【2020年最新版】おすすめFX会社・口座比較

リップル(XRP)のおすすめ取引所ランキング|手数料やスプレッドなどを一挙比較!

リップルを買いたいけど、どの取引所を利用すれば良いのかわからない…。

リップルの手数料が安い取引所を知りたいな…。

上記のような疑問にお答えすべく「リップル(XRP)のおすすめ取引所ランキング」についてご紹介していきます。

リップル(XRP)は将来性のある仮想通貨で、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)と同様に、価格が大きく上がる可能性があります!

この記事では「リップル(XRP)のおすすめ取引所」だけでなく「リップルで儲けるためのコツ」までを徹底的に解説します。

この記事を読み終わる頃には、あなたに最適な仮想通貨取引所が見つかっているはずですよ!

ずばり結論から言うと…
  • リップル(XRP)は、国際送金を円滑化・低コスト化する目的を持った仮想通貨。
  • 既に200社を超える銀行・金融機関と提携しており、これからの普及が期待されている。
  • まだまだ価格は大きく高騰していないので、リップルを安いうちに購入するなら今がチャンス。
  • リップルを購入するなら「Coincheck(コインチェック)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」「DMM Bitcoin」の3つから選ぶのが良い。
  • その中でも、取引手数料・入金手数料が全て無料で、かつ東証一部上場企業「マネックスグループ」の傘下にあるCoincheck(コインチェック)が最も良い。
  • その圧倒的な使いやすさから、アプリのDL数は260万を既に突破。安心かつおトクにリップルを取引するなら、Coincheckは登録必須な取引所。

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

\たった5分でできる!/

今すぐCoincheckに無料登録!

リップル(XRP)のおすすめ取引所ランキング

早速リップル(XRP)のおすすめ取引所を、ランキング形式にて厳選しました。仮想通貨取引所の総合人気ランキングはこちら

各取引所のメリットデメリットについても紹介しているので、総合的にどの取引所が最も適しているのか、比較してみてください!

「手数料」「セキュリティ」「運営元の信頼性」「操作性」などを総合的に判断し、ランキング付けを行いました。

結論から言いますと、上記を総合して最もおすすめな取引所は「Coincheck(コインチェック)」です。

リップル(XRP)のおすすめ取引所ランキング
  1. Coincheck(コインチェック)
  2. GMOコイン
  3. DMM Bitcoin
  4. bitFlyer(ビットフライヤー)
  5. TAOTAO(タオタオ)

おすすめ第1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の特徴
  1. リップルの他には「13種類」もの取り扱い通貨!その多さはなんと国内最多!
  2. アプリが使いやすく、270万回以上もダウンロードされた実績アリ。
  3. 金融庁から正式に「暗号資産交換業者」として認可済。
  4. マネックス証券なども手がける東証一部上場企業「マネックスグループ」の傘下!

メリット

Coincheck(コインチェック)は国内最多の12種類の仮想通貨に投資することができ、もちろんリップル(XRP)にも投資することができます。

Coincheck(コインチェック)をおすすめする1番のメリットは、スマホアプリがかなり使いやすいからです。ダウンロード数は274万回を突破しており、まだまだ増え続けています。

これから仮想通貨を始める方でも、難しい操作をすることなく取引できます。

またCoincheckは、取引手数料が完全に無料。

「手数料を取られすぎてしまった…」なんて心配もなく、安心して取引することができます!

2019年1月には正式に「暗号資産交換業者」として認められ、運営母体はあの「マネックス証券」を手がける一部上場企業、マネックスグループ。

Coincheckでは手数料をしっかり抑えつつ、安全に楽しく取引することができます。

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

今すぐCoincheckに無料登録!

デメリット

Coincheck(コインチェック)の1番のデメリットは、過去に仮想通貨が流出するハッキング事件があったこと。

1度ハッキングされているので、Coincheck(コインチェック)のセキュリティ対策に不安がある方が多いのが事実です。

しかし現在は、しっかりと金融庁から「暗号資産交換業者」としての認可を受け、運営母体が「マネックスグループ」へと変更になっています。

運営体制が変更されてからは「ハッキング」「不正アクセス」の被害は一度もなく、信頼を取り戻しています。

Coincheck(コインチェック)の詳細情報
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • クアンタム(QTUM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ガバナンス体制&コンプライアンス体制の強化
  • 顧客資産の分別管理
  • コールドウォレット
  • マルチシグ
  • 二段階認証
  • SSL(Secure Sockets Laye)
  • 財務情報の開示

