FXとは?初心者のための基礎知識

仮想通貨の今後はどうなる?将来性のある通貨や価格予想を徹底解説!

暗号資産って今後将来性はあるの…?
種類が多すぎて何を買えばいいのか正直分からない…

と考えてはいませんか?

結論から言うと、暗号資産市場の規模がどんどん大きくなっており、暗号資産はとても将来性の高い資産であるといえます。

暗号資産は数多くの種類がありますが、おすすめできるものを3つに厳選しました。

おすすめの取引所もあわせて紹介します!

この記事をよんで、暗号資産の今後の動向をうまくつかみ、成功するタイミングを逃さないようにしましょう!

暗号資産の今後をざっくりと言うと
  • 暗号資産とは電子上に作られたデジタル通貨のこと。
  • 長期的に見ると、これから暗号資産の価値が上がる可能性は高い!
  • 暗号資産を購入するなら、価格が安定して推移している今がチャンス。
  • 手数料が安くて安全な取引所は「Coincheck」「DMM Bitcoin」「bitFlyer」の3つが挙げられる。
  • 中でも、国内最多の暗号資産取扱数の誇る「Coincheck」がおすすめ!

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!

そもそも暗号資産とは?基礎知識をおさらい!

暗号資産_なに

暗号資産ってなに?という方でも分かりやすいように解説します!

暗号資産とは電子上に存在している独自の通貨のことです。

電子マネーと勘違いしてしまう人が多いので、その違いについて説明します。

暗号資産と電子マネーの違い

暗号資産_電子マネー

まず暗号資産とはそもそもなんなのでしょうか?

暗号資産とは電子上に存在しているデジタル通貨です。

暗号資産が電子マネーと大きく異なる点は、独自として流通しているかどうかです。

電子マネーは円やドル等の通貨をチャージして使うもので、実際にはそのチャージした通貨を使っています。

暗号資産は円やドルのように通貨として暗号資産自体を決済に使用できます。

暗号資産は国境の隔たりも関係なく使えるため注目されています。

また、暗号資産は価格も変化するため、投資対象である点も異なります。

以下のように認識すると理解が捗ります。

暗号資産とは?
電子上に存在しているデジタル通貨。

それ自体が決済や送金に使用できる点が電子マネーと異なっています。

【重要】暗号資産の今後を左右する要因 

暗号資産_要因

暗号資産の今後を左右する要因として主に以下の5つがあります。

暗号資産市場の動向は暗号資産の価格に直結するため、しっかりと理解する必要があります。

要因①:暗号資産の法整備

暗号資産_法整備

暗号資産の取引を安心して行えるよう資金決済法金融商品取引法が改正されました。

法整備により暗号資産市場が整えられるため、人や企業が投資に参加しやすくなります。

資金決済法の変更点

資金決済法の変更点は以下の5点です。

資金決済法の主な改正点
  • 「仮想通貨」を「暗号資産」と名称を変更したこと。
  • 信託保全やコールドウォレット、履行保証資産が義務化。
  • 暗号資産カストディアンが暗号資産交換業者に含まれるようになった。
  • 暗号資産または暗号資産交換業者の名称等の変更に事前届出が必要になった。
  • 広告に商号などの基本情報の掲載が必要になり、誤解を生む内容や表現は禁止になった。

今回の改正で、セキュリティ面の強化や、取引を行う際の公正さが見直されました。

信託保全や履行保証資産により、ハッキングや業者の倒産時にも資産が保証されるようになり、安心して取引が行える環境が整いました。

金融商品取引法の変更点

金融商品取引法の変更点は以下の3点です。

金融商品取引法の主な改正点
  • 電子記録移転権利が制定され暗号資産交換業者は「第一種金融商品取引業」に該当するようになった。
  • 暗号資産交換業者は登録制になり、販売や勧誘が規制、開示請求対象になった。
  • 暗号資産の取引もしくはデリバティブ取引において不公正な行為は禁止された。

法改正がされる前、ICOを悪用した詐欺が横行していました。

ICOとは?

ICOとは、企業や団体などが独自の暗号資産を新規発行し資金調達をすること。

企業や団体が資金調達だけ行い、プロジェクトを進めなければ、暗号資産の価値が下落し、投資した金額を失うリスクがあります。

そのため、暗号資産市場の信用度はそれほど高くありませんでした。

しかし今回の法改正により、「第一種金融商品取引業」への登録へは財務局の厳しい審査が必要となりました。

登録された業者は高い信頼性があるとみなされるため、市場の拡大につながります。

要因②:ビットコインETFの承認

暗号資産_ETF

ETF承認は今後の暗号資産の将来性に大きくかかわってきます。

ETFとは?

