個人事業主におすすめのカードローン5選!カードローン以外の資金調達方法も紹介!

個人事業主として事業を展開していると、資金難に陥ることも多いのではないでしょうか。

そんな時、資金調達の一つの手段としてカードローンを利用するという手があります。

しかし個人事業主ではカードローンの審査が通りづらいのでは?と考えている方もいると思います。

今回は個人事業主がカードローンを利用する上での注意点に加えて、おすすめのカードローンも紹介していきます。

カードローン以外の資金調達方法についても詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

「個人事業主 カードローン」をざっくりいうと
  • 個人事業主がカードローンを利用することは可能!
  • 銀行・クレジットカード会社・消費者金融のカードローンがおすすめ
  • 個人事業主におすすめなカードローン会社は、アイフルとプロミス!
  • カードローン以外の資金調達方法はM&A、ファクタリング、ビジネスローン、日本政策金融公庫の4つ
  • カードローンを利用する上で注意したいのは金利・借入金額・返済計画!

個人事業主におすすめのカードローン3種類

個人事業主が利用できるカードローンは、以下の3種類です。

カードローン3種類
  • 銀行のカードローン
  • クレジット会社のカードローン
  • 消費者金融のカードローン

それぞれのカードローンについて詳しくみていきましょう。

銀行のカードローン

銀行のカードローンとは、メガバンクや地方銀行、信用金庫などの金融機関が個人向けに提供する融資サービスです。

銀行のカードローンにはクレジット会社や消費者金融のカードローンと異なる特徴があります。

まずは、銀行のカードローンの特徴は以下の3つです。

銀行のカードローンの特徴3つ
  • 金利が圧倒的に低い
  • 保証人・担保を必要としない
  • 融資の利用目的を問われない

それぞれの銀行のカードローンの特徴を詳しくみていきましょう。

金利が圧倒的に低い

銀行のカードローンの金利は、クレジットカード会社や消費者金融のカードローンに比べて、圧倒的に低いです。

金利は返済額に大きく影響するため、少しでも金利が低いカードローンを選びたいですよね。

これが銀行のカードローンの最大の魅力であり、特徴なのは間違いありません。

融資の利用目的を問われない

銀行のカードローンでは基本的に借入れの理由を問われず、自由に使えるケースが多いです。

お金を銀行で借りる際、多くの場合で利用目的を問われますが、カードローンに限り問われることはありません。

しかし利用目的を不問にする代わりに、金利が住宅ローンや教育ローンに比べて多少高めに設定されています。

保証人・担保を必要としない

ローンでお金を借りる際に一番気になるのが、担保と保証人についてですよね。

ローンを組むには、不動産や自動車などを担保にすることが条件と思っている人が多いかもしれません。

しかし、銀行のカードローンは担保や保証人を必要としません。

無担保・無保証人で利用できるのが嬉しいですね。

クレジットカード会社のカードローン

クレジットカード会社とは、国際ブランドに決済機能を借りて、クレジットカードを発行している会社のことです。

その会社が提供するカードローンには銀行や消費者金融のカードローンと異なる特徴があります。

クレジットカード会社のカードローンの特徴は以下の3つです。

クレジットカード会社のカードローンの特徴3つ
  • 銀行のカードローンに遜色ない低金利
  • 返済の自由度が高い
  • 独自のサービスを展開するクレジットカード会社が多い