東証一部上場企業の子会社である「マネックスグループ」の子会社となってからは、セキュリティは大幅に強化されました。

取引手数料 無料
入金手数料 コンビニ入金 3万円未満
3万円以上
クイック入金 3万円未満
3万円以上
50万円以上
仮想通貨送付手数料 ビットコイン 0.001 BTC
イーサリアム 0.01 ETH
リップル 0.15 XRP
ライトコイン 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ 0.001 BCH
ネム 0.5 XEM
イーサリアムクラシック 0.01 ETC
リスク 0.1 LSK
ファクトム 0.01 XLM
クアンタム 0.01 QTUM
日本円出金手数料 407円

やはりCoincheckは、スマホアプリの使いやすさがダントツ。

2019年1月〜12月データでは、ビットコインアプリのダウンロード数はなんと国内No.1!

資産やポートフォリオの管理だけではなく、ボタン1つでとってもかんたんに通貨を購入することが可能です。

またCoincheckは、国内最大のなんと「13種類」の通貨を取り扱っています!

毎月のように新しい通貨が上場しており、今後もたくさんの通貨を取引できる可能性が高いです。

主要通貨だけでなく「モナコイン(MONA)」や「ネム(NEM)」などのアルトコインも保有できるので、複数の通貨に資産を分散させることも可能です!

おすすめ第2位:GMOコイン

GMOコインの特徴
  1. 国内最大級のGMOコインを運営しているのは、投資事業大手のGMOグループ
  2. 初心者でも簡単に取引を始めることができる、スマホアプリがおすすめ
  3. GMOコインでは24時間365日取引可能
  4. 高いセキュリティーと簡単操作で、これからリップル(XRP)に投資したい初心者の方におすすめ

メリット

GMOコインは様々な投資事業を行う、GMOグループが運営している取引所で、豊富な資金からセキュリティ対策もしっかり行っており、非常に安心感があるおすすめの取引所になります。

スマホアプリはかなり使いやすく、初めて取引画面を見る方でも直感的に操作できる見やすい画面になっています。

24時間365日取引することができるので、取引時間が限られている方でも問題なく投資することができます。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコインで無料口座開設!

デメリット

GMOコインのデメリットは相場が急変した時や、何か問題が起きた時に取引制限がかかってしまうことです。

どんなに投資するチャンスが訪れても、取引注文を出すことができなければ稼ぐことはできません。

取引量が多くても取引制限になることがあるので、GMOコインの今後の対策に注目していきましょう。

GMOコインの詳細情報
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • 顧客資産と会社資産の分別管理
  • コールドウォレット対応
  • マルチシグ対応
  • サイバー攻撃対策

GMOコインの親会社は、あの有名なGMOクリック証券などを手がける、東証一部上場企業の「GMOインターネットグループ」です。

GMOクリック証券で培った万全なセキュリティノウハウがあるので、とっても安心して暗号資産の取引を行うことができます!

取引手数料 販売所の場合 無料
取引所の場合 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 クイック入金 3万円未満
3万円以上
50万円以上
出金手数料 ビットコイン 0.001 BTC
暗号資産送付手数料 イーサリアム 0.01 ETH
レバレッジ手数料 リップル 0.15 XRP

GMOコインの魅力は、やはり圧倒的に安い手数料。

取引手数料はもちろんのこと「入金」「出金」「送金」にもほとんど手数料がかかりません!

また、暗号資産FX専用アプリである「ビットレ君」もとっても使いやすいです。

レバレッジ取引を行なったことがない方でも、スマホアプリからかんたんに取引を行うことができます!

一般的な注文方法のほか「スピード注文」「指値注文」など、タイミングに応じて注文方法を使い分けることも可能。

使いやすさはキープしつつ、プロさながらのチャート・取引画面でトレードを行うことができます!

おすすめ第3位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴
  1. DMM Bitcoinは大企業の「DMMグループ」が運営
  2. 短期間で大きく稼ぐことができるレバレッジ取引を4倍まで可能
  3. 今なら口座開設でもれなく1000円もらえる!
  4. レバレッジ取引に特化しており、リップル(XRP)を含めて「9種類」もの通貨の仮想通貨FXに対応!

