クレジットカード人気おすすめランキング10選【2021年・徹底比較】No.1クレカはズバリこれ!

クレジットカード_おすすめ_比較

結局どれが一番おすすめのクレジットカードなのか分からない!
お得に使えるクレジットカードだと何がおすすめ?

今回はこんなお悩みをお持ちの方のために、タイプ別クレジットカードおすすめランキングを紹介していきます!

この記事を読めば、自分に合ったクレジットカードが丸わかりですので、是非最後までご覧ください!!

おすすめのクレジットカードをざっくり言うと
  • クレジットカードを選ぶ際のポイントは場所・目的還元率年会費国際ブランド
  • 初めての人にはVISAかmastercardがおすすめ
  • 6つのポイントを徹底比較したおすすめクレジットカードランキングをご紹介
  • 最もおすすめのクレジットカードは三井住友カード(NL)
  • ナンバーレスデザインでセキュリティ性能が抜群!

三井住友カード(NL)

>>>三井住友カード(NL)を新規作成!<<<

三井住友カード(NL)
公式サイトはこちら

\当サイト人気クレジットカードTOP3!/

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
年会費 永年無料
還元率 0.5%~5.0%
国際ブランド

VIASOカード

VIASOカード
年会費 永年無料
還元率 0.5%~1.0%
国際ブランド

ライフカード

ライフカード
年会費 永年無料
還元率 0.5%~1.5%
国際ブランド

クレジットカード人気おすすめ比較ランキング

以下のポイントを徹底比較したおすすめクレジットカードランキングをご紹介します。

  • 年会費
  • ポイント還元率
  • 国際ブランド
  • サービス・付帯保険
  • 入会特典

三井住友カード(NL)はコンビニ3社とマックでポイント還元率が最大5%になります。

また、カード情報が記載されていないナンバーレスデザインなので、紛失の際の不正利用の恐れもありません。

審査完了後、専用アプリでカード番号が表示されるので、Apple Payなどを使えば当日中にカードを使うことができます。


こちらは「キャッシュバック」機能が搭載されているカードです。

キャッシュバックとは?
貯まったポイントが現金に変わり、返金される仕組みのこと。

年間で1000ポイント以上、つまり20万円以上使うと、自動的にポイント分がキャッシュバックされます。

ポイントの管理が苦手or面倒という方にはぴったりのカードです。


18歳~39歳の方が申し込み可能ですが、40歳以降も継続利用が可能なクレジットカードです。

通常JCBカードのポイント還元率は0.5%ですが、このカードは常に2倍の1.0%です。

また、JCB提携店舗やOkiDokiランドでは還元率がアップするので、ポイントが非常に貯まりやすくなっています。

[sensen]

ライフカードは誕生日月にポイントが3倍になるクレジットカードです。

他にも年間ご利用額に応じたポイントアッププログラムなど、ポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

学生専用旅行傷害保険付きのカードもあり、ご自身のニーズに合わせて発行するカードを選ぶこともできます。

また、海外アシスタンスサービスが充実しており、旅行先で手厚いサポートが受けられます。


MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは三菱UFJニコスが発行する年会費の安いゴールドカードです。

後述のMUFGカード・ゴールドと似た個所がいくつかありますが、こちらは海外利用でポイントが2倍になります。

また、国内利用では初年度のポイントが1.5倍になるので、ポイントが貯まりやすくなっています。

さらに、アメリカン・エキスプレス専用の「アメリカン・エキスプレス・コネクト」や保険も複数付帯しており、非常にお得なゴールドカードです。


リクルートカードはポイント還元率が非常に高いクレジットカードです。

クレジットカードの平均的な還元率は0.5%ですが、このカードの還元率はなんと1.2%となっています。

またHOT PEPPERなどリクルート系列のサービスの利用でさらにポイントがアップします。


エポスカードは最高2000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯しているクレジットカードです。