ETFとは、「Exchange Traded Fund」の略で、日本語では「上場投資信託」のこと。

ETFはリアルタイムで価格が変化しますが、未上場投資信託は1日1回しか価格が変化しないため、取引量に大きな差が出るとされています。

承認されるメリットは流動性が高くなること信頼性があると認められることの2点です。

承認された場合、暗号資産に懐疑的であった投資家や企業が参入し、市場規模が大きくなると予想されています。

2017年に世界初のビットコインETF上場申請が行われましたが申請は却下されました。

今日では、SEC(米国証券取引委員会)への上場申請が注目されていますが、現在承認された例はありません。

要因③:スケーラビリティ問題

暗号資産_スケーラビリティ問題

暗号資産の普及に伴いスケーラビリティ問題が表面化してきました。

スケーラビリティ問題とは?

スケーラビリティ問題とは取引量の増加に対応しきれず、送金の処理が遅くなってしまう現象のこと。

スケーラビリティ問題が起こると暗号資産取引の長所の1つである利便性が失われてしまいます。

そのため、暗号資産の普及や価格に大きく関わってくる問題です。

以下の4つがスケーラビリティ問題の主な解決策になります。

スケーラビリティ問題解決方法
  • ブロックのサイズを大きくする。
  • ブロックの生成時間を短縮する。
  • ブロックに書き込まれるデータを小さくする。
  • ブロックチェーン外で取引を行う。

しかし、どの手法を用いてもセキュリティへの不信感マイニングによる負荷の上昇ブロックチェーンの枝分かれ等の問題が発生するため、明確な解答は得られていません。

要因④:大手企業の暗号資産事業への参入

暗号資産_大手企業の参入

未だ発展途上な暗号資産ですが、多くの企業が暗号通貨市場に参入すると発表しています。

暗号資産取引所「ディーカレット」

暗号資産_ディーカレット

出典:www.decurret.com

筆頭株主であるインターネットイニシアティブの他に、伊藤忠電通メガバンク、大手保険会社等が出資しています。

2018年に設立されたばかりの取引所で5種類の暗号資産を取り扱っています。

口座内の暗号資産を電子マネーにチャージでき、日々の生活の決済に使用できます。

Facebook

世界最大の規模のSNSサービスを運営しているFacebookが2020年に開始に向けリブラ(Libra)という新しい暗号資産の開発を行っています。

リブラの最大の特徴は法定通貨の裏付けによる変動リスクが少ないことです。

ステーブルコインとよばれ法定通貨と連動しているため、価格の変動を抑えられます。

TAOTAO(Yahoo!グループ)

暗号資産_TAOTAO

出典:taotao-ex.com

Yahoo! JAPANの子会社のZコーポレーションが出資する「TaoTao株式会社」が運営しています。

ネームバリューがあるため、とても信頼性が高い点が特徴です。

モバイル向けの見やすく簡単に使えるアプリと、PC用のカスタマイズ可能な上級者用のツールの2種類を使い分けられることができます。

楽天

暗号資産_楽天ウォレット

出典:www.rakuten-wallet.co.jp

2019年8月19日に暗号資産取引所「楽天ウォレット」を開始しました

現在5種類の暗号資産を取り扱っています。

特徴として楽天ポイントを暗号資産に交換できます。

楽天グループ全体で顧客のお金を管理しているため安全性が高いことも魅力的です。

SBI VC(SBIグループ)

暗号資産_SBIvcTrade

出典:www.sbivc.co.jp

SBIホールディングスは、暗号資産交換業者「SBI VCトレード」を、SBI証券の傘下に移動しました。

3種類の暗号資産を取り扱っています

暗号資産分野でグローバルにマーケットメイカー事業を行うB2C2 Limited株式を取得し他とは違うサービスプロダクトを提供できるようになりました。

LINE

暗号資産_BITMAX

出典:www.bitmax.me

LINE株式会社のグループ子会社であるLVC株式会社が暗号資産取引サービス「BITMAX」を開始しました。

2020年8月6日に独自の暗号資産「LINK」のサービスを開始し、現在6種類の暗号資産を取り扱っています。

LINE 上で手軽に使え、LINEの「ウォレット」タブからアクセスできます。

IBM

暗号資産_IBM

出典:www.ibm.com/jp-ja

世界的IT企業IBMが暗号資産カストディ業務を開始することを2019年3月に発表しました。

IBMの独自の暗号化能力であるLinuxONEを採用しており、最も安全なプラットフォームだと期待されています。

IBMはブロックチェーン関連の特許を300以上保有しており暗号資産ステラを使った国際送金サービスを推し進めています。

要因⑤:暗号資産の実用化

暗号資産_実用化

未だ暗号資産を実用化するには克服しなければならない課題が残っています。

暗号資産実用化の課題
  • スケーラビリティ問題の解決手段。
  • ハッキングやサイバー攻撃等のセキュリティ問題。
  • 価格変動が激しく保有しているだけだと資産が減少する可能性。
  • 日本では暗号資産の収入に対する税率が高く、20万以上の所得には確定申告が必要。

