キャッシングの金利とは?クレジットカードの利率や利息の計算方法などを徹底解説!

金利の安いキャッシングサービスが知りたい!

キャッシングで金利を下げる方法ってあるの?

そもそもキャッシングの金利の相場ってどれくらい?

急に現金が必要になった際や、お金に困った際に大活躍のキャッシングですが、キャッシングには「金利」がかかります。

どうせ利用するなら、なるべく返済額が少なくて済むように金利が安いところを利用したいですよね。

そこで本記事では、金利の安いキャッシングやキャッシングの金利を抑える方法、キャッシングの金利そのものについてなど、キャッシングの金利に関することを徹底解説します!

本記事でわかること
  • そもそもキャッシングは何か
  • キャッシングとカードローンの違い
  • キャッシングの金利そのものや仕組みについて
  • キャッシングの金利の計算方法
  • キャッシングの金利の相場について
  • 金利の安いキャッシング3選
  • キャッシングの金利を下げる方法
  • キャッシング利用の際の注意点

本記事を読めば、キャッシングの金利について悩むことはもうありません!

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<
キャッシング 人気ランキング キャッシングおすすめ人気ランキング!即日審査・審査通過率・金利を約30社から比較!

キャッシングについてをおさらい!

キャッシング_金利_おさらい

キャッシングの金利についてをご説明する前に、まずはキャッシングそのものについてを簡単におさらいします。

キャッシングについて考える際に混同されがちな、カードローンとの違いはなんなのでしょうか。

そもそもキャッシングってなに?

キャッシング_金利_キャッシングとは

キャッシングとは、「短期間で現金の小口融資を受けられるサービスの総称」のことを指します。

また、キャッシングは主に2種類あり、それが「銀行や消費者金融を利用したキャッシング」と「クレジットカード会社を利用したキャッシング」です。

一般的に後者の、「クレジットカード会社を利用したキャッシング」をキャッシングと呼ぶ場合が多い為、混同されて考えられがちですが、本来の意味では、キャッシングは2種類に分かれるのです。

同じ現金を借りるサービスであるキャッシングでも、この2種類では利用方法も金利も全く違います。

ここからは、2つの方法のキャッシングについての違いを詳しく解説していきます。

消費者金融のキャッシングとクレジットカード会社のキャッシングの違いとは?

キャッシング_金利_消費者金融とクレジットカード会社の違い

まず「消費者金融のキャッシング」は、インターネットや無人自動契約機、店舗を利用して融資を受ける方法を指します。

一方、「クレジットカード会社のキャッシング」は、クレジットカードに付帯してあるキャッシング機能を利用する方法を指します。

この2つのキャッシングの方法には、それぞれにメリット・デメリットがあり、利用者のシチュエーションによってどちらがおすすめか変わってきます。

消費者金融とクレジットカード会社のキャッシングの違い
  • 消費者金融:手続きや審査が必要で、若干手間がかかる(今は審査も即日で終わるところがほとんど)。一方で金利は低く、借入限度額も高いためまとまった額の借入も可能。
  • クレジットカード会社:カード1枚で簡単に借り入れをすることができ、消費者金融よりもお手軽。一方で金利が高く、借入金額の限度額も低めに設定されていることが多い。

消費者金融の場合、メリットとして金利が低く借入限度額が高い反面、クレジットカード会社よりも手間がかかってしまうといったデメリットがあります。

一方クレジットカード会社の場合、メリットとしては手軽に利用できる反面、消費者金融と比較すると金利が高く借入金額も低くなってしまうといったデメリットがあります。

これらの違いや、メリット・デメリットを考慮すると、「ある程度まとまった金額を借入したい人や金利を安く抑えた人」は消費者金融を、「少額を1度限りですぐに借りたい人」はクレジットカード会社をおすすめします。

キャッシングの金利とは?仕組みや相場、計算方法を解説!

キャッシング_金利_基本情報

ここまでで、キャッシングやカードローンについては、お分かりいただけたかと思います。

それではここからは、キャッシングの金利そのものについてやその相場、計算方法などを詳しく解説していきます。

キャッシングを利用する前に、基本知識はしっかりと抑えておきましょう!

キャッシングの金利ってなに?

