FXとは?初心者のための基礎知識

仮想通貨取引所おすすめ比較ランキング2020【人気10社を手数料の安さ・使いやすさで徹底比較】

おすすめの仮想通貨取引所を知りたい!

手数料が安い取引所を知りたい!

今回の記事では、仮想通貨のプロや専門家が、おすすめの仮想通貨取引所を徹底的に採点・比較しました!

日本国内の取引所を『手数料の安さ』『安全性』『使いやすさ』などを総合的に判断しています。

この記事を読みこめば必ずあなたにピッタリな取引所が見つかります。

先に結論をいいますと、最も多くの人に選ばれ、愛用されている取引所は『Coincheck(コインチェック)』です!

ざっくり言うと…
  • 取引所を選ぶポイントは『手数料の安さ』『安全性』『使いやすさ』など。
  • 総合的に判断すると、おすすめは『Coincheck』『GMOコイン』『bitFlyer』の3つ!
  • 中でも『Coincheck』なら、全ての仮想通貨の手数料が無料。
  • スマホアプリの使いやすさはダントツ。累計で『270万回』以上もダウンロードされている!
  • これから仮想通貨をやるなら『Coincheck』への登録は必須!

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

今すぐCoincheckに無料登録!

仮想通貨取引所比較ランキングの参考データと専門家について

2019年4月27日から5月7日まで実施した、仮想通貨トレーダー100人に聞いたWebアンケート調査の結果と、2020年5月1日から5月31日までの当サイト利用者の口座開設・アクセス状況を元に集計しています。また、当ランキングに関しましては、暗号資産の取引高、取扱い通貨数、FX/信用取引サービスの有無、売買・送金などの手数料、取引ツール、スマホアプリの使いやすさ、セキュリティ対策、顧客サポート体制などから総合的に判断しランキング付けを行っております。また、日経ラジオパーソナリティー、ひろぴーさんのゼロはじMarket Guideを参考に、仮想通貨ビジネス協会準会員の、株式会社カボ完全監修のもと、有識者のコメントを合わせて掲載しております。

1位 Coincheck(コインチェック)〜初めての仮想通貨取引におすすめの仮想通貨取引所〜

Coincheck(コインチェック)の評価
取り扱い通貨
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
手数料
(4.0)
安全性・セキュリティ
(4.5)
母体の信頼性
(4.0)

仮想通貨を購入したいという初心者の方にもオススメなのはCoincheck(コインチェック)』です!※仮想通貨交換業者:登録番号 関東財務局長 第00014号

Coincheckが人気の理由は、取引手数料や入金手数料が無料と手数料が安いこと。

国内最多の14種類の仮想通貨が取引可能で、スマホアプリが非常に使いやすいところです。

一度、セキュリティで何かと話題になった取引所ですが、東証一部上場企業のマネックスがコインチェックを買収。

セキュリティも強化されており、金融庁に認可されるレベルまで、高く評価されています!

日本国内では取り扱い通貨の数が最も多く、たくさんの通貨を取引することができます!

さらにCoincheckなら、なんと「500円」という少額から通貨を買うことができます!

少ない元手から始めることができるので、初めての方でもとっても安心です。

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

今すぐCoincheckに無料登録!

※仮想通貨交換業者:登録番号 関東財務局長 第00014号

coincheck(コインチェック)の詳細
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアム クラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン (XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)

コインチェックはサイトやアプリがとても見やすく使いやすい取引所としても人気です。

コインチェックは取引所だけではなく、販売所があったりアプリがとても使いやすいので初心者でも安心して使える取引所です。

もちろん本格的取引がしたい人向けのトレードビューもあり初心者から上級者までおすすめの取引所です。

Coincheckの取引手数料は現在キャンペーン中の為無料になっています。

キャンペーン期間は期限が決まっている訳ではなく、終了の2週間以上前に終了の告知があるようです。

Coincheck入出金手数料 入金手数料 出金手数料
日本円 銀行振込:振込手数料

クイック入金:770円〜

コンビニ入金:746円〜

407円
ビットコイン(BTC) 無料 0.001BTC
イーサリアム(ETH) 無料 0.01ETH
イーサリアムクラシック(ETC) 無料 0.01ETC
ビットコインキャッシュ(BCH) 無料 0.001BCH
ライトコイン(LTC) 無料 0.001LTC
モナコイン(MONA) 無料 無料
リスク(LSK) 無料 0.1LSK
ファクトム(FCT) 無料 0.1FCT
リップル(XRP) 無料 0.15XRP
ネム(XEM) 無料 0.5XEM
クアンタム(QTUM) 無料 0.01QTUM
べーシックアテンショントークン
(BAT)
無料 4.75BAT
アイオーエスティー(IOST) 無料 1.0IOST

2018年1月のハッキングにあい580億円分の仮想通貨流失事件を起こしたことがあった為、若干の不安も残る人が多いのではないかと思われます。

しかし、大手証券会社であるマネックスに買収されたことから、流失分の資産は補填され取引所自体の仕組みなども強化されました。

さらに、2019年1月には金融庁への仮想通貨交換業者の登録も済みハッキング以降少し心配されていた安心面もフォローされてきています。

コインチェックは、デザインがモダンで使いやすいことからやはり人気なようです。

特に投資などが初めての初心者にとっては使いやすく親しみやすいことから、初めての取引所として使う人も多いようです。

コインチェックは国内取引所では取扱通貨が多く、ネムの現物取引やファクトムの取引ができる国内取引所はコインチェックだけになります。

2位 GMOコイン 〜仮想通貨FX(レバレッジ)取引をしたい人におすすめの仮想通貨取引所〜


GMOコインの評価
取り扱い通貨
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
手数料
(5.0)
安全性・セキュリティ
(5.0)
母体の信頼性
(5.0)

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

GMOコインは、レバレッジ取引サービスの「仮想通貨FX」において、初心者から上級者までの幅広いユーザーから支持されている仮想通貨取引所です。

2位でご紹介するのは『GMOコイン』です。

「とにかくかんたんに仮想通貨を購入したい!」という方にとってもおすすめです!

少し手数料は高いですが、GMOコインは仮想通貨”販売所”でもあります。

ボタンを3回ほどクリックするだけで、とにかくかんたんに仮想通貨を購入することができます!

仮想通貨始め方GMOコイン

仮想通貨取引所に、取引のかんたんさを求める方には、GMOコインが非常におすすめです!

また、仮想通貨の取引手数料はもちろん無料!

手数料をしっかり抑えつつ、数多くの仮想通貨を取引することができます!

仮想通貨取引所に、取引のかんたんさを求める方には、GMOコインが非常におすすめ

また、2019年12月には、日本では取扱の少なかった、ネムやステラも販売所に上場!

今後も、たくさんの通貨が上場することが予想されます!

「現物取引とレバレッジ取引を両方やりたい!」という方に、GMOコインはとってもおすすめです!

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

今すぐGMOコインに無料登録!

※仮想通貨交換業者:登録番号 関東財務局長 第00006号

GMOコインの詳細
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(XEM)
  • ステラ(XLM)

GMOコインは使いやすさに定評があります。

ITサービスを数多く手がけるGMOグループのノウハウが活用されています。

販売所形式なので、仮想通貨初心者でも簡単に仮想通貨を購入できます。

特にアプリは人気で、一流の仮想通貨FXトレーダーたちも外出用として愛用しています。

日本円の入出金、仮想通貨の入出金手数料、送金手数料がすべて無料。

仮想通貨FX(ビットコインFX)はポジション手数料が 0.04% / 日かかります。

販売所形式なのでスプレッドは取引所に比べると広めですが、販売所の中では控えめです。

東証一部上場企業のGMOインターネットのグループ企業ということで、安心感は抜群。

GMOはレンタルサーバーの事業も展開しているため、GMOコインのサーバー体制も信頼できます。

使いやすさについてはたくさんの評判が集まっていました。

また、手数料が無料なところも好評なようです。

2018年9月に始まった板取引にも期待の声が集まっています!

GMOコインが提供しているアプリ「ビットレ君」の使いやすさも評判になっていました。

スマホから簡単に取引したい方は開設必須の取引所です。

3位 DMM Bitcoin 〜スマホトレーダーにおすすめの仮想通貨取引所〜

仮想通貨取引所 DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの評価
取り扱い通貨
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
手数料
(4.5)
安全性・セキュリティ
(5.0)
母体の信頼性
(5.0)

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

DMM Bitcoinは販売所なので板がなく、かつスプレッドが狭いため、初心者でも簡単かつ低コストで始められるのです

レバレッジ取引を中心に行いたいなら、DMM Bitcoinがおすすめ!

運営会社は、数多くの事業を手がけているあの「DMM.comグループ」なので、とっても安心です。

DMM Bitcoinは、仮想通貨のFX(レバレッジ)取引に対応!

その通貨数と取引ペアの数は「18銘柄・11種類」と非常に豊富なんです!

主要な「11の仮想通貨」でレバレッジ取引を行うことができるので、大きく利益を狙うことができます。

また、スマホアプリからの取引が非常に快適で、スマホ一つで仮想通貨のレバレッジ取引をすることができます!

DMM ビットコイン

セキュリティに関しても、「コールドウォレット」と呼ばれる、安全な仮想通貨の保管方法を採用。

信頼度に関しても、DMMグループならではの資金力で申し分ない取引所です!

また、他の取引所では取り扱いの少ない、ネムの取引に対応しているのも大きなポイントです。

DMM Bitcoinは、今なら口座開設で1,000円のキャッシュバックキャンペーン中!

口座を開設すると、1,000円戻ってくるうれしい特典がついてくるのです!(※期間 2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

キャンペーンは予告無く終了する可能性があります。

登録は5分ほどでサクッと完了するので、今のうちに口座開設しておきましょう。

仮想通貨取引所 DMM Bitcoin

>>> DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinの登録はこちら

(※期間 2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分)

※仮想通貨交換業者:登録番号 関東財務局長 第00010号

DMM Bitcoinの詳細
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサクラシック(ETC)
  • モナ(MONA)
  • ステラルーメン (XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • クアンタム(QTUM)

DMM Bitcoinは数多くのITサービスを提供しているDMMグループが運営している仮想通貨取引所。

その知見を生かして開発されており、使いやすさは国内取引所トップクラス。

GMOコインと同じく販売所形式でアプリも使いやすいと評判です。

日本の取引所としては珍しく、アルトコインのレバレッジ取引に対応。

外出先からでも本格的なレバレッジ取引を楽しめます。

DMM Bitcoinも日本円、仮想通貨の入出金や現物、レバレッジ取引の手数料が無料。

DMM Bitcoin 田口社長

引き続き手数料無料でご提供する基本方針です。

レバレッジのスワップ手数料は、建玉金額の 0.04% / 日 に設定されています。

販売所形式のため、スプレッドは取引所に比べてやや広めです。

母体のDMMは上場こそしていないものの、名前を知らない人がいないほどの大企業。

「DMM.com証券」では、国内シェアナンバーワンを獲得しており、金融に関する実績も十分。

モデルのローラさんを起用したCMを放映していることからも、資金力の潤沢さが伺えます。

DMMビットコインのチャートは、使いやすさが評判になっています。

GMOコインと同様、スマホからの操作が簡単!という評判も多く見受けられました。

DMMビットコインの魅力の1つである手数料の安さも高評価を得ています。

アルトコインのレバレッジ取引ができるという大きな強みがある一方、スプレッドの広さに対してはマイナスな評判が多めでした。

4位 bitFlyer(ビットフライヤー) 〜取引にかんたんさを求める人におすすめの仮想通貨取引所〜


bitFlyerの評価
取り扱い通貨
(4.5)
使いやすさ
(5.0)
手数料
(4.0)
安全性・セキュリティ
(5.0)
母体の信頼性
(5.0)

国内取引所の現物取引では唯一4つの注文種別と5つの執行条件を選べるため、現物の仮想通貨を様々な注文方法でトレードしたい中上級者におすすめです

bitFlyer』は、2014年からサービスを展開している、知名度抜群の取引所!

