすすめ厳選8選

今すぐお金借りる_方法

一言に「お金を借りる」と言っても、金融機関や役所の利用、制度を利用した借入など、お金を借りる方法は様々です。

しかし今すぐお金を借りる方法が知りたいという方にとって、手続きや審査に時間のかかる方法では必要な時に間に合わないリスクや、時間をかけても結局借りることができない危険性があります。

そこでここからは、今から最短24時間以内にお金を借りることのできる方法に厳選して5つの方法をご紹介します。

借入ではないですが、ひとまずすぐにお金を作る方法もご紹介してますので、時間がない時の参考にしていただければと思いいます。

方法①:消費者金融系カードローンで今すぐお金を借りる

今すぐお金借りる_消費者金融

1つ目の方法は、消費者金融系カードローンを利用してお金を借りる方法です。

この方法は、今すぐにお金を借りるならまず初めに試して欲しい方法であり、様々なシチュエーションに対応することのできる最もおすすめの方法になります。

消費者金融家カードローンの利用がおすすめの詳しい理由は、「今すぐお金を借りるなら消費者金融がおすすめ!他にはない3つの理由」でご説明しますが、簡単にいうと消費者金融はとにかくスピーディで利用しやすいです。

プロミス最短1時間(最短30分審査)
アイフル最短1時間(最短30分審査)
アコム最短1時間(最短30分審査)
レイクALSA最短1時間(最短15秒審査)
SMBCモビット最短30分(最短10秒で簡易審査)

SMBCモビット ※※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

こちらは参考までに、大手消費者金融の融資までにかかる時間と審査にかかる時間です。

多くの業者が最短1時間での借入が可能と公表をしており、「今すぐお金を借りる」方法としてはまさに最適です。

消費者金融系カードローンの利用は、審査さえ通ってしまえば借入方法も多岐にわたり非常に利便性も高いです。

具体的に、どこで借りるのが最も早いかを知りたい方は、「今すぐお金を借りるのにおすすめの消費者金融3選」をぜひご覧ください。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録!

方法②:クレジットカードのキャッシング枠で今すぐお金を借りる

今すぐお金借りる_クレジットカード

2つ目の方法は、クレジット系カードローンを利用してお金を借りる方法です。

現在手元にクレジットカードがある方で、キャッシング枠を設定している方は、こちらの方法が最もおすすめです。

クレジットカードのキャッシング枠とは?
  • クレジットカードを利用して、買い物だけでなく現金の引き出しを可能にする枠のこと。キャッシング枠の設定には、別途申し込みが必要だが、キャッシング枠を設定していれば、利用限度額から買い物で利用した額を差し引いた分までを現金として借り入れることができる。

クレジットカードのキャッシングは非常に便利であり、設定さえしていれば、カード1枚で近くのATMから簡単にお金を借りることができます。

キャッシング枠のあるクレジットカードを持っている方は、ATMに行けばそ今すぐお金を借りることができるため、他の方法を選ぶ必要はないでしょう。

こちらの方法は、継続的に借入をしたい方にとっては利便性が非常に高いので、一時的な借入ではなく、今後も借入を考えている方は、キャッシング枠の設定されたクレジットカードの発行も検討してみても良いでしょう。

方法③:銀行系カードローンで今すぐお金を借りる

今すぐお金借りる_銀行

3つ目の方法は、銀行系カードローンを利用してお金を借りる方法です。

銀行系カードローンは、審査自体は厳しいですが、金利も低く、最短で翌営業日までに融資を受けることも可能なので、今すぐお金を借りる方法としてある程度有効ではあります。

また、審査に通りカードローン専用カードが手元に届けば、ATMからすぐにお金を借りることができるため、利便性も高いと言えるでしょう。

一方でやはりお堅い銀行の発行するカードローンなので、審査は厳しめで、少しでも問題があると時間がかかってしまうと言ったデメリットはあります。

すでに口座を持っている銀行の発行するカードローンであれば、手続きはある程度スムーズに進みますので、銀行系カードローンを利用する場合は、ご自身の利用銀行のカードローンの発行をおすすめします。

しかしスピードを求める場合、総合的に見ると消費者金融に劣ってしまうため、今すぐお金を借りるのであれば消費者金融系カードローンの利用をおすすめします。

方法④:友達や家族、知り合いから今すぐお金を借りる

今すぐお金借りる_知り合い

4つ目の方法は、友達や家族、知り合いからお金を借りる方法です。

こちらの方法は、古典的ではありますが、ある意味最も自分の力でなんとかすることのできる手段であり、受け取りに行けば即効性も高い非常に有効な方法です。

もちろん、日頃の相手との関係性や借りたい金額によって実現可能性は変わってきますが、きちんとした返済の意思と、誠意を持ったお願いをすれば相手も応じてくれるはずです。