キャッシング_金利_金利とは

「金利」とは、借入金額に対して、追加で支払う金額の割合のことを指します。

つまり100万円を借り入れて、110万円を返済する場合の金利は10%になり、これがキャッシングの「金利」になります。

よく言われる「利息」とは、追加で支払う金額そのもののことを指し、前述した例で言うと10万円が利息になるのです。

キャッシングに関する基本用語
  • 金利:借入金額に対して、追加で支払う金額の割合(%)
  • 利息:借入金額に対して、追加で支払う金額そのもの(円)

キャッシングにおける、「金利」はそのまま返済する際の負担になり、「金利」が安ければ安いほど借入者は返済額を少なく抑えることができます。

キャッシングにおける金利についても、消費者金融とクレジットカード会社で違いが出てきます。

消費者金融とクレジットカード会社のキャッシングの金利の違い
  • 消費者金融の金利(平均):3.0%〜18.0%
  • クレジットカード会社の金利(金利):15.0%〜18.0%

あくまで平均になるので、会社や借り入れる人や借入金額によって金利は大きく変わってきますが、一般的に金利は消費者金融の方が抑えられることがほとんどです。

金利を抑えてキャッシングを利用したいのであれば、消費者金融を利用するのが得策であると言えるでしょう。

キャッシングの利息の計算方法

キャッシング_金利_利息の計算方法

前段で述べてきたように、キャッシングを利用する際は、借入金額に加えて利息をつけて返す必要があります。

そこで重要になってくるのが、利息の金額です。

きちんとした返済計画を立てるためにも、金利だけでなく実際に元本に加えてかかる利息の金額は知っておきたいですよね。

キャッシングの利息を知る際に必要な計算式は以下になります。

キャッシングの利息の計算式
  • 利息額=借入額×金利÷365×借入日数
    例)100万円を2ヶ月(60日)で金利15%返済する場合の利息額
    →1,000,000×0.15÷365×60=25,657円

例えば、100万円を2ヶ月(60日)で返済、金利が15%の場合は、利息金額は約2.5万円になります。

このように、実質的な負担になる利息を考える際は、キャッシングの金利だけでなく、借入額や借入日数も重要です。

キャッシングを利用する際は、これらのことに注意しながら、計算式を使って一度利息額を計算するようにしましょう。

キャッシングの金利の相場

キャッシング_金利_金利の相場

キャッシングの金利は、利用する会社によって異なります。

また借入する人の状況や借入期間、金額によっても大きく異なるため、この会社の金利は何割と言うことは一概には言えません。

ですが、一般的な金利の相場自体は知っておくことで悪徳業者を見分けたり、必要以上に搾取されることを避けることができます。

まず、金利の上限は法律によって定められており、金額ごとに決まっています。

利息制限法で定められる上限金利
  • 元本が10万円未満:上限年20%
  • 元本が10万円〜100万円未満:上限年18%
  • 元本が100万円以上:上限年15%

これ超える金利を請求される場合、それは違法になりますので、まずは法律で定められた上限金利を把握しておきましょう。

さて、キャッシングにおける金利の相場ですが、一般的に大手消費者金融で初回の借入をする場合、元本が100万円以下であれば年18%の金利が適用される場合が多いです。

借入を複数回にわたって行ったり、元本が上がると金利は下がりますが、初回の場合は利用実績がないため、その会社で適用される金利の上限金利が適用されることがほとんどです。

そのため、キャッシングを利用する際は、最低金利だけでなく、上限金利を意識して借入をすることが重要であると言えるでしょう。

キャッシングの金利を安く抑えたい人におすすめの消費者金融3選

キャッシング_金利_おすすめの消費者金融

前段で述べてきた通り、キャッシングを利用するにあたって金利を抑えたい場合は、クレジットカード会社よりも消費者金融を利用した方が安く抑えることができます。

そのため、ここからはキャッシングを実際利用するにあたって金利を安く抑えたい方におすすめの消費者金融3社をご紹介します。

借入は初めてで不安だけど金利は抑えたい方や、どこを利用したら良いか迷っている方は是非こちらを参考にしてみてください。

プロミス

1社目は、「プロミス」です。

テレビCMや広告で目にすることも多い消費者金融でもあることから、知っている方も多いのではないでしょうか。

プロミスのおすすめポイント
  • SMBCグループが運営で安心感・信頼性は抜群!
  • 初めての方なら30日間丸ごと利息ゼロ!
  • 最大金利が他社よりも低く設定されている!
  • 2020年オリコン顧客満足度ノンバンクNo.1の実績!
  • 申し込みから借入まで全てWebで完結!
  • 最短15秒事前審査で借入が可能かどうかがわかる(※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
      ※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。)
  • 原則24時間いつでも振込可能!

