仮想通貨(ビットコイン)は儲かるの?|1万円など少額からのベストな儲け方を大暴露!

暗号資産(仮想通貨)って今からでも儲かるの…?」

1万円とか、少額から儲ける方法を知りたいな…!

結論言いますと、暗号資産(仮想通貨)投資は少額からチャレンジでき、今からでも大きく儲かるチャンスがあります。

「1ビットコイン」あたりの金額は高めですが、ビットコインはなんと「数百円」という少額から買うことができます。

この記事を見れば、誰でもカンタンに「ワンコイン」からビットコインを買うことができるようになりますよ!

仮想通貨(ビットコイン)は少額から買えるの?儲かるの?

「投資」と聞くと、どうしても数万円〜数十万円のまとまった資金を用意するイメージがあると思います。

確かに、FX(為替取引)や株式投資の場合は、まとまった資金を用意した方が有利に投資を始めることが可能です。

しかし結論言ってしまうと、暗号資産投資は「数百円」という少額から始めることができるんです!

ですので、もちろん「1万円」からビットコイン(暗号資産)に投資することも十分できます。

最近ですと「ビットコインが300万円を突破した!」なんてよく耳するので、ビットコインを購入する為に300万円の資金が必要だと勘違いしてしまいがちです。

しかし、驚くべきことにビットコインを含め暗号資産(仮想通貨)は「少数単位」から購入することが可能なんです!

取引所名 ビットコインの最小取引単位
Coincheck(コインチェック) 500円
DMM Bitcoin 0.001BTC
GMOコイン 0.0001BTC

例えば、1BTC=100万円のレートの時にGMOコインで「0.0001BTC」を購入する場合ですと、

100万円(1BTC) × 0.0001BTC(最小購入単位) = 100円

となり、最小100円からビットコインを購入することが可能です。

ビットコインを始める場合は、仮想通貨専用の「取引所」に登録する必要があります。

先ほどご紹介した「最小購入単位」に加えて「安全性の高さ」「手数料の安さ」を評価し、国内約15社の取引所を比較しても、やはり最適なのはCoincheckでしょう。

ビットコインを500円から買うことができ、スマホアプリは既に274回もダウンロードされ、多くの方に愛用されています。

>>>5分でできるCoincheckの無料登録はこちら

【1000円からでも】少額から仮想通貨(ビットコイン)で儲ける2つの方法!

少額から儲けを出すのは不可能と思っていませんか?

実は、少額からでも勝ちを積み重ねれば大きな利益に繋がるんです。

少ない金額から暗号資産(仮想通貨)投資で儲けたい時のトレード方法は、主に以下の2通りになります。

  1. 現物取引
  2. 暗号資産FX(レバレッジ取引)

暗号資産(仮想通貨)で儲ける方法① 現物取引

現物取引は、暗号資産投資の中でも最もメジャーなトレード方法です。

安値で買って高値で売る」という、非常にシンプルで単純な取引方法ですよ!

例えば、1BTC=120万円の時に「1BTC」を購入し、レートが1BTC=130万円の時に「1BTC」を売却したとします。

そうすると、

130万円(売却金額) – 120万円(購入金額) = 10万円(利益)

となり、売却金額と購入金額の差額である「10万円」が利益になります。

現物取引は、基本的に「保有資金の範囲内」で取引を行いますので、残高以上の損失が出ることがなく、非常に低リスクで行うことができます!

「1万円」の元手資金でも十分に暗号資産(仮想通貨)を購入することができますし、まだまだ伸び代があるので、大きく儲かる可能性も十分考えられますよ。

暗号資産(仮想通貨)で儲ける方法② FX(レバレッジ取引)

暗号資産FXにおいては「レバレッジ」という機能を用いることで、より大きな資金を運用することができ、たくさんの利益を狙うことが可能です!

レバレッジ取引って?

一定の資金を担保にして、担保資金の数倍〜数十倍の金額を運用するトレード方法のこと。

「レバレッジ」は日本語で「てこ」という意味合いを持つ。

例えば、10万円の保有資金で「レバレッジ3倍」の取引を行う場合、

10万円(保有資金) × 3倍(レバレッジ) = 30万円

となり、最大で30万円分の取引を行うことが可能なんです!

運用金額が3倍になるということは、もちろん現物取引と比較すると、利益も3倍になります。

レバレッジ取引ではより大きい資金を動かし、より大きな儲けを狙うことができるんです!