メリット

DMM Bitcoinは色々な事業を展開しているDMMグループが運営している仮想通貨取引所で、各種手数料無料で取引することができます。

またリップル(XRP)をレバレッジ4倍で取引することができ、短期間で大きく稼げる可能性がある取引を行うことができます。

リップル(XRP)をレバレッジ取引できる取引所はかなり少ないので、DMM Bitcoinで取引する大きなメリットです。

また、今なら口座を開設するだけでもれなく1000円もらえるキャンペーンを行っているので、まずは口座開設から始めてみましょう。

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinで無料口座開設!

デメリット

DMM Bitcoinのデメリットはレバレッジ取引で投資できる通貨が多い代わりに、現物取引の取り扱い通貨が少ないことです。

現物取引することができるのは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)の3通貨のみなので、他の通貨を現物で取引したい方は、別の取引所を選ぶようにしましょう。

DMM_Bitcoinの詳細情報
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(NEM)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • クアンタム(QTUM)
  • 「日証金信託銀行株式会社」へ信託保全
  • 顧客資産の分別管理
  • コールドウォレット(オフラインウォレット)の採用
  • 不正ログインの防止(WAF)
  • SSL暗号化通信
  • 外部セキュリティ専門家の脆弱性診断
取引手数料 無料
入金手数料 振込入金 無料
クイック入金 無料
出金手数料 無料
仮想通貨送付手数料 無料
レバレッジ手数料 0.04%/建玉ごと

DMM Bitcoinの大きなメリットは、なんといっても手数料が格安な点。

取引手数料だけでなく「入金・出金・送金手数料」までもが無料!

どの取引所よりもコストを抑えて取引することができます!

おすすめ第4位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴
  1. 国内で最も早く仮想通貨事業をスタートさせた大手取引所。
  2. 初心者でも取引しやすい販売所形式
  3. 取引手数料・入金手数料が全て無料
  4. リップル(XRP)を含む「11種類」もの仮想通貨に対応している

メリット

bitFlyer(ビットフライヤー)は日本で最も早く仮想通貨事業をスタートさせた取引所で、三井住友などの大手企業が株主として資金を提供しており、安心できる高いセキュリティ対策を行っています。

また取引手数料入金手数料が全て無料で取引することができ、初心者でも取引しやすい販売所形式で売買することができます。

リップル(XRP)以外にも7種類の通貨を取り扱っているので、多くの取引チャンスを逃さず売買することが可能です。

またbitFlyerの「ビットコインをもらう」という独自機能を用いれば、買い物やサービス利用でおトクにポイントを貯めることができます。

そして貯まったポイントは、全てビットコイン(BTC)に換金することができるのです!

おトクに仮想通貨を取引したい方は、bitFlyer(ビットフライヤー)への登録は必須ですよ!

>>>bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerで無料口座開設!

デメリット

bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリットとしては、レバレッジ取引に対応している通貨がビットコイン(BTC)だけということです。

リップル(XRP)をレバレッジ取引で投資したい方は、DMM Bitcoinなど、レバレッジ取引に対応している取引所を選ぶようにしましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の詳細情報
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ネム(NEM)
  • WAP(ウェブ・アプリケーション・ファイヤーウォール)による不正アクセス監視
  • SSL暗号化通信の採用
  • パスワード強度チェック
  • アカウントロック機能
  • ログイン履歴の管理
  • 自動タイムアウト
  • マルチシグ
  • ウイルスチェックとハッキングテスト

bitFlyerは2014年からサービスを展開していますが、未だかつてハッキングを受けたことがありません。

独自のセキュリティシステムを導入しているので、安心して取引を行うことが可能ですよ。

取引手数料 無料
入金手数料 振込入金 振込手数料のみ
クイック入金 住信SBIの場合:無料
住信SBI以外:330円
仮想通貨送付手数料 ビットコイン 0.0004 BTC
イーサリアム 0.005 ETH
リップル 無料
ライトコイン 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ 0.0002 BCH
ネム 3 XEM
イーサリアムクラシック 0.005 ETC
リスク 0.1 LSK
日本円出金手数料 220円〜770円

bitFlyerのメリットは、やはり抜群の使いやすさ。

現物取引はもちろんのこと「bitFlyer Lightning」を用いれば、超かんたんに「仮想通貨FX」を始めることも可能です!