以上のリスクから決済手段として普及するには時間がかかりそうです。

しかし、アメリカではスターバックスやサーティワンアイスクリームが決済手段として暗号資産を導入することを発表したことから、その可能性は決してゼロではありません。

どこまで上がる?暗号資産の今後の価格予想!

暗号資産_価格予想

暗号資産取引を始めようと思っても今後どうなるかわかりませんよね。

そこで、暗号資産に言及した有識者の発言をまとめてみました。

今後の取引や暗号資産市場の動向を考える上で重要な指標となりますので、是非参考にしてください。

価格予想①:ジョンマカフィー氏

暗号資産_ジョンマカフィー

ジョンマカフィー氏の予想
新しいブロックチェーンを使っている暗号資産は期待できる

ジョンマカフィー氏は、世界的に有名なウイルス対策ソフト「McAfee」の開発者です。

ビットコインには否定的な発言をしましたが、暗号資産自体の期待は高いと考えています。

2017年11月30日にTwitter上で、「2020年にビットコインは100万ドル(約1億500万円)に達するであろう」と発言していました。

現在ではこの発言を否定し「ビットコインは過去の技術だ」と述べており、新しいブロックチェーンを使っている暗号資産に期待を寄せています。

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!

価格予想②:アーサーヘイズ氏

暗号資産_アーサーヘイズ

アーサーヘイズ氏の予想
2020年末に2万ドル

アーサーヘイズ氏は、レバレッジ取引で有名な海外取引所「BitMEX(ビットメックス)」のCEOです。

暗号資産には肯定的な発言をしています

人民元の価値が下落するにつれてビットコインの価格が上昇する可能性があると語っており、「私の2020年末の価格ターゲットは2万ドル」と述べました。

価格予想③:ウォーレンバフェット氏

暗号資産_ウォーレンバフェット

ウォーレンバフェット氏の予想
暗号資産には価値がない

ウォーレンバフェット氏は、総資産額世界3位の投資家であり、経営者でもある人物です。

一貫して暗号資産否定派でしたが、ブロックチェーン技術には期待を寄せています。

「暗号通貨には価値がない」「私は決して所有しない」と暗号資産に強硬的な姿勢を示してきました。

ですが、ブロックチェーンに関して、「今後10年、決済産業で重要な役割を果たす」「大きな可能性がある」などと語りました。

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!

価格予想④:ビルゲイツ氏

暗号資産_ビルゲイツ

ビルゲイツ氏の予想
暗号資産は安定性がないが、オンラインで決済できる点は優れている

ビルゲイツ氏はパソコン用OSのWindows開発したマイクロソフトの創設者です。

ビルゲイツ氏は暗号資産を法定通貨のような安定性を持ち合わせていない考えており、暗号資産を否定しています。

ゲイツ氏はビットコインを投機対象としていて、法定通貨のように安定しているものとは考えていないようです。

しかし、暗号資産はオンラインでも決算が可能であるという点で、法定通貨よりも優れた面を持っていることも認めています。

厳選】暗号資産を購入する際のおすすめ取引所ランキング

暗号資産_取引所

今日では多くの取引所が設立され、暗号資産取引を始めたいという方がどの取引所を選べばいいのか分からないことが多々あります。

そこで、数ある取引所の中からおすすめできる取引所を3社ランキングにしました。

取引所の特徴、実際に使用している方の口コミ評判を集め、良質な取引所を厳選しました。

ぜひ参考にして、暗号資産取引を成功させましょう。

おすすめ第1位:Coincheck(コインチェック)

仮想通貨_Coincheck

Coincheckの特徴
  • 東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っている。
  • 国内取引所では最も多い「13種類」の通貨を取り扱っている。
  • 取引手数料」「入金手数料」が無料なので、ほとんどコストがかからない。
  • スマホアプリが使いやすく、250万DL数達成。
  • 約500年円から暗号資産を購入可能。

