本当におすすめの低金利カードローン6選|借りる期間ごとに紹介!

カードローン_低金利_アイキャッチ

低金利のカードローンってどれがおすすめ?

そう考えていませんか?

お金を借りるなら少しでも返済額を少なくしたいですよね。

そこで、この記事では借りる期間別に、返済額を低く抑えられる低金利カードローンを紹介しています。

低金利なカードローンの審査に通過するコツまで解説してるのでぜひ参考にしてみてください。

「低金利のカードローン」ざっくり言うと
  • 短期間借りる場合はプロミスなどがおすすめ
  • 長期間借りる場合はみずほ銀行カードローンなどがおすすめ
  • 審査に通過するためには、同時に複数のカードローンに申し込まないことなどが重要
  • 銀行カードローンには即日融資できないなどの注意点がある

おすすめの低金利カードローン3選|短期間借りる場合

短期間借りる場合は、無利息期間が設定されているカードローンがおすすめです。

そんな時におすすめのカードローンは以下の3つです。

短期間借りる場合のおすすめ低金利カードローン

それぞれのカードローンについて詳しく見ていきましょう。

プロミス

出典:プロミス

プロミスは消費者金融の中でも最大手です。

プロミスを利用するのが初めての場合、30日間の無利息期間の適用を受けることができます。

また、プロミスは上限金利が17.8%と他社より低めになっています。

プロミスは利用者の満足度も高く、2020年オリコン顧客満足度のノンバンクカードローン部門でNo.1を獲得しています。

使い道・用途 自由 ※ただし事業用途は除く
審査期間 最短1時間
融資速度 最短1時間
借入利率 4.5%~17.8%
遅延利率 20%
融資限度額 500万円まで
保証人 不要
担保 不要
プロミス_評判 プロミスの評判は最悪?利用者の口コミからメリットとデメリットを徹底比較!

>>> プロミスに口座開設!<<<

プロミス公式サイトはこちら

アコム

即日融資_アコム

出典:アコム

アコムは大手消費者金融のひとつです。

初めて利用する場合、30日間の無利息期間を受けることができます。

アコムは大手消費者金融の中でも、審査が柔軟と言われているので、他社で審査落ちした方でも借りれる可能性があります。

使い道・用途 自由 ※ただし事業用途は除く
審査期間 最短30分
融資速度 最短30分
借入利率 3.0%~18.0%
遅延利率 20%
融資限度額 800万円まで
保証人 不要
担保 不要

アイフル

アイフルは大手の消費者金融のひとつです。

アイフルでは初めて利用する場合、30日間の無利息期間を適用することができます。

アイフルは大手の消費者金融の中でも、利用者に対するサポートが手厚いことで有名です。

急いで借りたい方向けの専用フリーダイヤルも用意されています。

使い道・用途 自由 ※ただし事業用途は除く
審査期間 最短30分
融資速度 最短1時間
借入利率 3.0%~18.0%
遅延利率 20%
融資限度額 800万円まで
保証人 不要
担保 不要

>>> アイフルに口座開設!<<<

アイフル公式サイトはこちら

おすすめの低金利カードローン3選|長期間借りる場合

長期間借りる場合は、金利が低いカードローンがおすすめです。

そんな時におすすめのカードローンは以下の3つです。

それぞれのカードローンについて詳しく見ていきましょう。

みずほ銀行カードローン

カードローン_会社員_みずほ

出典:みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは大手銀行のみずほ銀行が提供しているカードローンです。

上限金利が14.0%と低いのでおすすめのカードローンです。

審査も早めで、最短翌営業日に融資を受けることができます。

特にみずほ銀行に口座を持っている方はキャッシュカードをそのまま利用できるので便利です。

使い道・用途 自由 ※ただし事業用途を除く
審査期間 最短翌営業日
融資速度 最短翌営業日
借入利率 14.5%~1.5%
遅延利率 19.9%
融資限度額 800万円まで
保証人 不要
担保 不要