ビットコイン取引量国内No.1』を誇っており、たくさんの方がbitFlyerで取引を行なっています。

bitFlyer』は普段の買い物や旅行でビットコインをもらうことができるサービスが特徴的!

bitFlyerは登録さえすれば、なんと無料でビットコインを増やすことが可能です。

ネットショッピングやサービス利用で、ビットコインを無料でもらうことができます。

日々のお金も賢く投資に使いたいという方にオススメ!

なるべく元手を抑えて、おトクに仮想通貨を始めたい」という方にとって、bitFlyerは登録必須な取引所です。

>>>bitFlyer(ビットフライヤー )公式サイトはこちら<<<

bitFlyer(ビットフライヤー )公式サイトはこちら

※仮想通貨交換業者:登録番号 関東財務局長 第00003号

bitFlyerの詳細
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアムクラシック(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • LISK(LSK)
  • ベーシック・アテンション・トークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)

bitFlyerは販売所形式と取引所形式、FX取引所を提供。

どの取引形式も非常に使いやすいことで知られています。

特にFX取引所の「bitFlyer Lightning」は一流の仮想通貨FXトレーダーの多くが使用しています。

取引手数料
取引形態 ビットコイン アルトコイン
販売所
無料 無料
ビットコイン取引所
0.01%〜0.15%
Lightning 現物 0.01%〜0.15% 0.20%(ETH、BCHのみ)
Lightning FX 無料
bitFlyer入出金手数料 入金手数料 出金手数料
日本円 通常入金:振込手数料

クイック入金:330円

3万円未満:220 ~ 550円

3万円以上:440 ~ 770 円

ビットコイン(BTC) 無料 0.0004BTC
イーサリアム(ETH) 無料 0.005ETH
イーサリアムクラシック(ETC) 無料 0.005ETC
ビットコインキャッシュ(BCH) 無料 0.0002BCH
ライトコイン(LTC) 無料 0.001LTC
モナコイン(MONA) 無料 無料
リスク(LSK) 無料 0.1LSK
リップル(XRP) 無料 無料
ベーシックアテンショントークン 5 BAT
ステラルーメン販売所 無料
ネム販売所 3 XEM

独立企業ながら資本力と圧倒的なサービス品質で国内取引所のトップを走っているbitFlyer。

bitFlyer Holdingsの株主は、三菱UFJキャピタルや、みずほキャピタル、GMOグループやSBIグループが参加するなど、母体の安心感がとても高いです。

bitFlyer(ビットフライヤー)はTポイントで投資をすることができ、このことも高く評価を得ているようです。

しかし、一方で処理速度に関する問題も多々起こってしまうとの口コミも少なくありませんでした。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法完全ガイド|口座開設から入金/出金方法まで!【2020年10月最新】

5位 ディーカレット(DeCurret)〜「デジタル通貨のメインバンク」を目指す仮想通貨取引所〜

ディーカレットの評価
取り扱い通貨
(4.0)
使いやすさ
(4.5)
手数料
(4.5)
安全性・セキュリティ
(4.5)
母体の信頼性
(4.0)

第5位としてご紹介するのは、9種類もの通貨ペアを取り扱うディーカレット!

2018年に設立された比較的新しい取引所で、たくさんの大手企業から出資を受けています。

ディーカレット(DeCurret)は、オンラインブローカー向けのFX取引システムを展開する「株式会社インターネットイニシアティブ」などとの合弁会社によって運営されています。

デジタル通貨のメインバンク」を目指しており、新参の取引所として注目を浴びています。

なんと「9種類」もの通貨ペアを展開しており、全ての取引手数料が無料!

さらに現物取引だけでなく、レバレッジ手数料も無料に設定されていますので、低コストで取引することができます。

ディーカレットなら、保有している仮想通貨をなんと「電子マネー」に変換し、買い物などで利用することが可能。

なかなか使う場面まだ少ない仮想通貨ですが、ディーカレットならすぐに「電子マネー」として引き出すことができます。

サービス利用やショッピングなど、積極的に仮想通貨を利用したい方におすすめの取引所です!

ディーカレットの詳細
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)

ディーカレットの注文方法は、とってもシンプル。

洗練された「4つ」の注文方法から、仮想通貨を注文することができます。

「指値注文」「逆指値注文」などにも対応しているので、中級〜上級者の方でもバッチリ取引できます!

また円建てだけでなく「ビットコイン建て」にも対応しており、ビットコインでアルトコインを購入することもできます。

ディーカレット入出金手数料 入金手数料 出金手数料
日本円(銀行) 無料 275円/回
BTC 無料 0.0004BTC
BCH 無料 0.0002BCH
ETH 無料 0.0063ETH
XRP 無料 0.01XRP
LTC 無料 0.001LTC

ディーカレットは2018年に設立された、比較的新しい取引所です。

ただし「伊藤忠商事株式会社」や「東日本旅客鉄道株式会社」など、数多くの大手企業から出資を受けており、抜群の信頼性を誇っています!

やはりディーカレットの大きな魅力は、圧倒的に使いやすい点。

もともとFX事業などを展開していたこともあり、ノウハウも備わっています!

送金手数料も安く、とっても評判をよんでいます!

これから利用者が増えれば、さらに手数料が安くなることも予想されます。

これからのディーカレットに期待ですね!

6位 TAOTAO(タオタオ)〜業界トップクラスの手数料安と使いやすさを誇る初心者必見の仮想通貨取引所〜

TAOTAOの評価
取り扱い通貨
(3.5)
使いやすさ
(4.0)
手数料
(4.5)
安全性・セキュリティ
(4.5)
母体の信頼性
(4.0)

日経ラジオパーソナリティーひろぴー

日本円と仮想通貨の入出金手数料が無料なのは、TAOTAOの他にはGMOコインだけです。
これらの安さから、TAOTAOが業界トップの座を狙っていることがわかります。

第6位としてご紹介するのは、仮想通貨取引所TAOTAO!

業界トップクラスの「手数料の安さ」と「使いやすさ」を兼ね備えています。

TAOTAOはヤフーグループが運営する仮想通貨取引所です。

2017年に設立された比較的新しい仮想通貨取引所ですが、サービスの使いやすさと手数料の安さで話題になっています

TAOTAOがリリースする分析ツール「トレードブロッター」はプロも惹かれるクオリティ!

他の取引所が公開していない情報も、TAOTAOでは惜しみなく公開をしています

2019年8月から始まった「手数料全部無料キャンペーン」により、なんと『建玉管理費』も無料になっています。

ほどんどの手数料が無料なので、数多くの人からの注目の的となっています!

TAOTAOの詳細
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

TAOTAOのリリースしているスマホアプリは『初心者視点』で設計がされています。

例えば、「指値・逆指値注文』のことを『予約注文』と記載されているなど、画面表示のみでなく文言まで初心者が直感的に操作できるようになっているのです。

さらにTAOTAOが提供している分析ツール『トレードブロッター』では未決済建玉情報と指値情報が公開されています。

これによりトレーダーはポジションを保有するときに損切りのタイミングが分析しやすくなるなどのメリットが得られます。

ちなみに未決済建玉情報・指値情報を公開しているのはこのTAOTAOのみ

この圧倒的な使いやすさが、初心者・プロ問わずに利用者を増やしている秘密なのです。

使いやすさの点でいうと、特に初心者は必見の仮想通貨取引所と評価できます。

TAOTAO入出金手数料 入金手数料 出金手数料
日本円(銀行) 無料 無料
日本円(コンビニ・ペイジー) 無料 無料
BTC 無料 無料
BCH 無料 無料
ETH 無料 無料
XRP 無料 無料
LTC 無料 無料

2017年に設立されたTAOTAOは設立年数こそ浅いですが、

金融庁登録済みの国内運営の仮想通貨取引所で安心度は高いと評価できます。

また、仮想通貨をオフラインで管理するコールドウォレット、より複雑な暗号で管理するマルチシグも導入されています。

不正ログインへの対策も万全で、2段階認証制が導入されているので安心です。

さらに運営も国内最高峰のインターネット金融のノウハウを有するヤフーグループがバックについています。

TAOTAOの使いやすさは、巷でも高い評価を得ています。

使いやすさに加え、手数料の安さも話題のようです。

いい評判が他の仮想通貨取引所と比べて多い印象のTAOTAO。

今後も第注目です。

※仮想通貨交換業者:登録番号 関東財務局長第00011号

7位 SBI VCトレード(VCTRADE) 〜運営母体を重視する人におすすめの仮想通貨取引所〜

SBI VCトレード(VCTRADE)の評価
取り扱い通貨
(4.0)
使いやすさ
(3.5)
手数料
(4.0)
安全性・セキュリティ
(5.0)
母体の信頼性
(5.0)

「SBI VCトレード(VCTRADE)」は、大手証券会社のSBIグループの、仮想通貨取引所です。※仮想通貨交換業者:登録番号 関東財務局長 第00005号

SBI VCトレード(VCTRADE)は大手証券会社のSBIらしく、セキュリティへの力の注ぎ方がすごいです。

警備サービスで有名な、あのセコムの子会社、セコムトラストシステムズ株式会社と連携し、顧客が資産を預けるウォレットを管理するほどの厳重度です。

開業当初では、2017年10月に先行で開設している2万人だけに、サービスを提供していました。

しかし2020年に入り、一般の方でも新規で登録することができるようになりました!

SBI VCトレード(VCTRADE)の詳細
  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)

販売所形式になっており、直感的な取引ができます。

販売所ですが、成行注文だけでなく「価格設定」という指値に近い注文方法が用意されています。

現在の機能が充実しているわけではありませんが、初心者にはシンプルで使いやすい仕様です。

SBI VCトレード(VCTRADE)は仮想通貨の取引手数料が無料に設定されています。

しかし、販売所形式なので取引所に比べるとスプレッドが広めになっています。

入出金手数料は以下の通りです。

SBI VCトレード(VCTRADE)入出金手数料 入金 出金
住信SBIネット銀行 無料 51円(税込)
住信SBIネット銀行以外の金融機関 無料 3万円未満:165円
3万円以上:258円

住信SBIネット銀行の手数料が大幅に優遇されますので、SBI VCトレード(VCTRADE)を使う際にはマストで登録しましょう。

SBI VCトレード(VCTRADE)は金融大手のSBIグループの仮想通貨取引所。

上場会社が母体ということで信頼性は国内屈指です。

またセキュリティにも並々ならぬこだわりを注いています。

マルチシグやコールドウォレットなどの一般的な対策はもちろん、SBI VCトレード(VCTRADE)独自の施策を数多く講じています。

SBI VCトレード(VCTRADE)はやはりリップルを保有する方から大人気で、期待値も高いよう。

SBIは知名度も高くユーザーも多いため、スプレッドが狭め。

このことに対し高い評価を得ています。

一方で、ツールが使いづらいとの声もあるようです。

8位 bitbank(ビットバンク)〜取引量重視の投資家におすすめの仮想通貨取引所〜


bitbank_手数料

bitbankの評価
取り扱い通貨
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
手数料
(5.0)
安全性・セキュリティ
(3.0)
母体の信頼性
(2.5)

次にご紹介する、おすすめの仮想通貨取引所は『bitbank(ビットバンク)』です!

bitbank(ビットバンク)の強みは、何と言ってもメイカーで取引すれば手数料がもらえるところです!

bitbank(ビットバンク)のメリットと言えば、なんといっても手数料の安さ。

他の国内取引所では手数料が高いこともありますが、bitbankでは「マイナス手数料」を導入しています。

手数料は通常支払うものですが、bitbankの場合は手数料を「もらう」ことができるのです!

