デビットカードとクレジットカードの違いを徹底解説|メリット・デメリットやおすすめのカードも紹介!

デビットカードとクレジットカードの違いを徹底解説|メリット・デメリットやおすすめのカードも紹介!

デビットカードとクレジットカードって何が違うの?

キャッシュレス化が進み、カード決済の需要は日々高まっています。

そこで、新しく決済カードを発行しようと考えているけれど、どのカードを作ればいいのか分からないという方も多いと思います。

そこで今回は代表的な決済カードである、デビットカードとクレジットカードの違いについて解説していきます。

両カードのメリット・デメリットおすすめのカードもご紹介しますので、是非最後まで読んでみてくださいね!

デビットカードとクレジットカードの違いをざっくりいうと
  • デビットカードは支払いと同時に口座からお金が引き落とされる
  • クレジットカードは一定期間内の総額を後日まとめて支払う
  • デビットカードは15歳以上、クレジットカードは18歳以上から申し込める
  • 両カードともメリット、デメリットがあるので確認しよう
  • 最もおすすめのデビットカードは「GMOあおぞら銀行デビットカード
  • 最もおすすめのクレジットカードは「JCB CARD W

>>> JCB CARD Wを新規作成!<<<

JCB CARD W
公式サイトはこちら

\当サイト人気クレジットカードTOP3!/

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
年会費 永年無料
還元率 0.5%~5.0%
国際ブランド

VIASOカード

VIASOカード
年会費 永年無料
還元率 0.5%~1.0%
国際ブランド

ライフカード

ライフカード
年会費 永年無料
還元率 0.5%~1.5%
国際ブランド

デビットカードとは?

デビットカードとは?<

冒頭でもお話しした通り、デビットカードとクレジットカードは決済用のカードです。

見た目は非常に似ていますが、仕組みはかなり違うので、まずはデビットカードとは何かについて解説していきます。

支払いと同時にお金が引き落とされる

デビットカードは支払いと同時に、紐づけている口座からお金が引き落としされます。

そのため、支払いの前に口座残高を把握しておく必要があります。

また、口座残高以上の商品は買うことができません。

現在は、アプリ等で口座残高はすぐに確認できるので、こまめにチェックしておくようにしましょう。

デビットカードの仕組み

おすすめのデビットカードは
こちら

申し込み対象は15歳以上

デビットカードは基本的に中学生を除く15歳以上の方であれば申し込むことができます。

さらに、審査がないカードが多いので、年齢さえ満たしていれば誰でも持つことができます。

審査とは?
クレジットカードの発行前に行われる、申し込み者の返済能力をチェックする工程のことです。審査に落ちてカードを作れない場合もあります。

また、デビットカードは以下の2種類があります。

2種類のデビットカード
  • J-Debit:日本デビットカード推進協議会
  • 国際ブランドデビットカード:VISAやJCB(日本国内)

それぞれ、マークがある加盟店で利用することができます。

広範囲かつ海外で利用できるのは、国際ブランドデビットカードですので、初めての方はそちらをおすすめします。

J-Debitと国際ブランドデビットカードの比較画像

おすすめのデビットカードは
こちら

クレジットカードとは?

クレジットカードとは?

デビットカードの基本情報はお分かりいただけたでしょうか?