それぞれのクレジットカード会社のカードローンの特徴を詳しくみていきましょう。

銀行のカードローンに遜色ない低金利

クレジットカード会社のカードローンは銀行と同等の低金利で借入れを行うことができます。

やはり返済額に直結する金利は誰しもが気にするポイントですよね。

クレジットカード会社のカードローンにおいても、銀行と同様に低金利という点は最大の強みになっています。

返済の自由度が高い

クレジットカード会社のカードローンでは、返済の自由度が高いのが魅力です。

返済日の選択や臨時返済ができるのに加えて、毎月の返済額を増額して返済ができるなど、比較的自由に返済の時期や方法を選べます。

銀行や消費者金融のカードローンよりも返済の融通が効くという点でおすすめです。

独自のキャンペーンや特典を展開するクレジットカード会社が多い

銀行や消費者金融にはない特徴として、新規入会キャンペーンやポイント還元などお得な特典が多いです。

加えて、貯めたポイントを様々な施設で利用できたりと、クレジットカード会社ならではの強みがあります。

その他にも多くのキャンペーンを扱っている会社が数多くあります。

カードローンを利用することで、それらのサービスを教授できるのは嬉しいですよね。

消費者金融のカードローン

消費者金融は、最近CMでもお馴染みになっており、知名度と信憑性の高さから人気を誇っています。

消費者金融のカードローンには銀行やクレジット会社のカードローンと異なる特徴があります。

まずは、消費者金融のカードローンの特徴は以下の3つです。

消費者金融のカードローンの特徴3つ
  • 審査が比較的通りやすい
  • 融資までに時間がかからない
  • 無利息期間がサービスの一環としてある

それぞれの消費者金融のカードローンの特徴を詳しくみていきましょう。

審査が比較的通りやすい

審査が通りやすいかどうかは、新規成約率を見ることで確認できます。

消費者金融は銀行やクレジットカード会社に比べて、この新規成約率がとても高いです。

つまり、審査に通過しやすいということです。

審査に通過できるかどうか不安な方にとっては、魅力ですね。

融資までに時間がかからない

消費者金融のカードローンで最大の魅力なのが、対応が早いという点です。

申し込み方法によっても異なりますが、多くのケースで即日融資が可能です。

急遽お金が必要になった場合、即日融資をしてもらえるのは心強いですよね。

無利息期間がサービスの一環としてある

CMでも取り上げられることの多い、無利息期間は消費者金融にしかないサービスになっています。

短期間の利用の場合、無利息期間があったおかげで借りた金額と同額のみの返済で済んだ例もあります。

この無利息期間を上手く使うことで、金利の高めに設定されている消費者金融でも銀行などより返済額が少なくて済ますことも可能です。

【徹底比較】個人事業主におすすめのカードローン3種類

上記で解説したカードローンのうち、本当に個人事業主におすすめなのはどのカードローンなのでしょうか。

そこで3種類のカードローンの強みを以下で比較してみました。

銀行 クレジットカード会社 消費者金融
実質年率 1.5%〜14.5% 1.5%〜14.5% 3.0%〜18%
借入限度額 800万円 800万円 800万円
新規成約率 データ非公開 データ非公開 45%前後
融資スピード 最短1週間 最短翌営業日 最短即日
サービス・特典 特になし ポイント還元・入会キャンペーン等 30日間利息0円

上記の表を見ると、銀行やクレジットカード会社の方が消費者金融よりも低金利であることが顕著にわかりますね。

しかし、いますぐにお金が必要な方にとっては消費者金融の最短即日の融資というのは十分に魅力的なのではないでしょうか。

融資スピードと審査の通りやすさ、30日間利息0円というサービスの提供を考えると、一番におすすめなのは消費者金融です。

対応のスピードというのは、やはり重要視したいですよね。

個人事業主におすすめのカードローン会社5選

上記の比較をして、個人事業主におすすめのカードローンは消費者金融のカードローンということがわかりましたね。

そんな消費者金融にも多くの会社があり、どの会社でお金を借りるのが一番いいのかわからないですよね。

そのため、これからはおすすめの大手消費者金融5社のカードローンに絞って、各社の特徴を詳しく解説していきます。

おすすめ大手消費者金融5社
  • アイフル
  • プロミス
  • アコム
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

この大手消費者金融5社のカードローンのそれぞれの基本情報から特徴、どんな人におすすめなどを解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

カードローンおすすめランキング第1位:アイフル

第1位は、CMでもお馴染みで、断トツの人気を誇る『アイフル』です。

★アイフルの基本情報

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
無利息期間 初回のみ30日
審査対応時間 24時間対応

