リクルートカードの評判は悪い?実際の口コミを参考にメリット・デメリットを徹底解説!

リクルートカードの評判は悪い?実際の口コミを参考にメリット・デメリットを徹底解説!

リクルートカードってどんなカード?
リクルートカードの評判はいいの?

ポイント還元率が高いことで有名なリクルートカード。

大人気のクレジットカードですが、実際の評判はどうなのでしょうか。

そこで今回は、実際の口コミを基にリクルートカードを徹底解剖していきます。

編集者

良い面だけでなく、悪い面も見ていきます!

これからリクルートカードを作ろうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

\当サイト人気クレジットカードTOP3!/

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
年会費 永年無料
還元率 0.5%~5.0%
国際ブランド

VIASOカード

VIASOカード
年会費 永年無料
還元率 0.5%~1.0%
国際ブランド

ライフカード

ライフカード
年会費 永年無料
還元率 0.5%~1.5%
国際ブランド
リクルートカードの評判をざっくりいうと
  • リクルートカードはポイント高還元のクレジットカード
  • リクルートカードの審査難易度が分かる
  • リクルートカードには多くのメリットがある
  • しかし、リクルートカードには○○というデメリットがある
  • そこで○○できる方に非常におすすめ!
  • いまなら新規入会&ご利用で最大6000円相当プレゼントキャンペーン実施中!!

リクルートカードってどんなカード?

リクルートカードってどんなカード?

リクルートカードは、株式会社リクルートが発行する年会費無料のクレジットカードです。

ポイント還元率は業界最高水準の1.2%で、100円につき1.2ポイントが貯まります。

編集者

平均的なポイント還元率は0.5%です。

貯まったポイントはHOT PEPPERでそのまま使ったり、他社ポイントに交換することができます。

国際ブランドはVISA,Mastercard、JCBの三種類を選択でき、汎用性の高いカードです。

基本情報は以下の通りです。

年会費 永年無料
還元率 1.2%~4.2%
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
ポイント リクルートポイント
追加カード 家族カード、ETCカード
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay
旅行保険 ・海外:最高2000万円
・国内:ー
ショッピング保険 有料で追加可能
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)

リクルートカードの特徴・メリット

リクルートのロゴ

次にリクルートカードのメリットについて解説していきます。

人気のクレジットカードのメリットはどのようなものなのでしょうか。

年会費永年無料

豚の貯金箱

リクルートカードの年会費は永年無料です。

また、発行手数料も無料なので気軽に作ることができます。

カードでの節約を考えていて、できるだけ無駄な出費を増やしたくない方には嬉しいポイントです。

ポイント還元率が業界最高水準

ポイントのイメージ画像

リクルートカード最大の魅力は何といってもポイント還元率です。

気になるポイント還元率は驚異の1.2%です。

MEMO
一般的に、1.0%以上がポイント高還元と言われています。

参考までに他の人気カードの還元率を表にしてみたので、ご覧ください。

カード ポイント還元率 年会費
リクルートカード 1.2% 永年無料
楽天カード 1.0% 永年無料
JCB CARD W 1.0% 永年無料
イオンカード 0.5% 永年無料
三井住友カード 0.5% 1375円(税込)

充実の付帯保険

海外へ飛ぶ飛行機

リクルートカードは年会費無料ながら、海外・国内旅行保険、ショッピング保険が付帯します。

高ランクのカードであれば基本的に付帯しますが、年会費無料のカードでここまで保険が充実しているのは非常に珍しいです。

安心して旅行やお買い物を楽しみたい方にとっては非常に魅力的なポイントなのではないでしょうか。

注意
旅行傷害保険は、リクルートカードで旅行代金を払った時のみ付帯します。

リクルート系列のサービス利用でポイントアップ

リクルート系列サービス

リクルート系列のサービスでこのカードを使うと、ポイントがアップします。

以下で、リクルート系列のサービスとポイント倍率を確認してみましょう。

サービス名 ポイント倍率
じゃらん 3.2%(最大11.2%)
ポンパレモール 4.2%以上(最大21.2%)
HOT PEPPER Beauty 3.2%
HOT PEPPER グルメ 3.2%+ネット予約&来店で人数×50ポイント

編集者

ポンパレモールとはリクルートが運営するネットショッピングサイトです。

追加カードが無料

追加カード

リクルートカードは家族カードとETCカードの発行も可能です。

国際ブランドをJCBにすると、どちらも発行手数料・年会費が無料になります。

ETCカードは年会費がかかるカードも多いので、嬉しいポイントです。

編集者

VISAかMastercardを選択した場合は、ETCカードのみ発行手数料が1100円かかります。

電子マネーにチャージができる

リクルートカード対応の電子マネー

リクルートカードを使うと、電子マネーにチャージすることができます。

チャージできる電子マネーは国際ブランドにより変わります。

国際ブランド 電子マネー
JCB nanaco、モバイルsuica
VISA/Mastercard nanaco、楽天Edy、モバイルsuica、SMART ICOCA

普段から電子マネーを使っている方、これから電子マネーを使いたいと考えている方には嬉しいポイントですね。

リクルートカードの審査難易度は?