次にクレジットカードとは何かについて解説していきます。

一定期間の支払額の総額を後日まとめて支払う

デビットカードは支払いと同時に引き落とされると解説しました。

対してクレジットカードは、一定期間内の支払いの総額を後日まとめて支払います。

クレジットカードで商品を買うと、まずはカード会社が料金を立て替えてくれます。

そして、後日立て替えてくれたお金をカード会社にまとめて支払うということです。

クレジットカードの仕組み

カード会社が料金を立て替えてくれるので、一括払いだけでなく分割払いリボ払いをすることができます

そのため、クレジットカードでは口座残高以上のお買い物をすることができます。

おすすめのクレジットカードは
こちら

申し込み対象は高校生を除く18歳以上

基本的にクレジットカードは高校生を除く18歳以上の方が申し込むことができます。

ただし、ゴールドカードなどランクの高いカードは、20歳以上で学生不可という場合が多いです。

また、クレジットカードには審査があり、審査に通過しなければカードを作ることはできません。

審査がある理由は以下の通りです。

クレジットカードに審査がある理由
  • クレジットカードで決済をするとカード会社が立て替えてくれる
  • ただ、返済日には借りたお金を返す必要がある
  • そのためカード会社は申し込み者が本当に返済日に料金を支払う能力があるかを判断する必要がある
  • そこで、支払い能力を判断するために審査が行われる

クレジットカードは信用取引となるので、返済能力の有無を問われます。

ただ、注意点さえ押さえれば、非常に便利な決済カードです。

おすすめのクレジットカードは
こちら

デビットカードとクレジットカードの比較表

デビットカードとクレジットカードの比較画像

デビットカードとクレジットカードの基本情報を解説していきました。

つぎに両カードのその他の基本情報を比較していきます。

分かりやすく表にしたので、ぜひご覧ください。

←端末に応じて横にスワイプできます→

デビットカード クレジットカード
支払い日 即時引き落とし 後払い制(分割・リボ払い可)
発行対象者 15歳以上(中学生を除く) 18歳以上(高校生を除く)
利用可能時間 24時間・365日※一部例外あり
(J Debitの場合は銀行の営業時間に基づく)
24時間・365日
利用加盟店 全世界の国際ブランド加盟店 全世界の国際ブランド加盟店
ポイント・還元 ポイント・キャッシュバックあり ポイント・キャッシュバックあり
審査(与信審査) なし※一部例外あり あり
利用限度額 銀行口座の残高 カードのランクや顧客情報による
キャンセル・返金手続き 難しい(時間がかかる) 簡単

デビットカードのメリット・デメリット

デビットカードのメリット・デメリット

ここまで両カードの基本的な情報をお伝えしてきました。

次は具体的に、メリットとデメリットを解説していきます。

まずはデビットカードのメリットとデメリットを見ていきましょう。

デビットカードのメリット

デビットカードのメリットは以下の3点となります。

支払い延滞のリスクがない

デビットカードは、支払いと同時にその場で料金が引き落とされます。

そのため、カード会社にお金を支払う必要がありません。

カード会社からお金を借りないので、支払い延滞や返済額が膨らむリスクがありません。

編集者

反対にクレジットカードは返済額が膨らんでしまうリスクがあります。

無駄遣いを防げる

デビットカードは口座残高以上のお買い物ができません。

そのため、口座残高を常に頭に入れておく必要があります。

口座残高を頭に入れておくことで、金銭管理が上手になり、無駄使いのリスクを減らすことができます。

またクレジットカードと違い、支払い後すぐに口座残高が減るので、金銭感覚が崩れることがありません。

おすすめのデビットカードは
こちら

高校生でもカードを作れる

ほとんどのクレジットカードは高校生を申し込み対象としていません。

しかし、デビットカードは基本的に中学生を除く15歳以上の方が作れます。

つまり、高校生でもカードを持つことができるということです。

アルバイトを始め、使えるお金が増えた高校生にはデビットカードをおすすめします。

おすすめのデビットカードは
こちら

デビットカードのデメリット

デビットカードのデメリットは以下の2点になります。

分割払い・リボ払いができない

デビットカードは一括払い専用カードで、分割払い・リボ払いができません。

そのため、大きなお買い物をするのであれば、事前にまとまった金額を用意する必要があります。

また、家や車のローン払いはデビットカードではできないので注意しましょう。

口座残高以上のお買い物ができない

前述しましたが、デビットカードは支払いと同時に口座から引き落とされます。

そのため、口座残高以上のお買い物ができません。

何か高額なものを買いたいときは、頑張ってお金を貯めるか、クレジットカードで買う必要があります。

デビットカードはこんな人におすすめ!