アイフルは接客対応が好評で、はじめての方も利用しやすいでしょう。最短30分審査、最短1時間融資に対応しています。

カードレスなので郵送物がくる心配もありません。

社名 アイフル株式会社
代表者名 代表取締役社長 福田 光秀
本社所在地 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
創業 1967年4月
設立 1978年2月
事業内容 消費者金融事業、事業者金融事業、信用保証事業
登録番号 近畿財務局長(13)第00218号
営業店舗 全国主要都市 20店舗(2020年12月31日現在)
社員数 (単体) 1,019名(2020年12月31日現在)
(連結) 2,164名(2020年12月31日現在)

【評判】アイフルの利用者の口コミ

不動産一括査定サイト_実際に使った人の口コミ

30代男性

CMを見て、30日間利息0円ということを知り、アイフルの利用を決めました。

2ヶ月の利用でしたが、初月の利息0円がとても大きく感じました。

短期間の利用にとてもおすすめです。

30代女性

急に友人の結婚式の予定が入り、お金が必要になったので利用しました。

間に合うのか心配でしたが、申し込みをしたその日に借り入れができました。

初めての利用だったので利息もかからずで、大変助かりました。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録!

カードローンおすすめランキング第2位:プロミス

 

第2位は、アイフルと同様にCMでお馴染みとなっている『プロミス』です。

★プロミスの基本情報

金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分
無利息期間 初回のみ30日
審査対応時間 24時間対応

プロミスは限度額こそ500万円と少ないものの、サービスの内容はアイフルと遜色ありません。

初めて消費者金融を利用する方にもおすすめです。

最短30分審査、最短1時間融資に対応しています。

社名 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
代表者名 金子 良平
本社所在地 〒104-0061
東京都中央区銀座四丁目12番15号
設立 1962年3月20日
事業内容 貸金業、保証業
登録番号 関東財務局長(13)第00615号
営業店舗 全959店
社員数 2,252名

【評判】プロミスの利用者の口コミ

不動産一括査定サイト_実際に使った人の口コミ

40代男性

初めて利用する消費者金融をプロミスに選びました。

何も知らなかった自分にも丁寧な接客をしてくれ、とても好印象を持ちました。

また、サービス内容についても30日間利息0円が一番嬉しかったです。

返済額も少なく済んだので、このサービスは非常に優秀だと感じました。

30代女性

申し込みをして、すぐに審査の対応をしてくれ、ものの2時間程度で融資を受けることができた。

いますぐにお金が必要だったので大変救われた。

初めての利用だったので、借入れした額と同額を後日返済しただけで済んだので、30日間利息0円というキャンペーンは本当にすごいと思いました。

>>>プロミスの公式サイトはこちら<<<

今すぐプロミスに無料登録!

カードローンおすすめランキング第3位:アコム

第3位は、記憶に残りやすい独特なCMで高い知名度を獲得している『アコム』です。

★アコムの基本情報

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分
無利息期間 初回のみ30日
審査対応時間 24時間対応

アコムの基本情報はアイフルとほぼ同等なものです。

アイフルとの徹底的な違いは接客の丁寧さで、アコムはその点でアイフルに劣るといえます。

しかし、融資の内容自体は遜色ないです。

最短30分審査、最短1時間融資に対応しています。

社名 アコム株式会社
代表者名 木下 盛好
本社所在地 東京都千代田区丸の内二丁目1番1号 明治安田生命ビル
設立 1978年10月23日
事業内容 ローン事業・クレジットカード事業・信用保証事業
登録番号 関東財務局長(13)第00022号
営業店舗 938店舗
社員数 2,140名

【評判】アコムの利用者の口コミ

不動産一括査定サイト_実際に使った人の口コミ

20代男性

借金をしなければいけない状況だが、周りの人にバレたくない、そんな不安を抱えていました。

ネット完結で郵便物のなく利用をすることができています。

バレることを気にする方にはとてもおすすめだと思います。

40代男性

以前アイフルを利用したことがあったが、初回の利息なし期間を求めて利用してみました。

アイフルとほぼ同じ内容の契約をすることができたので、個人的には満足しています。

正直にいうと、電話対応の際に塩対応を受けたので、あまりいい気はしなかった。

>>>アコムの公式サイトはこちら<<<

アコムに無料登録する!

