ビットコイン(BTC)とは?特徴や仕組みを初心者にも分かりやすく解説!

ビットコインってどんな通貨なの…?

ビットコインの仕組みとか特徴が知りたいな…!

今回はビットコイン(BTC)特徴仕組みを詳細に解説し、ビットコインの今後の将来性課題も紹介していきます。

仮想通貨で最も取引量の多いビットコイン(BTC)が今後どんな風に成長していくのかを、一緒に考えていきましょう。

記事終盤にビットコイン(BTC)に投資する際におすすめの仮想通貨取引所をランキング形式で紹介しているので、参考にしてください!

本記事を見れば、ビットコインの仕組みから特徴まで、バッチリと理解することができますよ!

ざっくり言うと…
  • ビットコイン(BTC)は、最も有名かつ時価総額の高い仮想通貨!
  • 法定通貨とは違い、中央に管理者が存在しない。個人間で自由に取引を行うことができる。
  • 決済通貨として普及しつつあり、利用者が増えればこれから大きく価格上昇する可能性がある!
  • ビットコインを扱う取引所は「DMM Bitcoin」「Coincheck(コインチェック)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」の3つが挙げられる。
  • その中でも、マネックス証券などを手がける一部上場企業「マネックスグループ」の傘下にあるCoincheck(コインチェック)の人気がダントツ!
  • おトクかつ安全に取引したいなら、Coincheck(コインチェック)は登録必須な取引所。

>>>Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!

ビットコイン(BTC)とは?特徴をざっくりおさらい!

まずはビットコイン(BTC)にはどんな特徴があるのかを、簡単に解説していきます。

ビットコイン(BTC)は仮想通貨と呼ばれる、ブロックチェーン上で管理されている仮想の通貨の一つで、たくさんある仮想通貨の中で圧倒的に取引量が多い通貨です。

ビットコインなどの仮想通貨には現金と違うメリットが豊富にあり、仮想通貨が現金に変わって、世界中で利用されるようになる未来が来るとも言われています。

ビットコイン(BTC)の将来性はまだまだ大きく、仮に世界中で利用されるようになれば、現在の価格から大きく値上がりすることは確実で、かなり投資妙味があると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)に今後どんな将来性があるのか、反対に成長するための課題は何かを解説していくので、最後までご覧ください!

ビットコイン(BTC)と電子マネーの違い

現金ではない、仮想の通貨と聞くと「Suicaとかの電子マネーと何が違うの?」と思う方が多いですが、仮想通貨と電子マネーは全く異なります。

電子マネーは現金をカードや口座などにチャージして利用しますが、仮想通貨はそれ自体が通貨であり、価値があります。

電子マネーにチャージした金額は日本円として扱われますが、仮想通貨のビットコイン(BTC)を購入すれば、ビットコイン(BTC)という通貨として扱われます。

電子マネーは日本国内の簡単な決済にしか利用することはできませんが、仮想通貨が多くの方に利用されるようになれば、個人間で、国を超えて取引ができるようになります。

ビットコインは仮想通貨の一種

ここまで解説した通り、ビットコイン(BTC)は仮想通貨の一種です。

仮想通貨といえば多くの方がビットコイン(BTC)と答えると思いますが、それには理由があり、ビットコイン(BTC)は仮想通貨の中で最も多く取引されており、仮想通貨の代表的存在だからです。

ビットコイン(BTC)の価格が大きく動けば、それに釣られて他の仮想通貨も一緒に動くほど、仮想通貨の中でビットコイン(BTC)は重要な存在です。

>>>Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!

ビットコイン(BTC)のメリット

ビットコイン(BTC)の主なメリットは以下の5つがあります。

ビットコイン(BTC)のメリットを知れば、なぜ多くの人がビットコイン(BTC)に投資して、将来性に期待しているのかバッチリ理解することができますよ!

ビットコイン(BTC)のメリット
  1. 中央管理者が存在していない
  2. ブロックチェーンを使用している
  3. 個人間で気軽に送金できる
  4. 送金手数料が圧倒的に安い
  5. 世界共通で使用することができる

① 中央管理者が存在していない

ビットコイン(BTC)や他の仮想通貨の大きなメリットは、中央管理者が存在していないことです。

中央管理者とは何かというと、現在どの国の通貨でも必ず管理している政府がいて、通貨の発行量を管理しています。

国は景気を刺激するために国債を買い入れて、紙幣をたくさん発行したり、反対に発行を抑えたりしています。

この通貨の管理者が存在すると、通貨の価値はコントロールされてしまい、保有しているリスクが高まります。

中央管理者がいる通貨のリスクとしては、ハイパーインフレにより通貨の価値がほとんどゼロになってしまうことなどがあります。

実際にベネズエラや旧ドイツはハイパーインフレを経験しています。

一方でビットコイン(BTC)などの仮想通貨は「ブロックチェーン」という技術で通貨価値が守られています。

中央管理者が存在せず、参加者全員で管理するシステムとなっているのです!