リクルートカードの審査難易度

クレジットカードを発行するには審査に通過する必要があります。

カードごとに審査難易度があり、ランクが上がるほど難易度も上がります。

ではリクルートカードの審査難易度はどの程度なのでしょうか。

リクルートカードの審査基準は?

審査

リクルートカードの申し込み条件は以下の通りです。

  • 年齢が18歳以上であること
  • 安定した収入があること
  • 本人の収入がない場合は、配偶者の収入が必要
  • クレジットヒストリー

収入がいくらあれば通るといった内容は記載されておらず、明確な情報は定かではありません。

しかし、合否情報を見ると年収200万円以上の方であれば審査に通る可能性が高いようです。

編集者

一般的な社会人の方であれば容易に通過できるでしょう。

また、クレジットヒストリーはかなり厳しく見られるようです。

クレジットヒストリーとは
簡単に言うと、クレジットカードの利用履歴のことです。基本的には直近5年間の履歴が見られます。

過去に料金の延滞や金融事故があった場合には、審査通過が厳しくなるので注意しましょう。

リクルートカードの審査難易度は普通

パソコンを打つ女性

先に結論から言うと、リクルートカードの審査難易度は普通です。

理由としては、リクルートカードは流通系カードであり、集客を目的にカードを発行しているからです。

流通系カードとは
イオンなどの小売業者が、集客を目的に発行しているクレジットカードのことです。

流通系カードは、三井住友カードなどの銀行系カードに比べると審査が甘い傾向にあります。

そのため、審査が不安な方でも気軽に申し込めるクレジットカードです。

リクルートカードの作り方を4ステップで解説

リクルートカードの作り方

では、リクルートカードを作ろうと考えている方のためにリクルートカードの作り方を解説します。

当サイトからでも簡単に作ることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

STEP.1
公式サイトの申し込みフォームをタップ
まずはリクルートカードの公式サイトにアクセスします。アクセスしたらリクルートカードのお申し込みはこちらをタップします。パソコンやスマホなどから簡単にアクセスすることができます。

編集者

当サイトの緑色のボタンを押せば簡単にアクセスできます!
STEP.2
本人情報を記入
記入フォームに年齢や性別、勤務先などを記入します。ここでは嘘偽りない情報を記入しましょう。また、記入漏れにも注意しましょう。
STEP.3
申し込み完了
本人情報を記入し終わったら、審査が行われます。審査は最短当日中に完了します。審査結果は事前に登録したメールアドレス宛か電話番号宛に連絡が来ます。
STEP.4
後日郵送でカードが届く
審査完了後、約1週間から10日程でカードが届きます。年末年始や祝日などが重なると、到着までに時間がかかる場合もあります。

リクルートカードのリアルな評判は?

リクルートカードのリアルな評判

今回の本題である、リクルートカードのリアルな評判について解説していきます。

実際の口コミを参考に、リクルートカードの実態を暴いていきます!

リクルートカードの良い口コミ

まずは良い口コミから見ていきましょう。

使用者はリクルートカードのどの点に魅力を感じているのでしょうか。

良い口コミその1

ポイントがそのまま使える。
リクルートカードは高還元なのでポイントが貯まりやすく、貯まったポイントはホットペッパーでそのまま使えるのでとても便利です。

<20代・女性>

総合評価
(5.0)
ポイント還元率
(5.0)
サービス
(3.0)
専用サイト
(5.0)
審査・申し込み手続き
(5.0)
デザイン
(3.0)

クレカ博士

美容院をHOT PEPPERで予約した場合にポイントを交換せずに使えるのはいいですね。

良い口コミその2

nanacoを普段から使う方には必須のカードです。還元率は1.2%で旅行保険も充実。
リクルートポイントだけでも使い道に困りませんが、もし困る場合はPontaポイントに移行できます。
本当におすすめできるカードです。

<30代・女性>

総合評価
(5.0)
ポイント還元率
(5.0)
サービス
(5.0)
専用サイト
(5.0)
審査・申し込み手続き
(5.0)
デザイン
(5.0)