Coincheckは東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社にもっています。

過去にハッキングされ資産が流出しましたが、「マネックスグループ」の子会社になってからは、高いセキュリティレベルを誇っています。

「取引手数料」「入金手数料」が無料で余分なコストがかかりにくく、国内取引所最多の「13種類」の暗号資産を取り扱っています。

最もメジャーなビットコインからマイナーなアルトコインまで様々な暗号資産を取り扱っています。

取り扱っている暗号資産は「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「リップル(XRP)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」「イーサリアムクラッシック(ETC)」「リスク(LSK)」、「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」「ファクトム(FCT)「モナコイン(MONA)」「ステラルーメン(XLM)」「クアンタム(Quantum/QTUM)」。

少額から取引できるためまずここから始めることをおすすめします。

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!

coincheckは手数料が圧倒的に安くていい!

coincheckの登録の仕方はこちらの記事で詳しく解説しています。

コインチェック(Coincheck)の登録と口座開設の仕方をやさしく解説!入金・出金方法と使い方とは

おすすめ第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

仮想通貨_bitflyer

bitFlyerの特徴
  • 国内最大級の取引量を誇る暗号資産取引所で、月間取引量は日本一
  • ビットコインの取引量は世界一を誇る大手の暗号資産取引所。
  • 2014年からサービスを開始している取引所であるため、万全なセキュリティノウハウを持ち合わせている。
  • 「販売所手数料」は無料で「取引所手数料」は0.01~0.2%。
  • 口座を住信SBIネット銀行か三井住友銀行にすると「入出金手数料」が安くなるためおすすめ。
  • 「bitFlyer Lightning」なら、レバレッジ取引を行うことも可能。
  • 「リップル」「イーサリアム」「ビットコイン」の3つの全ての通貨を取引することがき、幅広い通貨に対応している。

bitFlyerはとにかく取引量が多く、国内取引所の中で月間取引量が1位であることが特徴的です。

ビットコインの取引量に関しては世界1位の取引量を誇っています。

Bitcoinが欲しいならbitflyerがおすすめです!

取り扱っている暗号資産は11種類」と豊富な種類を取り揃えています。

「販売所手数料」は無料で、「取引所手数料」は0.01~0.2%程かかります。

住信SBIネット銀行か三井住友銀行を使用すると入出金手数料が安く抑えられるためおすすめです。

仮想通貨_bitflyer

>>>bitFlyerの公式サイトはこちら<<<

bitFlyerで無料口座開設!

bitFlyerの登録の仕方はこちらの記事で詳しく解説しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法完全ガイド|口座開設から入金/出金方法まで!【2020年10月最新】

おすすめ第3位:DMM Bitcoin

仮想通貨_dmm-bitcoin

DMMBitcoinの特徴
  • レバレッジ取引に特化しており、「11種類」もの通貨のレバレッジ取引に対応している。
  • 逆に現物取引は「3種類」しか取り扱っていない。
  • 取引手数料」や「出入金手数料」が無料
  • ただし、建玉を次の日に持ち越すと手数料が発生する。
  • セキュリティ対策やリスク管理も対応できる体制が整っている。

DMM Bitcoinは現物取引は3種類と少ないのですが、レバレッジ取引は11種類」とかなり多くの暗号資産をとりあつかっています。

「取引手数料」「出入金手数料」が無料な点もおすすめできるポイントです。

セキュリティ対策にも力を入れており、リスク管理もしっかりとした体制が整っています。

仮想通貨_dmm-bitcoin

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinで無料口座開設!

DMMBitcoinは入出金手数料が安いからこれから始める人におすすめ!

注目!今後価格が上がる可能性の高い暗号資産ランキング

暗号資産_おすすめ

暗号資産取引所は決められたけど、どの暗号資産を買えばいいのか分からない方向けにおすすめ暗号資産を厳選しました。

暗号資産ごとに特徴や価格、用途が異なるため、自分に一番合っているものを買うことが重要です。

第1位:リップル(XRP)

暗号資産_リップル

今後の将来性が最も期待できる暗号資産は「リップル」です。

リップルの特徴
  • 時価総額は3位
  • リップル社による中央管理体制のもと送金の利便性向上に特化し技術進歩を進めている暗号資産
  • 三菱UFJ銀行、みずほフィナンシャルグループなど数多くの金融機関との提携を発表。
  • 送金速度の向上やコスト削減を目指すリップルは、銀行など多くの金融機関の注目を集めている。
  • リップル」が大量に流出しないよう第三者に預託したため、市場が安定化している。
  • 内外為替一元化コンソーシアムというプロジェクトにより、決済や送金の効率化が実現できる。