実際に借りることができるかは別として、一度周りの人に相談することで心が楽になったり、新たな方法が見つかることもあるかと思うので、どうしても切羽詰まった場合は検討してみるのも良いかもしれませんね。

方法⑤:質屋の質入れで今すぐお金を借りる

今すぐお金借りる_質入れ

5つ目の方法は、質入れでお金を借りる方法です。

質入れとは
  • 自分の持っている品物を担保として質屋に預けることで、質屋から現金の借入をすること。

質屋というと、自分の持っている品物を査定してもらい、品物を買い取って貰う対価として現金を受け取ることを考えがちですが、実はもともとは品物を担保に貸付を行う業者のことを指します。

質屋を利用する方法が、他の方法と異なる点は、「最悪返済をしなくても良い点」です。

質入れで借入を受けた場合、返済ができなかった場合、預けた品物はそのまま売却され、返品されませんが、逆に言えば、品物さえ手放せば返済の必要はないということです。

時間としても、質屋に行ってから品物の査定を受け、現金を受け取るまではそう時間はかかりませんので、何かお金になるような品物があれば今すぐお金を借りる方法として有効でしょう。

預けられる品物は、貴金属や骨董から、PC、スマートフォンなど多岐に渡るので、質入れできるかわからない時はまず持っていってみても良いでしょう。

借入できる金額は、大体査定額の7割程度ですので、これらを考慮した上で、利用を検討してみましょう。

番外編:即金の日雇いバイトを行う

今すぐお金借りる_日雇いバイト

ここからは、今すぐにお金を借りる方法ではありませんが、今すぐにお金を作れる方法を3つご紹介します。

まず初めにご紹介したいのは、即金の日雇いバイトを行う方法になります。

今すぐお金を借りることはできなくても、即日払いの日雇いバイトであれば今すぐにお金を作ることはできます。

これまではアルバイトというと申し込んでから働くまでに時間がかかったり、働いてからも入金までも時間がかかることが多かったです。

しかし、今の時代申し込んだその日にそのまま働けるアプリや、日雇いバイトでも働いたその日にお金をもらえる条件の案件も数多くあります。

欲しい金額にもよりますが、数万円であれば、お金を借りるより少し働いた方がよっぽど確実にお金が手に入るとも言えるでしょう。

番外編:ネットオークションやフリマサイトを利用する

今すぐお金借りる_ネットオークション

ネットオークションやフリマサイトの利用もお金を作るための手法としては、非常に有効です。

メルカリやヤフオクのような数分で簡単に利用できるフリマアプリを利用すれば、すぐにお金を作ることはできます。

需要の高いものであれば、出品から数分で売れることも少なくないため、身の回りに売れそうなものがあれば、それを売ってお金に帰るのも1つの手です。

特に、現在は新型コロナの影響でゲーム機器や漫画などの、自宅で楽しめるものは高く売れる傾向にあるので、こちらの方法も数万円であればある程度簡単に手に入れることはできるでしょう。

番外編:国からの補助金や助成金を利用する

今すぐお金借りる_補助金

お金を作る方法として、国や自治体からの補助金や助成金を受け取るといった方法もあります。

自分が知らないだけで、国や自治体から受け取れるお金があると言ったことも少なくないので、自分の今いる状況で受け取れる補助金や助成金がないか調べてみるもの良いでしょう。

下記に、代表的な制度をまとめてありますので、これらをはじめとした国や自治体の補助制度等の情報を収集してみましょう。

制度の名称内容
住宅関連助成金(自治体により各種名称あり)新築・中古物件・増改築・空き家購入等の際に助成金や利子を補給
職業訓練受講給付金雇用保険を受給できない求職者(受給を終了した人を含む)が、ハローワークの支援指示により職業訓練を受講する際、その間の生活支援として月10万円の給付を受けられる制度
出産一時金赤ちゃん一人当たり42万円を支給。市区町村によっては別途お祝い金やギフトが支給される場合もあり
高額療養費制度1ヶ月内に支払った医療関係費用が一定額を超えた場合、超えた分の金額を支給(収入に応じて基準額が異なる)
児童手当扶養する子供の年齢や人数に応じて年3回手当を支給
児童扶養手当父母が離婚、死亡、DV保護命令を受けた等の児童に支給
水道下水道料金免除児童扶養手当、老齢福祉年金などを受給している場合、上下水道の基本料金を免除する制度
移住支援金東京23区から地方に移住して就職・起業する場合、夫婦なら100万円、単身者には60万円を支給する制度(ただし移住支援事業を実施する都道府県・市町村に限る)
国民年金保険料免除世帯年収に応じて全額・4分の3・半額・4分の1を免除
NHK受信料免除障がい者がいる世帯で全額または半額を免除
審査の甘いカードローンはこちら!