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

カードローン_低金利_三菱

出典:三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローンは三菱UFJ銀行が提供するカードローンです。

銀行カードローンの中では、融資までにかかる時間が短めなのが特徴です。

インターネットからなら24時間申込みが可能です。

使い道・用途 自由 ※ただし事業用途を除く
審査期間 最短翌営業日
融資速度 最短翌日
借入利率 1.8%~14.6%
遅延利率 19.92%
融資限度額 500万円まで
保証人 不要
担保 不要

>>> バンクイックに口座開設!<<<

バンクイック公式サイトはこちら

三井住友銀行カードローン

カードローン_会社員_三井住友銀行

出典:三井住友銀行

三井住友銀行カードローンはメガバンクの三井住友銀行が提供するカードローンです。

上限金利が14.5%と低く、月2,000円の少額から返済できるのが魅力です。

毎月の負担を抑えながら返済することができるカードローンです。

使い道・用途 自由 ※ただし事業用途を除く
審査期間 最短翌営業日※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合がございます。
融資速度 最短翌営業日※申込完了後の確認事項や本人確認書類の提出状況によって異なる場合がございます。
借入利率 年4.0%~14.5%
遅延利率 年19.94%
融資限度額 10-800万円まで
保証人 不要
担保 不要

おすすめの低金利カードローン6社の比較表

これまでに紹介した低金利カードローン6社を比較すると、以下の表のようになります。

プロミス アコム アイフル みずほ銀行 三菱UFJ銀行 三井住友銀行
使い道・用途 自由 自由 自由 自由 自由 自由
審査期間 最短1時間 最短30分 最短30分 最短翌営業日 最短翌営業日 最短翌営業日
融資速度 最短1時間 最短30分 最短1時間 最短翌営業日 最短翌日 最短翌営業日
借入利率 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 14.5%~1.5% 1.8%~14.6% 4.0%~14.5%
遅延利率 20% 20% 20% 19.90% 19.92% 19.94%
融資限度額 500万円まで 800万円まで 800万円まで 800万円まで 500万円まで 10-800万円まで
保証人 不要 不要 不要 不要 不要 不要
担保 不要 不要 不要 不要 不要 不要