プロミスが金利を抑えたい人にとっておすすめなポイントは「最大金利の低さ」にあります。

キャッシングの金利の相場でもご説明しましたが、多くの消費者金融の金利の相場が18%であるのに対して、プロミスでは最大金利が17.8%に設定されています。

これは金利を抑えたい方にとっては大きな魅力で、確実に他社よりもコストを抑えることができます。

またプロミスでは、初めての方に30日間の無利息サービスを実施しているため、短期間の借入の際は利息ゼロで利用することも可能です。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<
以下がプロミスの詳細です。

金利 年4.5%-17.8%
審査時間 最短30分
借入限度額 最大500万円

 アコム

キャッシング_金利_アコム

2社目は「アコム」です。

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの運営する信頼性抜群の大手消費者金融です。

アコムのおすすめポイント
  • 三菱UFJフィナンシャルグループ運営で安心感・信頼性は抜群!
  • 初めての方なら30日間丸ごと利息ゼロ!
  • 最低金利が他社よりも低く設定されている!
  • 最短30分のスピード審査!
  • 最短3秒で借入可能かどうかがわかる!

アコムの金利面におけるおすすめポイントは、最低金利の低さです。

アコムでは最低金利が3.0%と、他社では最低でも3.5%が多いところが低く設定されています。

もちろん、最低金利が適用されることは少なく、条件としても厳しいですが、この差は金利を低く設定しようとしている姿勢の現れでもあります。

また、アコムでも無利息期間が設けられているため、こちらも同様に、短期の返済が可能な方は無利息期間を利用して元本のみの返済を目指しても良いかもしれません。

以下がアコムの詳細です。

金利 年3.0%-18.0%
審査時間 最短30分
借入限度額 最大800万円

アイフル

キャッシング_金利_アイフル

3社目は「アイフル」です。

アイフルは、大手消費者金融の中では、唯一銀行傘下ではない独立経営の消費者金融です。

銀行傘下でないからといって利用者にとって大きく何かが変わることはなく、アイフルについてはテレビCMも大々的にうたれているので、信頼性も申し分ないと言えるでしょう。

アイフルのおすすめポイント
  • 初めての方なら30日間丸ごと利息ゼロ!
  • 最低金利が他社よりも低く設定されている!
  • 最短30分のスピード審査で即日融資も可能!
  • 郵送物など一切なしのWeb完結で誰にも知られず借入が可能!
  • 24時間フリーダイヤルに加え女性専用ダイヤルの設置など、サポートにも定評あり!

アイフルの金利面のおすすめポイント、アコム同様に最低金利の低さと無利息期間の設定です。

しかし、アイフルの強みはそれだけではなく、サポート力もおすすめできる利用の1つです。

24時間フリーダイヤルによるお客様サポートはもちろん、女性専用フリーダイヤルを用意するなど、接客やサポートに非常に定評があります。

キャッシングを利用する際は、金利ももちろん重要ですが、初めての利用の際はサポート力も非常に重要です。

初めての借入で、不安を感じる方にも、アイフルはおすすめです。

以下が、アイフルの詳細です。

金利 年3.0%-18.0%
審査時間 最短30分
借入限度額 最大800万円

キャッシングの金利を下げる3つの方法

キャッシング_金利_金利を下げる方法

キャッシングの金利や金利の低い会社についてはご理解いただけたかと思います。

しかし金利の低い会社を使うとしても、キャッシングで金利をさらに下げる方法があれば知っておきたいですよね。

ここからは、シチュエーションは限られますが、キャッシングの金利を下げる3つの方法をご紹介します。

方法①|無利息期間を活用する

キャッシング_金利_無利息期間

1つ目の方法は、無利息期間を活用する方法です。

一部の消費者金融では、初回利用の際に一定期間の無利息サービスを利用することができます。

例えば、アコムやプロミスでは初めての方は30日間無利息で借入をすることができます。

これらの無利息サービスは、キャッシングで金利を下げたい方にとって非常に嬉しく、短期間で返済する予定の初めての方には絶対におすすめします。

残念ながら無利息サービスは、同じ会社で複数回利用することはできないですが、数回の借入であれば複数社の無利息サービスを利用して期間内に返済するのも非常に効果的です。

急な入り用で、給料の入金前までの短い期間だけ借入をしたい方などは、まずは無利息期間を利用して金利を下げることを検討してみましょう。

方法②|借入限度額を高めに設定する

キャッシング_金利_借入限度額

2つ目の方法は、借入限度額を高めに設定する方法です。

利息制限法で定められる上限金利が、10万円・10万円〜100万円未満・100万円以上と区切られ、金額が上がるごとに金利が下がっていったように、借入金額が上がると、金利は下がります。