審査に通りやすいカードローンについて、専門家がランキング形式でご紹介!

今すぐお金を借りるなら消費者金融がおすすめ!他にはない3つの理由

今すぐお金借りる_消費者金融がおすすめの理由

今すぐお金を借りるための5つの方法をご紹介しましたが、やはり最もおすすめなのは消費者金融の利用です。

ここからは、今すぐお金を借りるのに消費者金融がおすすめな理由を簡単にご説明します!

理由①:審査スピードが早く融資の可否がすぐわかる!

今すぐお金借りる_融資スピード

まず、消費者金融の大きなメリットとして、とにかく審査のスピードが早い点があり、最も早いレイクALSAであれば最短15秒で融資が可能かわかります。

今すぐにお金を借りたいという状況において、そもそも融資してもらうことができるのかはなるべく早く知りたいですよね。

国や役所の制度を使う場合は非常に時間がかかり、当然数日以内の融資など難しく、銀行系カードローンなども時間をかけて審査を待って、結局融資を受けられなかったなんてこともよく聞く話です。

この点消費者金融では、まずは数秒〜数十分で終わる審査を通して融資を受けることができるかを知ることができるため、ひとまずの見通しを立てることができます。

実際にどの方法を利用するのかは別として、まず融資を受けることができるのかを知るためにも、数秒で終わる消費者金融の簡単審査をしてみても良いかもしれませんね。

理由②:インターネットだけで完結が可能!

今すぐお金借りる_ネット完結

消費者金融には、審査や手続きをインターネットで完結することができ、これも大きなメリットになります。

今すぐお金を借りたいという差し迫った状況の場合、面倒な手続きをするために外に出たり、順番待ちをしている時間は非常にもったいないです。

その点消費者金融では、インターネットだけで審査から契約までが完結するところも多いため、自宅で最短最速での融資を受けることができます。

一部の消費者金融では、インターネット申し込みの中でも優先審査をしてくれるルートのある会社もあるため、今すぐお金を借りるのであれば非常に嬉しいポイントです。

理由③:無利息期間が設けられている!

今すぐお金借りる_無利息期間

消費者金融がおすすめの理由3つ目は、無利息期間の存在です。

大手消費者金融の多くで、初めて利用の方に対しての無利息期間が設けられており、返済の負担を大きく抑えることができます。

初回借入の際は適用金利が消費者金融の定める最大金利に設定されていることが多いため、無利息期間があるだけで返済額を通常と比較してグッと抑えることができます。

プロミス30日間無利息初めてご契約の方で、メールアドレスをご登録いただき、書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択いただいた方
アイフル30日間無利息アイフルをはじめてご利用いただくお客様、かつ、無担保キャッシングローンをご利用いただく方
アコム30日間無利息アコムでのご契約がはじめての方
レイクALSA60日間無利息
(5万円までなら180日間無利息)
レイクALSAを初めてご契約いただいた方でWeb申し込みをした方
SMBCモビットなし-

こちらが大手キャッシング会社の無利息期間の有無をまとめた表になりますが、レイクALSAであれば、金額次第で最大3ヶ月間も無利息で借入をすることができます。

これは銀行系や他の借入方法にはない非常に大きなメリットです。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録!

今すぐお金を借りるのにおすすめの消費者金融ベスト3

今すぐお金借りる_おすすめの消費者金融

さて、それでは具体的に今すぐお金を借りるのに最適な「スピーディー」な借入ができる消費者金融を厳選3社ご紹介します。

第1位:プロミス

消費者金融カードローンの中で最もおすすめなのは『プロミス』です!

プロミスは、ノンバンクカードローンの中でも最大手の会社です。

ファイナンシャルプランナー 宮野茉莉子

大手消費者金融の中で、初回借入時に適用されやすい上限金利が最も低い「プロミス」。カードレス対応で、最短1時間で融資まで可能です。

新規成約率こそ低いものの、テレビCMなどの効果もあって知名度は急上昇中。

審査通過率も高く、実際に審査に通過する人の数もかなり多くなっています!

『大手』という安心感もあり満足度も高く、2020年には「オリコン顧客満足度調査ランキング」の部門で堂々の『第1位』に輝いています!

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録!