また先述した通り、bitFlyerには「ビットコインをもらう」という独自機能も備わっています。

bitFlyerを経由してサービスを利用or商品を購入すれば、それだけでビットコインをもらうことができるのです!

おすすめ第5位:TAOTAO(タオタオ)

TAOTAO(タオタオ)の特徴
  1. ハッキングによる不正流出の補償制度があり、最大100万円まで補償される
  2. スマホアプリが使いやすく、パソコンいらずで投資可能
  3. Yahoo!グループが出資しているので、今後急成長間違いなし
  4. 手数料無料になるキャンペーンを行っている

メリット

TAOTAO(タオタオ)はあのYahoo!グループが出資していて、豊富な資金から今後の成長に期待できる取引所です。

セキュリティレベルも高く、さらにハッキングで資金が不正流出した際は、最大で100万円まで補償される制度も実施していて、かなり安心できる取引所だと思います。

主にレバレッジ取引に特化しており、合計で5種類もの通貨のレバレッジ取引に対応!

もともと「YJFX」などの金融系事業を展開している「yahoo!グループ」からの出資を受けているので、セキュリティも抜群。

「WAF」という最先端のセキュリティも導入しており、外部からの攻撃をしっかり防ぎつつ、安全に取引を行うことができます。

手数料が無料になるキャンペーンや、友達紹介キャンペーンなどを頻繁に行っているので、口座開設する際はキャンペーンをチェックするようにしましょう。

デメリット

TAOTAO(タオタオ)のデメリットとして、取り扱い通貨が少ないことがあげられますが、リップル(XRP)はレバレッジでのみ取引可能です。

ですので、現物取引のみでリップルの取引を行いたい方にとっては不向きと言えます。

現物でリップル(XRP)に投資したい方は、他の取引所を選ぶようにしましょう。

TAOTAO(タオタオ)の詳細情報
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • 不正ログインによる不正出金保証(100万円まで)
  • 2段階認証
口座開設手数料 無料
取引手数料 コンビニ入金
入金手数料 クイック入金
出金手数料 ビットコイン
ロスカット手数料 イーサリアム
レバレッジ手数料 リップル

TAOTAOでは、ほとんど全ての手数料が「無料」に設定されています!

ユーザーからの「手数料が安いのが良い!」という意見が見受けられました。

またレバレッジ取引に特化しており、ビットコインだけでなく「リップル」「ビットコインキャッシュ」など、5種類ものアルトコインFXを楽しむことができます!

また親会社は、大手IT企業の「ヤフーグループ」ですので、とっても注目されています。

東証一部上場企業の「ヤフーグループ」のセキュリティノウハウもあるので、安全性&信頼性はバツグンです!

安いのはどこ?リップルの取引所を項目ごとに一挙比較!

続いて、取引所を項目ごとに比較していきましょう!

要素ごとに比較すると、リップルを扱う取引所の特色をよりはっきりと理解することができますよ!

手数料で比較

リップル(XRP)のおすすめ取引所を紹介しましたが、結局安いのはどこなのか?各種手数料を比較していきたいと思います。

入金手数料 出金手数料 取引手数料 スプレッド
(販売所)
スプレッド
(取引所)
DMM Bitcoin 無料 無料 無料 2〜3%
Coincheck 無料(振込手数料負担有) 407円 無料 約2% 0%
bitFlyer 無料 220〜770円 無料 約3% 0.01%〜0.15%
GMOコイン 無料 無料 無料 約1% -0.01%〜0.05%
TAOTAO 無料 無料 無料 0〜0.041%

各種手数料だけで比較をすると「DMM Bitcoin」と「GMOコイン」が圧倒的に安く設定されていることが分かります。

ただし、やはり取り扱い通貨数やキャンペーンなどを総合的に考慮すると、GMOコインの方が優れています。

GMOコインでは、9種類の通貨の「現物取引」と「レバレッジ取引」の両方に対応!

リップルだけでなく、様々な通貨を「2つのトレード方法」での取引を楽しむことが可能です。

もちろん、リップル取引手数料・出入金手数料・送金手数料は全部無料!

おトクにリップル(XRP)の取引を行うなら、GMOコインは登録必須な取引所です!

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコインで無料口座開設!