また、日本人に大人気のリップルやモナコインを、日本円建て(日本円で購入できる)で取引できるのもポイント。

中でもリップルでは「取引高が世界一」になるほど、bitbank(ビットバンク)は人気の取引所です!

仮装通貨リップル(XRP)の今後がやばい|専門家が2020年の価格を予想!

※仮想通貨交換業者:登録番号 関東財務局長 第00004号

bitbankの詳細
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)

シンプルで洗練されたデザインにまとめられており、初心者でもスムーズに取引できます。

チャートに13種類のインジケーターを表示できるのも上級者を中心に好評。

アルトコインを板取引できるので、幅広い通貨をお得に取引したい方から支持されています。

bitbank Kawamataさん

また、TradingView のテクニカル分析が利用できる点も上級者を中心に好評いただいています。

bitbank Kawamataさん

bitbank.ccでは13種類のテクニカル指標を描画することができます。

これは国内で最大の対応数なんです。

アプリも洗練されているので、スマホから板取引をしたい方にもおすすめです。

bitbankはメイカーなら手数料マイナス。

出金手数料は以下の表の通りで、日本円を出金する場合は540円で、3万円を超える場合は756円となります。

bitbank入出金手数料 入金手数料 出金手数料
日本円 無料 3万円未満:540円

3万円以上:756円

ビットコイン(BTC) 無料 0.001 BTC
イーサリアム(ETH) 無料 0.005 ETH
ビットコインキャッシュ (BCC) 無料 0.001 BCC
リップル(XRP) 無料 0.15 XRP
ライトコイン(LTC) 無料 0.001 LTC
モナコイン(MONA) 無料 0.001 MONA

銀行への入金時の振込手数料は、自分の負担になりますので注意が必要です。

ブロックチェーンの教育機関「ブロックチェーン大学校」を運営しているbitbank。

セキュリティに関しての技術力は業界随一とされています。

大手が運営している取引所と比較すると、資本力の面でやや物足りなさはあります。

しかし、海外メディアが発表した取引所のセキュリティについて格付けで、日本最高を獲得。

信頼感が高まっています。

bitbankは取引高が業界トップクラスの仮想通貨取引所。

人気を獲得できたのは、使いやすさで高評価を得ているからです。

デザインが綺麗で、板取引に慣れていない方でも使いやすいという評判も見受けられました。

ただし、取り扱い仮想通貨の種類が少ないことがマイナスとなっているようです。

9位 Liquid(リキッド) 〜手数料の安さを重視する人におすすめの仮想通貨取引所〜

仮想通貨取引所 Liquid

Liquid(リキッド)の評価
取り扱い通貨
(4.0)
使いやすさ
(3.0)
手数料
(3.0)
安全性・セキュリティ
(1.0)
母体の信頼性
(3.5)

Liquid(リキッド)が秀でてすごいポイントは、ドルやユーロ、ポンドに人民元など、9種類の法定通貨も取引可能なところです。*

*日本に住んでいる人の入出金は日本円のみ

仮想通貨だけでなく、さまざまな通貨に切り替えて取引することができるのがうれしいポイントです。

さらに、現物はビットコインもアルトコインも取引手数料無料!

サブの取引所としても使い勝手がバツグンです。

※仮想通貨交換業者:登録番号 関東財務局長 第00002号

Liquidの詳細
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • キャッシュ(QASH)

Liquidはモバイルアプリの使いやすさに定評がある仮想通貨取引所です。

2018年6月公開の「QUOINEXライト版」は、Google Play のファイナンス部門で1位を獲得。

初心者にも使いやすいアプリに仕上がっており、口コミの評判も上々です。

レバレッジ取引にも対応しており、初心者から上級者までおすすめできる取引所。

ユーザビリティの改善にも取り組み、アプリ以外の使い勝手もさらに向上していく見通しです。

現物取引の取引手数料はビットコイン、アルトコイン共に無料。

レバレッジ取引は 0.025% / 日 に設定されています。

Liquid入出金手数料 入金手数料 出金手数料
日本円 無料 500円
仮想通貨 無料 無料

Liquidは当局の基準に沿ってICOを行い、取引所トークンを発行した取引所。

コンプライアンスを徹底する姿勢は信頼に値します。

LiquidはQASHトークンを購入できる唯一の取引所。

QASHでシームレスな仮想通貨取引を実現する、という壮大なビジョンを掲げています。

今後に期待したい取引所です。

Liquidは流動性が非常にたかく、今後の飛躍に期待が高まっています。

しかし、取引システムの安定感については懐疑的な評判が多く寄せられています。

今後のアップデートに期待したいところです。

10位 Huobi Japan(旧ビットトレード) 〜海外取引所に近い取引所を選びたい人におすすめの仮想通貨取引所〜

仮想通貨_取引所_huobi

Huobi Japanの評価
取り扱い通貨
(3.0)
使いやすさ
(3.5)
手数料
(3.0)
安全性・セキュリティ
(1.0)
母体の信頼性
(4.0)

第10位でご紹介するHuobi Japan(フオビージャパン)です。

旧ビットトレードが海外仮想通貨取引所である「Huobi」に買収され、日本版Huobiとして始まった取引所です。

Huobiは香港・シンガポール、アメリカ、韓国などにグローバルにオフィスを構える取引所で、その日本版がHuobi Japanです。

世界展開しているHuobi Globalは、120種類以上の仮想通貨を取り扱い、取引量も世界トップに入っています。

そのような世界基準の仮想通貨取引所が日本の法律のもと正式に取引所を開いたということで注目されています。

また、Huobiに買収されたビットトレードの運営会社は、FX業界の老舗として有名です。

2段階認証とSNS認証もしっかり対応していた取引所であったこともあり、信頼感が強め。

なによりも世界基準の取引所で仮想通貨の取引を行ってみたい場合におすすめの取引所です!

※仮想通貨交換業者:登録番号 関東財務局長 第00007号

Huobi Japanの詳細
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)

日本での導入はまだ遅れていますが、Huobiの世界版、Huobi GlobalはiOSやAndroidのスマホのアプリはUIの使いやすさやセキュリティー面が高く人気です。

またHuobi Globalでは、独自トークンであるHuobi Token(フオビートークン:通称HT)も人気があり、Huobi Globalでは、Huobi Tokenを使うと、各種手数料の割引や新規上場通貨のエアドロップに参加したり、新たに上場したい通貨の投票に参加したりすることができるようになるなど、多くの特典が付いていたので、このHuobi TokenがHuobi Japanでどのように使われるようになるかも注目です。

取引手数料は今の所無料のようです。

入出金手数料に関しては以下のようになっています。

BitTrade入出金手数料 入金手数料 出金手数料
日本円入金 各金融機関の手数料に準じお客様負担 無料
ビットコイン(BTC) 無料 0.001BTC
イーサリアム(ETH) 無料 0.005ETH
リップル(XRP) 無料 0.1XRP
ライトコイン(LTC) 無料 0.001LTC
モナコイン(MONA) 無料 0.1MONA
ビットコインキャッシュ (BCC) 無料 0.0001(BCC)

グローバル展開している有名取引所であるHuobiが運営している取引所ということで、信頼性も高い取引所と言えるでしょう。

また、もともと海外取引所として日本人の使用ができなくなるかと思われていたところ、金融庁の登録済みの取引所を買収し日本の法律にのっとった取引所として使えるようになったことも安心してHuobiを使える理由とも言えるでしょう。

Huobi Globalは使いやすいとの評判が高いです。

これからHuobi Japanがアプリや取扱通貨がどのくらい増えていくかに注目ですね。

11位 FXcoin 〜有名企業にバックアップされた最新の取引所〜

FXcoinの評価
取り扱い通貨
(2.0)
使いやすさ
(3.5)
手数料
(4.0)
安全性・セキュリティ
(3.5)
母体の信頼性
(4.0)

第11位でご紹介するFXcoinは、2020年より仮想通貨サービスを提供している取引所。

2019年12月には「仮想通貨交換業者」に登録されており、しっかりと金融庁のお墨付きも得ています。

これから幅広いサービスの展開が期待される、2020年最新の仮想通貨取引所です!

FXcoinの詳細
  • ビットコイン(BTC)

FXcoinは2020年5月、スマホ向けの取引専用アプリをリリースしています。

iOSとアンドロイドの両方に対応しており、どちらのスマートフォンでもアプリを利用することができ非常に便利です!

スマホアプリでは、複数のチャートを同時に表示にさせたり、またテクニカル指標を用いて本格的な分析も行うことができます。

口座維持費用や取引手数料、入金手数料などが全て無料。

ただし出金手数料が300円、加えて仮想通貨の送金手数料が0.001BTC(ビットコインの場合)必要となります。

2020年にサービスが開始された新しい取引所ではありますが、しっかりと金融庁から「仮想通貨交換業者」としての認可を受けています。

加えて「SBIグループ」や「マネックスグループ」などの有名企業も株主となっているので、比較的安心してサービスを利用することが可能です!

FXcoinは2020年にサービスを開始したばかりなので、目立った口コミや評判は見受けられませんでした。

今後は今よりも取り扱い通貨が増え、サービスがさらに展開されることが予想されます!

12位 BITPoint(ビットポイント)〜玄人投資家におすすめの仮想通貨取引所〜

BITPoint(ビットポイント)の評価
取り扱い通貨
(3.5)
使いやすさ
(3.0)
手数料
(4.0)
安全性・セキュリティ
(2.0)
母体の信頼性
(2.0)

12位でご紹介するのはBITPoint(ビットポイント)です。

BITPointは非常に安く仮想通貨取引のできる良い取引所でしたが、2019年に引き起こされた資産流出事件で、信頼度に関しては疑問符を打たざるを得ない取引所です。

BITPoint(ビットポイント)でおすすめできるポイントは、その手数料の安さです。

ビットポイントは、以下の画像の通り、多くの手数料が無料です!

BITPointは、操作が少しむずかしい部分がありますが、慣れてくるとかなり使い勝手の良い取引所です。

※仮想通貨交換業者:登録番号 関東財務局長 第00009号

BITPoint(ビットポイント)の詳細
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

現物取引とレバレッジ取引、ビットポイントFX取引に対応。

また、国内の仮想通貨取引所で初めてMT4(メタトレーダー4)を導入。

MT4は世界的に有名なFX取引のトレーディングプラットフォームです。

FX取引の自動売買プログラムやテクニカルインディケーターを自分で作成可能です。

MT4を使えばBITPointでの取引を自分好みにカスタマイズできるのです。

ビットポイントでは日本円・仮想通貨の入出金手数料が無料となっています。

日本円の振込手数料は実費負担ですが、即時入金サービスを利用すれば完全無料になります。

また、全ての取引で売買手数料が無料。

ただしレバレッジ取引では建玉管理料が発生します。

売り買いのポジションを持った時に手数料(0.035%)かかります。

BITPointはサーバーの安定性に力を入れています。

そのこだわりは、会社のリソースの7割以上をセキュリティの整備に充てるほど。

小田社長自らが熱弁しています。

小田社長

全社の7割〜8割は管理体制の方にリソースをかけております。
具体的に申し上げると入口対策、出口対策、もちろん社内管理体制の3面からセキュリティを行なっております。

しかし、2019年にはBITPointは資産流出事件を起こしてしまい、その信頼性は失われてしまい、安全性にも疑問符を打たざる得ない状況となってしまいました。

自慢のサーバーに一時的な障害が発生し、約定までに時間がかかったという声も。

そんな時でも、対応は早く顧客サポートの体制はバッチリなようです。

流出事件が起こった後でもなおbitpointへの期待感は高く、人気であることがわかります。

13位 フィスコ仮想通貨取引所 〜セキュリティの高さを求める人におすすめの仮想通貨取引所〜

仮想通貨取引所 フィスコ仮想通貨取引所

フィスコ仮想通貨取引所の評価
取り扱い通貨
(3.0)
使いやすさ
(3.0)
手数料
(3.5)
安全性・セキュリティ
(3.0)
母体の信頼性
(3.0)

13位でおすすめするのは、フィスコ仮想通貨取引所。

20年以上の歴史を持ち、あの剛力彩芽さんのCMでもおなじみだった、Zaif(ザイフ)を買収した取引所です!