リップルは時価総額3位リップル社が管理する暗号資産です。

ビットコインやイーサリアムとは違って、管理する主体が存在しており、中央集権的であるといえます。

中央集権化するメリットとして送金速度の高速化や送金手数料が安くなることが挙げられます。

リップルは世界各国の金融機関と提携を結び、「リップルネットワーク」という送金システムの実証実験を行っています。

日本では、みずほ銀行りそな銀行などの大手金融機関が実証実験に参加しています。

今後、「リップルネットワーク」が拡大することで手軽に、素早く、安全に国際送金ができるため世界各国の金融機関から注目されている暗号資産です。

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!

こちらの記事でリップルの将来性について詳しく解説しています。

リップル(XRP)の今後と特徴,2020年以降の価格予想をやさしく解説!これからの将来性や値動きは?

第2位:イーサリアム(ETH)

暗号資産_イーサリアム

「イーサリアム」は「スマートコントラクト」や「DApps」という独自の機能を兼ね備えていることで、高い人気を博しています。

イーサリアムの特徴
  • ビットコインに次いで時価総額2位。
  • 大規模ハードフォークアップデートにより、さらなる性能向上が期待されイーサリアムの価格にも大きな影響が与えられる
  • 中央管理者のいない分散型アプリケーション「DApps」の開発など様々なサービスを提供している。
  • スマートコントラクトにより自動化したスムーズな取引が行える。

イーサリアムはビットコインに次いで時価総額2位の暗号資産になります。

定期的にハードフォークを行っており、着実にロードマップを進めていて信頼性が高い暗号資産です。

イーサリアムは「スマートコントラクト」を活用しており、ブロックチェーン上に事前に取引情報をプログラミングしておくことで、その条件を満たしたときに自動で取引することが可能です。

また、「DApps」の開発やICOトークンの発行など様々な用途に応用できるため、高い人気があり、おすすめできる暗号資産です。

こちらの記事でイーサリアムの買い方について詳しく解説してあります。

イーサリアムの購入方法・買い方を完全解説!おすすめの取引所や手数料を徹底比較!

第3位:ビットコイン(BTC)

暗号資産_ビットコイン

ビットコインはその圧倒的な高い知名度と時価総額の高さが特徴的です。

ビットコインの特徴
  • 知名度と時価総額の高さ。
  • ビットコインは1,000以上ある暗号資産の中でも時価総額が1位
  • 暗号資産取引所の基軸通貨。
  • 世界の暗号資産取引所ではアルトコインの購入にはほとんどの場合ビットコインを介して行われるため安定した流動性が約束されている。
  • アメリカを中心にビットコインETFを本格化しようとする動きが活発化
  • 半減期によりビットコインの希少性が上がり、価格の上昇が予想される。

ビットコインは時価総額1位知名度も高い暗号資産です。

アルトコインの取引にビットコインを使うことが多いため安定した流動性があります。

ETF承認の動きも活発化しており、半減期も合わさって、これから価格が大きく上昇すると期待されています。

こちらの記事でビットコインの仕組みについて詳しく解説しています。

ビットコイン(BTC)とは?特徴や仕組みを初心者にも分かりやすく解説!

暗号資産の今後 まとめ

暗号資産_今後まとめ

暗号資産は、今後市場が大きく拡大し魅力的な投資先や、世界中で使える通貨になることが考えられます。

今から暗号資産取引を始めたいのならCoincheckを使用することをおすすめします。

Coincheckではおおくの暗号資産を取り扱っており、少額から取引できるためこれから始めようという初心者にピッタリな取引所になっています。

「bitFlyer(ビットフライヤー)」、「DMM Bitcoin」もおすすめの取引所ですので、自分のやり方にあったところを選ぶようにしましょう。

選ぶ暗号資産も将来性のある「リップル(XRP)」、「イーサリアム(ETH)」、「ビットコイン(BTC)」から取引するのがおすすめです。

>>>Coincheckの公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!

以下に今までの内容をまとめると

暗号資産の今後
  • 暗号資産の実用化には未だ問題があるが、可能性は十分ある
  • 有識者でも今後の暗号資産がどうなるか予想が分かれているため最新の情報を入手して取引を行うべき
  • 暗号資産の取引を始めるなら「Coincheck」「bitFlyer」「DMM Bitcoin」がおおすめ。
  • 暗号資産をかうなら「リップル(XRP)」「イーサリアム(ETH)」「ビットコイン(BTC)」がおすすめ