ただし運用金額が大きくなる分、損失金額も大きくなってしまいがちです。

現物取引以上にリスク管理には気をつける必要がありますので、十分注意しましょうね!

ビットコインFXで儲けるためのトレード手法3つ!

上記では「現物取引」「レバレッジ取引」という2つのトレード方法についてご紹介しました。

続いては「3つのトレード手法」について、詳しくご紹介していきます。

以下で紹介する3つのトレード手法に関しては、人によって向き・不向きがあります。

自分にどのトレード手法が適しているのか、じっくり考えていきましょう!

3つのトレード手法
  1. スキャルピング
  2. デイトレード
  3. ガチホールド(長期保有)

トレード手法① スキャルピング

スキャルピングって?

数分・数十分という単位で短期的な売買を繰り返し、利益を出すトレード手法。

スキャルピングのメリット
  • ポジションを持つ時間が少なく、損失を抑えられる
  • 空き時間にサクッと行うことができる

スキャルピングでは、かなり短期的なスパンで暗号資産の売買を繰り返し、利益を積み重ねます。

明確な定義はありませんが、ポジションを持つ時間は1分〜1時間、数時間前後です!

長期的にポジションを持たないため、損失も最小に抑えられ、タイミングが合えばスキマ時間でトレードをスキャルピングを行うことも可能です。

スキャルピングでコツを掴めば、1万円からの暗号資産投資でも何十倍にも増やすことができますよ!

レバレッジ取引と組み合わせてスキャルピングを行うと、より短時間でハイリターンなトレードを行うことができます。

ただし、損失がズルズルと大きくなってしまう可能性がありますので、あらかじめ損切りラインをしっかり事前に決めてトレードを行うように心がけましょう。

むやみにポジションを取り続けると、気付いた時には損失が大きくなってしまうことがありますので注意が必要です。

トレード手法② デイトレード

デイトレードって?

1日〜数日のスパンで売買を行うトレード手法のこと。

デイトレードのメリット
  • 価格を確認する頻度が減るので、忙しい方にピッタリ!
  • 価格変動がそこまで大きくないので、低リスクで行える

デイトレードでは、数日間のスパンでみて暗号資産の取引を行います。

現物取引であれば価格変動が比較的小さいので、低リスクな投資を行うことができますよ!

さらに、いちいち価格をチェックする手間も省けますので、忙しい方(お仕事をされている方など)には非常にオススメのトレード手法です!

デイトレードを行うなら、BITPoint(ビットポイント)がとってもおすすめ!

BITPointは「取引所形式」を用いているので、手数料を抑えてデイトレードを行うことができます。

初心者でも使いやすいデザインが人気を呼び、利用者数も増えています!

キャンペーン中の今なら、新規登録するだけで「最大10,000円分ビットコインキャッシュバック」を受けることができますよ!

>>>BITPointの公式サイトはこちら<<<

今すぐBITPointに無料登録!

トレード手法③ ガチホ(長期保有)

ガチホールドって?

数ヶ月〜数年のスパンで暗号資産を長期保有すること。ガチホとも言われている。

ガチホとは、ある特定の暗号資産を購入し長期間売却せずに保有する行為のことです。

市場はまだまだ発展途上で、伸び代があります。

ですので、長期保有でも十分に儲かる可能性があります!

例えば、ネオヒルズ族で有名な投資家「与沢翼さん」は、リップルの長期保有で「数億円」もの資産を既に築いています。

リップルは現に、3・4年間の間に「800倍」という驚異の価格上昇を果たしています。

上場した当時、仮にリップルに「1万円」投資していたとすると、800万円にまで値上がりしている計算になります。

リップルの値上がり率を考慮すると、ガチホ(長期保有)も馬鹿にできません。

また、ガチホ(長期保有)の一番大事なことは、安易に売却しないということです。

売却するラインをあらかじめ決めておき、売却ラインまではしっかり長期保有を貫きましょう!

仮想通貨リップル(XRP)の今後がやばい|専門家が2021年〜2025年以降の価格を予想!

1万円からの仮想通貨投資でうまく儲けるコツ!

ただ闇雲に仮想通貨に投資するのではなく、しっかりと戦略を考えて投資した方が、儲かる可能性は高まります。

次は、実際にトレードで利益を出しているゴリわか編集部の人間が「仮想通貨投資でうまく儲けるコツ」についてご紹介していきます。

是非参考にしてみて下さいね!