デビットカードはこんな人におすすめ

次にデビットカードをおすすめする人について解説していきます。

1つでも当てはまっていた場合、次に紹介するおすすめのデビットカードの中から1枚作ることをおすすめします!

無駄使いをしたくない

クレジットカードは、利用後すぐにお金を支払うわけではないので、ついつい無駄遣いしてしまう傾向にあります。

しかし、デビットカードは利用後すぐに引き落としされるので、そのようなリスクはなく無駄遣いを極力抑えることができます。

また、デビットカードは年会費・発行手数料が無料のカードが多く、無駄な出費もほとんどありません。

さらにATM手数料が無料になるカードなどもあるので、損することはないと考えてよいでしょう。

おすすめのデビットカードは
こちら

アルバイトを始めた高校生

デビットカードの強みとして、15歳上であれば発行できることが挙げられます。

アルバイトを始め、使えるお金が増えた高校生も多いのではないでしょうか。

そんな方にはデビットカードをおすすめします。

デビットカードを持つことで、支払いが楽になるだけでなく、多額のお金を持ち歩くこともなくなり、盗難のリスクも減らすことができます。

高校生がデビットカードを持つ際の注意点
  • 高校生がデビットカードを申し込む際には、親の同意が必要になります。

クレジットカード=借金と考えている

借金や返済地獄などクレジットカードにマイナスなイメージを持っている方も一定数いると思います。

確かに、クレジットカードは使い方を間違えるとかなり危険なものとなってしまいます。

編集者

もちろん適切に使用すれば、非常に便利なカードです!

そこで、クレジットカードを使うのが不安な方はデビットカードをおすすめします、

デビットカードは口座残高分のお買い物しかできす、カード会社からお金を借りる必要もないので、リスクはほとんどありません。

また、デビットカードはクレジットカードが使える場所であれば基本的に使うことができるので、使用範囲が狭まるということもありません。

おすすめのデビットカードは
こちら

おすすめのデビットカード3選

おすすめのデビットカードランキング

では当サイトがおすすめするデビットカードを3枚ご紹介します。

どれも年会費・発行手数料無料で作れますので、気になるカードがあればぜひ作ってみてくださいね!

GMOあおぞら銀行デビット
GMOあおぞら銀行デビットカード

詳細はこちら

Sony Bank WALLET
Sony Bank WALLET

詳細はこちら

イオン銀行デビット
イオン銀行デビットカード

詳細はこちら

GMOあおぞら銀行デビットカード

GMOあおぞら銀行デビットカード

GMOあおぞら銀行デビットの特徴
  • Visaデビット付きのキャッシュカード
  • キャッシュバック率は最大1.5%!
  • カスタマーステージに応じて月2~15回ATM手数料が無料

GMOあおぞら銀行デビットカードは、Visaデビット付きのキャッシュカードです。

年会費・発行手数料は無料ですので、作って損することはありません。

また、このカードにはカスタマーステージというものがあり、利用額や口座残高に応じてカスタマーステージが上がります。

出典:https://gmo-aozora.com/

注意
高校生の場合20歳になるまでカスタマーステージは上がりません。

そしてカスタマーステージのランクに応じて、以下のサービスを得ることができます。

出典:https://gmo-aozora.com/

通常キャッシュバック率も0.6%と比較的高く、非常に使いやすいデビットカードですので、迷ったらこのカードを選ぶことをおすすめします。

また、カスタマーステージが一番下のランクでも、ATM出金手数料が月2回まで無料になるのは嬉しいポイントです。

このカードはイオン銀行ATM、セブン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMで使うことができます。

