クアンタム(QTUM)とは?特徴から今後の将来性まで徹底解説!

「クアンタム(QTUM)と言う仮想通貨が人気らしいけど、どんな特徴があるの?」

「今からクアンタム(QTUM)を購入して、将来性はあるの?」

と言う疑問がある方向けに、クアンタム(QTUM)の特徴や今後の将来性や課題、購入する際に利用するべきおすすめの仮想通貨取引所について解説していきます。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のように、既にある程度時価総額が大きく、値上がりしている通貨ではなく、仮想通貨バブル前のビットコイン(BTC)のように高い将来性があり、割安で放置されている通貨を探している方は、ぜひこの記事を最後までご覧ください。

クアンタム(QTUM)は高い将来性を持っている仮想通貨で、今から投資しておくべき特徴がたくさんあります。

クアンタム(QTUM)について詳しく知らない方でも分かるように解説するので、ぜひ参考にしてください。

ざっくり言うと...
  • クアンタム(QTUM)はビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のメリットを兼ね備えた特徴のある通貨
  • ライトウォレットスマートコントラクトなど、高い将来性のある通貨として投資家から注目
  • クアンタム(QTUM)に投資したい方は、CoincheckやDMM Bitcoinを利用しよう!
  • 中でもスマホからの取引が簡単で、チャート画面も非常に見やすく操作しやすいCoincheck(コインチェック)がおすすめ!

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!

仮想通貨クアンタム(QTUM)とは?基礎をおさらい!

クアンタム(QTUM)は2016年2月に誕生した仮想通貨で、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の優れたメリットを兼ね備えた画期的な特徴があると、投資家の間で注目を集めています。

具体的にはビットコインのように、安定したシステムを持ちながら、イーサリアムのようにセキュリティーを向上させたスマートコントラクト機能の実現を達成している通貨です。

ビットコインもイーサリアムも既に有名な仮想通貨ですが、両者の問題点を解決できる可能性があるクアンタム(QTUM)が着々と注目を集め始めています。

クアンタム(QTUM)が持つ特徴

クアンタム(QTUM)が持つ大きな特徴は以下の通りです。

他の通貨の良いとこ取りをした特徴のある通貨なので、投資したい方は理解しておくことをおすすめします。

クアンタム(QTUM)が持つ特徴
①:ライトウォレットで資産管理できる
②:プルーフオブステーク(PoS)を採用
③:ハイレベルのセキュリティシステム
④:スマートコントラクトを導入

特徴①:ライトウォレットで資産管理できる

クアンタム(QTUM)はクアンタム コアと呼ばれる公式のウォレットがあり、素早く取引データをダウンロードすることができるライトウォレットを利用することができます。

ライトウォレットは資産データの管理をより手軽に素早く行うことができるシステムで、今までは全取引データをダウンロードしなければならなかった処理も、個別に書き出すことができる画期的な方法になります。

高い処理能力が必要にならないので、スマートフォンなど小型のデバイスでもスマートコントラクトを実装できるようになっています。

特徴②:プルーフオブステーク(PoS)を採用

プルーフオブステーク(PoS)は仮想通貨のマイニング承認方式のことで、ビットコインが採用しているPoWという承認システムよりも電力消費が少なく、ハッキングのリスクも減らすことが可能になります。

クアンタム(QTUM)のマイニングはビットコインと異なり、個人でもマイニングを行うことができます。

通貨の保有年数や保有量によってマイニング報酬は異なる仕組みになっているので、個人がマイニングによって通貨を貯め込んでしまうリスクは低く守られています。

特徴③:ハイレベルのセキュリティシステム

クアンタム(QTUM)はスマートコントラクトを実装していることから、企業間での活用が想定されており、ハイレベルのセキュリティシステムを採用しています。

色々とセキュリティ問題が注目されがちなのが仮想通貨業界ですが、クアンタム(QTUM)はその中でもセキュリティ対策に力を入れており、将来の活用を見据えた対策をしていると言えるでしょう。