カードローンおすすめランキング第4位:SMBCモビット

第4位は、SMBCグループに属する『SMBCモビット』です。

★SMBCモビットの基本情報

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
無利息期間 なし
審査対応時間 24時間対応

SMBCモビットは「即日融資」や「Web完結申し込み」に対応したカードローン会社です。

特に「Web完結申し込み」を利用すれば、電話連絡はありません。

会社や自宅の人に借金がバレたくない方にとって、かなりおすすめなカードローンです。

最短30分審査、最短即日融資に対応しています。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

社名 株式会社SMBCモビット
代表者名
中辻󠄀 信之
本社所在地
〒163-0810
東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル10階
設立
2000年5月17日
事業内容 ローン事業・クレジットカード事業・信用保証事業
登録番号 関東財務局長(8)第01239号
営業店舗 0店舗
社員数 300名(役員、パート社員、派遣社員を除く)

【評判】SMBCモビットの利用者の口コミ

不動産一括査定サイト_実際に使った人の口コミ

40代男性

SMBCモビットであれば、三井住友銀行ならATM手数料が0円というのが一番の魅力でした。

ATM手数料が無料なので、借入れから返済までお金がかかることはありませんでした。

無駄なお金を払いたくなかったので、私としては嬉しかったです。

40代女性

借金が周りにバレるのが嫌で、絶対にバレたくないと思い、SMBCモビットの利用を決めました。

最初は在籍確認や郵便物など心配な点が多くありましたが、バレずに利用することができました。

借金が誰にもバレたくないという人はSMBCモビット一択です。

>>>SMBCモビットの公式サイトはこちら<<<

SMBCモビットに無料登録する!

カードローンおすすめランキング第5位:レイクALSA

第5位は、Webでの申し込みで60日間利息0円とCMで有名な『レイクALSA』です。

★レイクALSAの基本情報

金利 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査時間 最短15秒
無利息期間 初回のみ60日
審査対応時間 24時間対応

レイクALSAの金利は若干高めに設定されています。

申し込み方法はインターネットがおすすめで、Webで申し込みを行うことで無利息期間が60日もあります。

カードレスでコンビニから借入れが可能なのも魅力ですね。

Webで最短15秒審査、最短1時間融資に対応しています。

社名 新生フィナンシャル株式会社
代表者名 鳥越 宏行
本社所在地 〒101-8603 東京都千代田区外神田三丁目12番8号
設立 1994年10月
事業内容 パーソナルローン、信用保証、その他
登録番号 関東財務局長(9) 第01024号
営業店舗 不明
社員数 1,482名 (2021/3/31 時点)

【評判】レイクALSAの利用者の口コミ

不動産一括査定サイト_実際に使った人の口コミ

40代女性

Webで申し込みをすることで、無利息期間を60日間もらえることができた。

他の消費者金融では多くても無利息期間が30日のところ60日間というのがやっぱりでかいです。

返済の負担も軽減できるので、嬉しいサービスでした。

40代男性

初めて契約するので、何も知らないという不安があった。

しかし、オペレーションの人の対応が丁寧でとても安心することができた。

利用する上でも相談に乗ってくれる頼もしい社員さんがいるのは魅力的でした。

個人事業主のカードローン以外の資金調達方法4選

上記で個人事業主におすすめのカードローンを紹介していきました。

続いてはカードローン以外の4つの資金調達方法を解説していきます。

4つの資金調達方法
  • M&A
  • ファクタリング
  • ビジネスローン
  • 日本政策金融公庫

それぞれの資金調達方法を詳しくみていきましょう。

M&A

 

近年、小規模から大規模なものまでM&Aは活発になっています。

そのM&Aがなぜ個人事業主の資金調達の方法になっているのか、具体的な資金調達の流れなども解説していきます。

M&Aとは?