第2位:アイフル

今すぐお金借りる_アイフル

第2位は、「アイフル」です。

「愛がいちばん」でお馴染みの、テレビCMや広告でよく見かけるアイフルですが、アイフルは大手消費者金融と呼ばれる会社の中で唯一銀行参加ではない独立経営の会社になります。

審査通過率43.7%(2019/4〜2020/3平均)
金利3.0%〜18.0%
審査スピード最短30分
融資スピード最短1時間
借入限度額1万円〜800万円
無利息期間30日間無利息

ファイナンシャルプランナー 宮野茉莉子

最短30分審査、最短1時間融資に対応しています。アプリで申込みから借り入れまで完結。カードレスなので郵送物がくる心配もありません。

そんなアイフルですが、アイフルが今すぐお金を借りるのにおすすめな理由は、非常に手厚いサポート体制です。

まず、アイフルでは、「今すぐ借りたい」という方のために、お急ぎ融資を希望の方専用のフリーダイヤルを用意しています。

こちらのダイヤルを利用することで審査時間をグッと短縮することができ、スピーディに融資を受けることができるのです。

また、アイフルの提供する無人契約機の「てまいらず」では、無人契約機にもかかわらず電話メインの対応で難しい端末審査なしにサクサク申し込みをすることが可能です。

通常の無人契約機ですと、情報入力やタッチパネルの操作に手間取り少し時間がかかってしまうこともありますが、アイフルであればその心配もありません。

まさに、今すぐお金を借りるのにピッタリの消費者金融であると言えるでしょう。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録!

第3位:レイクALSA

今すぐお金借りる_レイクALSA

第3位、「レイクALSA」です。

レイクALSAは、新生銀行グループの運営する人気消費者金融ですが、こちらもCMでよく目にしますよね。

審査通過率非公開
金利4.5%〜18.0%
審査スピード最短15秒
融資スピード最短1時間
借入限度額1万円〜500万円
無利息期間60日間無利息
(5万円までなら180日間無利息)

レイクALSAが今すぐお金を借りるのにおすすめの理由は、審査スピードの速さです。

審査スピードは、他社だと最短でも30分、数分で終わるものについてはあくまで簡易審査であることがほとんどですが、レイクALSAでは本当の審査結果が最短15秒で見ることができます。

これは、まず借入が可能かどうかをみたいお急ぎの方には非常に嬉しいポイントですね。

また前述しましたが、レイクALSAは他社よりも無利息期間のサービスが圧倒的に充実しているので、返済額を抑えたい方にもおすすめすることができます。

消費者金融で今すぐお金を借りるため㊙︎テクニック

今すぐお金借りる_テクニック

ここからは、消費者金融で今すぐお金を借りるための㊙︎テクニックを解説していきます。

消費者金融が他の手段よりも融資まで早いことはお分かりいただけたかと思いますが、こちらでさらに早められる方法があれば知っておきたいですよね。

消費者金融を利用する際は、即日で今すぐお金を借りるために以下の点に注意するようにしましょう。

テクニック①:オペレーターに今すぐお金を借りたいことを伝える

今すぐお金借りる_オペレーターに伝える

消費者金融で今すぐお金を借りるための1つ目のポイントは、オペレーターになるべく早く借入をしたいことを伝えることです。

消費者金融では、業者によってある程度審査の順番や融資のスピードに融通を聞かせてくれる業者もあり、今すぐにお金を借りるのであれば絶対にそのことを伝えるべきです。

中には、アイフルのように、お急ぎの方専用ダイヤル等が用意されていることもあるので、HPをみてみて、まずはそのようなダイヤルがあるかどうかを確認しましょう。

その上で、ない場合はオペレーターにどのような理由で、いつまでに現金が必要かを伝えた上で、融資や審査スピードを早めてもらえるかを確認しましょう。

消費者金融の融資スピードが最短1時間とは言っても、実際には状況によってその時間は伸びてしまいます。

最短での融資をしてもらうために、借入をする側もある程度の工夫をしておくと良いでしょう。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録!

テクニック②:借入限度額を最低限に抑える

今すぐお金借りる_借入額を抑える

今すぐお金を借りるための2つめのポイントは、借入の際の限度額を最低限に抑えることです。

消費者金融では、借入限度額が大きければ大きいほど審査が厳しくなり、時間がかかる傾向にあります。

借入をする際やある程度余裕を持っておきたいという気持ちはわかりますが、借入の際は限度額を必要最低限に抑えることで、審査をスムーズに進めることができます。

そのため、スピードを重視する場合は、限度額は下げた方が良いでしょう。

もちろん、限度額を後から上げることは可能なので、大きな金額が必要な場合も、今すぐにお金を借りるのであれば、一旦必要最低限を借り入れた上で、後から増額審査に申し込むことをおすすめします。

テクニック③:必要書類をあらかじめ準備しておく

今すぐお金借りる_書類を準備する

当然ですが、カードローンの申し込みの際にあらかじめ必要書類は用意しておきましょう。

必要書類
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • 収入証明書(50万円以上の融資で必要になることが多い)