低金利なカードローンの2つの選び方

総返済額を少しでも抑えたい場合は、借りる期間別に以下の2つの方法でカードローンを選ぶのがおすすめです。

それぞれの選び方について詳しく見ていきましょう。

【短期間借りる場合】無利息期間があるカードローンを選ぶ

短期間借りる場合は、無利息期間が設定されているカードローンを選ぶのがおすすめです。

無利息期間とは、金利が0になる期間のことです。

たとえば、無利息期間が30日間の場合は、借りてから30日間は金利が全く増えません。

無利息期間は銀行カードローンには設定されていませんが、大手の消費者金融では設定されています。

その会社を初めて利用する場合は無利息期間を設定することができるので、短期間借りる場合は検討してみましょう。

【長期間借りる場合】上限金利が低いカードローンを選ぶ

長期間借りる場合は、上限金利が低いカードローンを選ぶのがおすすめです。

カードローンの金利は「1.9~14.5%」などと表示されていますが、このうち数字が大きい方が「上限金利」です。

カードローンを選ぶ時には下限金利を見てもほとんど意味はなく、着目すべきは上限金利です。

特にそのカードローンを初めて利用する場合、上限金利スレスレの金利が設定されることが多いからです。

上限金利が低いカードローンを選べば、総返済額を抑えることができます。

カードローンの金利とは? 計算方法も解説

カードローンの金利とは、借りた金額に応じて支払う利息のことです。

カードローンの金利は年利が書かれていることが多いです。

年利とは、「1年間借りた時にかかる利息の割合」です。

たとえば、100万円を年利18%で1年間借りた場合は、金利は18万円ということになります。

そんな金利は以下のような式で計算することができます。

金利 = 元金×利率×借入期間

元金とは、借りた金額のことです。

たとえば、100万円を年利18%で半年間借りる場合、金利は100万円×0.18×0.5で9万円になります。

ただ、実際には借金は毎月少しずつ返済していくことが多いです。

元本が変わると金利も変わるため、実際の計算はもっと複雑になります。

金利は銀行や消費者金融のホームページにあるシミュレーターで計算することができます。

自分で計算するのは大変なので、シミュレーターで計算するのがおすすめです。

低金利なカードローンの審査に通過する3つのコツ

低金利なカードローンの審査に通過するコツは主に以下の3つです。

それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

コツ①:同時に複数のカードローンに申し込まない

低金利なカードローンの審査に通過するために1番重要なのは同時に複数のカードローンに申し込まないことです。

実は、私たちがいつどの金融機関に借金を申し込んだかは、金融機関には筒抜けです。

金融機関は審査を行う時に必ず信用情報機関のデーターベースを参照します。

このデーターベースに金融機関への借金の申込情報はすべて記載されているからです。

複数のカードローンに同時に申し込んでいる場合、「審査に通る自信がないのか」と思われて、審査で不利になってしまいます。

確かに、友達がいろんな人にお金を借りてまわってたら、「よほどお金に困っているのかな」と思ってしまいますよね。

コツ②:希望融資額は必要最低限にする

希望融資額を必要最低限にするのも大切です。

金融機関も、金額が少ない方が気軽に貸すことができるからです。

希望融資額を多額にした場合、返済が行われなかった時に失う金額が大きいため、金融機関も慎重に審査を行います。

そのため、審査に時間がかかりますし、審査落ちの確率も上がるのです。

コツ③:スムーズに在籍確認できるようにする

スムーズに在籍確認できるようにするのも大切です。

在籍確認とは、申し込んだ人が本当に申告した職場に勤務しているのか確認することです。

在籍確認は職場に実際に電話をかけて行うのがふつうです。

この在籍確認がスムーズに行われないと、融資までに時間がかかってしまいます。

繋がりやすい電話番号を記載するなど、スムーズに在籍確認できるようにしましょう。

また、金融機関によっては電話以外で在籍確認できる場合もあります。

電話で在籍確認されたくない人は申し込んだ後にサポートに電話して相談しましょう。

低金利な銀行カードローンの3つの注意点

低金利な銀行カードローンには以下の3つの注意点があります。

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

注意点①:即日融資には対応してない

銀行カードローンは即日融資に対応していません。

申し込んだその日のうちに借りることができないのです。

銀行カードローンでは、2018年から、反社会的勢力への融資を防ぐため、警視庁のデータベースを紹介するのが必須になったからです。

警視庁のデータベースの参照には少なくとも1日かかるため、銀行カードローンで即日融資を受けることはできなくなりました。

注意点②:審査は厳しめ

銀行カードローンは審査は厳しめです。

金利が低い分、慎重に審査を行わないとお金を返してくれない人が増えて、損失が多くなってしまうからです。

特にメガバンクは新規顧客の獲得に非積極的なため、審査の難易度は高いです。

銀行の中では、地方銀行やネット銀行のほうが新規顧客の獲得には積極的です。

注意点③:土日は融資できない

銀行カードローンでは土日に融資を行うことはできません。

銀行カードローンが融資できるのは、営業時間内だけだからです。

そのため、休日に申し込みを行うと、平日に申し込んだ場合と比べて借りるまでに時間がかかってしまいます。

ただ、申し込み自体は休日でも行うことができます。

低金利なカードローンのまとめ

おすすめの低金利カードローンは借りる期間別に以下の6つです。

長期間借りる場合は金利が低いカードローンがおすすめですが、短期間借りる場合は無利息期間が設定されているカードローンがおすすめです。

そして、低金利なカードローンの審査に通過するコツは以下の3つです。

また、銀行のカードローンには以下のような3つの注意点があります。