発行銀行 GMOあおぞらネット銀行
年会費 永年無料
発行手数料 無料
還元率 決済額の0.6~1.5%がキャッシュバック
国際ブランド Visa
審査 なし
発行スピード 原則3営業日以内に発送
利用限度額(1日) 最大500万円
サービス ・新規入会&ご利用で最大5000円プレゼント
・カスタマーステージに応じて還元率アップ
・カスタマーステージに応じて月2~15回ATM出金手数料無料
・不正利用補償
申し込み対象 15歳以上(中学生を除く)

>>> GMOあおぞら銀行デビットを新規作成!<<<

GMOあおぞら銀行デビット
公式サイトはこちら

Sony Bank WALLET

Sony Bank WALLET

Sony Bank WALLETの特徴
  • ソニーストアで3%オフなど多くのサービスが付帯
  • Club Sという優待プログラムによりキャッシュバック率がアップ
  • 国内約90000台のATMで月1回まで無料出金

Sony Bank WALLETはプレイステーションが有名なソニーグループのソニー銀行が発行するデビットカードです。

Sony Bank WALETTはClub Sという優遇プログラムによりキャッシュバック率が上がります。

ランク キャッシュバック率 条件
ステージなし 0.5% なし
シルバー 1.0% ・月末の総残高:300万円以上
・外貨預金の積み立て購入:月間合計額3万円以上
・投資信託積み立てプラン:月間合計3万円以上
ゴールド 1.5% ・月末の外貨預金残高*1
・月末の投資信託残高*2
・20日時点のWealthNavi forソニー銀行の資産評価額*3
・*1*2*3の合計額が500万円以上1000万円未満
プラチナ 2.0% ・月末の外貨預金残高*1
・月末の投資信託残高*2
・20日時点のWealthNavi forソニー銀行の資産評価額*3
・*1*2*3の合計額が1000万円以上

Club Sの他にも多く特典が揃っており、持っているだけでお得になるデビットカードです。

また、セブン銀行やイオン銀行など国内約90000台のATMで利用でき、出金手数料は月1回まで無料になります。

発行銀行 ソニー銀行
年会費 永年無料
発行手数料 無料
還元率 決済額の0.5%~2.0%がキャッシュバック
国際ブランド Visa
審査 なし
発行スピード 最短1週間
利用限度額(1日) 50万円~200万円
サービス ・Play Station Net Work/Play Station Store 2%キャッシュバック
・ソニーストア3%オフ
・Visa優待特典
・アート引っ越しセンター優待特典
・Hulu無料トライアル1ヶ月無料
・ハーツレンタカー最大20%オフ
・トラベレックス優遇レート両替
・不正利用補償
・年間50万円のショッピング保険
申し込み対象 15歳以上

>>> Sony Bank WALLETを新規作成!<<<

Sony Bank WALLET
公式サイトはこちら

イオン銀行デビットカード

イオン銀行デビットカード

イオン銀行デビットの特徴
  • キャッシュバックではなくポイント還元
  • イオングループでポイントアップ
  • イオン銀行でATM出金手数料が無料

このカードは、イオン銀行が発行しているデビットカードです。

イオングループのお店でこちらのカードを使うことで、ポイント還元率が2倍にアップします。

貯まったポイントは電子マネーのWAONで使うことができるため、ポイントの使い道に困ることもありません。

また、以下の日にちにイオンでお買い物をすると更にお得になります。

イオンでお得になる日程
  • 毎月10日「ありが10デー」→ポイントが5倍
  • 毎月20日・30日「お客様感謝デー」→イオンでのお買い物が5%オフ

その他、年間50万円のショッピング保険など、お財布にやさしいサービスが揃ったデビットカードです。

また、イオン銀行での出金は手数料が無料になり、平日の昼間に限ってみずほ銀行・三菱ufj銀行・ゆうちょ銀行の大手3銀行での手数料も無料になります。

注意
イオンデビットカード(Visa)は審査があるので、注意しましょう。
発行銀行 イオン銀行
年会費 永年無料
発行手数料 無料
還元率 0.5%~1.0%
国際ブランド JCB
審査 なし
発行スピード 約2週間
利用限度額(1日) 50万円
サービス ・イオングループでポイント2倍
・電子マネーWAON利用可能
・給与口座指定で毎月10WAONポイントプレゼント&他行宛振込手数料無料
・各種公共料金支払いで1つにつき5WAONポイントプレゼント
・年間50万円までのショッピング保険
・カード盗難補償
・不正利用補償
申し込み対象 15歳以上