仮想通貨投資でうまく儲けるコツ
  1. コツコツ資産を増やすなら、分散投資
  2. ハイリターン狙いなら、アルトコインへの集中投資
  3. 価格が多少下落しても売らない
  4. 高値掴みをしない

コツコツ資産を増やす場合は「分散投資」がおすすめ

低リスクでコツコツ仮想通貨投資をしたい場合は、複数の通貨に分散投資するのがオススメです。

複数の通貨に分散投資しておけば、仮に1つの通貨の価格が暴落した場合でも、資産が大きく減る心配がないので安心ですよ!

まずは、基軸通貨でかつ値動きが比較的落ち着いている「ビットコイン」に投資してみましょう。

ビットコインは仮想通貨の代表ともいうべき存在です。

ビットコインが暴落するときはアルトコインも暴落する場合が多いですが、逆はなかなかありません。

ただ、ビットコインだけだと値動きが小さすぎるので、ある程度のリターンは狙いたいところ。

ですので、1~2種類のアルトコインにも投資してみるのがオススメです。

時価総額が高くて将来性があるアルトコインですと「イーサリアム」「リップル」あたりがおすすめ。

「ビットコイン:アルトコイン」の割合は「7:3」くらいが丁度良いですね。

ともに時価総額が上位のコインですので、通貨自体の将来性も担保しつつ、リターンを少し多く狙うことができますよ!

時価総額

コインの発行枚数に現在の価格をかけたもの。

枚数が100枚で価格が100円なら時価総額は10,000円となり、時価総額が大きいほど人気のコインということになる。

ハイリターンを狙うなら「集中投資」がおすすめ

ビットコインは(仮想通貨の中では)安定感がありますが、大きく儲けにくいのも事実です。

短期間で大きなリターンを狙うなら、1種類のアルトコインにオールベットするのもアリです。

もともとアルトコインは、ビットコインと比較してもボラティリティ(値動き)が大きいので、大きく利益を狙いやすいのが特徴です。

コインチェック取引所

1万円という少額ならある程度のリスクがとれるので、アルトコインに集中投資してリターンを狙いに行く方法も、大いにアリだと考えます。

将来性があってリターンを得やすいアルトコインは以下の3つです。

おすすめアルトコイン3選
  1. リップル(XRP)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. ビットコインキャッシュ(BCH)

リップルやイーサリアムは、既に実用化が進められています。

そしてビットコインキャッシュは、明らかにビットコインよりも優れた送金速度を誇っており、これからの普及に期待できます!

ただ、アルトコインは全部で1,000種類以上ありますので、ご自身が気になっている銘柄に集中投資してみるのも十分アリだと思います。

得体の知れない草コインなどに投資してしまうと、最悪の場合日本円に戻せなくなってしまう場合がありますので、なるべく時価総額が高いアルトコインに投資するのがオススメですよ。

>>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで無料口座開設!

価格が多少下落しても売らない

ビットフライヤー

ビットコインやアルトコインは価格変動が激しく、1日で20%近く変動することもあります。

上がるときはいいんですが、問題は下がったとき。

凄い勢いで減っていく資産を見て、「損切りしなきゃ!」と思うかもしれません。

ただ、仮想通貨はまだまだ成長過程で、長い目で見ると価格は上がる可能性が高いです。

これまでの傾向から考えても、長期的に見れば価格が元に戻る可能性が高いので、すぐに損切りせず保有し続けることをオススメします!

高値掴みをしない

モナコインチャート

仮想通貨はまだ投機取引(お金儲け目的の取引)が多いので、いきなり暴騰することがあります。

上がり続ける価格を見て、「今買わないともったいないんじゃないか…!?」という気分になりますが、そこで手を出すと負けです。

急激に価格を上げたあとは、ほとんどのケースで大きな下落が起こります。上記のチャートでも暴騰した後の下落が見られますね。

天井のところで買ってしまうと、資産がプラスに転ずるまで時間がかかりますし、精神的にも辛いものがあります。

必ずチャンスはもう一度くるので、価格が落ち着くまで待ちましょう。

モナコインjpy

暴騰以外のタイミングなら、どこで買ってもさほど差はありません。現時点で少しくらい高くても、数か月後には誤差レベルになっている可能性が大きいので。

「いつ買うか…?」と悩み続けてしまっても、利益確定するときには微々たる差になるので、高騰する前にサクッと購入してしまうことをおすすめしますよ。

儲けたいなら要チェック!仮想通貨の価格が上がるタイミング!