フィスコは、株や投資情報サービスを20年以上続ける、日本の上場企業として有名な会社です。

2018年9月、Zaifがハッキングされてしまう事件を起こしてしまいましたが、この時、いち早く金融支援を行なったのが、このフィスコ仮想通貨取引所です。

つまり、フィスコ仮想通貨取引所は何よりも、資本力があるという安心感があるといえます!

また、Zaifはユーザーは多いものの、セキュリティの低さが、評判の悪かった点が難点でした。

これからに期待がかかるフィスコ仮想通貨取引所は、安心できるセキュリティで取引したい人におすすめです。

※仮想通貨交換業者:登録番号 近畿財務局長第00001号

フィスコ仮想通貨取引所の詳細
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • カイカコイン(CICC)

実際の利用者からは使いやすいという評判が多く挙がっています。

その反面、現状は流動性が低く、板が薄い傾向があります。

今後ユーザー獲得を強化する可能性が高いですので、中長期的に改善していくでしょう。

フィスコ仮想通貨取引所では、取引所形式に加えて販売所形式の「簡単売買」を提供しています。

現在は簡単売買を一時的にストップしていますが、近日中に再開するものと見られます。

仮想通貨初心者の方にとっては、再開が待ち遠しい状況です。

項目 手数料
メイカー注文 0%
テイカー注文 0 ~ 0.3%
日本円入金 0円(入金手数料)
日本円出金 50万円未満:350円
50万円以上:756円
ビットコイン(BTC)入金 0円
ビットコイン(BTC)出金 0.002BTC

フィスコ仮想通貨取引所は、JASDAQ上場の株式会社フィスコのグループ会社。

母体の株式会社フィスコは金融関連の情報をメイン事業としています。

上場企業のバックアップによる信頼感と、投資に関する高度な知識が揃っています。

さらに、2018年9月からは自社開発の取引所システムに完全移行済み。

セキュリティ性能が大幅に向上したことも、安心できる要因です。

Zaifからの一件で注目度が急上昇したフィスコ。

東証JASDAQ上場グループの資本力と信頼性に、Zaifの立て直しの期待がかかっています。

信頼性、話題性は抜群なものの、利用者数は他の取引所に比べて少なめ。

そのため利用感などについての評判は見受けられませんでした。

これからの展開に期待しましょう!

国内のおすすめな仮想通貨取引所ランキング 主要11社のかんたん比較表

ここまで、仮想通貨の取引所ランキングをご紹介してきましたが、以下に表をまとめてきましたのでよかったら参考にしてください。

取引所名 総合点 アプリ 安全性 手数料 通貨数
Coincheck 99点 取引・入金共に無料! 14種類
GMOコイン 99点 通常の取引は無料 7種類
DMM Bitcoin 98点 入出金が無料 11種類
bitFlyer 97点 少しお高め 11種類
ディーカレット 95点 入金手数料が無料! 5種類
TAOTAO 94点 取引・入手金無料!期間限定で建玉管理費も無料 5種類
VCTRADE 92点 取引手数料無料 3種類
bitbank 80点 メイカーはマイナス手数料 6種類
Liquid
78点 無料〜0.25% 8種類
Huobi Japan 75点 0.2%〜0.7パーセント 6種類
FXcoin 75点 取引・入金無料 1種類
BITPoint 75点 取引・レバレッジ無料 5種類
フィスコ仮想通貨取引所 65点 0.1%から0.3% 6種類

(※1)BTCとは・・・ビットコインのこと。

Coin Check事件のこともありますので、一つの取引所にまとめて預けるのではなく、オススメは3つ以上の取引所をうまく使いこなせるようになることです!

取引所ランキングはこちら!!
    1. Coincheck(コインチェック)
    2. GMOコイン
    3. DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
    4. bitFlyer(ビットフライヤー)
    5. ディーカレット
    6. TAOTAO
    7. VCTRADE(VCトレード)
    8. bitbank(ビットバンク)
    9. Liquid(リキッド)
    10. Huobi(旧ビットトレード)
    11. FXcoin
    12. BITPoint(ビットポイント)
    13. フィスコ仮想通貨取引所

おすすめは仮想通貨取引所を使い分けること!複数登録してリスクを回避

仮想通貨_取引所_複数登録

仮想通貨・ビットコインの取引所を利用する上でもっとも重要なことは複数の仮想通貨取引所に分散することです。

理由は以下の通りです。

仮想通貨取引所を使い分けるべき理由
  • リスクを回避できる!
  • 取引可能な仮想通貨の数が多いだけチャンスも多い
  • 仮想通貨取引所ごとの手数料や仮想通貨の売買価格の差で損をしない
  • 安く買って高く売れる仮想通貨取引所を見つけることができる
  • 稼ぎやすいトレンドに対応できる

リスクを回避できる!

仮想通貨_取引所_リスク

投資の世界の格言で「卵はひとつのカゴに盛るな」というものがあります。

卵をひとつのカゴに盛ってしまうと、カゴを落とした瞬間に全て割れてしまいます。

資産を一箇所に置いておくと、そこに何かあったときに全てを失うから分けておきましょう、ということです。

相場が上下する重要な時にサーバーダウンが起こる事態も考えられます。

今すぐコインを売買したいときに取引ができなければ、またとない機会を失ってしまいます。

仮想通貨取引所ごとの手数料や仮想通貨の売買価格の差で損をしない

仮想通貨_取引所_手数料_価格差

口座を使い分けるメリットは、資産分散によるリスク回避だけではありません。

仮想通貨で取引を始める際には大多数の人が『仮想通貨取引所』を利用します。

そして『仮想通貨取引所』での取引は、取引所で決められている手数料相場状況によってお得かお得じゃないかが違うのです。

複数口座を持っていたら、その時の『もっともお得な取引』ができる可能性が高くなり、取引コストで損をするリスクを避けることができるのです。

以下では具体的にどのくらい価格差があるのかを見ていきましょう。

手数料の違いを確認してみよう!

仮想通貨取引所では出金や取引の際に手数料がかかる場合があります。

手数料の設定は仮想通貨取引所によって違います。

自分が使っている仮想通貨取引所の手数料を把握していないと、知らず知らずのうちに損をしてしまうことになるのです。

仮想通貨取引所ごとの手数料の比較は以下の通りです。

今回は、取引所取引の手数料を比較しました。

ちょっと項目が多いですが、興味のある方はチェックしてみてください。

仮想通貨取引所 取引手数料 取り扱い通貨ペア 板の厚さ・流通量
bitFlyer ビットコイン:0.15%~0.01%
その他:0.2%
BTC/JPY、ETH/BTC、BCH/BTC A
Liquid by Quoine BTC/JPYは無料
他は0.25%
BTC/JPY、ETH/JPY、ETH/BTC、XRP/JPY
XRP/BTC、XRP/QASH、BCH/JPY、BCH/BTC
QASH/JPY、QASH/BTC、QASH/ETH
A
ビットバンク メイカー:-0.05%
テイカー:0.15%
BTC/JPY、XRP/JPY、LTC/BTC、ETH/BTC
MONA/JPY、MONA/BTC、BCC/JPY、BCC/BTC
A
GMOコイン メイカー:無料
テイカー:0.01%
BTC/JPY B
ビットトレード
通貨ペア メイカー テイカー
BTC/JPY 0.2% 0.2%
XRP/JPY 0.25% 0.45%
LTC/BTC 0.2% 0.7%
ETH/BTC 0.2% 0.25%
0.3% 0.7%
BTC/JPY、XRP/JPY、LTC/BTC、ETH/BTC
MONA/JPY、MONA/BTC、BCC/JPY、BCC/BTC
B
BTCボックス ビットコイン:0.05%
他は0.10%
BTC/JPY、BCH/JPY、LTC/JPY、ETH/JPY A
フィスコ仮想通貨取引所
通貨ペア 手数料
BTC/JPY
MONA/JPY
MONA/BTC
Counterpartyトークン
0.1%
BCH/JPY
BCH/BTC
0.3%
BTC/JPY、MONA/JPY、MONA/BTC、BCH/JPY
BCH/BTC、FSCC/JPY、FSCC/BTC、CICC/JPY
CICC/BTC、NCXC/JPY、NCXC/BTC
B

販売価格の違いを確認してみよう!

取引所ごとに手数料が微妙に異なることはお分かりいただけてでしょうか。

また取引所ごとに価格が違い、損をしてしまう可能性がある料金項目は手数料だけではありません。

仮想通貨の価格も仮想通貨取引所によって微妙に変わります。

一般的に販売所形式は価格が高く、仮想通貨取引所の方が安くなる傾向があります。

販売所形式は簡単に購入できる分、運営側の手数料が価格に上乗せされているのです。

まずは、同取引所で取引所取引・販売所取引の場合の価格差を見てみましょう。

今回はbitFlyerを例にみてみます。

2019年11月11日18時46分時点

販売所でビットコインを購入する場合、1BTCは946,735円。

一方で取引所でビットコインを購入する場合、1BTCは942,970円。

つまり、1BTCあたり3,765円の価格差があることがわかります。

例えば、0.01BTCを購入したいとしたら約38円の価格差になります。

このように、販売所は簡単に購入できる反面、割高になってしまうのです。

これが取引量や取引数によって大きな損失になります。

続いて、bitFlyer(ビットフライヤー)の販売所の価格と、GMOコインの販売所の価格との差を見てみましょう。

2019年11月11日18時58分時点

GMOコイン販売所のビットコイン購入価格は958,454円。

一方bitFlyer販売所のビットコイン購入価格は969,381円です。

同じ数量のビットコインを購入したとしても、この時点においてはGMOコインでビットコインを購入した方が、10,927円もお得になります。

これが例えば0.01BTCを購入したいとすると、約109円の価格差でGMOコインで購入した方がお得になります。

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

今すぐGMOコインに無料登録!