>>> イオン銀行デビットを新規作成!<<<

イオン銀行デビット
公式サイトはこちら

クレジットカードのメリット・デメリット

クレジットカードのメリット・デメリット

デビットカードについて解説したので、次はクレジットカードについて解説していきます。

まずは、クレジットカードのメリット・デメリットから見ていきましょう。

クレジットカードのメリット

次にクレジットカードのメリットをご紹介していきます。

クレジットカードのメリットは以下の通りです。

高額な商品を無理なく買うことができる

クレジットカードは支払い後、カード会社がお金を立て替えてくれます。

そのため、分割払いやリボ払いという払い方ができます。

分割払いとリボ払い
  • 分割払い利用額を3回以上の複数回に分けて支払う方式。分割回数に応じて手数料が発生する。
  • リボ払いあらかじめ決めておいた一定の金額を毎月返済していく支払い方式。こちらも手数料が発生する。

上記2種類の支払い方法を利用することで、高額な商品も無理なく自分のペースで買うことができます。

これはデビットカードにはできないことで、非常に大きなメリットです。

おすすめのクレジットカードは
こちら

口座残高以上の商品を買うことができる

一つ前のメリットと似ていますが、クレジットカードを使えば口座残高以上の商品を購入することができます。

もし、購入したい商品以上のお金が口座になくても、支払い日までに口座に用意しておけばよいのです。

しかし、もし用意できないかった場合には支払い延滞とみなされ、クレヒスに傷がつき、最悪の場合カードが使えなくなることもあるので注意が必要です。

クレヒスとは?
クレジットヒストリーの略。クレジットカードの利用履歴のことです。

おすすめのクレジットカードは
こちら

デビットカードに比べポイントが貯まりやすい

クレジットカードは、デビットカードよりもポイントが貯まりやすくお得になりやすい傾向があります。

多くのデビットカードはキャッシュバックを採用していますが、クレジットカードはポイント還元を採用している場合が多いです。

キャッシュバックとポイント還元
  • キャッシュバック:利用額に応じて現金が返金される
  • ポイント還元:利用額に応じてポイントが付与される

基本的には、キャッシュバックよりもポイント還元の方がお得になる場合が多いです。

しかしカードによっては、デビットカードの方がお得という場合もあるので、キャッシュバック率や還元率を確認した上で申し込みましょう。

おすすめのクレジットカードは
こちら

クレジットカードのデメリット

メリットを確認したところでデメリットも確認しましょう。

クレジットカードのデメリットは以下のものが挙げられます。

返済額がかさむ可能性がある

先程、クレジットカードでは分割払い・リボ払いができるとお伝えしました。

ただ分割払い・リボ払いには手数料があります。

分割払いの場合は、分ける回数が多いほど手数料が増額し、リボ払いではカードごとに手数料が決まっています。

そのため、上記の支払い方法を多用しすぎると、返済額がかさんでしまう可能性があります。

ただ、一括払いや2回払いであれば、手数料は発生しないので安心してください。

クレジットカードは状況に応じて、支払い方法を使分ける必要があるということです。

無駄遣いの恐れがある

クレジットカードは使用後すぐに口座からお金が引き落とされるわけではありません。

そのため、お金を使っている感覚が薄れ、ついつい無駄遣いしていしまうことがあります。

無駄遣いを極力減らすためには、自分が今いくら使っているのかを把握することが必要になります。

現在は、カードの利用履歴を管理できるアプリがあるため、スマホ1つですぐに利用履歴を確認できます。

無駄遣いを減らすためにも、日常的に利用履歴を確認する癖をつけておきましょう。

クレジットカードはこんな人におすすめ!