仮想通貨投資で儲けたい場合は「投資するタイミング」も非常に重要です。

仮想通貨には、価格が上がりやすいタイミングが存在しています。

そのタイミングを熟知しておけば、より効率的に儲けることができますよ!

価格が上がるタイミング
  1. 有名企業・金融機関と提携した時
  2. 取引所に上場する時
  3. アップデートが行われた時

有名企業・金融機関と提携した時

有名企業や金融機関が通貨との提携を発表すると、通貨の価値は上昇する傾向があります。

有名企業や金融機関が、通貨の価値を保証したという事実・期待感から買いが先行し、結果的に通貨の価格自体が上昇します!

企業提携数が多い仮想通貨は、主に以下の2つになります。

提携企業数が多い通貨
  1. リップル(XRP)→Ripple Netに加盟している企業は200社以上
  2. イーサリアム(ETH)→イーサリアム企業連合(EEA)に加盟している企業は500社以上

上記の2つの通貨とも、ビットコインに次いで時価総額2位、3位となっており、非常に人気が高いです。

提携発表などのタイミングでうまく参入することができれば、短期的に大きく儲けられる可能性があるので、要チェックです!

取引所に上場する時

取引所に仮想通貨が上場する場合も、価格が大きく上昇する可能性が高いです。

取引所に上場することができれば、取引所のユーザーは全員取引することが可能になるので、取引者数が大幅に増加します。

加えて、上場することによって期待感が高まり、買いが先行して結果的に通貨価値が上昇する傾向があるんです!

最近ですと、国内取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)に新しくモナコインが上昇し、価格が大きく高騰しました。

通貨の上場タイミングに合わせていち早く取引に参入することができれば、大きく利益を得れる可能性がありますよ。

>>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで無料口座開設!

アップデートが行われた時

仮想通貨のアップデートなどが行われた場合も、価格が上昇する可能性が高いです。

アップデートが行われるということは、通貨のプロジェクトが完成に近づいているということですので、期待感が高まります。

期待感が高まった結果、買いが先行し、通貨の価格も上昇するという訳です。

例えば、時価総額2位を誇るイーサリアム(ETH)は、4つのアップデートを予定しており、現在は最終段階のみを残しています。

イーサリアムの1回目、2回目のアップデートである「フロンティア」「ホームステッド」のタイミングでも、実際にじわじわと価格が上昇しています。

アップデートの数ヶ月前からじわじわと価格上昇し、完了した時点で一旦下落するという傾向があります。

ですので、アップデートのタイミングで儲けたい方は、前もってその通貨を購入しておくことをオススメしますよ!

1000円〜1万円から暗号資産(ビットコイン)を始めるならココ!おすすめ取引所!

1万円から暗号資産(ビットコイン)を始める際の「おすすめ取引所」についてご紹介していきます。

ビットコインを購入する場合は「取引所」に登録を行い、取引所でビットコインを購入する必要がりますので、登録は必須です!

取引所を選ぶ際の以下の「3つのポイント」を総合的に評価しランキング付けを行いました。

是非参考にしてみて下さい!

取引所を選ぶタイミング
  1. セキュリティの高さ
  2. 使いやすさ
  3. 各種手数料の安さ

おすすめ取引所第1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(5.0)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(5.0)
初心者へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(5.0)
Coincheck(コインチェック)の特徴・メリット
  • 東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持つ
  • 2019年1月には金融庁から「暗号資産交換業者」として認可を受けている
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料
  • スマホアプリがダントツで使いやすく、ダウンロード数は230万を突破している
  • 取り扱い通貨数は「12種類」で国内最多!

最もおすすめなのは、マネックスグループを親会社に持っているCoincheck(コインチェック)です。

取り扱い通貨は「12種類」となっており、国内取引所の中では最も多い通貨数を誇っています。

日本発祥のアルトコインである「モナコイン(MONA)」の取り扱いも開始しており、ますます利用者は増加しています!