このように仮想通貨の購入価格は取引方法・仮想通貨取引所ごとによって変わります。

また仮想通貨の価格自体は相場状況によって変化するので、今の時点でお得だったとしてもずっとお得という訳ではありません。

その時々によって一番お得な取引所は変わります。

そのため、複数取引所を登録しておき比較しながら購入をしなければ損をしがちになってしまうのです。

その時に最適な仮想通貨取引所で仮想通貨を取引できるよう、仮想通貨取引所は使い分けた方がいいのです。

安く買って高く売れる仮想通貨取引所を見つけることができる

仮想通貨取引所ごとの価格の差を利用を見極めれば、その時に一番安い仮想通貨取引所で購入できたり、一番高い仮想通貨取引所で売却できるのです。

買い価格と売り価格の差のことをスプレッドと呼びます。

仮想通貨取引所スプレッド

ビットコインを例に、各仮想通貨取引所の販売所のスプレッドを確認してみてみましょう。

仮想通貨取引所 買い 売り スプレッド
bitFlyer 981,654円 933,573円 48,081円
Coincheck 971,450円 932,450円 39,000円
DMM Bitcoin  950,113円 953,484円 3,371円
GMOコイン 935,731円 967,730円 31,999円
bitbank 952,529円 949,981円 2,548円

2019年11月11日18時09分時点

表は2019年11月のある時点の数値です。

この時点では、bitFlyerのスプレッドがもっとも高く、48,081円となりました。

つまりもしこの時点にbitFlyerでビットコインを購入した場合、購入額の約5%のスプレッドを運営会社に支払っていることになるのです。

一方で、この時点でもっとも安かったのはbitbankであり、その価格差は歴然です。

仮想通貨取引所のスプレッドはその日、その時の相場状況によって変化します。

そのため、もっともスプレッドが狭い取引所もその日、その時によって変わるのです。

GMOコインは取引所・販売所ともに運営している取引所なので他社と比べて比較的どのコインでもスプレッドは狭くなる傾向にありますが、それでもある時点では最安ではありません。

要するに”もっともスプレッドの狭いお得な唯一の仮想通貨取引所”はないのです。

複数口座を開設しておけば、その時々によってスプレッドが小さい仮想通貨取引所を使うことができ、余計な損失を防いで効率的に取引をすることができます。

取引可能な仮想通貨の数が多いだけチャンスも多い

仮想通貨_取引所_チャンス

また、先ほどご紹介したように、仮想通貨取引所によって取り扱っている通貨の種類が違います

一つの通貨で利益が出しにくい場合でも、他の仮想通貨で利益を狙うことができるのです。

稼ぎやすいトレンドに対応できる

トレンドに対応しやすい

仮想通貨はFX、ICO、海外仮想通貨取引所、アルトコイン、草コインなど、稼ぎやすい手法がその時々で変化します。

また、仮想通貨取引所各社はレバレッジ取引や高性能なチャートなど、様々な機能で差別化を図っています。

そうした仮想通貨取引所の特徴を生かして仮想通貨のトレンドに乗ることで、取引の幅を広げることができるのです。

例えば、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)アルトコインFXの取り扱い銘柄数が18種類と豊富だけれど、現物取引の種類が少ない

一方でGMOコインFXの通貨ペア数は少ないけれど、取引所取引でのレバレッジ取引が5種類と、国内最多。

このように、仮想通貨取引所ごとに優れている点は異なっているのです。

2つに登録し欠点を補うことで、取引方法の幅を広げることができます

そして取引の幅が広がれば、仮想通貨のトレンドに対応でき、稼ぎやすくなります

このことからも最低でも3つの仮想通貨取引所に登録し、日本円を入金しておくことをおすすめします。

仮想通貨取引所の開設は無料ですので、とりあえず開設してみて使いやすいと思うところをメインにするやり方がおすすめです。

仮想通貨取引所ごとに特徴があって、実際に使ってみないとわからないところもあるので私はそのようにしています。

取引所ランキングはこちら!!
    1. Coincheck(コインチェック)
    2. GMOコイン
    3. DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
    4. bitFlyer(ビットフライヤー)
    5. ディーカレット
    6. TAOTAO
    7. VCTRADE(VCトレード)
    8. bitbank(ビットバンク)
    9. Liquid(リキッド)
    10. Huobi(旧ビットトレード)
    11. FXcoin
    12. BITPoint(ビットポイント)
    13. フィスコ仮想通貨取引所

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

今すぐCoincheckに無料登録!

初心者でも安心して仮想通貨取引所を選ぶ10のポイント

仮想通貨_取引所_選び方

仮想通貨の取引所を選ぶ上で重要なポイントは、

仮想通貨取引所を選ぶ10つのポイント
  1. 手数料やスプレッドの安さ
  2. 取り扱い通貨の数
  3. 取引所の使いやすさ
  4. サービスのわかりやすさ
  5. 運営元の信頼度や安全対策で比べる
  6. キャンペーンやキャッシュバッグで情報を比べる
  7. サーバーの強さで比べる
  8. スマホアプリの使いやすさで比べる
  9. 仮想通貨FX対応の有無と取引ツールで比べる
  10. 実際に人気の仮想通貨取引所で比べる

①手数料やスプレッドの安さ

仮想通貨の取引所を選ぶ上で、まず重要になってくるポイントは、手数料やスプレッドの安さです。

仮想通貨を取引する上で手数料は、主に仮想通貨の売買や、法定通貨(日本円や米ドル)の入出金、どこかに仮想通貨を送金する際にかかってきます。

主に仮想通貨投資をする上で気をつけるポイントは、仮想通貨の売買の際にかかってくる手数料です。

取引を繰り返すたびに手数料を取られていては意味がないので、まずは売買手数料が安い仮想通貨取引所をチェックしましょう。

まったくの初心者の方にオススメの販売所であれば、

GMOコインが手数料やスプレッドが安くオススメです。

仮想通貨取引所 GMOコイン

②取り扱い通貨の数

次に重要なポイントは、仮想通貨取引所の取り扱い通貨の数です。

仮想通貨は1500種類以上あると言われていますが、国内仮想通貨取引所で取引できる通貨は限られてきます。

取り扱い通貨の数は多ければ多いほど、投資のチャンスが眠っています。ですので取り扱い通貨の数は仮想通貨取引所を決める上で非常に重要です。

国内仮想通貨取引所の中で取り扱い通貨の数だけで選ぶと、 Coincheck(コインチェック)が14種類と多いです。

>>>Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら<<<

Coincheck(コインチェック)の登録はこちら

③仮想通貨取引所の使いやすさ

そして最後に重要なのが、仮想通貨取引所の使いやすさです。

仮想通貨の取引所はあなたにとって使いやすいものでなければ、取引を上手に行うことができません。

基本的に仮想通貨はパソコンで取引をしますが、取引所によってはスマホアプリでもより簡単に取引ができます。

あなたがもっとも使い易いと感じる仮想通貨取引所を選びましょう

取り扱い銘柄が金融庁認可取引所で国内最多で取引方法も豊富なのでオススメです。

>>>Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら<<<

Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら

さらにくわしい仮想通貨の始め方に関しては、以下に仮想通貨の始め方をやさしく解説した記事を用意したので、合わせて参考になさってください!

MEMO

仮想通貨取引所の選び方について、気を付ける点や比較点について詳しくはこちら

④サービスの分かりやすさ

仮想通貨取引所には様々なサービスがあります。

単に現物の仮想通貨の取引だけではなく、仮想通貨FXであったり仮想通貨を貸し出す事で利益をえるレンディング積立投資などもあります。

自分の利用したいサービスが使える取引所であり、さらにそれが分かりやすく使える取引所を選ぶ事でストレスフリーに自分のしたい仮想通貨投資ができるようになるでしょう。

サービスの分かりやすさでは、レンディングやでんき(現在停止中)のサービスも行なっているコインチェックがおすすめです。

>>>Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら<<<

Coincheck(コインチェック)の登録はこちら

⑤運営元の信頼度や安心性とセキュリティーの高さで比べる

仮想通貨取引を行う時に気になることの上位でもある要素が、セキュリティーの高さではないでしょうか?

日本でも主要取引所のハッキングによる仮想通貨流失事件は大きな衝撃を与えました。

ご自身の資産を守るという点において、仮想通貨取引ではハッキングにあわないような安全性の高い取引所を選ぶ事が大切です。

例えば、GMOコインDMM Bitcoinはもともとインターネット金融事業を中心に事業展開をしている企業です。

そのため為替FXなどのサイトの運営などの実績もあり、大手企業の取引所のためセキュリティーや信頼度のある取引所と言われています。

⑥キャンペーンやキャッシュバッグ情報で比べる

仮想通貨取引所は、口座開設や定期的にキャンペーンを行なっているところが多いです。

自分の口座開設のタイミングや定期的にお得なキャンペーンやキャッシュバックを行なっている取引所を選んで、お得に仮想通貨取引をしてみましょう!!

取引所実施キャンペーン期間
GMOコイン「仮想通貨FX」の新規お取引金額が600万円以上/抽選で毎日1名様に現金10,000円毎日 6:00 ~ 5:59
BINANCE(バイナンス)特定通貨取引高ランキングで高級外車ランボルギーニやポルシェをプレゼント終了
BitMEX(ビットメックス) 取引手数料10%割引キャンペーン
ステラ先物上場、100000ドル宝くじキャンペーンなど
終了
Liquid by Quoine(リキッド)新規口座開設と入金で抽選で3,000円相当のビットコインをプレゼント2019年11月1日(金)〜 12月10日(火)
coinchekck(コインチェック)口座開設で最大20,000円キャッシュバック終了
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)口座開設で1,000円キャッシュバック2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分
bitbank(ビットバンク)1億円以上の取引で20%の取引手数料キャッシュバック毎月1日0時0分0秒〜
月末日23時59分59秒

>>>Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら<<<

Coincheck(コインチェック)の登録はこちら

⑦サーバーの強さで比べる

仮想通貨の価格が急騰または急落したときには、利益が得やすくなるため多くの人が取引をしようとします。

そのためサーバーが弱い取引所だと、『アクセスが集中しすぎて取引が行えない』という状況になるリスクがあります。

日々デイトレードなどを行う方はもちろん、チャンスを逃したくない方は特にサーバーの強さも取引所選択の上で重要な要素になります。

GMOコインは、インターネット事業も多く手がけるGMOインターネットグループが手がける為、サーバーは比較的安心して取引が行える取引所です!

>>>GMOコインの公式サイトはこちら<<<

今すぐGMOコインに無料登録!

⑧スマホアプリの使いやすさで比べる

仮想通貨取引を本業として行う訳ではない場合は、スマートフォンから取引を行なったり、チャートをチェックすることも多いのではないでしょうか?

スマホでの取引を頻繁に行う場合、スマホアプリの使いやすさは取引所選びにおいて重要なファクターです

各取引所のスマホアプリでデモトレードをするなどして、自分の使いやすそうな取引所を選びましょう。

仮想通貨FXなども行う場合は、GMOコインのスマホアプリであるビットレ君が人気です!

仮想通貨FX(レバレッジ取引)のサービス内容で比較する

仮想通貨は、現物取引の他にFX(レバレッジ)取引ができます。

FX( レバレッジ取引)を行いたい場合、以下のことを比較すると有効です。

 FX(レバレッジ取引)をする際の比較項目

  1. 取り扱い通貨
  2. レバレッジ倍率
  3. ポジション手数料
  4. 取引ツール

レバレッジ倍率や取引手数料だけにとらわれず、取引したい通貨があるどうかやアプリなどが使いやすさもみて自分の取引スタイルにあったFX取引所を選ぶようにしましょう。

取引所取り扱い通貨レバレッジ倍率ポジション手数料*ツール
GMOコインBTC,ETH,BCH,LTC,XRP4倍0.04%スマホアプリ
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)BTC,ETH,XEM,XRP,LTC,ETC,BCH,MONA,XLM,BAT,NEM4倍0.04%スマホアプリ
Liquid by Quoine(リキッド)BTC,ETH,XRP4倍0.1%スマホアプリ
bitFlyer(ビットフライヤー)BTC4倍0.04%スマホアプリ

 *ポジション手数料は「スワップポイント」と表記されている場合もあります。

もっと高倍率でレバレッジ取引をしたい場合、海外取引所がおすすめです。

海外取引所では日本よりも取り扱い通貨が多くレバレッジ倍率も高倍率で取引できます。

海外取引所ではBitMEX(ビットメックス)が日本語対応で幅広いトレーダーに人気です。

⑩実際に人気の仮想通貨取引所で比べる

国内の仮想通貨取引所は数多くありますが、中でもユーザー数の多い取引所を選ぶことが有効です。

というのも取引所では、多数の人多額の取引を行なっていると注文が通りやすいという面があるからです。

つまり人気の取引所では、そうでない取引所よりも圧倒的に取引がしやすくなります

ゼロはじでは2019年4月28日~5月8日の期間で100人の仮想通貨投資家に『メインに使っている仮想通貨取引所』をアンケート調査しました。

結果として人気の取引所はCoincheck(コインチェック)GMOコインの2つでした。

コインチェックは初心者でも使いやすく、取り扱い通貨も多く手数料もお得なので人気なのも納得できる取引所でしょう。

>>>Coincheck(コインチェック)公式サイトはこちら<<<

Coincheck(コインチェック)の登録はこちら

仮想通貨取引所比較アンケート!

