【年会費無料】ETCカードおすすめ比較ランキング|作り方や利用の流れも徹底解説!

おすすめのETCカードって?

年会費がかからないETCカードを知りたい

種類が多すぎてどれを選べばいいのか分からない

この記事では、このような疑問を解決します。

有料道路を車で走行するために便利な「ETCカード」。種類がありすぎでどれを選べばいいのか分かりませんよね。

そこで、おすすめのETCカードを7種類厳選し、ETCカードについて紹介していきます。

ぜひこの記事を読んで、あなたにぴったりのETCカードを見つけてくださいね!

おすすめのETCカードをざっくり言うと
  • ETCカードは、普段から高速道路を利用する人にとって欠かせないカード
  • クレジット付帯ETCカードとETCパーソナルカードの二種類がある
  • ETCパーソナルカードはデポジットがかかるので、クレジット付帯ETCカードを選ぼう
  • おすすめのETCカードは8種類あり、年会費還元率などを見て判断しよう
  • 年会費・発行手数料無料かつ高還元のJCB CARD Wがおすすめ!
  • ETCカードを手に入れて快適なドライブを実現しよう!

jcbcardw

JCB CARD W
公式サイトはこちら

\当サイト人気クレジットカードTOP3!/

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
年会費 永年無料
還元率 0.5%~5.0%
国際ブランド

VIASOカード

VIASOカード
年会費 永年無料
還元率 0.5%~1.0%
国際ブランド

ライフカード

ライフカード
年会費 永年無料
還元率 0.5%~1.5%
国際ブランド

個人向けのETCカードは2種類ある

ETCカード_二種類

ETCカードの種類は豊富ですが、個人向けに限定すると2種類に分けられます。

以下2種類のETCカードについて解説していきます。

クレジットカード付帯ETCカード

クレジットカード付帯ETCカードとは、クレジットカード会社が発行しているETCカードです。

基本的にクレジットカードを発行する際に、ETCカードも同時に発行できます。

ETCカードの利用額は、契約したクレジットカード会社の口座から引き落とされます。

クレジットカードとETCカードの機能が一体化した「ETC一体型クレジットカード」も存在します。

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは、クレジットカードを作らないお客様に向けられたETCカードです。