M&Aとは、Mergers and Acquisitionsの頭文字をとったものです。

一般的には企業の合併・買収を指します。

合併には吸収合併や新設合併などがあり、買収には株式譲渡、新株引受、株式交換などがあります。

M&Aで受け取る対価により新規事業を興すという意味で、個人事業主の方に資金調達の一つの手段として行われています。

個人事業主がM&Aで資金調達する流れ

個人事業主がM&Aで資金調達する具体的な流れを解説していきます。

STEP.1
検討・準備

まず個人事業主にとってのM&Aの検討は、会計ロジックに基づいて自分の事業の価値を把握するところからスタートとなります。

M&Aでは買収相手によって評価方法が異なりますが、会計ロジックに基づく価値から大きく差異が出ることはありません。

金銭的な条件はM&Aを進めるか否かの大きな要因になるため、検討当初の段階で自分の事業の価値を把握することが重要です。

STEP.2
打診・交渉

続いて、買収相手の候補決めです。

大手企業のM&Aなどでは最大限の経済条件を提示してくれる相手を探すために売却することをオープンにして競争入札のような流れで進めることがあります。

しかし、事業規模の小さい個人事業主では、取引先の毀損など事業活動に大きな影響を与えるリスクもあるためクローズドな場で進めることがほとんどです。

候補先への打診はある程度、数を絞って打診していくことで情報漏えいのリスクも減ります。

関心を示した買収相手の候補先から具体的な条件提示を貰うため、複数回にわたって面談や資料開示を行い、譲渡価額とスケジュールを含めた正式な意向を書面にて受取ります。

STEP.3
最終契約

契約の際に行われる買収監査は、一般的にビジネス、法務、会計、税務など多岐にわたり調査されます。

しかし、個人事業主の場合は、会計面を中心とした調査のみであることが多いです。

買収相手は買収監査で把握した情報をもとに、経済条件からオーナーの譲渡後の引継期間など、最終的な諸条件の調整を図り契約書を作成していきます。

すべての条件が整うと契約締結の後に、譲渡決済をおこないM&A取引は完了します

ざっと流れはこんな感じです。

契約に至るまでの期間は半年から1年程度かかってしまうため、いますぐにお金を用意したいという方にはオススメできません。

しかし、M&Aによる新規事業の拡大は好転するケースが多くあります。

ファクタリング

 

近年、M&Aとともに注目を集めているのがファクタリングです。

そもそもファクタリングとは?というところから、具体的な資金調達方法まで解説していきます。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、入金待ちの請求書を相手に買取をしてもらい、決済日よりも早く現金を受け取るというサービスです。

請求書の買取金額は、手数料(1%〜10%)がかかってしまうため、本来入金される金額よりも少なくなります。

一見メリットが少なく感じますが、ファクタリングには4つのメリットがあります。

ファクタリングの4つのメリット
  • 決済日まで待たずに、最短即日に現金にすることができる
  • カードローンよりも審査基準が低い
  • 無担保・無保証人で利用できる
  • 取引先の倒産に備えることができる

ファクタリングは気軽に使えるサービスになっているので、今すぐ現金化したいという人にオススメです。

またレアなケースですが、取引先が倒産しそうな場合もこのファクタリングをすることで倒産前に現金化できます。

個人事業主がファクタリングで資金調達する流れ

次に資金調達までの流れを解説していきます。

実際のステップはカードローンの契約よりも簡単です。

STEP.1
問い合わせ&申し込み

電話・メール・来店・出張にて、無料査定をまずしてもらうことができます。

申し込みには必要書類が3つありますが、ファクタリング会社が申し込み時に用意してくれます。

STEP.2
審査&結果の案内

必要書類提出後、最短30分以内で買取金額を提示してくれます。

※再建の内容によっては追加資料を求められる可能性があります。

STEP.3
ファクタリング契約・資金調達完了

提示された買取金額で了承できた場合、契約に移ります。

初回契約は原則、来店の場合が多いです。

契約当日15時までに契約完了の場合、即日振り込みが可能です。

15時をすぎてしまった場合は、翌日の振り込みとなります。

ビジネスローン

カードローンと同様に銀行やクレジットカード会社、消費者金融から借入れができるビジネスローン。

実はあまり認知されていないのが現状です。

ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは、利用目的が事業資金としてのみに限るローンのことです。

