FXとは?初心者のための基礎知識

クレジットカードと年収はどんな関係?年収に応じたクレジットカードの選び方・年収の申告方法まで徹底解説

年収別_クレジットカードの選び方_サムネイル

年収いくらからクレジットカードが持てるの?

自分の年収だとどのクレジットカードがいい?

上記のような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

現在世の中ではキャッシュレス化が進んでいるため、クレジットカードの利便性はじわじわと高まっていっています。

またミニマリストという、あまり物を持たないという生き方も理解されはじめ、ますます現金からクレジットカードに以降する方が増えていっています。

そこで今回はクレジットカードの選び方を年収別に紹介していきます。

クレジットカードと年収の関係性についても詳しく解説していきますので、是非参考にしていただければと思います。

年収別のクレジットカードをざっくりいうと
  • クレジットカードを作る際「年収◯万以上ないとダメ」という明確な基準はない
  • 年収が高いとグレードの高いクレジットカードが持てる
  • クレジットカードのグレードが高いと、限度額も高くなる
  • 年収が少なく支出も少ない場合は年会費無料のカードを作ると良い
  • 年収が高く支出も多いのであれば、限度額の高いカードを作ると良い
  • 嘘の年収を申告すると審査に落ちる可能性が高い
  • クレジットカードを新しく作るなら「エポスカード」「JCBカード」「楽天カード
  • 中でも「JCBカード」はランクアップを目指しやすく、ゴールドカードを目指す人におすすめ

 

JCBカード

\ゴールドカードを目指すなら/
>>> JCBカードを新規作成!<<<

JCBカード 公式サイトはこちら

[/list] [/box]

クレジットカードは年収いくらから持つことができるのか?

クレジットカード_年収はいくらから

クレジットカードと年収には様々な関係性があります。

ただ「年収が〇万円以上ないとダメ」といった明確な基準はありません。

カード会社によっては、収入が全く無い人でもクレジットカードを作ることが出来ますし、もちろん学生や主婦でも作成可能です。

ただクレジットカードによって様々な特性があるため、自分が欲しいカードが年収によっては、作れない場合もあるので覚えておきましょう。

また先ほど学生でも作ることが出来るという話をしましたが、18歳以上でなおかつ高校生で無い場合でないと作成は出来ません。

クレジットカードと似たつくりの「デビットカード」であれば高校生から作ることが出来ます。

高校生からすると、デビットカードもクレジットカードも大きな変化は無いので、デビットカードを作成しましょう。

クレジットカードと年収の関係性

クレジットカード_年収の関係

クレジットカードというのは、簡単に言うと自分の信用を担保として、支払いをすることが出来るカードです。

そのため自分に支払の能力があるのかどうか、カード会社に信頼してもらうことが出来ないと、クレジットカードを持つことが出来ません。

年収によってクレジットカード会社の信頼度が変わってくるので、クレジットカードと年収には大きな関係性があります。

では年収によってどのような変化があるのかを、ここからは紹介していきます。

クレジットカードの限度額が変わる

クレジットカード_限度額

クレジットカード会社によっては収入が全く無い人や、学生や主婦でも作成は可能だという話はしましたが、作成が出来てもクレジットカード会社が、完全に信用してくれたわけではありません。

クレジットカードには、1か月に使用することのできる限度額が設定されるのですが、年収が低い人は限度額は少なくなり、年収が高い人は限度額が大きくなります。

つまりクレジットカードの限度額が大きければ大きいほど、クレジットカード会社に信頼されているとも言えます。

年収別の限度額の目安

クレジットカード_年収別_限度額

では自分の年収であれば、クレジットカードの限度額はどれぐらいになるのか気になるところですよね。

目安としてこちらの表を参考にしてください。

年収 限度額
200万円以下 10万円から50万円
200万円~300万円 20万円から100万円
300万円~500万円 30万円から150万円
500万円~1000万円 50万円から300万円
1000万円以上 100万円~無制限

ご覧のように、年収が1000万円以上になると限度額が無いカードも、使えるようになってきます。

ただし年収以外にも様々な要因が限度額に関係していますし、包括支払可能見込額によっても変わってきますので、上記の表はあくまでも目安として、考えていただければと思います。

包括支払可能見込額の算出方法

クレジットカード_包括支払可能見込額

包括支払可能見込額を計算することで、クレジットカードの限度額の上限値を知ることが出来ます。

包括支払可能見込額とは?
クレジットの支払いが出来ると見込まれる1年間あたりの金額。この金額よりも限度額が高くなることは原則無い

包括支払可能見込額の計算方法は年収ー生活維持費-年間請求予定額から求めることが出来ます。

生活維持費は、法令に基づき算出されている金額で、同一生計人数や、ローンや家賃の支払の有無によって変動します。

同一生計人数 1人 2人 3人 4人以上
ローンや家賃の支払 116万円 177万円 209万円 240万円
90万円 136万円 169万円 200万円

年間請求予定額は、他社のクレジットカードにて向こう1年間で請求される金額です。

他社のクレジットカードでの債務が無ければ0になります。

例えば年収300万円、賃貸に一人暮らしで、年間請求予定額が0の場合は300万(年収)-116万(生活維持費)-0(年間請求予定額)=184万(包括支払可能見込額)となります。