仮想通貨の将来を決める大きな要因は、どれだけ多くの人々がその通貨を利用するかどうかです。

大企業がセキュリティシステムの充実したクアンタム(QTUM)の活用を始めれば、自動的にクアンタム(QTUM)の需要が増すことになり、価格も上昇することになるでしょう。

特徴④:スマートコントラクトを導入

クアンタム(QTUM)はイーサリアム(ETH)と同じように、スマートコントラクトを導入しています。

スマートコントラクトは当事者間の取引を行いやすくする技術で、この技術が実装されると、あらゆる個人間サービスの実現が可能になります。

設定しておいた条件が実行されると、契約や価値の移転が自動で行われる仕組みは、国際間取引や個人間取引を活発化する可能性があるでしょう。

注目!クアンタム(QTUM)の今後の将来性は?

クアンタム(QTUM)の今後の将来性が高いと言われているのは、以下の3つが理由です。

これからクアンタム(QTUM)に投資をしようか考えている方は、読み飛ばさずに必ずご覧ください。

クアンタム(QTUM)の今後の将来性
①:日本国内の大手取引所に上場
②:大手企業と提携している
③:大型アップデートの実施!

①:日本国内の大手取引所に上場!

クアンタム(QTUM)は、スマホアプリが利用しやすく人気のCoincheck(コインチェック)や、レバレッジ取引に特化した取引所のDMM Bitcoin(DMM ビットコイン)など、日本国内の大手取引所に続々と上場を達成しています。

利用者の多い、大手仮想通貨取引所に上場すると言うことは、多くの投資家から投資資金を集めることができ、さらにシステムの改善やセキュリティーの向上を行うことができるようになります。

クアンタム(QTUM)に投資できる環境が整えば整うほど、それに伴ってクアンタム(QTUM)の価格も自然と上昇していくことでしょう。

②:大手企業と提携している

クアンタム(QTUM)はここまで解説したような優れた特徴から、世界中の大手企業と提携を結ぶことができています。

イーサリアムの特徴も合わせ持つクアンタム(QTUM)は、スマートコントラクトを活用したアプリ開発を行うことができ、GoogleやAmazonと言った超大企業が注目しています。

大手企業の支援によってクアンタム(QTUM)のスマートコントラクト機能をベースに様々なアプリ開発が進んでいくことでしょう。

③:大型アップデートの実施!

クアンタム(QTUM)の価格は大型のアップデートによって左右されることが過去に多いので、大型アップデートのタイミングでの投資は気をつけましょう。

基本的にはクアンタム(QTUM)にとってポジティブなアップデート情報しか公開されないので、市場がアップデートにどう反応するかを観察し、取引チャンスがあればすぐに動けるように準備しておくと良いです。

過去の経験則に従えば、大型アップデート前に購入しておき、値上がり益狙うことも可能です。

厳選!クアンタム(QTUM)のおすすめ取引所2選!

クアンタム(QTUM)の取り扱いを行っており、取引のしやすさ、セキュリティー、コストを考えて厳選したのが以下の2つです。

クアンタム(QTUM)に投資を行いたい方はCoincheck(コインチェック)もしくはDMM Bitcoin(DMM ビットコイン)を利用するのがおすすめです。

クアンタム(QTUM)のおすすめ取引所2選
①:Coincheck(コインチェック)
②:DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

①:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の特徴
  1. マネックス証券を運営しているマネックスグループ傘下の大手取引所
  2. スマホアプリが非常に使いやすく、初心者に大人気
  3. セキュリティレベルは金融庁公認で安心して取引
  4. クアンタム(QTUM)を含めて国内最多の13種類の通貨を取引可能

Coincheck(コインチェック)はマネックス証券を運営している経験のあるマネックスグループ傘下の取引所で、仮想通貨投資の初心者から上級者の方まで多くの方に利用されています。

Coincheck(コインチェック)の人気の理由は、スマホアプリの使いやすさにあり、初心者の方でもすぐに使い方を覚えて直感的に取引を開始することができます。

スマホアプリを使えば、外出先でも投資チャンスを見逃す可能性を低くでき、投資にかける時間があまり取れない方でも稼ぐことが可能です。

クアンタム(QTUM)を含めて国内最多の13種類の通貨に投資することができるCoincheck(コインチェック)を、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!

②:DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoinの特徴
  1. 口座開設するだけで1000円もらえるキャンペーンを実施中
  2. DMM証券なども手掛ける大手DMM グループが運営しているから安心
  3. レバレッジ取引に特化し、最大で4倍のレバレッジで取引可能
  4. 9種類の通貨にレバレッジ取引することができ、出金手数料は無料!

DMM BitcoinはDMM証券やDMM FXなど株式から為替まで多くの市場の取引を運営してきた経験があるので、カスタマサポートや取引ツールなどが充実している取引所です。

DMM Bitcoinは、少ない資金でも大きく稼げる可能性があるレバレッジ取引に特化した取引所で、最大で4倍までレバレッジをかけて取引することができます。

レバレッジ取引に対応している通貨はクアンタム(QTUM)を含めた9種類です。

口座開設をするだけで1000円もらえるキャンペーンを行っているので、レバレッジ取引用の口座として開設しておくのがおすすめですよ!

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinで無料口座開設!

クアンタム(QTUM)の今後の課題

クアンタム(QTUM)が今後ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)と同じように成長していくには、以下の2つの課題を解決する必要があります。

クアンタム(QTUM)に投資している場合は、どちらの課題も価格に大きく影響を及ぼす重要な内容なので、しっかり把握しておきましょう。

クアンタム(QTUM)の今後の課題
①:中国情勢の影響を受ける
②:基軸通貨の影響を受ける

課題①:中国情勢の影響を受ける

クアンタム(QTUM)は中国生まれの仮想通貨であり、創設者の方も中国出身です。

そんなクアンタム(QTUM)は中国情勢の影響を受けやすい特徴があり、中国政権の行方や米中対立問題など、様々な要因によって価格が影響を受けてしまうでしょう。

中国情勢の行方が大きな課題ですが、現在の色々な問題を乗り越えて、中国政府や企業が仮想通貨事業に本格的に動き出した場合はクアンタム(QTUM)にとって好材料になる可能性が高いです。

人口No.1で自国通貨の信頼性の低い中国では、中華人民元に変わって仮想通貨で資産を保有したいと考える国民が多いこともあり、クアンタム(QTUM)が中国の基軸通貨になる将来もゼロではないでしょう。

課題②:基軸通貨の影響を受ける

他の大半の仮想通貨にも言えることですが、仮想通貨の基軸通貨であるビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)に影響を受ける可能性が高い課題があります。

時価総額が最も大きく、最も取引されているビットコインに何か問題が発生し、市場が暴落した場合は、他の仮想通貨も連動して暴落するはずです。

このように仮想通貨の基軸通貨の影響を受けてしまうリスクがあるので、クアンタム(QTUM)の動きだけでなく、ビットコインやイーサリアムの動きもチェックしておくようにしましょう。

仮想通貨クアンタム(QTUM)の今後 まとめ

今回はビットコインとイーサリアムの良い特徴を合わせたメリットのあるクアンタム(QTUM)について解説しました。

クアンタム(QTUM)に投資を行う方は、なぜ注目されているのか、特徴をしっかりと理解して、今後の課題も頭に入れておくようにしましょう。

クアンタム(QTUM)に投資することができる仮想通貨取引所は、この記事で紹介したCoincheck(コインチェック)とDMM Bitcoin(DMM ビットコイン)が優れているので、参考にしてください。

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!