仮想通貨取引所_おすすめ_ランキング_アンケート

ゼロはじでは、仮想通貨投資家100人に仮想通貨取引についてのアンケートを行いました。

多くの人がどのようなスタイルで何に気をつけて仮想通貨取引を行なっているかを参考に自分の取引スタイルを決めてみましょう!

調査概要

【アンケートデータ概要】
【調査対象】仮想通貨投資家100名
【調査方法】アンケート調査 (ゼロはじ独自調査)
【調査日時】2019年4月28日~5月8日 【回答者数】100名
【調査会社】株式会社Kcabo

仮想通貨アンケート結果1:性別・年齢・職業

アンケート対象の性別・年齢・職業の割合は以下のような結果でした。

アンケート結果では、男性30代の会社員の方が仮想通貨取引をメインに行なっている投資家そうのようですね。

仮想通貨アンケート結果2:海外取引所の使用と持っている海外取引所

海外の仮想通貨取引所は、取り扱い通貨数やレバレッジ倍率など魅力的なところもたくさんありますが、言語やセキュリティー、手間などを考えると手を出しづらところもあるかと思います。

どのくらいの方が海外の取引所を利用していて、海外取引所で取引を行なっている方はどこの取引所を利用しているのかアンケートをとってみました。

見事に、1/4の方が海外取引所を使っているというわかりやすい結果になりました。

海外の取引所では、やはり取引高も高く人気のBINANCEの利用が一番多く、続いてBINANCEでも取り扱っていない草コインの購入ができるHitBTCが人気のようです。

3,4位のBitMEXやcoinExchangeは高レバレッジで仮装通貨FXが行えることで人気の取引所です。

仮想通貨アンケート3:メインで使っている仮想通貨取引所

続いて取引でメインに使っている仮想通貨取引所について質問してみました。

メインに使っている取引所では、UIやUXが使いやすいことで人気のコインチェックの利用が最も多いようです。

GMOコインもまた、使いやすさが評価されているので、頻繁に使う取引所はやはり使いやすさ重視になってくるのではないでしょうか。

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

今すぐCoincheckに無料登録!

仮想通貨アンケート4:口座を持っている仮想通貨取引所

次に保有している取引所口座について尋ねてみました。

保有取引所としても1位はCoincheck(コインチェック)となり、コインチェックの人気さがわかる結果となりました。

仮想通貨アンケート5:メインの投資通貨

さらに、どの通貨に主に投資しているのか尋ねてみました。

メインの投資通貨としては、やはり時価総額同様ビットコインがほぼ半数をしめる結果となりました。

それに続き、リップルイーサリアムビットコインキャッシュネムといった主要アルトコインに人気が集まっています。

その他の通貨としては、テザーやダッシュ、モナコイン 、リスクなどの通貨をメイン投資通貨にされている方もいるようでした。

仮想通貨アンケート6:所持している仮想通貨

メイン投資通貨以外に保有している仮想通貨はどの通貨か尋ねてみました。

やはり、サブの投資通貨としても、イーサリアム 、ビットコイン、リップルが3強で人気でした。

注目要素としては、メイン通貨にはなかったモネロにサブ通貨として投資している人が多いことでしょう。

その他の通貨としては、バイナンスコイン(BNB) やカルダノ(ADA)、アイオータ(MIOTA)などのが上がっていました。

仮想通貨アンケート7:レバレッジ取引をしたことがありますか?

様々な注文方法ができたり、売りから入れたり、資金以上の額の投資が行えることから人気のレバレッジ(FX)取引ですが、取引経験があるかどうか尋ねてみました。

レバレッジ取引を行なった経験のある人は、全体の1/4弱でした。

やはり、レバレッジ取引はリスクや注文方法の難しさから敬遠されがちなのでしょうか?

レバレッジ取引は現物取引よりもリスクが高くはありますが、様々な注文ができたりメリットもたくさんあります。

今からでも、レバレッジ取引に挑戦したい方はこちらを参考にしてみてください。

仮想通貨アンケート8:あなたの投資スタイルは?

レバレッジ取引以外にも仮想通貨取引のスタイルは色々とあります。

どのような投資スタイルで仮想通貨取引を行なっているか尋ねてみました。

仮想通貨の将来性を考えて投資する長期投資のスタイルの方が最も多くいましたが、短期取引もほぼ同じ割合なので、投資スタイルは特に長期・短期どちらがメジャーという訳でもなさそうです。

ご自身のライフスタイルによって投資のスタイルを選び、自分がもっともやりやすい取引方法で仮想通貨取引をしましょう。

仮想通貨アンケート9:無料だと嬉しい手数料は?

仮想通貨を取引する上で、どうしても気になってくるのが手数料ではないでしょうか?

そこで、どの手数料が無料だと嬉しいか尋ねてみました。

最も気になる手数料は取引手数料でした。

取引するたびにかかってくる取引手数料は、取引する回数が多いほど気になりますよね。

仮想通貨アンケート10:仮想通貨の口座開設まで何日くらいかかりましたか?

これから仮想通貨の口座開設をする方にとって気になるのが口座開設にかかる時間ではないでしょうか?

実際にどのくらいの時間がかかったのか尋ねてみました。

回答では、4日以上が半数ほどおり口座開設には4日以上を見ておいた方が良さそうに思えます。

しかし、ご回答いただいた投資家の皆さんは2017年の仮想通貨急騰時に口座開設された方も多いようです。

2017年は仮想通貨人気が一気に高まり、取引人口も増えた関係で、口座開設に1週間ほどの時間がかかったとみられます。

実際に現在では、ほとんどの取引所が2~3日で口座開設ができます。

仮想通貨人気が再びやってくる前に口座開設をしておけば、時間のロスや仮想通貨を高値で取引するなどのリスクを避けることができます。

早めに口座開設をしておくと良いでしょう。

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

今すぐCoincheckに無料登録!

仮想通貨アンケート11:おすすめの仮想通貨取引所は?

すでに、仮想通貨投資を行なっている皆さんに、どの取引所がおすすめか尋ねてみました。

おすすめの取引所として多かったのはGMOコインです。

GMOコインは使いやすく、初心者でも安心して使えることからおすすめで切る取引所というのもなっ遠くですね。

仮想通貨アンケート12:投資経験を教えてください

仮想通貨取引を投資家の皆さんに他にもどのような投資を行なっているのかご自身の投資経験についても伺ってみました。

仮想通貨の他には、株式の投資とFX投資を行なってらっしゃる方が多いようでした。

メジャーな投資方法である株式やFXは、仮想通貨と合わせて行うことで分散投資効果も発揮できます。

仮想通貨アンケート13:始めたきっかけは?

仮想通貨投資を始めたきっかけについても伺ってみました。

仮想通貨取引を始めたきっかけとして最も多かったのは友人からの勧めでした。

さらに、2017年のBTCの上昇から仮想通貨が流行し知名度が上がり始めた方も多いようです。

仮想通貨アンケート14:仮想通貨は何口座持っていますか?

仮想通貨取引所の口座は1つで十分と思っていませんか?

本当は、取引所ごとの機能などの使い分けの他にも、どこかの取引所が使えなくなったりした時のリスクヘッジとして複数の取引所を持っている方がいいと言われています。

ここでは投資家の皆さんは、いくつの口座を保有しているのか尋ねてみました。

1口座だけ保有している方も多いですが、半数ほどの方が複数の口座を保有しています。

仮想通貨取引所の口座は無料で作れますし、持っていることで料金がかかるわけではありません。

キャンペーンなどを使って複数口座開設しておいてはいかがでしょうか?

仮想通貨アンケート15:あなたの仮想通貨取引所の選び方は?

仮想通貨取引所を選ぶみなさんは、選ぶ基準がたくさんあり結局どの基準で選べばいいのか?と思っていませんか?

投資家のみなさんが、実際に何を基準に取引所を選んだのか聞いてみました。

選択基準としては、セキュリティーと頻繁に取引する場合は気になってくる手数料が多いようです。

また、知名度や信頼性、使いやすさを考慮される方も多いようですね。

その他の理由としては、友人や口コミから取引所を選べられる方や、キャンペーンやサポートが選択基準になっているようです。

仮想通貨アンケート16:仮想通貨取引所に不便な点、改善して欲しいところはありますか?

取引所を利用している時に不便に思われる点などを尋ねてみました。

最も不満な点としてあげられたのは手数料の高さです。

日々取引する上で手数料はどうしても気になってくる要素なので、取引所を選ぶ時には、手数料や使いやすさなども考慮して選ぶといいでしょう。

仮想通貨アンケート17:今後、仮想通貨は価格が上昇すると思いますか?

5月になり、価格も急上昇し気になる仮想通貨の今後ですが、仮想通貨の今後についてどう思われるか投資家の皆さんに尋ねてみました。

半数以上の方が、今後なんらかの可能性で伸びるのではないかと考えられているようです。

ただし、2017年のバブル後の急落からみて伸び悩み続けると予想されている方も1/3ほどいらっしゃるようでした。

仮想通貨アンケート18:仮想通貨トレーダーにアドバイスをお願いします!

最後に、アンケート回答者の仮想通貨投資家の皆さんに仮想通貨トレーダーに向けてのアドバイスをいただきました。

最も多かったアドバイスは、「少額で余剰資金から投資を始めよう」というアドバイスです。

投資の基本は余剰資金で行うことなので、何かあっても困らない金額で投資を始めましょう。

また、最初から期待しすぎるのではなく、長期的視点でコツコツと知識をつけながら始めることが大切なようです。

仮想通貨投資は投資の知識をつける最初の一歩としてもおすすめという声もあるので、まずはお試し感覚で少額から初めてみるのも良いでしょう。

仮想通貨取引所別の取り扱い通貨比較&主要通貨の動向!

仮想通貨の取引所ごとの取り扱い通貨をまとめてみました!

仮想通貨の種類が多いということは、利益を上げるチャンスが増えるということ。

仮想通貨取引所を複数使い分けて、気になる仮想通貨を取引できる環境を整えるのがおすすめです。

この章ざっくりまとめ
この章ざっくりまとめ

  • 国内で取引ができる通貨は20種類
  • 流通量の多いビットコイン、イーサリアムはほとんどの取引所で対応されている
  • 流通量が多いにも関わらずリップルは取引ができる取引所が少ない
  • リップルで取引ができるかどうかを基準に取引所を選ぶ人が多い!