取り扱い通貨で比較

現物取引 レバレッジ取引
DMM Bitcoin 3種類 11種類
Coincheck 13種類 なし
bitFlyer 11種類 2種類
GMOコイン 9種類 9種類
TAOTAO 3種類 5種類

現物取引の取り扱い通貨が最も多いのは「Coincheck」となっています。

ただし暗号資産FXには対応していないので、レバレッジを用いて大きな利益を狙いたい方には不向き。

「レバレッジで大きく利益を狙いたい!」という方は、レバレッジ対応通貨が最も多い「DMM Bitcoin」がおすすめ。

現物取引とレバレッジを並行して行いたい方は、両方の取り扱い通貨が多い「GMOコイン」も十分にアリですね!

取り扱い通貨の多さで選ぶなら…

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

今すぐCoincheckに無料登録!

キャンペーンで比較

キャンペーンの有無
DMM Bitcoin 口座開設キャンペーン
Coincheck なし
bitFlyer ログインキャンペーン
GMOコイン 抽選キャンペーン
TAOTAO なし
各取引所のキャンペーン情報はこちら

GMOコインでは現在「当選キャッシュバックキャンペーン」を実施中!

キャンペーン期間中にGMOコインで暗号資産を購入するだけで、なんと1,000円の現金が当たるチャンス!

もちろん、受け取った1,000円を用いて、リップル(XRP)をおトクに購入することも可能!

キャンペーンは「2020年9月」までとなっておりますので、お早めに登録しておきましょう!

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

GMOコインで無料口座開設!

bitFlyerでは、現在「スマホアプリログインキャンペーン」を実施中!

スマホアプリからbitFlyerにログインした方の中から毎日10名の方に「1,000円相当」のビットコインが当たります。

bitFlyerのスマホアプリをインストールするだけで参加できますので、要チェックですよ!

>>>bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerで無料口座開設!

リップル(XRP)でより効率的に利益を出すコツ

おすすめの取引所を知ることができたと思うので、実際にリップル(XRP)に投資し、効率的に利益を出していくコツについて解説していきます。

リップル(XRP)以外の仮想通貨やその他の投資においても非常に重要なコツを解説するので、是非参考にして下さい!

リップル(XRP)で効率的に利益を出すコツ
  1. 販売所よりも取引所を利用する
  2. 長期保有(ガチホ)を行う
  3. 出金・入金の回数を減らす

① 販売所より取引所を利用する

販売所と取引所の違いを知らずに取引している方は意外とたくさんいます。

販売所と取引所の大きな違いは、スプレッドと呼ばれる売値と買値の価格差です。

販売所の仕組み

販売所の場合は、仮想通貨交換業者と直接、取引を行います。

つまりは、業者が保有している通貨に対して売買を行います!

とってもカンタンに通貨を購入することが出来る反面、スプレッドが大きく拡大してしまう傾向があります。

ですので、購入した時点で大きく損をした状態になってしまうのです。

取引所の仕組み

その一方で取引所の場合は、業者を仲介しつつ「ユーザー同士」で取引を行います!

業者から直接購入する方式ではないため、スプレッドはかなり狭く、短期売買した場合でも利益を出しやすいのです!

ただし取引所の場合は自分で価格を指定する方式が多いため、注文方法は少々複雑。

慣れていない初心者の方だと、少々混乱してしまう可能性もあります。

ただし長期的にリップル(XRP)を取引するのであれば、スプレッド(手数料)のやすい取引所形式でトレードするのが最もオススメです!

② 長期保有(ガチホ)を行う

リップル(XRP)やビットコイン(BTC)に投資して効率的に利益を上げていきたい方は、長期保有もおすすめ!

長期保有(ガチホ)とは

1度購入したら短期で売ることはなく、長期的な値上がり益を狙って保有し続ける投資方法のこと。

投資家用語でいうと「ガチホールド=ガチホ」なんて言われていたりします。

なぜリップル(XRP)などの仮想通貨をガチホすることが効率的に利益を上げるコツなのかというと、仮想通貨市場はまだまだ小さく、インフラが整うことによって、長期的な成長が期待できるからです。

市場が今より小さく、仮想通貨の技術が理解されていなかった数年前までは、投機的にしか扱われておらず、価格は乱高下を繰り返していました。

しかし現在は少しづつボラリティが小さくなり、投資として長期保有する方の割合が増加してきています。

将来「昔はあんなに安くリップル(XRP)を買うことができた」という風に言ってる可能性は高いでしょう。

③ 出金・入金の回数を減らす

効率的に稼いでいくには出金と入金の回数を減らすことが大切です。

取引所によっては手数料がかからないこともありますが、ほとんどの場合、入金手数料が無料で、出金手数料で大きく負担することが多いです。

少し稼げたからといって頻繁に出金を繰り返していれば、手数料で利益を失ってしまいますし、稼いだ利益を再投資しない限り、大きく継続して稼いでいくことはできません。

そのためには生活資金ではなく、生活に支障をきたさない余剰資金で行うことが基本になります。

1度入金したら基本は引き出さずに、利益を増やしていくようにしましょう!