初心者の方でも簡単に操作することができる「販売所形式」を採用しているので、暗号資産の数量を入力するだけで、ワンタッチで購入することが可能です。

暗号資産(仮想通貨)バブルが発生した2018年にかけて「Zaif(ザイフ)」や「Binance(バイナンス)」などの有名取引所へのハッキング事件が相次ぎました。

ハッキング事件の原因のほとんどは暗号資産ではなく、取引所のセキュリティにあります。

ですので、セキュリティが高くて信頼性がある取引所を利用するのが、最も得策。

安全性・信頼性を総合的に判断すると、やはりCoincheck(コインチェック)を利用するのが最もオススメです。

「NEM事件を起こした取引所じゃ…」と思う方もいると思いますが、遠い昔の話です。

2019年1月には金融庁から「暗号資産交換業者」として認可されるまでに、セキュリティが改善されています。

安全に暗号資産投資を行いたいなら、Coincheck(コインチェック)への登録は必須ですよ。

>>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで無料口座開設!

おすすめ取引所 第2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴
  • 2014年からサービスを展開している、歴史のある取引所!
  • 全ての暗号資産の「取引手数料」「入金手数料」が無料なので、無駄なコストが一切かからない!
  • ビットコインの取引量はなんと「国内No.1

次にオススメなのは、bitFlyer(ビットフライヤー)!

bitFlyerは日本国内最大級の取引所で、なんと『100円』というかなりの少額から購入することができます!

加えて、全ての暗号資産(仮想通貨)の「取引手数料」が無料!

取引手数料だけでなく「入金手数料」も無料なので、無駄なコストがほとんどかかりません。

手数料を抑えつつおトクに取引するなら、bitFlyerへの登録は必須!

おすすめ取引所第3位:GMOコイン

GMOコインの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(4.5)
各種手数料
(4.5)
取り扱い通貨
(3.5)
初心者へのオススメ度
(4.0)
総合評価
(4.0)
GMOコインの特徴・メリット
  • 東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」を親会社に持っている
  • 現物取引だけでなく、最大4倍の「レバレッジ取引」にも対応している!
  • 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が無料
  • 取引専用アプリ「ビットレ君」を使えば、スマホアプリから簡単にトレードできる

GMOコインは、インターネット事業を中心に展開している「GMOグループ」を親会社に持っている取引所。

暗号資産FX専用アプリ「ビットレ君」の評判が非常に良く、スマホから簡単にレバレッジ取引を行うことが可能です。

厳選された「9つのツール」を用いているので、初心者の方でも混乱することなく、かつ本格的なチャート分析を行うことができますよ!

2019年12月には、新たに「ネム」と「ステラルーメン」の取り扱いを開始しています。

取引手数料・出入金手数料・送金手数料などが全て無料でおトクでもあるので、

GMOコインもとってもオススメできる取引所の1つですよ!

>>>GMOコインの公式サイトはコチラ<<<

GMOコインで無料口座開設!

おすすめ取引所第4位:DMM Bitcoin

DMM_Bitcoinの評価
セキュリティの高さ
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
各種手数料
(5.0)
取り扱い暗号資産
(4.5)
初心者へのオススメ度
(4.5)
総合評価
(4.5)
DMM_Bitcoinの特徴・メリット
  • 数多くの事業を展開している「DMMグループ」を親会社に持っている
  • レバレッジ取引に特化しており、11種類の暗号資産のレバレッジ取引を行える
  • 「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」が全て無料!※BitMatch取引手数料を除く
  • キャンペーン中の今なら、無料登録するだけで「1,000円キャッシュバック」を受けることが可能

DMM Bitcoinは、動画事業などを数多く展開している「DMMグループ」を親会社に持っている取引所。

レバレッジ取引に特化しており、ビットコインやリップル、イーサリアムなどの計11種類の暗号資産のレバレッジ取引に対応しています!

現物取引に対応している暗号資産は「ビットコイン」「イーサリアム」と少なめでしたが、2019年7月には大人気アルトコイン「リップル」の現物取引の取り扱いを開始しています!

主要暗号資産の現物取引にも対応しているので、様々なタイプの取引を楽しむことが可能ですよ。

さらに「取引手数料」「出入金手数料」「送金手数料」なども無料※BitMatch取引手数料を除くに設定されているので、コストを徹底的に抑えつつ、暗号資産取引を楽しむことができます。

さらに今なら「新規口座開設1,000円プレゼントキャンペーン」が実施されています。

口座開設するだけでもれなく「1,0円キャッシュバック」を受けることができますので、かなりおトクに暗号資産投資を始めることができます。

ゆくゆくはレバレッジ取引にもチャレンジしてみたいな…」という方は、DMM Bitcoinにも登録しておきましょう!