貸し出し対象も限られており、法人経営者と個人事業主のみになっています。

一般的な融資と比べて審査がゆるめですが、金利は少し高めに設定されているのが特徴です。

しかし、ビジネスローンには多くのメリットが存在します。

ビジネスローンのメリット3つ
  • 総量規制の例外のため、年収の3分の1以上の資金調達が可能
  • 融資スピードが速く、最短即日の融資が可能
  • 無担保・無保証人で借入れができる

なんといっても魅力なのは、年収の3分の1以上の資金調達が可能ということですよね。

多くのローンでは総量規制が適応されてしまうので、個人事業主にとっては嬉しいローンですね。

個人事業主がビジネスローンで資金調達する流れ

ビジネスローンで資金調達する流れについて、解説していきます。

大体の手続きはカードローンと大差はありません。

STEP.1
申し込み

多くの場合、インターネットから申し込み、もしくは申込書をダウンロードのうえ、FAXまたは郵送で申し込みができます。

借入れまでの期間は最短即日から1週間程度です。

STEP.2
審査&結果の案内

最短1時間以内に電話またはメールにて審査結果および正式な手続きの案内があります。

審査の結果は多くの場合で3か月有効です。

ここから、正式な手続きに必要な書類作成になります。

STEP.3
窓口・Web上での契約&借入れ

必要書類を提出し、契約に移ります。

ここで今後の返済プランの説明など詳しく伝えられます。

日本政策金融公庫

個人事業主が資金調達をする上で、一番信用度の高い借入れ先が日本政策金融公庫です。

近年は利用者も増えて、資金調達の一つの手段となっています。

日本政策金融公庫とは?

日本政策金融公庫とは、日本政府が出資をする金融機関で、個人事業主や中小企業を対象に融資を提供しています。

政府からの融資のため、金利が特に低いのが最大の特徴です。

他にもメリットは多いので解説していきます。

日本政策金融公庫の3つ
  • とにかく金利が低い(2.46%〜2.85%)
  • 返済期間が5年以上20年以下と長い
  • 日本政策金融公庫で融資を受けると他の金融機関から融資を受けやすくなる