クレジットカードを申し込むときはあらかじめ、この包括支払可能見込額は求めておきましょう。

その他の限度額を決める要素

クレジットカード_限度額を決める要素

他にも以下ような様々な要素によって限度額は変動していきます。

限度額を決める要素
  • 預貯金額
  • 勤続年数
  • 勤め先での役職
  • 過去のクレジットカードの使用状況
  • 自己破産の経験

こういった要素と包括支払可能見込額から、総合的に審査されて限度額が決定します。

未払いなどが続いてしまうと信用が落ちてしまうので、今後クレジットカードの利用を始める際は気を付けましょう。

JCBカード

\ゴールドカードを目指すなら/
>>> JCBカードを新規作成!<<<

JCBカード 公式サイトはこちら

年収で変わるクレジットカードのステータス

クレジットカード_ステータス

クレジットカードには5つのグレードがあり、上のグレードになればなるほど、サービスが良いのですが、社会的地位や年収が高くなければ取得できません。

そこでここからは、年収によってどのようなステータスのカードを、利用することが出来るのか解説していきます。

記事終盤にはおすすめのクレジットカードも紹介していますので、そちらも併せて参考にして頂ければと思います。

年収~100万円以下の人(学生・主婦)

クレジットカード_学生や主婦向け

年収が100万円以下の、特に学生や主婦の場合は、そこまで高額な買い物をすることが少ないので、限度額が低く利用しやすい年会費無料のクレジットカードを利用しましょう。

また限度額が最初は10万円や30万円と安く設定されているので、つい使いすぎてしまった、なんてことも起こりづらいのがメリットといえます。

また年会費もかからないためクレジットカードを気軽に作ることができます。

そのため年収が少ない方や学生や主婦の場合は年会費無料のクレジットカードがおすすめです。

年収300万円以上の人

クレジットカード_年収300万円以上

年収が300万円以上の方になってくると、使えるお金も増えてくるので、年会費無料のカードでは限度額が低くて使いにくいと感じてきます。

そこで年収300万円を超えてきた方におすすめしたいのが、年会費は有料の一般カードです。

年会費無料のものより審査が厳しくなり、年会費もかかってきますが、その分サービスが良くなっており、限度額も高いです。

ただ年会費無料のクレジットカードでも、特に不満が無いのであれば、変えなくても問題はありません。

年収500万円以上の人

クレジットカード_年収500万円以上

年収が500万円以上になってくると、家庭を持っている方も多いのではないでしょうか。

家庭を持つと支出も増えてきますので、限度額の大きいカードを利用する必要性が高くなってきます。

そんな方におすすめしたいのがゴールドカードです。

ゴールドカードであれば限度額が100万円~300万円と、いざという時のまとまった出費にも対応することが出来ます。

年収800~1000万円以上の人

クレジットカード_年収1000万円以上

年収が800万円以上であれば、さらに限度額の引き上げられたプラチナカードに申し込むことが出来ます。

今までプラチナカードは、クレジットカード会社からプラチナカードになるためのインビテーション(招待状)を貰わないといけませんでしたが、今は自ら申し込みすることが出来ます。

プラチナカードを利用すると様々なサービスを優待価格で利用することが可能です。

優待旅行保険の補償額が充実していたり、ホテルやレストランを安く利用できたりなど豪華な特典がたくさんあります。

年収800万円以上であれば、プラチナカードを狙うことも可能なので、他のグレードでは限度額が低くて不便だと感じている場合は、一度申し込んでみましょう。

JCBカード

\プラチナカードを目指すなら/
>>> JCBカードを新規作成!<<<

JCBカード 公式サイトはこちら

年収別おすすめのクレジットカード

クレジットカード_年収別_おすすめ

ここからは年収別に、おすすめのクレジットカードを紹介していきます。

クレジットカードの利用が少ないのに、年会費の高いカードを作ってももったいないですし、年収が高く支出が多いのであれば限度額の高いクレジットカードが必要になってきます。

もし年収が高くても、クレジットカードの利用が少なかったり、高グレードのカードでもサービス内容が自分に合っていないのであれば年会費無料のカードを選んだほうが良いこともあります。

そのため自分の収入や使い方に合ったクレジットカードを選びましょう。

年収~100万円以下の人(学生・主婦)