クレカ博士

還元率、旅行保険、電子マネーで使える点が魅力のようです。

良い口コミその3

リクルートポイントを使える方なら最強カード。
僕は日頃からHOT PEPPERを利用するので、リクルートポイントの消費には困りません。
ポイントを消費しきれずに失効してしまったことはなく、とても重宝しています。

<20代・男性>

総合評価
(5.0)
ポイント還元率
(5.0)
サービス
(4.0)
専用サイト
(5.0)
審査・申し込み手続き
(5.0)
デザイン
(5.0)

クレカ博士

ポイントがよく貯まるので、うまく消費できる方にはぴったりのカードのようです。

やはり、リクルートカードのメリットとして一番多く挙げられていたのは、ポイント還元率でした。

次に保険や電子マネーなどが多く挙げられていました。

リクルートカードの悪い口コミ

次に悪い口コミを見ていきます。

一見欠点がなさそうなリクルートカードですが、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

悪い口コミその1

ポイントは貯まりやすいが、使い道がない。
私は海外も行かず、HOT PEPPERもあまり使わないので、保険もポイントも使い道がありません。
以前まではHOT PEPPERで美容院を予約していましたが、コロナの影響で行きつけの美容院がHOT PEPPERに掲載されなくなったため、使い道がなくなりました。

<30代・女性>

総合評価
(2.0)
ポイント還元率
(4.0)
サービス
(2.0)
専用サイト
(3.0)
審査・申し込み手続き
(3.0)
デザイン
(3.0)

クレカ博士

ポイントや保険は使い道が限られるみたいですね。

悪い口コミその2

ポイントの利用方法を生み出せなかった。
私の環境ではリクルートポイントを利用する機会がほとんどないため、結局使い道のないカードへとなってしまいました。

<30代・男性>

総合評価
(2.0)
ポイント還元率
(4.0)
サービス
(2.0)
専用サイト
(2.0)
審査・申し込み手続き
(2.0)
デザイン
(2.0)

クレカ博士

やはりこの方もリクルートポイントの使い道に困っているようです。

悪い口コミの中で大半を占めていたのが、ポイントの使い道がないという点でした。

ポイントが貯まりやすい分、使わなかったら実質損している気分になってしまうようです。

リクルートカードの本当の評価は?

リクルートカードの評価

良い口コミも悪い口コミも見た上で、リクルートカードの本当の評価を見ていきましょう。

300件以上の口コミを集計した、リクルートカードの本当の評価は以下の通りになります。

リクルートカード

総合評価
(4.0)
ポイント還元率
(4.5)
サービス
(3.0)
専用サイト
(4.0)
審査・申し込み手続き
(3.5)
デザイン
(3.5)

集計の結果、リクルートカードの総合評価は4.0点と高得点となりました。

年会費無料かつポイント高還元ということもあり、高い評価が多く見られました。

編集者

メインカードとして使っている方が多くいました。

一方、悪い評価としては「ポイントの使い道に困る」といった意見が多く見られました。

リクルートカードと他の人気カードを比較

リクルートカードと他の人気カードを比較
では、リクルートカードと他の人気カードを比較していきます。

以下の比較表を見て、確認してみましょう。

カード 年会費 還元率 ポイント
リクルートカード 永年無料 1.2%~4.2% リクルートポイント
楽天カード 永年無料 1.0%~3.0% 楽天ポイント
JCB CARD W 永年無料 1.0%~10.0% OkiDokiポイント
イオンカード 永年無料 0.5%~1.0% ときめきポイント

編集者

還元率に関してはやはり、リクルートカードが優れていますね。

どのカードも特定のお店でポイントがアップしますが、日常的に使うことを考えると、通常還元率で比較するのが望ましいでしょう。

次に貯まるポイントの使い道について考えていきましょう。

各ポイントの交換先は以下の通りです。

ポイント 交換先
リクルートポイント Pontaポイント※一部店舗でそのまま使用可能
楽天ポイント そのまま使用可能
OkiDokiポイント Tポイント
nanacoポイント
ときめきポイント WAONポイント

編集者

すべて等価交換ができるポイントです。

クレジットカードのポイントは基本的に他社ポイントに変える必要があります。

しかし、楽天カードのように楽天市場や楽天Edyで使えるポイントもあります。

楽天カードについて詳しく見る

リクルートポイントは、HOT PEPPERやじゃらんなどではそのまま使えるものの、基本的にはPontaポイントに変えて使用する必要があります。

ポイントの使い勝手の良さという観点から見ると、楽天カードが一番使いやすいカードであると言えます。

これらの比較表から、リクルートカードは高還元だがポイントの管理をする必要があるカードということが分かります。

リクルートカードはこんな人におすすめ!