審査をしたくても、必要書類の用意に時間がかかってしまい借入に時間がかかってしまうケースも少なくありません。

一般的な借入の際に必要になってくる必要書類は上記ですが、借入の前にはしっかりとサイトをチェックして必要書類の確認と準備をしておきましょう。

また、単純な記載ミスであっても、書類内容と申し込み内容にズレがあると審査に落ちてしまうことがあるので、今すぐにお金を借りるのであれば、細かいミスにも注意して申し込みをしましょう。

テクニック④:融資して欲しい時間から逆算して申し込みをする

今すぐお金借りる_申し込み時間

最後に大事なポイントは、現金が必要なタイミングから逆算して申し込みをすることです。

消費者金融では、即日融資は何時までと言った時間の制限がある場合や借入者の状況によって審査にある程度時間がかかる場合が往々にしてあります。

いざ借入をするとなっても、現金が必要なタイミングまでに借入ができなければ意味がありません。

そのため、消費者金融で借入をする際は、何時までの申し込みなら即日融資が可能であるかを確認した上で、現金が欲しいタイミングから逆算して申し込みやその準備をする時間を決めましょう。

行き当たりばったりで行動して、結果的に間に合わなかったということがないように、自分自身で時間の管理をすることは重要です。

即日融資_アイキャッチ【即日融資対応】カードローンランキング5選|最短で借りるコツも解説【2020年11月最新版】

消費者金融を利用して今すぐお金を借りるのが難しい人とは?

今すぐお金借りる_難しい人

今すぐお金を借りる方法としては、ここまで述べてきた方に消費者金融が有効であり、さらに前述したポイントに気をつければ、スムーズな融資を受けることができるでしょう。

しかし一方で、どんなにポイントに気をつけても今すぐお金を借りるのは難しい人もいます。

ここからはそんな消費者金融でスムーズに融資が進みづらい人の特徴をご紹介します。

未成年や無職、年金受給者の方

今すぐお金借りる_未成年や無職、年金受給者

消費者金融で今すぐお金を借りるのが難しい人の特徴として、まずわかりやすいのは、未成年者や無職者、年金受給者などの方です。

消費者金融でスムーズな融資を受けにくい人
  • 未成年:多くの消費者金融では未成年への融資を行っていません。未成年の方の場合、クレジットカードのキャッシング枠を利用することをおすすめします。
  • 無職:収入がないため、返済能力がないため融資を受けることが難しいです。
  • 年金受給者:年金受給者の方で、現在働いていない方は融資を受けることが難しいと言えるでしょう。年金受給者の方の場合、「生活福祉資金貸付制度」を利用すれば消費者金融よりも低金利で確実に借入ができるため、こちらに申し込んでみましょう。

これらに該当する方は、即日審査というよりも、消費者金融そのものの審査に通ることが難しく、仮に通ったとしても審査に相当な時間がかかります。

そもそも消費者金融では、申し込みの時点で年齢制限をつけている会社も多くあり、この時点で引っかかってしまうと申し込みをすることができません。

加えて、審査では返済能力が見られるため、無職の方や年金受給者の方など、借入がお金の返済が難しいと見込まれるとなかなか審査を通過することができません。

自分が上記に該当するかはあらかじめ確認しておきましょう。

現在安定した収入がない人

今すぐお金借りる_収入が安定しない人

消費者金融で今すぐお金を借りるのが難しい人の特徴として、次にあげられるのが安定した収入のない人です。

これは、前段で述べた「未成年や無職、年金受給者の方」が融資を受けるのが難しいのと同様ですが、安定した収入がない場合やはり返済能力がないとみなされ、審査を通過することは難しいでしょう。

しかし安定した収入とは、必ずしも正社員であることではないため、派遣社員やアルバイトでも月々一定の収入があれば安定した収入があると見込まれます。

そのため、ハードルについてはそこまで高くないため、仮に収入がそこまでない場合でも、月々一定の収入がある場合は申し込みをしてみましょう。

明らかに収入がない場合は別ですが、可能性があるのであれば一度審査に出してみるのも一つの手です。

信用情報に傷がある人

今すぐお金借りる_信用用法に傷がある人

最後に、信用情報に傷がある人も、今すぐにお金を借りることはできないので要注意です。

わかりやすくいうと「ブラックリストに載る」ということですが、ブラックリストに載っているような人も当然審査を通ることは難しいでしょう。

信用情報に傷がある人の例
  • 5年以内に3ヶ月以上の滞納歴がある人
  • 5~10年以内に債務整理歴がある人
  • 5年以内に保証会社による代位弁済歴がある人
  • 5年以内にカードの強制解約歴がある人