クレジットカードはこんな人におすすめ

クレジットカードのメリット・デメリットについて解説しました。

次に、どんな人がクレジットカードに向いているのかについて解説していきます。

自身が当てはまっていたら、次に紹介するおすすめのクレジットカードの中からお気に入りのクレジットカードを探してみましょう!

節約をしたい

多くのクレジットカードは、利用額に応じてポイントが付与されます。

つまり、使えば使うほど多くのお金が返ってくるということです。

クレジットカードはデビットカードに比べ、還元率が高いものが多くお得なカードも多いです。

日常生活を少しでもお得にしたいとお考えの方は、還元率の高いクレジットカードをおすすめします。

編集者

特定のお店やサービスで使うことで多くのポイントが貰えるカードもあります!

おすすめのクレジットカードは
こちら

何か大きな買い物を控えている

クレジットカードは大きな買い物をする際に、非常に便利なカードです。

例えば、家や車、ブランド物の服やバッグなど様々なものを購入することができます。

ただ、大きなお買い物をする際にはきちんと計画を立てた上で実行しましょう。

クレジットカードを使うのであれば、無理をしないことは大前提となります。

おすすめのクレジットカードは
こちら

きちんと金銭管理ができる

クレジットカードは、使った金額が口座からすぐに引き落とされるわけではありません。

そのため金銭感覚が狂い、無駄遣いをしてしまう場合があります。

また、分割やリボ払いをするのであれば、手数料などもきちんと計算する必要があります。

このように、クレジットカードを使うにあたって必要な能力として、お金を管理する能力が挙げられます。

逆に言うと、金銭管理に自信がない人はクレジットカードの利用はおすすめしません

まずはデビットカードで金銭管理の練習をしたうえで、クレジットカードを発行することをおすすめします。

おすすめのクレジットカードは
こちら

おすすめのクレジットカード3選

おすすめのクレジットカードランキング

ではおすすめのクレジットカードを3枚ご紹介していきます。

こちらもデビットカード同様年会費・発行手数料無料で作れますので、ぜひ作ってみてくださいね!

JCB CARD W

詳細はこちら

エポスカード
エポスカード

詳細はこちら

楽天カード
楽天カード

詳細はこちら

JCB CARD W

JCB CARD Wの特徴
  • 18歳以上39歳以下の方が申し込めるクレジットカード
  • ポイント還元率が常に2倍の1.0%
  • JCB提携店舗やOkiDokiランドでポイントアップ

JCB CARD Wは国際ブランドJCBが発行する若者向けのクレジットカードです。

申し込み対象は18歳以上39歳以下の方ですが、40歳以降も継続利用することが可能です。

通常JCBカードのポイント還元率は0.5%ですが、このカードは常に2倍の1.0%と高還元を実現しています。

さらに、JCB提携店舗やOkiDokiランドというネットショッピングサイトを経由することでポイントがアップするというサービスもあります。

JCBカードのサービス

大手JCBが発行するカードですので、セキュリティ性能も非常に高く、ハイクオリティな年会費無料カードです。

年会費 永年無料
還元率 1.0%~5.0%
国際ブランド JCB
ポイント OkiDokiポイント
追加カード 家族カード、QUIC Pay、ETCカード
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay
旅行保険 ・海外:最高2000万円
・国内:ー
ショッピング保険 ・海外:年間100万円
・国内:ー
サービス ・入会後4ヵ月間ポイント3倍
・提携店舗でポイントアップ
・OkiDokiランド経由でポイント最大20倍
申し込み条件 18歳以上39歳以下

>>> JCB CARD Wを新規作成!<<<

JCB CARD W
公式サイトはこちら

エポスカード

エポスカード

エポスカードの特徴
  • 全国10000以上の提携店舗でポイントアップ
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 最短即日発行が可能