国内で取引ができる通貨と、取引所別取り扱い通貨比較

現在、金融庁によって取り扱いを許可されている仮想通貨は、以下の20種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ネム(XEM)
  • リスク(LSK)
  • キャッシュ(QASH)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • カウンターパーティー(XCP)
  • ザイフ(ZAIF)
  • ビットクリスタル(BCY)
  • ストレージコインエックス(SJCX)
  • ぺぺキャッシュ(PEPECASH)
  • カイカコイン(CICC)
  • ゼン(Zen)
  • コムサ(CMS)

仮想通貨取引所ごとの取り扱い仮想通貨を比較してみました。

仮想通貨取引所 取り扱い仮想通貨 合計
DMM Bitcoin
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサクラシック(ETC)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • モナコイン (MONA)
  • ベーシックアテンショントークン
    (BAT)
11種類
Coincheck
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ファクトム(FCT)
  • モナコイン(MONA) 
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
14種類
フィスコ仮想通貨取引所
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • カイカコイン(CICC)
6種類
bitbank
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
6種類
bitbankTrade
  • ビットコイン(BTC)
1種類
bitFlyer
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアムクラシック(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • LISK(LSK)
  • ベーシック・アテンション・トークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
11種類
BitTrade
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
6種類
Liquid
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • キャッシュ(QASH)
5種類
VCTRADE
  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
3種類
GMO コイン
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(XEM)
  • ステラルーメン(XLM)
7種類

以上であげた10つの国内取引所では、Coincheckが最多の取り扱い通貨です。

流通量の多いビットコイン、イーサリアムはほとんどの仮想通貨取引所で対応していることがわかります。

しかし、リップルは日本国内での人気に対して取り扱いが少なめ。

これに伴ってか、リップルを取り扱っているかどうかを基準に仮想通貨取引所を選ぶ方が多いようです。

主要な仮想通貨の価格動向(比較チャート)

実際に仮想通貨取引所で仮想通貨を売買する際には、過去のチャートを参考にして今後の値動きを予想しましょう。

特に人気のあるビットコイン、イーサリアム、リップルの値動きは以下の通りです。

BTC/JPYはBitfinex,ETH/JPYとXRP/JPYはKrakenのチャートを表示しています。

それぞれの仮想通貨の価格変動で似ている点、異なる点に目をつけるでも相場観が養われるのでおすすめです。

仮想通貨取引所30社の評価一覧

仮想通貨_取引所_評価一覧

ここまでは国内の仮想通貨取引所の主要な仮想通貨取引所をご紹介してきましたが、仮想通貨の取引所は国内外合わせて200種類以上もあります!

200種類それぞれに特徴はありますが、あなたが国内の仮想通貨取引所に慣れてきたら人気の30社は一度確認した方が良いです。以下には30社の評価一覧表を掲載します。

もし、あなたがいま人気の30社に興味がある場合は、以下の記事もチェックして見てくださいね。

 

ゼロはじのビットコイン取引所ランキング 総合評価 国内/海外 セキュリティの高さ
第1位 Coincheck 5★★★★★ 国内 5★★★★★
第2位 GMOコイン 5★★★★★ 国内 5★★★★★
第3位 DMM bitcoin 5★★★★★ 国内 5★★★★★
第3位 BitMEX 5★★★★★ 海外 4★★★★☆
第4位 FISCO 5★★★★★ 国内 5★★★★★
第5位 bitbank 5★★★★★ 国内 5★★★★★
第6位 Bittrex 5★★★★★ 海外 4★★★★☆
第7位 Shapeshift 5★★★★★ 海外 5★★★★★
第8位 bitFlyer 4★★★★☆ 国内 5★★★★★
第9位 Liquid 4★★★★☆ 国内 5★★★★★
第10位 Huobi Japan 4★★★★☆ 国内 4★★★★☆
第11位 Binance 4★★★★☆ 海外 3★★★☆☆
第12位 Kraken 4★★★★☆ 海外 5★★★★★
第13位 Coinexchange 3★★★☆☆ 海外 3★★★☆☆
第14位 GDAX 3★★★☆☆ 海外 4★★★★☆
第15位 HitBTC 3★★★☆☆ 海外 3★★★☆☆
第16位 cex.io 3★★★☆☆ 海外 5★★★★★
第17位 Poloniex 3★★★☆☆ 海外 4★★★★☆
第18位 Yobit 3★★★☆☆ 海外 3★★★☆☆
第19位 Liqui 3★★★☆☆ 海外 3★★★☆☆
第20位 Cryptopia 3★★★☆☆ 海外 3★★★☆☆
第21位 Gatecoin 3★★★☆☆ 海外 2★★☆☆☆
第22位 Livecoin 3★★★☆☆ 海外 3★★★☆☆
第23位 Bitbay 3★★★☆☆ 海外 4★★★★☆
第24位 itBit 3★★★☆☆ 海外 4★★★★☆
第25位 Bibox 3★★★☆☆ 海外 3★★★☆☆
第26位 Bit-Z 3★★★☆☆ 海外 3★★★☆☆
第27位 BITFINEX 3★★★☆☆ 海外 5★★★★★
第28位 Lemuria 3★★★☆☆ 国内 4★★★★☆
第29位 bitbankTrade 5★★★★★ 国内 5★★★★★

取引手数料比較一覧表

仮想通貨取引には取引をする際の手数料がかかることあります。

taker,makerの違いについては下記の質問欄をご覧ください。

取引所名取引手数料
coincheck(コインチェック)無料
bitbank(ビットバンク)maker:-0.05%
taker:0.15%
bitFlyer(ビットフライヤー)無料〜0.2%
BTCBOX0.10%
c0ban無料
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)無料
Fisco(フィスコ)0.1%〜0.3%
GMOコインMaker:-0.01%、Taker:0.05%
Huobi Japan無料
Liquid(リキッド)無料
VCTRADE(VCトレード)無料
みんなのBitcoin0.25%

国内で取引できる主な仮想通貨一覧

仮想通貨は2000種類以上ありますが、国内で取引できる仮想通貨はその中でも限られたものです。

仮想通貨名通貨略称
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)BCH/BCC
BitCrystals(ビットクリスタル)BCY
Bitcoin(ビットコイン)BTC
CAICA Coin(カイカコイン)CICC
counterparty(カウンターパーティ)XCP
c0ban(コバン)RYO
Ethereum(イーサリアム )ETH
Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)ETC
Factom(ファクタム)FCT
FiscoCoin(フィスココイン)FSCC
Lisk(リスク)LSK
Litecoin(ライトコイン)LTC
MonaCoin(モナコイン )MONA
NCXXCoin(ネクスコイン)NCXC
NEM(ネム)XEM
Pepe Cash(ペペキャッシュ)PEPECASH
QASH(キャッシュ)QASH
Ripple(リップル)XRP
StorjcoinX(ストレージ・エックス)SJCX
Zaif Token(ザイフトークン)ZAIF
Zen(ゼン)JPYZ

国内で取引できる仮想通貨のうち、ビットコインに代替するほど伸びるともっとも将来に期待されている仮想通貨があります。

それは時価総額ランキング2位の”イーサリアム”です。

それぞれの仮想通貨には特有の個性があり、それによって投資家たちは将来その価格を伸ばすかどうかを推測し仮想通貨に投資をします。

株で投資をする場合も、株の発行元である企業か有望かどうかを推測しますよね。

それと同様に仮想通貨も仮想通貨自体のもつ機能がどのような特徴をもつか、有望を知っておくことで投資先仮想通貨の値動きを予想することができます。

入出金手数料比較一覧表

取引所への入金の際には、クイック入金など特別な入金をする際には手数料がかかりますが、それ以外の手数料は基本的にかかりません。

出金手数料は以下のように取引所のよって異なります。

取引所名 入金手数料 出金手数料
bitFlyer (ビットフライヤー) 無料 *1 550円 (3万円以上出金時は756円) *2
Coincheck (コインチェック) 無料 *3 407円
DMM Bitcoin(DMMビットコイン) 無料 無料
GMOコイン 無料 無料
bitbank (ビットバンク) 無料 *4 540円 (3万円以上出金時は756円)
Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) 無料 500円

出金をする際にはほとんどの取引所で手数料がかかります。

しかし、GMOコインとDMM Bitcoin(DMMビットコイン)では出金手数料もかからないため、かなりお得です。

MEMO

※1:クイック入金=324円
※2:三井住友銀行口座の場合、出金金額が3万未満=220円 / 3万円以上=440円
※3:クイック入金は756円
※4:クイック入金の対応なし

取り扱い通貨数・種類比較表一覧

どの取引所も基本的にビットコインは取り扱っていますが、アルトコインは取引所により取り扱い通貨が異なります。

お目当の通貨がある場合は、その通貨を取り扱っているか確認してから登録しましょう。

取引所通貨数通貨種類
coincheck(コインチェック)14BTC/ETH/XRP/BCH/ETC/LSK/FCT/XEM/LTC/MONA/XLM/QTUM/BAT/IOST
GMOコイン7BTC/ETH/XRP/LTC/BCH/XEM/XLM
DMMBitcoin(DMMビットコイン)11BTC/ETH/XRP/LTC/BCH/ETC/XEM/MONA/XLM/BAT/QTUM
bitbank(ビットバンク)6BTC/ETH/XRP/LTC/BCH/MONA
Fisco(フィスコ仮想通貨取引所)6BTC/BCH/MONA/FSCC/CICC/NCXC
VC TRADE(VCトレード)4XRP/BTC/ETH/BCH
bitFlyer(ビットフライヤー)11BTC/ETH/XRP/LTC/BCH/ETC/LSK/MONA/
BAT/XLM/NEM
Liquid(リキッド)5BTC/ETH/XRP/QASH/BCH
Huobi Japan6BTC/ETH/XRP/BCH/LTC/MONA
BTCBOX4BTC/ETH/BCH/LTC
Bitgate1BTC
みんなのBitcoin3BTC/ETH/BCH
c0ban1RYO

表によるともっとも取り扱い銘柄数の多い取引所は、Coincheckです。

投資先通貨の種類が多ければ多いほど、分散効果が発揮できるのでローリスクミドルリターンが見込めもっとも効率のよい取引ができます。

金融庁認可済みの国内取引所と申請中の取引所は

国内の取引所は、金融庁に正式に仮想通貨取引所として認可されている取引所と審査中で「みなし業者」として営業されている取引所があります。

セキュリティーを重視するなら、認可されている取引所を選びたいですね。

仮想通貨取引所金融庁認可口座開設
coincheck
GMOコイン
DMMBitcoin(DMMビットコイン)
bitbank(ビットバンク)
Fisco(フィスコ仮想通貨取引所)
VC TRADE(VCトレード)
bitFllyer(ビットフライヤー)
Liquid(リキッド)
Huobi Japan
BTCBOX
みんなのBitcoin審査中停止中
c0ban審査中
未定(株式会社マネーパートナーズ)
未定(株式会社ビットアルゴ取引所東京)
未定(株式会社BITOCEAN)
Xtheta
Bitgate停止中

仮想通貨FXができる仮想通貨取引所一覧と取り扱い通貨比較一覧

仮想通貨FXがしたい場合は、仮想通貨FXができる取引所を選びましょう。

また、取引所によって最大レバレッジ倍率やFX取引ができる通貨が異なってくるので自分の取引スタイルに合わせて取引所を選ぶと良いでしょう。

取引所最大レバレッジ倍率取り扱い通貨
GMOコイン4倍BTC/ETH/XRP/LTC/BCH
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)4倍BTC/ETH/XRP/LTC/BCH/XEM/ETC/MONA/QTUM/BAT/XLM
Liquid(リキッド)4倍BTC/ETH/XRP
bitFlyer4倍BTC