すでにブラックリストに載ってしまっている場合、自分自身で解除することは難しいため、定められた期間が過ぎ、ブラックリストから消えるのを待つしかありません。

ブラックリストに自分が載っているかどうかについては信用情報機関であるCICに情報開示請求をすることで確認することができます。

不安な方は、情報開示をして自分がブラックリストに載っているかを確認してみると良いでしょう。

今すぐお金を借りる方法|高額融資の場合

信用販売系カードローン

今すぐお金を借りる方法として、信用販売系カードローンも挙げられます。

信用販売とは?
割賦契約など、代金を後払いにする販売方法のことです。

信用販売を提供している会社では、以下のようにカードローンも提供しています。

信用販売系カードローン例
  • 三菱UFJニコスカードローン
  • オリコクレジット
  • クレディセゾンマネーカード
  • JCBファーストローン

信用販売系カードローンは高額の融資に対応している点も魅力です。

金利は3.5%~18.0%、融資までの期間が2~3週間かかります。

最大で800万円ほどまで借りることが可能です。

不動産担保ローン

不動産担保ローンもお金を借りる方法としては最適です。

不動産担保ローンでは、保有する不動産を担保にお金を借りることができます。

無担保のローンと比較すると金利が低く、2.0%~9.8%ほどとなっています。

融資までの期間は2週間ほどで、担保によっては5億円近くまで借り入れることも可能です。

不動産の担保がありなおかつ低金利での借り入れをしたい人に適したローンと言えます。

今すぐお金を借りる方法|低金利の場合

ろうきんカードローン

お金を借りる方法として、ろうきんカードローンも挙げられます。

ろうきんは労働組合をベースとした非営利目的の福祉金融機関です。

金融機関が発行するカードローンの中でも、3%~9%と金利がかなり低い点が魅力です。

融資までの期間が1ヵ月ほど、借り入れ上限は500万円までとなっています。

発行される「ろうきんカード」は、全国のコンビニやATMでも利用することができます。

また、インターネットやモバイルバンキングを使い、残高の確認なども可能です。

できるだけ金利を抑えたい人に適したローンと言えるでしょう。

年金担保貸付

年金担保貸付では、国民年金を担保としてお金を借りることができます。

厚生年金の受給権を担保として借り入れができる、唯一の方法です。

老齢年金、老齢基礎年金、障害年金、遺族年金なども対象となります。

金融機関から申し込むことができ、独立行政法人福祉医療機構が審査を行います。

審査が完了した後に、日本年金機構が年金を独立行政法人福祉医療機構に支払い、返済分を差し引いた金額を申請者が受け取ることが可能です。

最大200万円までの小口貸し付けにも対応しています。

融資金の使用用途がギャンブルなど公序良俗に反することの場合、借り入れできない可能性が高くなるので注意しておきましょう。

今すぐお金を借りる方法|審査なしの場合

クレジットカードの現金化(違法の可能性あり)

今すぐお金を借りる方法として、クレジットカードの現金化も挙げられます。

大きく分けて、以下の2つの方法が考えられます。

現金化の方法
  1. クレジットカードで買い物をし、買取業者などに買い取ってもらう方法
  2. 現金化を行う専門の業者が指定する商品を購入し、その商品との引き換えに現金を受け取る方法

これらはクレジットカードのキャッシング枠がなくなった際に使う、ショッピング枠を活用した現金化の方法と言えます。

注意
現金化は違法の可能性が極めて高いので原則おすすめしません。

過去には現金化業者が逮捕された事例も存在します。

どれだけお金の困っていても、現金化は行わないようにしましょう。

今すぐお金を借りる方法|審査に落ちた場合

緊急小口資金

緊急小口資金は各自治体などが提供する制度です。

生活などが困窮した場合に、一時的に小口の融資を受けることができます

所得など一定の条件を満たすことで、無利子で10万円まで借りることが可能です。

融資までの期間は2週間~4週間ほどで、市区町村社会福祉協議会や労働金庫を通すことで申し込みすることができます。

総合支援資金

お金を借りる方法として、総合支援資金も挙げられます。

総合支援金は失業などで日常生活が苦しい人を対象としたものです。

融資までの期間が2週間〜1ヶ月ほど、金利は1.5%とかなりの低金利となっています。

大きく分けて以下の3つの支援金を受け取ることが可能です。

3つの総合支援金
  1. 生活支援費:上限月15万円(2人以上の場合は上限20万円)
  2. 住宅入居費:上限40万円
  3. 一時生活再建費:上限60万円

資金を支援するたけでなく、社会福祉協議会やハローワークなどの組織から就職へのサポートも受けられます。

これによって、単にお金を借りるだけでなく生活の再建を目指すことが可能です。

都道府県ごとに各自治体などの社会福祉協議会から申し込むことができます。

今すぐお金を借りる方法|専業主婦や無職の場合

求職者支援資金融資

求職者支援金融資は、職業訓練を受ける予定の人に向けた融資です。

職業訓練中には受講を支援するための給付金を受け取ることが可能です。

いっぽうで、その給付金だけでは生活が苦しくなる場合も考えられます。

求職者支援金融資では、こうした状況の人に上限10万円を受講月数分融資してくれます。

対象者の条件は、大きく分けて以下の2つになります。

対象要件の2つの条件
  1. 職業訓練受講給付金の支給が決定している人
  2. 求職者支援資金融資要件確認書をハローワークから交付された人

金利は3.0%、実際に融資されるまでの期間は1ヶ月程度で、上限は10万円ほどとなっています。

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度は、主にひとり親を支援することを目的とした貸付制度です。