エポスカードは年会費無料かつ多くのサービスを受けることができるクレジットカードです。

全国10000以上の店舗と提携しており、ありとあらゆる場所で優待を受けることができます。

また、「マルコとマルオの7日間」期間中には、マルイでのお買い物が10%引きになるなど、お得なサービスもあります。

ただ、最大の魅力は最高2000万円の海外旅行保険が”自動付帯”している点です。

多くのクレジットカードは旅行代金をそのカードで支払うことで適用される利用付帯ですが、このカードは持っているだけで旅行保険が適用されます。

年会費無料ですので、絶対に作っておくべきカードと言えます。

さらに、エポスカードセンターに行けば最短即日発行ができるのも魅力です。

年会費 永年無料
還元率 0.5%
国際ブランド Visa
ポイント エポスポイント
追加カード 家族カード、ETCカード
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay
旅行保険 ・海外:最高2000万円
・国内:ー
ショッピング保険 ・海外:ー
・国内:ー
サービス ・全国10000以上の提携店舗で優待
・「マルコとマルオの7日間」期間中マルイでのお買い物がお得になる
・たまるマーケットでポイント最大30倍
申し込み条件 18歳以上

>>> エポスカードを新規作成!<<<

エポスカード
公式サイトはこちら

楽天カード

楽天カード

楽天カードの特徴
  • 顧客満足度11年連続第1位
  • 楽天グループでポイントアップ
  • 5と0のつく日は楽天市場でポイント5倍

楽天カードは11年連続顧客満足度第1位のクレジットカードです。

人気の理由はその使いやすさです。

ポイント還元率も高く、年会費も無料ですので、初めての人におすすめのクレジットカードです。

また、このカードは楽天市場や楽天トラベルなどの楽天グループで利用することでポイントがアップします。

さらに5と0のつく日に楽天市場でこのカードを使うと、通常3倍の還元率がなんと5倍になります。

月6回チャンスがあるのは嬉しいですよね。(2月を除く)

年会費無料かつ海外旅行傷害保険も利用付帯しているので、迷ったらこのカードを作ることをおすすめします。

年会費 永年無料
還元率 1.0%~3.0%
国際ブランド Visa/Mastercard/JCB/American Express
ポイント 楽天ポイント
追加カード 家族カード、ETCカード
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay
旅行保険 ・海外:最高2000万円
・国内:ー
ショッピング保険 ・海外:ー
・国内:ー
サービス ・楽天市場でポイント3倍
・5と0のつく日は楽天市場でポイント5倍
・楽天グループで優待
申し込み条件 18歳以上

>>> 楽天カードを新規作成!<<<

楽天カード
公式サイトはこちら

デビットカードとクレジットカードの違い まとめ

デビットカードとクレジットカード まとめ

いかかでしたでしょうか。

今回はデビットカードとクレジットカードの違いについて詳しく解説していきました。

見た目は似ているカードですが、支払い方法申し込み可能年齢など、違うところがかなり多くあります。

また実際にメリットやデメリットを知ることで、自分がどちらに向いているのかもよく分かったと思います。

この記事を読んで、キャッシュレス生活を導入したい、カードを使ってお得に生活したいと思った方は、ぜひカードの発行を考えてみてはいかかでしょうか?

カードを使うことであなたの生活がより豊かなものになるはずです。

では最後にまとめをしていきます。

デビットカードとクレジットカードの違い まとめ
  • デビットカードは支払いと同時に口座からお金が引き落とされる
  • クレジットカードは一定期間内の総額を後日まとめて支払う
  • デビットカードは15歳以上、クレジットカードは18歳以上から申し込める
  • 両カードともメリット、デメリットがあるので確認しよう
  • 最もおすすめのデビットカードは「GMOあおぞら銀行デビットカード
  • 最もおすすめのクレジットカードは「JCB CARD W

>>> JCB CARD Wを新規作成!<<<

JCB CARD W
公式サイトはこちら