大抵のクレジットカードは、カードで旅費を支払うことで保険が適用される利用付帯ですが、こちらのカードは持っているだけで適用される自動付帯となります。

年会費は無料なので、持っているだけでお得な保険を受けられる優良カードです。


楽天カードは幅広い世代から人気のクレジットカードです。

人気の秘訣は「使いやすさ」にあります。

年会費無料ポイント高還元かつ貯まったポイントを楽天市場や楽天Edyのポイントとしてそのまま使えるので、誰でも簡単に使いこなすことができます。


クレジットカードおすすめの選び方|還元率だけで決めるのはNG

クレジットカード_選び方

ここでは、クレジットカードを選ぶ際のポイントについてご紹介していきます。

クレジットカードを選ぶ際のポイント
  • カードを使う場所や目的を明確にする
  • ポイント還元率
  • 年会費
  • 国際ブランド

カードを使う場所や目的を明確にする

クレジットカードを選ぶ際、まずいちばん最初にするべきことです。

利用する場所や目的をはっきりさせることで、選ぶべきクレジットカードをかなり絞り込むことができます。

例えば、出張で飛行機をよく利用する!というような方は、ANAカードやJALカードなどの航空系カードからカードを決めることができます。

他にも、特定のスーパーやコンビニ、百貨店を利用することでポイントが貯まりやすいカードも存在します。

まず自分がどこで何のためにカードを使うのか?ということがわかれば、選ぶべきクレジットカードはおのずと決まっていくでしょう。

クレジットカードおすすめの選び方①ポイント還元率

クレジットカードのポイント還元率は、だいたい0.5%が平均となっています。

以下は各社カードのポイント還元率の早見表です。

カード ポイント還元率
リクルートカード 1.2%
楽天カード 1.0%
JCB CARD W 1.0%
エポスカード 0.5%
JCB一般カード 0.5%
三井住友カード 0.5%
ライフカード 0.5%

ポイント還元率0.5%とは、200円で1円相当のポイントが貯まるということです。

1.0%だと、100円で1円相当のポイントが貯まります。

ポイント還元率が高ければ高いほど、クレジットカードを利用するたびにポイントがたまりお得になります。

ただし、ポイント還元率が高くても年会費が高すぎるというカードも存在するので、いたずらにポイント還元率の高いカードを選ぶのは控えましょう。

最初のうちはポイント還元率0.5%以上のもの、というざっくりとした基準で探すのがオススメです。

クレジットカードおすすめの選び方②年会費

年会費に関しては、無料のものから年間約30万円のカードまで幅広く存在します。

年会費が無料のカードには、支払い以外の機能がほとんどありませんが、年会費が有料のカードにはそれに応じたステータスや優待特典があります。

優待特典はカードによって様々ですが、手厚いサービスが受けたい!という方は有料のカードにすると良いでしょう。

また、有料のカードの中でもゴールドカードの場合、サービスがかなり充実しています。

また、年会費が高くても、使用回数が多ければ結果的にお得になるカードもあります。

ただしポイント還元率と同様、年会費の安さだけでいたずらにカードを決めると、結果的に損する可能性もあるので注意しましょう。

はじめてクレジットカードを利用する方は、損失のない年会費無料のカードを利用するのが無難でしょう。

クレジットカード おすすめの選び方③国際ブランド

国際ブランドは、世界で使えるカードブランドのことを指します。

国際ブランドのついたカードがあれば、海外でもスムーズに買い物することができます。

日本のクレジットカードにはどれも大体国際ブランドがついており、代表的なものとしては以下のブランドが挙げられます。

代表的な国際ブランド
  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • 銀聯カード

各ブランドによって特徴は異なりますが、クレジットカードを初めて利用する方には、シェア率の極めて高いVisaかMasterCardがオススメです。

はじめての人はVisaかMasterCardがおすすめ

初めての人はVISAかmastercard

単刀直入に言うと、クレジットカードをはじめて利用する方にオススメの国際ブランドはVisaかMasterCardです。

VisaとMasterCardは、国際ブランドの中でも特に二大ブランドと呼ばれており、この二つのカードを持っていればほとんどの店舗で決済可能と言われています。

また、VisaとMasterCardの全世界の加盟店の数は、2018年の「ニルソン・レポート」という文書において「4,720万店舗」と公開されており、両社とも他ブランドと比べても圧倒的な加盟店数を誇っています。

また、利用者の数に関しても、他ブランドを大きく突き放しています。

おすすめのクレジットカードまとめ

クレジットカード_おすすめ_まとめ本記事では、クレジットカードを選ぶポイントやおすすめのカードについて詳しくご紹介しました。

最初から自分にあった最高のクレジットカードを見つけるのは大変ですが、本記事がみなさんのカード選びの助けになれば幸いです。

最後に、記事のおさらいをします。

おすすめのクレジットカード|まとめ

三井住友カード(NL)

>>>三井住友カード(NL)を新規作成!<<<

三井住友カード(NL)
公式サイトはこちら