(キャンペーン期間:2021年4月1日(月)7時00分~2021年6月1日(火)6時59分)

>>>DMM Bitcoinの公式サイトはコチラ<<<

DMM Bitcoinで無料口座開設!

おすすめ取引所第5位:TAOTAO(タオタオ)

TAOTAO(タオタオ)の評価
セキュリティの高さ
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
各種手数料
(5.0)
取り扱い通貨
(4.0)
初心者へのオススメ度
(4.0)
総合評価
(4.5)
TAOTAO(タオタオ)の特徴
  • 超有名な大手IT企業「ヤフーグループ」から出資を受けている!
  • 取引手数料だけでなく、出入金手数料・送金手数料も無料!
  • 今ならスプレッド縮小キャンペーン実施中!
  • スマホアプリが使いやすく、経験者だけでなく初心者からも人気が急上昇中。

TAOTAO(タオタオ)は、2019年にサービスが開始された比較的新しい国内取引所。

あの超有名IT企業「ヤフーグループ」から出資を受けており、信頼性は十分に担保されています!

そしてTAOTAOの最も大きなメリットは、取引にかかるほとんどの手数料が無料な点。

取引手数料・出入金手数料・送金手数料までほとんど無料ですので、

圧倒的にコストを抑えて通貨のトレードを行うことが可能です!

それに加えてスマホアプリも圧倒的に使いやすく、ブラウザを開かなくてもアプリから簡単に、

暗号資産の価格の確認・取引等も行うことができます!

スマホアプリのチャート画面・トレード画面はシンプルに設計されていますので、初心者の方でもとっても使いやすいです。

コストを抑えつつ、より安全に暗号資産の取引をしたいな…」という方は、TAOTAOは登録必須な取引所です!

これから暗号資産を始める場合はコインテレグラフ編集部の「仮想通貨取引所おすすめランキング」、「リップル取引所おすすめランキング」、「仮想通貨の今後と将来性を徹底予想」なども参考にすると良いでしょう。

超かんたん!少額から仮想通貨(ビットコイン)投資を始めるまでの3ステップ!

いざ「仮想通貨(ビットコイン)を購入しよう!」となると、難しそうに聞こえるかもしれません。

自分も最初はそうでした。でも、実際にやってみるとめちゃくちゃ簡単なんですよ!

どのくらい簡単かというと、Amazonで買い物するくらい。

投資経験ゼロから始めた人も多いので、ぜひこの機会にチャレンジしてみましょう。

ビットコインやアルトコインを買うための手順は、以下の3つです。

  1. 仮想通貨取引所に登録する
  2. 日本円を入金する
  3. 仮想通貨を購入する

取引所への登録さえ済ませてしまえば、あとは数分で入金・仮想通貨の購入を行うことができますよ!

ステップ① 仮想通貨取引所に登録する

仮想通貨取引所とは、ビットコインやアルトコインを取引できる場所です。

アカウント登録にかかる時間は10分くらいですし、取引しない限りは手数料はかからないので、安心して登録することが可能です!

仮想通貨取引所は複数ありますが、中でも有名なのは以下の3つです。

  • Coincheck
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン

安全性の高さや手数料の安さを総合的に考えると、使いやすさダントツNo.1の「Coincheck(コインチェック)」が最もオススメです。

スマホアプリが圧倒的に使いやすく、初心者から上級者にまで、幅広い方々に選ばれています。

これから仮想通貨投資を始めるなら、登録必須な取引所です。

>>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで無料口座開設!

ステップ② 日本円を入金する

アカウント登録が済んだら、次はビットコインを購入するための資金を入金しましょう。

Coincheck(コインチェック)の場合、入金方法は以下の3つから選べます。

  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

今回は「銀行振込」を用いた入金方法についてご紹介します。

「銀行振込」のボタンを押すと、振込先の銀行口座情報が表示されますので、そちらに日本円を振り込みましょう!