子供が大きくなるに連れて、大学などへの就学や就労などで資金が必要となる場合があります。

この制度を活用することで、こうしたタイミングで2万円〜15万円まで融資を受けることが可能です。

最大の特徴は無利子での借り入れができることです。

加えて、返済期間も3年〜20年と長めに設定することができ、余裕を持った返済計画を立てることができます。

各都道府県の地方自治体が提供しており、詳しい制度内容も異なります。

検討している人は窓口で1度相談してみると良いでしょう。

生活福祉貸付制度

生活福祉貸付制度は、経済的に困窮している人を対象とした貸付制度です。

10万円から収入面などが厳しければ、最大60万円までの貸付を受けることができます。

金利は1.5%と低金利で、融資までの期間は1ヶ月程度となっています。

また、無職の人や専業主婦など幅広い層を対象としています。

各都道府県の社会福祉協議会から申し込みが可能です。

こちらも気になる人は、窓口で1度相談してみることをおすすめします。

今すぐお金を借りる方法|コロナの影響を受けた場合

持続化給付金

持続化給付金は新型コロナウィルスの影響で売り上げが事業者を対象とした制度です。

主に営業自粛などで売り上げが見込めない事業者を支援する目的で作られた制度です。

個人事業主は上限100万円、中小企業は上限200万円まで融資を受けることができます。

対象となるのは、事業収入が前年同月比から50%以上落ち込んだ事業者です。

持続化給付金は借り入れではないので、返済の必要がありません。

支給がスピーディーな点が魅力で、最短で1週間ほどで支援を受けることができます。

ひとり親世帯特別持続給付金

ひとり親世帯特別持続給付金は、新型コロナウィルスの影響で経済的に打撃を受けたひとり親を支援する目的で作られた給付金です。

具体的な対象者の要件は、以下の3つになります。

3つの対象者要件
  1. 令和2年6月分の児童扶養手当を受給している人
  2. 年金給付の受給で児童扶養手当が受けられない人
  3. 新型コロナウィルスの影響で収入が悪化し、児童扶養手当の支給要件を満たした人

1世帯あたり5万円、融資までの期間は各自治体によって異なります。

また、融資など貸付ではないので返済の必要もありません。

家賃支援給付金

家賃支援給付金は、新型コロナウィルスの影響で営業ができない事業者の家賃を支援する目的で作られました。

たとえば、ダンス教室を運営している人や飲食店を経営している人は営業自粛でも家賃を支払い続けなければいけません。

また、新型コロナウィルスの影響でお客さんが減少し、売り上げ自体が下がっている場合も考えられます。

こうした事業者を対象に、法人と個人それぞれが以下のように給付金を受け取ることが可能です。

家賃支援給付金の支給額
  • 個人事業主:最大50万円を6ヶ月
  • 法人:最大100万円を6ヶ月

前年同月比から50%以上事業収入が減少したか、連続する3ヶ月の事業収入が前年同月比から30%以上減少した事業者が対象となります。

経済産業省が作成した公式ホームページから電子申請が可能です。

学生支援給付金

学生支援給付金は、新型コロナウィルスの影響でアルバイトなどができなくなった学生を支援する目的で作られました。

住民税非課税世帯の学生は20万円、それ以外の学生は10万円の給付金を受け取ることができます。

学生支援給付金は現在通っている学校に受給や申請の相談をすることが可能です。

こちらも貸付ではないので、返済の必要もありません。

融資までの期間は学校によって異なるので、まずは就学中の学校に相談してみましょう。

特別定額給付金

特別定額給付金は国民全員を対象とし、10万円の給付金が受け取れます。

お住まいの地方自治体が窓口となっており、郵送かオンラインでの申請が可能です。

こちらも貸付ではないので、返済の必要はありません。

給付までの期間は自治体によっても異なりますが、おおむね2週間ほどとなっています。

今すぐお金を借りる方法|事業主の場合

個人事業主専用カードローン

個人事業主専用に作られたビジネスローンが、個人事業主専用ローンです。

以下は個人事業主専用ローンを提供する業者のサービス例です。

個人事業主専用ローンサービス例
  • セゾンファンデックス MONEY CARD EX
  • アイフル ビジネスサポートカードローン

総量規制にあたる年収の3分の1を超えても借り入れすることができます。

事業を目的としたものであれば、自由に資金を使うことが可能です。

4.0%〜18.0%と、カードローンと比較しても金利が低い点が特徴と言えます。

上限500万円まで借り入れすることが可能です。

ビジネスローン

ビジネスローンは無担保で借り入れができる、法人向けのローンです。

以下はビジネスローンを提供する業者のサービス例です。

ビジネスローンサービス例
  • アイフル ビジネスファイナンス
  • ジャパンネット銀行 ビジネスローン
  • オリックス VIPローンカードBUSINESS
  • 静岡銀行 しずぎんビジネスクイックローン