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

今すぐCoincheckに無料登録!

リップル(XRP)に関してのよくあるQ&A

続いて、リップルを取引する際の「よくあるQ&A」についてまとめました。

是非こちらも参考にしてみてくださいね!

リップルは海外取引所でも購入できるの?

結論:リップルは海外取引所でも購入できます!

ただし最近では、日本人向けサービスを終了する海外取引所が増えています。

例えば、アルトコインの多さで有名な「Binance(バイナンス)」や、ハイレバレッジで有名な「BitMEX(ビットメックス)」に関しても、日本人向けのサービスを停止しています。

ですので、海外取引所を用いてリップルを取引するのは現実的ではありません。

リップルの価格って今後上がる可能性はあるの?

結論:リップルの価格は今後大きく上昇する可能性があります。

リップルの価格伸びる根拠は、以下の通りです!

リップル(XRP)がこれから伸びる根拠
  • 国際送金(海外送金)をスムーズに、かつ破格で行うことができる
  • 世界中の銀行・金融機関と提携を果たしている
  • 日本中ほとんどの取引所に上場しており、既に人気が高い!

リップルの今後の将来性に関して気になる方は、以下の記事も併せてご覧くださいね!

リップル(XRP)の今後と特徴,2020年以降の価格予想をやさしく解説!これからの将来性や値動きは?

リップルで得た利益に対して税金はかかるの?

結論:リップルの利益に対して、税金はかかります!

リップルだけでなく、仮想通貨の取引で得た利益に対しては税金がかかります。

サラリーマンなどで給与所得を受け取っている方でも、利益が「年間20万円」を超えた場合は、確定申告を行って税金を納めましょう!

リップル(XRP)はハードウェアウォレットで保管するのがオススメ!

リップル(XRP)で稼いだ利益をハッキングから守り、安全に保管するにはハードウェアウォレットで管理するのがおすすめです!

ハードウェアウォレットのメリット
  1. ハッキングや倒産から資産を守れる
  2. リップル(XRP)以外の仮想通貨も保管可能
  3. コンパクトで持ち運びが楽

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨取引所と切り離した状態で保管することができるウォレットのことを言い、そもそもインターネットに接続していないオフラインで管理できるので、ハッキングのリスクなく安心して保管することができます。

よくある勘違いとして、ハードウェアウォレット自体に仮想通貨が入って保管されていると思われがちです。

しかしハードウェアウォレット内に仮想通貨はなく、あなたの仮想通貨資産にアクセスすることができるシークレットキー」が保管されています。

なので、シークレットキーが他人に知られない限り、あなたの仮想通貨資産を守ることができると言うことです。

仮想通貨取引所が確実にハッキングに合わないとは誰も言い切れないので、少しでも不安がある方や、投資金額の大きい方はハードウェアウォレットで資産を守ることをおすすめします。

リップル(XRP)のおすすめ取引所 まとめ

リップル(XRP)のおすすめ取引所ランキング
  1. Coincheck(コインチェック)
  2. DMM Bitcoin
  3. bitFlyer(ビットフライヤー)
  4. GMOコイン
  5. TAOTAO(タオタオ)

今回はリップル(XRP)のおすすめ取引所をランキング形式で、メリットとデメリットも踏まえながら解説しました。

リップル(XRP)で効率的に利益を上げていくには、販売所ではなく取引所を利用しましょう。

またこまめに出金せず、長期的に保有することが大切です。

そのために長く信頼できる取引所を選択して、不安な方はハードウォレットなどを活用しながら投資してみてください!

紹介した取引所は口座開設にかかる時間も短く、すぐにリップル(XRP)に投資を始めることができるので、まずは余裕資金で小額から取引を初めてみましょう!

>>>Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です