リクルートカードをおすすめする人

次にリクルートカードの発行をおすすめする人について解説していきます。

1つでも当てはまっている方は、リクルートカードの発行をおすすめします!

なるべく出費を抑えたい

お金を節約

リクルートカードの年会費は永年無料です。

そのため、カードを持っているだけでお金がかかるなんてことはなく、出費を極力抑えられます。

また、家族カードやETCカードも無料ですので、追加カードの発行を考えている方にもおすすめです。

編集者

ETCカードを作るのであれば、発行手数料が無料のJCBをおすすめします。

ポイ活をして節約したい

大量のお金

クレジットカードを選ぶ上で欠かせない点として、ポイント還元率が挙げられます。

リクルートカードのポイント還元率は1.2%と、非常に高還元です。

そのため、クレジットカードを使って節約をしたいと考えている方にはおすすめのカードです。

HOT PEPPERやじゃらんをよく利用する

ショッピングを楽しむ女性

「ポイントの使い道がない」と悪い口コミで多く挙げられていました。

しかし裏を返せば、ポイントの使い道がある方にはデメリットがほとんどないカードであると言えます。

使い道として多く挙げられるのがHOT PEPPERじゃらんです。

それらのサービスを頻繁に使う方には、デメリットが特にない非常におすすめのカードとなります。

MEMO
HOT PEPPERやじゃらんで使うと、ポイント還元率もアップします。

旅行に頻繁に行く

旅行に必要なパスポート

リクルートカードは年会費無料ながら、国内・海外旅行傷害保険が付帯します。

海外は日本に比べると医療費が高い傾向にあります。

もし旅行先や出張先で何かあったときに、リクルートカードがあることで多額の料金を支払うことなく安心して治療を受けることができます。

編集者

リクルートカードで旅行料金を支払った場合のみ適用されます!

電子マネーに興味がある、使っている

電子マネー

リクルートカードは電子マネーにも対応しています。

コロナウイルスの影響で、相手に触ることなく決済ができる電子マネーやスマホ決済の需要が高まっています。

これから電子マネーを使いたい、作るなら電子マネー対応のカードが欲しいといった方にもおすすめです。

リクルートカードに関するQ&A

リクルートカードに関するQ&A

ここではリクルートカードに関するQ&A(よくある質問)をまとめました。

リクルートカードに関するお悩みはここで解決していきましょう。

締め日・支払日はいつ?

電卓とお金

リクルートカードは毎月15日締め・翌月10日払いです。

また、限度額は使用者によって異なりますが、基本的には10万円~100万円となります。

入会キャンペーンはある?

リクルートカードの入会キャンペーン画像

現在、新規入会&ご利用で最大6000ポイントプレゼントキャンペーンが実施中です。

条件は以下の通りで、発行できるすべての国際ブランドが対象です。

  • 新規入会で2000ポイント
  • 初めてのご利用で2000ポイント
  • 携帯電話料金の支払いで2000ポイント

条件はかなり簡単で、発行して利用するだけでも4000ポイント貰えます。

編集者

獲得ポイントの有効期限は翌月末までなので注意しましょう!

リクルートカードはランクアップできる?

高ランクのクレジットカード

リクルートカードはランクアップできません。

もしゴールドやプラチナといったランクの高いカードが欲しいのであれば、他のカードを契約する必要があります。

編集者

将来的にランクアップを目指したいという方は以下の記事をご参考にしてください。

もし盗難・紛失してしまったらどうすればいい?

困っている男性

もし盗難・紛失した場合にはご利用のカード会社に連絡しましょう。

編集者

使用している国際ブランドによって連絡会社が変わります。

また、60日前までの損害額を補償してくれる、紛失・盗難補償もあるので、安心してカードを使うことができます。

リクルートカードはポイント高還元の優良カード

リクルートカードはポイント高還元の優良カード

いかかでしたでしょうか。

今回は実際の口コミも参考に、リクルートカードを徹底解剖していきました。

ポイント高還元、保険が充実などのメリットだけではなく、ポイントの使い道に困るといったデメリットがあることも分かりました。

この記事が、これからリクルートカードを作ろうとしていた方の参考になっていたのであれば幸いです。

では最後に今回のまとめをします。

リクルートカードの評判 まとめ
  • リクルートカードはポイント高還元のクレジットカード
  • リクルートカードの審査難易度は普通
  • リクルートカードには高還元保険が充実などのメリットがある。
  • しかし、リクルートカードにはポイントの使い道に困るといったデメリットも…。
  • そこで、ポイントの使い道を確保できる方はリクルートカードが非常におすすめ!
  • いまなら新規入会&ご利用で最大6000円プレゼントキャンペーン実施中!!