ただ、5千円単位切り上げで平均利用月額の4倍の保証金(デポジット)を積み立てる必要があります。

デポジットを積み立てる額が非常に大きいので、可能なかぎりクレジットカード付帯ETCカードを利用しましょう。

おすすめETCカードランキング

当サイトが選ぶ、「おすすめETCカードランキング」をご紹介します。

ETC発行手数料や年会費などに着目したランキングですので、この中からお気に入りのカードを見つけてみましょう。

JCB CARD Wは18歳から39歳まで申し込み可能なクレジットカードです。

ETC年会費・発行手数料は無料で、還元率も1.0%高還元となっています。

通常利用では、AmazonやスタバなどJCB提携店舗、OkiDokiランドなどでポイントがさらにアップします。

もちろん39歳以降も継続利用可能です。


セゾンカードインターナショナルは即日発行可能なクレジットカードです。

WEB申し込み後、お近くのカードセンターに取りに行くことで即日発行ができます。

ETC年会費・発行手数料共に無料となっています。

また、貯まるポイントの有効期限がないので、マイペースにポイントを使うことができます。


三井住友カードデビュープラスは18歳から25歳限定のクレジットカードです。

ETC発行手数料は無料で、年会費も年1度の利用で無料になります。

また、カード自体の年会費も年1度の利用で無料になるので、双方ともに年会費は実質無料と考えてよいでしょう。

入会後3か月間はポイントが2.5倍なので、ポイントが貯まりやすくなっています。


三井住友カード(NL)はセキュリティ面に優れたクレジットカードです。

ナンバーレスでカード情報が記載されていないデザインなので、紛失による不正利用の心配がありません。

ETC発行手数料は無料で、年会費は年1度の利用で無料となります。

また、コンビニ3社とマックで還元率が5%になり、非常にポイントが貯まりやすくなっています。


エポスカードは海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカードです。

海外旅行保険が自動付帯しているので、カードを持っているだけで保険が適用されます。

こちらのカードは、ETC年会費・発行手数料共に無料となっています。

全国10000以上の提携店舗から優待を受けられるなど、持っておいて損はないカードです。


dカードはdocomoユーザーにおすすめのクレジットカードです。

dカードお支払割やケータイ補償など、docomo携帯に関するサービスが複数用意されています。

ETCカードの発行手数料は無料で、年会費は年1度の利用で無料になります。

dカード特約店で還元率がアップするので、docomoユーザー以外でも便利に使えるクレジットカードです。


ライフカードはポイントアッププログラムが豊富なクレジットカードです。

誕生月にポイントが3倍や年間のご利用額に応じてポイントがアップするなど、非常にポイントが貯まりやすくなっています。

ETCカードは年会費・発行手数料共に無料となっています。

さらに、入会後1年間はポイントが1.5倍になります。


VIASOカードはオートキャッシュバック機能を搭載しているクレジットカードです。

オートキャッシュバックとは、ポイントをそのまま現金に換金してくれる仕組みのことで、利用額に応じて現金がそのまま還ってきます。

ETC年会費は無料で、発行手数料は1100円(税込)となっています。

ETC料金の支払いで還元率が2倍になるので、ETCの利用頻度が高い方にはおすすめです。

ETCカードを選びのポイント

ETCカード_ポイント

ETCカードは数多くありますが、機能面においてはどれも同じです。

そこで、ETCカードを選びのポイントをこの章では紹介します。

年会費

ETCカードに年会費が、かかるものとかからないものがあります。

年会費が無料だからといって、機能やサービスの質が下がることはほとんどないので、特別な理由がない限りは年会費無料のカードを選びましょう。

発行手数料の有無

多くのETCカードは発行手数料無料ですが、中には有料のものもあります。

発行手数料は一度払ってしまえば、それ以降払うことはないので、あまり気にしない方はあまり考えなくても良いでしょう。

しかし、ETCカードは高速道路に乗るときにしか使わないカードなので、なるべくお得に発行を行いたい方は発行手数料無料のカードを選びましょう。

還元率

ポイント還元率の高さも、ETCカードを選ぶ基準となります。

高速道路の利用は、ETCの割引からさらに安くなることはありません。

少しでもお得に利用するのであれば、貯まったポイントを利用するしかありません。

一般的に高還元率と言われる数値は1.00%以上です。

ポイントを有効的に活用したい方は還元率1.00%を目安にETCカードを選んでみましょう。

発行までにかかる時間

ETCカードの発行までにかかる時間は平均にして、1週間~2週間となっています。

中には、セゾンカードインターナショナルのように、ETCカードの即日発行に対応しているクレジットカード会社も存在します。

すぐにETCカードを欲しいという方は、発行時間にこだわっても良いでしょう。

ETCカードのメリットとは?

ETCカード_メリット

ETCカードの利用にはメリットがあります。

今回は以下の5点のメリットを紹介していきます。

ETC限定の料金割引を受けられる

ETC限定の料金割引を受けられるのが、ETCカードの大きなメリットです。

ETC割引の中でも代表的なものが、平日朝夕割引、休日割引、深夜割引の3つです。

割引名 適用のタイミング 概要
平日朝夕割引 平日の朝6時~9時、夕17時~20時 5回~9回までは100㎞相当分を通行料金から約30%還元。10回以降は約50%還元。
ETCマイレージクラブへの加入が必須。
休日割引 土日祝、毎年1月2日、1月3日 普通車、軽自動車(二輪車)限定で、30%割引。
深夜割引 毎日0時~4時 指定の時間に通行することで、30%割引