Coincheck(コインチェック)の残高に反映されていれば、日本円の入金は完了になります。

ステップ③ 仮想通貨を購入する

入金が済んだら、いよいよ仮想通貨(ビットコイン)を購入します。

闇雲に仮想通貨を購入するのではなく、リスク・リターンを考えて購入するコインを決めましょう。

低リスクで投資したいならビットコインですし、ハイリターンを狙いたいならアルトコインです。

購入手順はとても簡単で、上記キャプチャのように「通貨」と「買いたい数量」を入力して、「購入する」をクリックするだけです。

Coincheck(コインチェック)は販売所形式を用いているので、かんたんに仮想通貨を購入することができますよ。

購入した仮想通貨は、Coincheck(コインチェック)内の口座に自動保管されます。

あとはコインが値上がりするのを楽しみに待ちましょう。もちろん好きなタイミングで売却も可能です!

1万円から始める仮想通貨投資のリスクは?

仮想通貨投資を始めるうえで、確認しておきたいのがリスクですよね。

仮想通貨投資のリスクも、通み隠さず紹介していきます!

仮想通貨投資のリスク
  1. 借金を背負うリスク
  2. ハッキングのリスク
  3. レバレッジのリスク

借金のリスク

仮想通貨投資リスクでは、必ずあげられるのが「借金のリスク」ですね。

仮想通貨を取引する種類は、基本的に2つあります。

現物取引」と「信用取引」です。

現物取引は、ビットコインを現物で買い、ビットコインの価格が上がったら利益が発生する仕組みです。

また、ビットコインを売り、価格が下がったところで買い戻すと利益が発生します。現物取引解説画像

現物取引をしている場合は、10万円のビットコインの現物を持っていてビットコインの価格が0円になったとしても保有資産は無くなりますが、借金ができることはありません。

対して「信用取引」の場合は、証拠金を預けることで、元本の数倍〜数十倍の金額で取引を行う仕組みになっています。

例えば、あなたが10万円の元手で「3倍」のレバレッジをかけ、30万円分の取引をするとします。

30万円分の取引をした時、ビットコインの価格が「5万円」下がった場合、損失額も3倍になってしまうので、全ての元本を失った上で「5万円」を追加で納入する義務が発生してしまいます。

レバレッジ取引はハイリターンな投資を行うことができますが、損失も大きくなる可能性が高まってしまうのです。

初心者の方は、慣れるまでは現物もしくは、低レバレッジでの取引を行いましょう!

ハッキングのリスク

2018年、コインチェックやZaifのハッキングが問題になりましたね。

いくら対策をしていても、ハッキングを受ける可能性はゼロではありません。

しかし、最近は、仮想通貨取引所もコールドウォレットを採用したり、マルチシグの採用を強化しているのでハッキングはされずらくはなっています。

NEM事件などと同様に、リスクは仮想通貨そのものではなく、ビットコインなどを購入する取引所にある場合が非常に多いです。

ですので、しっかりと信頼のおける取引所を選ぶのが重要。

国内取引所はたくさんあるのですが、中でも総合的に見ると「Coincheck(コインチェック)」を使うのが最もおすすめ。

Coincheck(コインチェック)と聞くと「NEM事件を起こした取引所では…」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、今では東証一部上場企業「マネックスグループ」が買収し、信頼性はグッと上がっています。

2019年1月には金融庁から「仮想通貨交換業者」としての認可も受けているので、安全性や信頼性を総合的に見ると、やはりCoincheck(コインチェック)が最もおすすめですよ!

レバレッジ取引のリスク

先ほど、信用取引について説明をしましたね。

レバレッジ取引には、常にリスクが伴います。

リターンが大きくなる分、リスクも大きくなるので、安易にレバレッジをあげてしまうと非常に危険。

初心者のうちは、慣れるまでは現物取引で練習して、ローレバレッジ(2倍~3倍など)でトレードすることをおすすめします!

>>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで無料口座開設!

1万円からの仮想通貨投資でも儲かる!今日から始めてみよう!

最初は、お小遣いになればいいかな?くらいの軽い気持ちで始めても全然OKだと思います。

1万円という少額で投資を経験できるのが仮想通貨のメリットですね。

万が一、価値がゼロになってしまっても1万円なら後悔も小さいですし。

Coincheckだと、「500円」という少額から仮想通貨を購入することができるので、低リスクで投資を始めることが可能です。

bitFlyerなら、全ての仮想通貨の手数料が無料!

セキュリティ面でも安全に取引することができ、今人気急上昇中の取引所です!

>>>Coincheckの公式サイトはコチラ<<<

Coincheckで無料口座開設!