② ブロックチェーンを使用している

ブロックチェーンの技術についてもう少し分かりやすく説明すると、ブロックチェーンはビットコイン(BTC)の利用者全員が全ての決済情報や保有データがまとめられた台帳を管理しており、そのデータ事のブロックが繋がっている状態のことを言います。

中央管理者がおらず、全員で管理しているので、不正が行われてもすぐに不具合を見つけることができ、誰もビットコイン(BTC)の価値を操作することができないので、将来的に国が発行する通貨に代わって世界中で利用されると言われています。

③ 個人間で気軽に送金できる

ビットコイン(BTC)や仮想通貨の大きなメリットは個人間で気軽に送金が行えることです。

国が発行する通貨と違い、為替レートの変動を気にする必要がないため、ビットコイン(BTC)が普及した未来では、地球の裏側の人と個人間で取引を手軽に行えることになるかもしれません。

そうなれば様々な商品やサービスが生まれ、今よりもずっと豊かで便利な生活が送れることが可能になります!

④ 送金手数料が圧倒的に安い

ビットコイン(BTC)の送金には余計な両替などの手間がかからないため、非常に安く送金することができます。

送受金は低コストで即座に行われるので、今までにかかっていた、高額な国際送金手数料や送金までにかかる時間を大幅に短縮させることが可能になります。

>>>Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!

⑤ 世界共通で使用することができる

地球の裏側で日本円を使用しようと思っても、もちろん使えませんし、現地通貨に両替することができなければ、ただの紙切れで意味がありません。

ですがビットコイン(BTC)などの仮想通貨では、世界共通で使用することができます。

日本での1BTCはブラジルでも1BTCの価値があるということです。

つまりビットコイン(BTC)の関連サービスが普及した未来では、国の通貨はほとんど使用されなくなり、ビットコインでの取引が主流になるのかも知れませんね。

ビットコイン(BTC)のデメリット

ビットコイン(BTC)のデメリットは次の3つがあげられます。

今後ビットコイン(BTC)が一般的に普及していくには、このデメリットを解消していく必要があります。

ビットコイン(BTC)のデメリット
  1. 価格変動(ボラリティ)が激しい
  2. サービスの普及にまだ時間がかかる
  3. スケーラビリティ問題を抱えている

① 価格変動(ボラティリティ)が激しい

ビットコイン(BTC)の現在のデメリットとしては価格変動(ボラリティ)が激しいことが挙げられます。

少しづつビットコイン(BTC)を保有している方の割合が変化してきていますが、まだまだ投機的に売買を繰り返す方が多いのが現状です。

ビットコイン(BTC)のチャートを分析すると、三角持ち合いを形成しており、価格変動は少しづつ小さくなってきています。

ビットコイン(BTC)が投資家ではなく、一般の方達に利用されるには、それでもまだボラリティが大きいので、今後に注目しましょう。

② サービスの普及にまだ時間がかかる

ビットコイン(BTC)の一般的な利用者を増やすには、関連サービスの普及が必ず必要になってきますが、それにはまだ時間がかかりそうです。

理由は価格変動もありますが、他にもハッキング問題やスケーラビリティ問題など、不安な点が多いからです。

今後はセキュリティをより強化して、スケーラビリティ問題を解決できるかがポイントとなってくるでしょう。

③ スケーラビリティ問題を抱えている

ではスケーラビリティ問題とは何かというと、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は取引量が多くなると注文を処理しきれなくなってしまい、取引や送受金に時間がかかってしまう問題のことです。

ビットコイン(BTC)が今後成長していくには、取引量が増えて価格が安定することが重要ですが、そうなるとスケーラビリティ問題を解決しないとならなくなります。

スケーラビリティは以前から問題視されており、有効な対応策としてライトニングネットワークという技術が注目されています。

ライトニングネットワークが実装されればスケーラビリティは解決する可能性が高いです。

ビットコイン(BTC)は今後どうなる?将来性をおさらい!

ビットコイン(BTC)のメリットとデメリットを解説したので、それを踏まえて今後の将来性について紹介していきます。

ビットコイン(BTC)の今後の将来性
  1. ビットコイン ETFの承認
  2. スケーラビリティ問題の解決

① ビットコインETFの承認

今後ビットコイン(BTC)の価格が上がり、取引量がさらに増えるには市場に大量のお金が流れ込む必要があります。

そのために現在注目されているのが、ビットコインETFです。

ETFとは上場投資信託のことを言い、株式や債権、金といった市場の商品がETFとして売買されています。

このETFにビットコインが上場すると、機関投資家の投資を受けることが期待でき、多くの資金が流入すると言われています。

現在のビットコイン(BTC)市場は金の市場と比べても、およそ8分の1と小さく、まだまだ未熟で価格のボラリティも高い問題があります。

ビットコインETFには申請を既に出しており、承認されればかなりの値上がりが期待でき、利用者も増えることでしょう。

>>>Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!