仮想通貨取引の始め方と仮想通貨取引の流れ

仮想通貨取引所_おすすめ_ランキング_始め方

仮想通貨取引は、たったの3ステップでできます。

仮想通貨取引の流れ
  1. 仮想通貨取引所の口座開設・登録
  2. 日本円の入金
  3. 仮想通貨取引

所要時間としては、口座開設をしてから承認のハガキが送られてくるのに2〜3日ほどかかるだけで、登録と入金はそれぞれ10分ほどでできます。

口座開設に必要なもの

まずは口座開設に必要なものを準備しましょう。

国内取引所の場合、口座開設に必要なものは以下のものです。

口座開設に必要なもの
  • 本人確認書類→写真付きのもの1つor写真付きでないもの2つ
  • メールアドレス
  • インターネット環境
  • PCorスマホ

本人確認書類は写真付きの免許書などなら1つ、写真付きでないものでは2つ必要になる取引所が多い傾向にあります。

取引所によっては、顔つきの本人確認書類出ないと登録ができない場合もあるので、必ずチェックしましょう。

仮想通貨取引所(ビットコイン取引所)の口座開設・登録をする

まずは、自分の使う取引所を選んで口座開設・登録をする必要があります。

口座開設は、インターネット接続環境・メールアドレス・本人確認書類があれば10分ほどでできます。

口座開設は、以下の3ステップで家にいるだけでできます。

口座開設の流れ
  1. メールアドレスの登録
  2. 個人情報などの記入と本人確認書類のアップロード
  3. 確認書類の受け取り

基本的に仮想通貨取引所では上記の3ステップで登録が完了します。

個人情報の入力は長くても10分、郵送が届くまでは平均2~3日かかるとされているので、口座開設までは平均4日ほどとみて良いでしょう。

余裕を持って口座登録をすることをお勧めします。

MEMO

海外の取引所に関しては、本人確認書類を提出しなくても取引が始められる取引所も多くあります。

しかし日本円を送金する際に、国内取引所の口座を持っていれば迅速かつお得なので、海外取引所で取引を考えているかたも、国内取引所の口座は開設しましょう。

日本円を入金する

口座開設ができたら、仮想通貨を購入するための日本円を入金する必要があります。

日本円の入金は、銀行から入金する他、コンビニ入金ネットバンクPay-easyからのクイック入金などが行えます。

日本円を仮想通貨取引所の口座に入金する手段

  • 銀行
  • コンビニ入金
  • ネットバンキング
  • Pay-easy

おすすめは、手数料も安く簡単に早く入金手続きができるネットバンクからの入金です。

特に、GMOあおぞらネット銀行ネットバンキングから行うことがオススメです。(ネットバンキングの場合、スマホだけで入金が可能に。)

GMOあおぞらネット銀行は手続きがかんたんなだけでなく、使いやすいスマホアプリから入金できるので便利です。

GMOあおぞらネット銀行であれば、一定回数ATM手数料や振込手数料が無料なので、ムダな出費も抑えられます。仮想通貨を取引する場合は、GMOあおぞらネット銀行の口座開設を強くオススメします。

→ GMOあおぞらネット銀行公式サイトはこちら

GMOあおぞらネット銀行の口座開設はこちら

仮想通貨を取引する(仮想通貨を購入する)

口座開設と入金が終われば、仮想通貨取引を始めることができます。

仮想通貨取引というと難しそうに思いますが、購入する通貨と数量を決め「買い」のボタンをクリックすれば誰でも簡単に購入することができます。

購入の方法には、現物であればその時の値段で購入する「成行」とあらかじめ売買の値段を決めておき、その値段になったら売買が成立する「指値」があります。

まずは、成行と指値注文から始めてみましょう。

投資にどれくらいの時間とリスクを払えるのかで自分にあった取引方法を見つけて取引することが重要です。

詳しい仮想通貨購入方法は下記の記事を参考に!!

利益が出たら取引所から出金しよう

仮想通貨取引所_出金

仮想通貨の取引で利益が出たら、仮想通貨を使っての決済を考えていなければ、銀行などに出金しないとそのお金は使えません。

ただし、出金には手数料かかるので、頻繁に出金するのではなく一気に出金することをおすすめします。

また、出金は出金手続きをしたからといってすぐ口座に振り込まれる訳ではないので、時間に余裕を持って出金手続きを行いましょう。

取引を始めたら、ハードウェアウォレットも検討しよう

実際に取引を始めたら、資産管理を考える上で、ハードウェアウォレットの購入も検討しましょう。

ハードウェアウォレットは、仮想通貨を物理的に管理するお財布です。

最近では、仮想通貨が流出してしまう事件や、不正な取引が認められてしまうという事件がありましたが、これらの事件の多くは 、仮想通貨取引所のセキュリティミスが原因です。

ハードウェアウォレットを持っていれば、仮想通貨取引所のウォレットから取り出して、自分で購入した仮想通貨を管理することができるので、万が一の事件から、あなたの資産を守ることができます。

>>>ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」公式サイトはこちら<<<

「Ledger Nano S」公式サイトはこちら

初心者にはソフトウェアウォレットもおすすめ!

ハードウェアウォレットが使いこなせるか不安という方は、クライアント型のソフトウェアウォレットから初めてみるのがおすすめです。

MEMO

「クライアント型のソフトウェアウォレット」とは、自分のPCやスマホにダウンロードしてもらうアプリ形式のウォレットです。

安全性だけで見ればハードウェアウォレットの方が優れていますが、仮想通貨取引所のウォレットに預けっぱなしにするよりはるかに安全。

ハードウェアウォレットに比べて使いやすく、無料で使えるものがほとんどです。

ソフトウェアウォレットなら初心者でも使いやすいGinco(ギンコ)がおすすめ。

仮想通貨(ビットコイン)を始めるときによくある質問Q&A

仮想通貨_取引所_質問

仮想通貨を始めるにあたってよくある質問をまとめてみました。

仮想通貨には取引所と販売所があると聞いたけど?

仮想通貨の取引所には取引所と販売所の二つの形態があります。

それぞれ何が違うかと言うと、取引する相手が異なってきます。

仮想通貨取引所は取引所を使っている他のユーザー相手に取引しますが、仮想通貨販売所は運営会社と取引します。

例えるなら、仮想通貨取引所は仮想通貨を売る場を管理しているメルカリのようなところで、仮想通貨販売所は仮想通貨を専門に売っているZOZOのようなものです。

取引所の取引手数料にはメイカー(Maker)・テイカー(Taker)がある

仮想通貨取引所の取引手数料は、一律に数パーセントと決まっているところも多いですが、メイカー・テイカーにより異なるところも多くあります。

取引所には、と呼ばれるところに通貨の直近での希望購入価格と希望売却価格の一覧があります。

基本的にメイカーはこの板に載っていない価格、つまり現在売買されている価格より離れた価格での売買注文を出した時にかかる手数料で、マイナス手数料なども多く手数料をもらうことができたりします。

一方、テイカーは板に載っている価格、直近ですぐ売買できる価格での注文を出すことで、手数料がメイカーよりも高く設定されていることがほとんどです。

販売所では手数料無料でもスプレッドがかかる

販売所では取引手数料が無料のところも多くありますが、売値と買値に差があり、その差額が実質手数料となっているところがほとんどです。

スプレッドは相場によって変わってくるもので、市場が大きく動く時などは多くかかってきます。

この為、販売所よりも取引所で取引する方が手数料は安くすませられます。

仮想通貨はハッキングや仮想通貨取引所の破綻など聞きますが安全なの?

コインチェックのハッキング事件を受けて以来、国内では金融庁の仮想通貨交換業者の認可などが厳しくなったり、各仮想通貨取引所ともセキュリティー対策にしっかりと力を入れるようになりました。

しかしながら、完全に安全と言う保証はなかなか得られるものでもないため、上でも述べたように複数の仮想通貨取引所に登録しておくことをお勧めします。

仮想通貨取引所の口座開設するために必要なものは?

仮想通貨取引所の口座開設には、メールアドレスと身分証明書、銀行口座、投資資金が必要です。

また、未成年は口座開設できる仮想通貨取引所が限られており、親権者の同意書なども必要になります。

仮想通貨はいくらからから買えるもの?

2019年11月現在のビットコイン価格は、1BTC=¥1,003,907で、ほとんどの仮想通貨取引所では0.001BTCほどから取引できます。

つまりビットコインは数百円から購入することができるということです。

また他の仮想通貨も同様に、数百円から売買できます

仮想通貨は、銀行などから仮想通貨取引所の口座に日本円を入金してから購入ができます。

その際に多くの銀行が仮想通貨取引所の口座へ入金できる最低額を1,000円以上としているのです。

そのため、実際に仮想通貨を購入するには、最低限1,000円が必要になります。

仮想通貨ってビットコインの他にも通貨があると聞くけれどどれがいいの?

ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと言いますが、アルトコインは現在1500種類以上の仮想通貨があり、どの通貨を購入するかは、どの程度のリスクとゲインのバランスで仮想通貨投資を行おうかと考えているかによって異なってきます。

初心者におすすめな通貨は、リップルやイーサリアムと言った国内の仮想通貨取引所で購入でき時価総額の高い通貨でしょう。

仮想通貨取引所で仮想通貨を取引するにあたりどのような手数料がかかるの?

仮想通貨を取引するにあたり、主にかかってくるのは入出金手数料取引手数料です。

その他レバレッジをかけて、FX取引をする場合にはポジション手数料(スワップポイント・レバレッジ手数料も同様)がかかってきます。

仮想通貨で利益が出た場合の税金はどうなるの?

仮想通貨は、保有しているだけでは税金はかかりませんが、売買した場合に税金がかかります。

税金の対象は以下の通りです。

  • 仮想通貨を売買して20万以上の利益が出た場合
  • 家族の扶養に入っており、33万以上の利益が出た場合
  • フリーランス、個人事業主として利益が出た場合
 

この時の利益は、仮想通貨の取引手数料や仮想通貨投資のための書籍や機器などを経費として差し引いた金額とで申告できます。

しかし、残念ながら、仮想通貨の税法は、株やFXと異なり、現在も法整備が進んでおらず、損益通算や繰越控除などはないのが現状です。

沼澤代表

税務上の優遇措置が整備されていない仮想通貨取引に係る雑所得は、他の所得との損益通算は当然できないものになりますし、損失を翌年度以降に繰り延べることもできません。

雑所得以外の他のものとの損益通算は当然できないものになりますし、そもそも雑所得には繰り延べ控除がありませんので、そもそも仮想通貨には税制優遇措置はない状況になります。

投資家としては、非常につらい所得区分になっていますね。

仮想通貨はもう終わったとも聞くけれど今後の可能性は?

仮想通貨市場は、2017年末から2018年初頭にかけて、一気に高騰したものの、2018年から2019年現在にかけては、下落傾向にあります。

そのため、仮想通貨はもうバブルが過ぎ今更投資したところで利益は上がらないだろうと言う声も多く上がりますが、仮想通貨やブロックチェーン技術は実際に将来性が高く今後も価格は上がっていくと思われます。

むしろ、価格が下がっている今のうちに購入しておく方がお得とも言えるでしょう。

海外の仮想通貨取引所も使おう

仮想通貨_取引所_海外

ここでは国内の仮想通貨取引所ランキングをご紹介してきましたが、国内の仮想通貨取引所では取り扱い銘柄が少ないため、ある程度慣れてきたら海外取引所を積極的に使うべきです。

海外の仮想通貨取引所といっても日本語に対応しているところも増えているため、特に難しいことなく使うことができますよ。

おすすめ仮想通貨取引所の記事をご紹介します。

ぜひこちらも参考にして、中級者を目指してください。

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

今すぐCoincheckに無料登録!