特に目立ったメリットは以上の3つです。

これだけのメリットがありますが、融資までにかかる時間は1ヶ月と少し長くかかってしまいます。

すぐにお金が必要な方にはお勧めはできませんが、時間に余裕がある方には一番オススメです。

個人事業主がカードローンを利用する上での注意点3選

カードローンを利用する際に、気をつけなければならない点を3つ解説していきます。

まず事前に知っておきたい注意点は以下の3つです。

注意点3つ
  • 借入金額
  • 金利
  • 返済計画

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

カードローンを利用する上での注意点その1:借入金額

まずカードローンを利用する上で注意しなければならないのは借入金額です。

カードローンの借入限度額は基本的に公開されています。

公開された限度額をもとに、カードローンを選ぶのも重要です。

なぜ重要なポイントのひとつなのかと言えるのかと言いますと、限度額を超える借り入れができないからです。

加えて、設定された借入限度額以内であれば、何度でもお金の借入れが可能となります。
※ただし審査によって借入限度額が異なります。

もう少し借りたい場合は、借入限度額を高く設定しているカードローンを選ぶのが普通ですが、ただひとつ注意点があります。

借入れ額が大きければ大きいほど、支払い額が大きくなるというところです。

借入限度額で選ぶのではなく、自分にとって必要な額なのかと考えた上で、選ぶようにしましょう。

おすすめ消費者金融のカードローン5社の借入限度額を比較すると、以下の表のようになります。

限度額
アイフル 800万円まで
プロミス 500万円まで
アコム 800万円まで
SMBCモビット 800万円まで
レイクALSA 500万円まで

カードローンを利用する上での注意点その2:金利

カードローンを比較するにあたって、金利も重要なポイントです。

金利が安ければ、それだけ返済する金額も少なくて済むからです。

ファイナンシャルプランナー 宮野茉莉子

金利とは、お金を借りた側が、貸し手に支払う元金に対する利息の割合です。たとえば100万円を金利10%で借りた場合、1年後に110万円返済することになります。

カードローンをきちんと比較し、消費者金融と比べて低めのカードローンを選ぶのが、返済額を抑える方法だと言えるでしょう。

最後に、おすすめ消費者金融5社のカードローンの金利を比較すると以下の表のようになります。

金利
アイフル 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5%~18.0%

業界最低水準の金利で選ぶなら、やはりアイフルがおすすめ!

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録!

カードローンを利用する上での注意点その3:返済計画

返済方法についても抑えておきましょう。

借りたお金は必ず返さなければならないのですが、実は返済方法が主に2つあります。

2つの返済方法
  • 自動引き落とし
  • ATM返済

毎月決まった日に自動引き落としされる形で返済する方法と、ATMを利用して任意返済する方法です。

自動引き落としは、返済期間が長引くほど金利が高くなるのがデメリットですが、計画的な返済ができるのがメリットです。

ATMを利用して任意返済する方法は文字どおりの意味で、金利を含めて一括で返済することが可能です。

カードローンの会社によっては、銀行振込で任意返済を可能とする返済方法も扱っています。

自分の経済状況に合った返済方法を選ぶのが重要です。

個人事業主カードローンでよくある質問3選

個人事業主がカードローンを利用する時の条件は何がある?

個人事業主がカードローンを利用するためには、3つの条件があります。

個人事業主がカードローンを利用する3つの条件
  • 安定した収入がある
  • 満20歳以上である
  • 日本国内に在住である

この3つの条件は満たせなければカードローンの利用はできません。

この中で曖昧な条件となっている「安定した収入がある」という点について解説していきます。

カードローンの審査時には収入証明書が必要になります。

この収入証明から消費者金融は返済能力があるかどうかを判断します。

収入の安定を証明するためには、収入証明書として確定申告書の控えや決算書、資金繰り表を使うことができます。

なるべくはやく資金調達するためにはどれがおすすめ?

今すぐにでもお金が必要という方に、資金調達が早い方法を解説します。

即日で資金調達が可能なのは以下の手段です。

即日で資金調達が可能な方法
  • 消費者金融のカードローン
  • ビジネスローン

この2つの手段が最短即日での融資が可能となっています。

自分の利用にあった方のローンを選んでくださいね。

個人事業主のカードローンの利用目的はどのようなものが多い?

個人事業主の利用目的は以下の4つが主流です。

個人事業主の4つの利用目的
  • 新規事業の立ち上げ資金
  • 設備投資資金
  • 運転資金
  • 取引先への支払い資金

ただしカードローンの契約の際には利用目的は問われないので安心してください。

個人事業主カードローン まとめ

最後に、個人事業主のおすすめの資金調達方法について、おさらいしていきましょう!

個人事業主のおすすめの資金調達方法

いますぐにお金が必要な方は大手消費者金融のカードローンがおすすめ

  • アイフル
  • プロミス
  • アコム
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

時間に余裕のある方におすすめ

  • 銀行のカードローン
  • M&A
  • 日本政策金融公庫

ここまで、おすすめの個人事業主の資金調達方法をご紹介してきました。

資金調達には、今すぐお金が必要な方におすすめな方法から時間に余裕がある方におすすめな方法まで様々です。

この記事でご紹介した資金調達方法はどれも優秀なのものですので、ぜひ参考にしてみてください。

>>>アイフルの公式サイトはこちら<<<

今すぐアイフルに無料登録!