② スケーラビリティ問題の解決

ビットコイン(BTC)が今後成長していくために重要なのが取引量や利用者数なのですが、取引量が増えることでスケーラビリティという問題が発生します。

先ほど解説した通り、ライトニングネットワークが実装されれば、スケーラビリティ問題は解決できるので、さらに利用者が増えることが予想できるでしょう。

ビットコイン(BTC)買うならココ!おすすめ取引所ランキング!

ビットコイン(BTC)を購入する際におすすめの仮想通貨取引所をランキングでは形式で、紹介していきます。

どの仮想通貨取引所も使いやすく、セキュリティ対策をバッチリ行なっているので、初心者でも安心して取引することができるでしょう!

ビットコイン(BTC)のおすすめ取引所ランキング
  1. Coincheck(コインチェック)
  2. DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  3. bitFlyer(ビットフライヤー)

第1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の特徴
  1. ビットコイン(BTC)の他に、国内最多となる「12種類」もの通貨を取り扱っている
  2. スマホアプリが大人気。ダウンロード数は「274万回」を突破!
  3. 金融庁正式承認のセキュリティ
  4. マネックス証券なども手がける東証一部上場企業「マネックスグループ」の傘下なので安心

Coincheck(コインチェック)は圧倒的に使いやすいスマホアプリから、手軽に取引を行うことができる取引所で、取り扱い通貨はビットコイン(BTC)の他に国内最多の12種類に投資することができます。

ハッキング対策も抜群で、金融庁公認の高いセキュリティレベルで運営しており、初心者の方でも安心して投資することができるでしょう。

スマホアプリの操作性がとにかく高いので、パソコンをお持ちでない方や、スマホから取引を行いたいという方におすすめできる取引所です。

>>>Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!

第2位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのポイント
  1. 数々の事業を展開する大手企業「DMMグループ」の傘下にある取引所
  2. 口座開設でもれなく1000円もらえる!
  3. レバレッジ4倍まで取引可能
  4. レバレッジ取引に特化しており、ビットコイン(BTC)を含めて「9種類」もの通貨の仮想通貨FXに対応!

おすすめの取引所第1位は大手DMM グループの傘下にある、DMM Bitcoinです。

DMM Bitcoinが優れている点は、大きく稼ぐことができるレバレッジ取引を4倍まで行うことができ、ビットコイン(BTC)はもちろん他9種類の通貨にレバレッジ取引することができ、あらゆるチャンスを逃さず売買することができます。

口座開設も簡単に行うことができ今なら口座開設するだけでもれなく1000円プレゼントされるキャンペーンを行っているので、小額資金から投資を始めたい初心者の方にとってかなりおすすめできる取引所です。

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはこちら<<<

DMM Bitcoinで無料口座開設!

第3位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴
  1. 2014年からサービスを展開している、とっても歴史のある仮想通貨取引所!
  2. たくさんのユーザーが利用しており、なんとビットコインの取引量は国内No.1!
  3. 取引手数料・入金手数料が全て無料
  4. 国内でも多い「8種類」もの仮想通貨に対応している

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内で最初に仮想通貨事業をスタートしており、2014年からサービスを展開しています。

小額投資の初心者の方が取引しやすいように、取引手数料と入金手数料が全て無料で利用することができます。

取り扱い通貨はビットコイン(BTC)を含めて8通貨に対応し、ビットコイン(BTC)の取引量はなんと国内No.1と人気があります。

取引量が多い取引所は注文が成立しないことも少ないので、経験者はもちろん初心者の方も売買しやすい取引所だと思います。

>>>bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトはこちら<<<

bitFlyerで無料口座開設!

ビットコイン(BTC)について まとめ

ビットコイン (BTC)まとめ
  • 中央管理者が存在していない
  • ブロックチェーンを使用している
  • 個人間で気軽に送金できる
  • 送金手数料が圧倒的に安い
  • 世界共通で使用することができる

今回はビットコイン(BTC)の今後の将来性と乗り越えるべき課題について解説しました。

ビットコイン(BTC)が課題を乗り越え、広く一般的に利用されるようになれば、当然取引量が増え、価格は上がっていくでしょう。

ビットコイン(BTC)に投資をして稼ぎたいという方は、ビットコイン市場はまだまだこれから伸びしろの大きい市場なので、この記事で紹介した優良取引所で投資を始めてみることをおすすめします!

>>>Coincheck(コインチェック)の公式サイトはこちら<<<

Coincheckで無料口座開設!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です