そのため、どうしても金利を下げたい場合は、借入金額を上げる方法をとるという方法も可能です。

しかし金利を下げるために借入額を上げるにあたっては、最低でも100万円以上の借入限度額を設定しなければなりません。

またさらに、その限度額を返済することが可能であると言う審査に通る必要があるため、収入もある程度なければ上限をそこまで上げることはできません。

そのため、実際にこの方法をとる場合、高額の借り入れをした上で返済能力があると認められるといった条件をクリアする必要があります。

方法③|キャッシングの借り換えを行う

キャッシング_金利_借り換え

3つ目の方法は、キャッシングの借り換えを行う方法です。

こちらの方法は、すでにキャッシングを行っていて、現状よりも金利を抑えたい方が対象の方法になります。

キャッシングの利用をしていて、金利が高く返済に時間がかかってしまうと悩むことはしばしばあります。

そんな時は、現状利用している会社から、金利の安い別会社に借り換えをすることも金利を下げる1つの方法です。

当然、借り換えの際は借り換え先の会社や金利についてしっかりと精査する必要はありますが、うまくいけば金利を下げて返済額を減らすことが可能です。

現状のキャッシングの金利に不満を抱えている方は、こちらの方法も検討してみてください。

キャッシング利用の際の注意点

キャッシング_金利_注意点

最後に、キャッシングを利用する際の注意点をご紹介します。

実際にキャッシングの利用を検討している方は、以下のポイントに注意して利用するようにしましょう。

キャッシングには審査がある

キャッシング_金利_審査

当然といえば当然ですが、キャッシングを利用して現金の借入をする際には審査を通過する必要があります。

初心者の方の中には、書類さえ準備すれば審査は通ると考える方もいますが、この審査がに通るのは意外と簡単ではありません。

数字でみると、大手消費者金融の4社の平均通過率は約43%と、半分以上の方が審査を通過することができないということになります。

どうしてもお金が必要な時でも、借入が必ずできると当てにするのではなく、借入ができない場合も考慮に入れた上で、もしもの時の予備策等も考えておくようにしましょう。

借入できる額は年収の3分の1まで

キャッシング_金利_借入限度額

キャッシングを利用して借入をできる金額は青天井ではなく、年収の3分の1の額が上限になります。

例えば、年収が300万円の場合、借入額の上限は100万円までになります。

これは過度な借入をすることを防ぐために定められている総量規制で決まっており、原則的に超えることはできません。

キャッシングの利用を考えている方は、ご自身の収入をしっかりと確認しておき、いくらまでなら借入をすることができるのかを把握しておくようにしましょう。

キャッシングをする際は返済計画を立てて借入をする

キャッシング_金利_返済計画

キャッシングを利用して借入をする際は、必ず同時に返済計画を立てるようにしましょう。

キャッシングを利用すれば、一時的にお金が入るため、当然その場では現金は増えますが、当然借りたお金は返済をする必要があります。

返済計画を立てずに借入をしてしまうと、返済がずるずると先延ばしになってしまい、結果的に自分の首を締めることになります。

また、返済計画を立てる際は、借入額だけでなく金利も考慮に入れた上で計画を立てル必要があるのもポイントです。

元本分は用意できても、利息が大きく支払い切れないこといったこともよくある話ですので、キャッシングを利用する際は、金利も考慮に入れたできるだけ緻密な返済計画を立てるようにしましょう。

キャッシングの金利のまとめ

キャッシング_金利_まとめ

いかがだったでしょうか。

本記事がキャッシングの金利について悩む方にとって少しでも参考になっていれば幸いです。

キャッシングは非常に便利なサービスである一方、しっかりと理解した上で利用しなければ逆に自身を追い込んでしまうこともあります。

キャッシング利用の際は、本記事を参考に、金利をはじめとした仕組みの理解をしていただければと思います!

それでは全体の記事のまとめをしていきます。

キャッシングの金利に関するまとめ
  • キャッシングには主に「消費者金融」と「クレジットカード会社」の2つの方法がある!
  • 金利を低く抑えたいなら「消費者金融」を利用したキャッシングがおすすめ!
  • キャッシングの利息の計算方法は、「借入額×金利÷365×借入日数」でわかる!
  • キャッシングの金利の相場は、元本が100万円以下なら18%!
  • キャッシングの金利を安く抑えたい人におすすめの消費者金融は、「プロミス」「アコム」「アイフル」の3社!
  • 「プロミス」なら最大金利が他社よりも低く、初回利用時は30日間の無利息サービスも実施中
  • キャッシングの金利を下げるには、「無利息期間を活用」「借入限度額を高めに設定」「借り換えを行う」の3つの方法がある!

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<