こちらも事業を目的としたものであれば、どのような用途でも使うことができます。

たとえば、給料の支払いなどの運転資金、工場の設備投資などにも使うことが可能です。

金利は3.0%〜18.0%と低めに設定されており、最短即日で借り入れできるスピード感も魅力です。

500万円〜1000万円借り入れできるので、経営を立て直す資金として効率的に使うことができます。

日本政策金融公庫

お金を借りる方法として、日本政策金融公庫を活用する方法も挙げられます。

日本政策金融金庫とは?
日本政府が出資する政策金融機関のことです。

日本政策金融金庫では、事業者向けにさまざまな融資を展開しています。

融資制度の例
  • 新規開業資金
  • 経営環境変化対応資金
  • 一般貸付
  • 企業活力強化資金

金利はその時々の経済状況などに応じて変化しますが、一般的なカードローンなどと比較すると低金利での借り入れが可能です。

融資までの期間は1ヶ月程度で、小規模な借り入れから最大で7億2000万円の大規模な借り入れにも対応しています。

個人事業主や中小企業であれば、積極的に活用していきたい選択肢の1つと言えるでしょう。

今すぐお金を借りるためでも「闇金」に手を出すのはダメ!絶対!

今すぐお金借りる_闇金

ここまで、今すぐにお金を借りる方法について、様々なことをお伝えしてきましたが、最後に、どんなお金に困っても「闇金」にだけは手を出すのは絶対にやめましょう。

闇金とは
  • 貸金業として登録していなかったり、出資法に違反するほどの高金利で貸付をする悪徳業者のこと。返済されない場合、悪質な取り立てが行われることがある。

一度闇金に手を出してしまうと、貸付されたお金の莫大な利息を請求され、抜け出せなくなることも少なくありません。

また、取り立てについても、きちんとした業者と異なり、悪質な行為や犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあるので、やはりどんなに困っても闇金にだけは手を出すことはおすすめしません。

手を出してしまって後悔する前に、本当に自分に取れる手段はもうないのかをしっかりと検討するようにしましょう。

ファイナンシャルプランナー 宮野茉莉子

ヤミ金はダイレクトメールや電話、広告などを使い、低金利などと好条件で勧誘をします。実際は違法な高金利で貸し出したり、悪質な取り立てを行うので、絶対に利用しないようにしよう。

今すぐお金を借りる方法まとめ

今すぐお金借りる_まとめ

いかがだったでしょうか。

本記事が、今すぐをお金を借りる方法で迷っている方にとって少しでも参考になっていれば幸いです。

今すぐお金を借りる手段としては様々あり、借入者の状況によっておすすめの方法は異なってきますが、スピード重視であればやはり最もおすすめなのは消費者金融です。

お金を借りる手段に迷っているのであれば、本記事を参考にもう一度方法や利用業者を考えてみましょう。

それでは、全体の記事のまとめをしていきます。

本記事のまとめ
  • 今すぐお金を借りる方法には、「消費者金融系カードローン」「クレジットカードのキャッシング」「銀行系カードローン」「知り合いから借りる」「質入れ」など様々あるが、いちばんおすすめなのは消費者金融!
  • 消費者金融がおすすめの理由は、①審査スピードが早い、②インターネット完結が可能、③無利息期間がある点!
  • 中でもおすすめの消費者金融は、「プロミス」「アイフル」「レイクALSA」
  • 今すぐお金を借りるためには、①オペレーターに最短融資の希望を伝える、②借入限度額最低限に抑える、③必要書類を準備する、④融資タイミングを考えることが重要!
  • ①未成年や無職、年金受給者、②安定した収入がない人、③信用情報に傷がある人は今すぐにお金を借りるのは難しい!
  • どんなに急いでいても「闇金」だけには絶対に手を出さないようにしよう!

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録!

この記事のアドバイザー(専門家)

宮野茉莉子
1984年生まれ。東京女子大学卒業後、野村證券に入社。ファイナンシャルプランナーとして活躍。2011年よりフリーランスでライターとして活動し、マネー分野の記事を執筆している。
得意分野:金融商品、投資
資格:2級FP技能士証券外務員一種中学高校社会科教員免許