また割引が適用される道路も指定されているので、こちらで確認してみましょう。

ノンストップで料金所を通過できる

車を停止せず、ノンストップで料金所を通過できるのがメリットです。

一般レーンですと、一時停止して、料金所のスタッフに料金を支払い、通行券を受け取る必要があります。

しかし、ETCの場合は通行券いらずでノンストップで通過できます。

左ハンドルの外国車の負担軽減

左ハンドルの外国車の負担軽減になるのが、ETCカードのメリットのひとつです。

なぜなら、料金所にある通行券は常に右側にあり、料金所で働くスタッフもまた右側にいるからです。

助手席を介して、料金を支払うのは面倒ですよね。

ETCレーンを利用することで、そのような手間が省けます。

ETCマイレージポイントを利用できる

ETCマイレージサービス

ETCマイレージサービスに登録してから高速道路を利用することで、ETCマイレージポイントが貯められます。

貯めたETCマイレージポイントは、高速料金の支払いに利用することができます。

年会費も無料ですので、ETCマイレージサービスに登録することをおすすめします。

お財布を忘れた時でも有料道路が使える

お財布を忘れた時でも有料道路が使えるのが、ETCカードのメリットです。

しかし、忘れた財布にETCカードがあり、ETC車載器にETCカードがない場合は有料道路を利用できません。

また、ETCカードをETC車載器に放置しておくことも危険ですので、なるべくお財布は忘れないようにしましょう。

ETCカードの作り方

ETCカード_作り方

クレジット付帯ETCカードの作り方は大きく分けて2通りあります。

それらについて以下で解説していきます。

クレジットカードとの同時申し込み

クレジットカードの新規申し込みをするとき、ETCカードの同時申し込みが可能となります。

クレジットカード会社の多くは、ETCカードの同時申し込みに対応しています。

ただし、クレジットカードの審査を通過しないかぎり、クレジットカードだけでなくETCカードも手に入らないことを理解しましょう。

追加発行

既存のクレジットカードを持っている場合、後からETCカードの追加発行を申し込むことができます。

審査はありますが、すでに親カードであるクレジットカードの審査を通過している時点で、金融事故などよほどのことがないかぎり審査通過は可能です。

インターネットからの申し込みも可能ですので、必要だと感じたらETCカードを申し込みましょう。

ETCカードご利用の流れ

ETCカード_利用_流れ

ETCカードが到着したら、早速使用してみましょう。

実際にETCカードが到着してから利用までの流れを解説していきます。

セットアップを行う

新しくETCカードを挿入する車載器を取り付けるには、セットアップと呼ばれる作業をしなければいけません。

セットアップとは、適切な料金を算出するために、車の車両情報などを暗号化して車載機に書き込む作業のことです。

また、セットアップは個人では行えません。必ず登録店でセットアップを行いましょう。

セットアップには以下のものが必要になります。

セットアップ 必要なもの
  • 車検証
  • 車載機
  • 本人確認できる身分証
  • 車載機を取り付ける実車(二輪車の場合のみ)

これを登録店へ持ち込み、登録店備え付きのセットアップ申込書に必要な欄を記入し、セットアップをしてもらいましょう。

セットアップは比較的短時間で完了しますので、ETCカードがあれば当日から利用することができます。

料金を支払う

ETCカードの利用料は、発行したクレジットカード会社の支払日に登録した口座から引き落とされます。

締め日や支払日は会社によって変わるので確認しておきましょう。

また使いすぎを防ぐためにも、WEBサイトで月々の利用料をこまめにチェックするなど、確認を怠らないようにしましょう。

ETCカードに関するQ&A

ETCカード_Q&A

ETCカードについてわからない、気になると考える人はたくさんいます。

そこで、気になるポイントを次に挙げて、Q&A方式で回答していきます。

車載機のない車でETCカードは使える?

使えます。

車載器がない場合、ETCカードを一般レーンの料金所で支払うことができます。

注意
ただし、ETCの割引を利用できないので注意しましょう。

ETCカードは複数枚持てる?

持てます。

複数枚持ちたい場合は、他のカード会社のクレジットカードを発行するときに追加発行をしましょう。

基本的にクレジットカード一枚につきETCカードは一枚です。

しかし、セゾンカードやアメリカンエキスプレスなど、一枚のクレジットカードで複数枚のETCカードを発行することが可能な場合もあります。


自分のETCカードは他人の車やレンタカーでも使える?

使用できます。

ETC車載器に、自分のETCカードを差し込むだけです。

ただし、使用し終わったら、必ずETCカードを抜き取りましょう


デビットカードをETCカードにすることはできる?

基本的に不可能です

その理由は支払い方法の違いにあります。

支払い方法 支払い状況
デビットカード 即時決済が基本で、支払い毎にリアルタイムで指定口座から引き落としされます。
ETCカード クレジットカードと同じく後日決済が基本です。
支払い総額が引き落とし日に、指定口座から引き落としされます。

仮に、ETCカードが、デビットカードと同じ即時決済だった場合、残高不足になったら、ETCレーンを通過できませんし、交通の妨げや渋滞の原因にもなります。

そのため、デビットカードをETCカードにすることはできません。


紛失したり盗難にあった場合はどうすればよい?

ETCカードを紛失または盗難にあった場合、カード会社の専用窓口に問い合わせ、利用停止を申し込みます。

ETCカードの不正利用を防止するために、必要に応じて警察に届け出ましょう。

おすすめのETCカード まとめ

おすすめETCカード_まとめ

おすすめのETCカードについて紹介しました。

普段から高速道路を利用している人にとって、ETCカードの魅力はたくさんあり、ETC限定の割引を利用できるという大きなメリットもあります。

年会費が無料のETCカードは多くあるので、あまりドライブに行かない方でも作っておいて損はありません。

これからETCカードを利用したいという方は是非、当記事を参考にしてみてください。

おすすめのETCカード まとめ
  • ETCカードは、普段から高速道路を利用する人にとって欠かせないカード
  • クレジット付帯ETCカードとETCパーソナルカードの二種類がある
  • ETCパーソナルカードはデポジットがかかるので、クレジット付帯ETCカードを選ぼう
  • おすすめのETCカードは7種類あり、年会費還元率などを見て判断しよう
  • 年会費・発行手数料無料かつ高還元のJCB CARD Wがおすすめ!
  • ETCカードを手に入れて快適なドライブを実現しよう!

jcbcardw

JCB CARD W
公式サイトはこちら