クレジットカード_学生や主婦におすすめ

学生や主婦など年収が低い方は、限度額が少なく年会費が無料のクレジットカードが利用しやすいのでおすすめになります。

年収が高い人でも年会費が無料なので人によってはこのカードが一番マッチすることもあります。

オリコカード

オリコカード

オリコカードは年会費無料で、さらにポイント還元率の高いクレジットカードです。

オリコカード会員専用の、オリコモールを経由しショッピングをすると更に還元率は増加し、最大17%の還元となります。

ネットショッピングやコンビニ、スーパーなどの普段使いのクレジットカードとして非常に使いやすいです。

キャンペーンも随時開催しているので発行するだけでもお得なカードと言っても過言ではありません。

dカード

dカード

docomoを利用している方に、特におすすめしたいのがdカードです。

docomoユーザーであれば携帯電話の利用料金の1%をdポイントに還元できますし、携帯電話に関する補償も充実しています。

docomo以外の面でもローソンでは最大5%割引になったり、エネオスやビッグエコーなど様々な店舗で割引のサービスがあります。

年収300万円以上の人

クレジットカード_年収300万円以上におすすめ

年収が300万以上の方は支出も増えてくるので、審査は少し厳しくなりますが、限度額の多くなったクレジットカードを作っておくと旅行や引っ越しなどで支出が多くなった時も安心です。

そんな方におすすめのクレジットカードはこちらになります。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友visaカード

三井住友VISAクラシックカードは今後メインとして使っていくのであれば非常におすすめのクレジットカードです。

機能面でもポイントがたまりやすく、非常に使いやすいのですが、長く使い続け信用があがると、上位ランクカードを発行できるようになるインビテーションが届きます。

そのためメインとして、長期間付き合っていくカードとしておすすめです。

MUFGゴールド

mufgゴールドカード

MUFGゴールドカードはゴールドカードの中でも比較的発行しやすく、年収300万円程でも発行できる可能性が高いです。

ゴールドカードにしては年会費は比較的安いのにも関わらず、サービスは充実しています。

そのため非常にコスパのいいクレジットカードとも言えます。サービス内容が自分に合っていたら申し込んでみると良いかもしれません。

年収500万円以上の人

クレジットカード_年収500万円以上

年収が500万円以上になると家庭を持つようになる方も多いので、限度額は高くしておきたいですよね。

そのため出来ればゴールドカードを所持しておきたいところです。

ここからそういった人に向けたおすすめのカードを紹介していきます。

アメリカンエキスプレス・ゴールドカード

アメリカンエキスプレスゴールドカード

アメリカンエキスプレス・ゴールドカードは、デポジットというシステムによって限度額を徐々に上げていくことが出来ます。

最初の限度額は大体100万円前後なのですが、前月の利用金額を参考に限度額はどんどん上がっていきます。

最終的には限度額1000万以上にすることも可能です。

かなり流動的なシステムなのですが、しっかり利用していけば限度額はどんどん上がり、実質限度額の上限は無いとも言えるので、クレジットカードの利用が多い方におすすめです。

JCBゴールドカード

jcbゴールドカード

JCBゴールドカードの限度額は最高で300万円と、もしもの時の出費にもしっかり対応できる金額となっています。

機能面でも非常に充実しており、ビジネスシーンでもプライベートでも利用する場面は非常に幅広くなっています。

高グレードのカードでありながらお得に使うことが出来るので、誰にでもおすすめできるカードです。


>>> JCBカードを新規作成!<<<

JCBカード 公式サイトはこちら

年収800~1000万円以上の人

クレジットカード_年収1000万円以上におすすめ

年収800万円以上になってくるとプラチナカードを狙うことが出来ます。

年会費は高く、審査も厳しいですが、限度額の上限が高く、優待も非常に充実しています。

ここからはそういったプラチナカードを狙いたい方におすすめのクレジットカードを紹介します。

JCBプラチナカード

jcbプラチナ

JCBプラチナカードはプラチナカードの中でも審査は非常に厳しい部類に入るのですが、トップクラスの特典やポイントなどを受け取ることが出来ます。

カードデザインも非常にシンプルで普段使いもしやすいカードです。

家族会員も1人目までは無料なので、パートナーに作り、家族の支出を一括で管理するのもおすすめの方法です。

>>>JCBプラチナカードを作る!<<<

 JCBプラチナカードの公式サイトはこちら

アメリカンエキスプレス・プラチナカード

アメリカンエキスプレス_プラチナ

アメリカンエキスプレス・プラチナカードは、最近から直接申し込みが出来るようになったプラチナカードです。

直接申し込み可能なので、たとえ若くても安定した収入があれば審査に通ることもあります。

アメリカンエキスプレス・プラチナカードの最も大きな特徴は限度額が無い点です。

そのため高額な買い物が多い方には非常におすすめです。

自営業を営んでいる人

クレジットカード_自営業の人におすすめ

自営業をしている場合はビジネスカードを発行しましょう。

ビジネスカードは限度額が高く、ビジネスに関する様々な特典も受け取ることが出来ます。

また経費を計算するにも利用しやすいので自営業の場合は作成することをおすすめします。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード

アメリカンエキスプレス_ビジネス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは法人カードの中でも圧倒的に人気のビジネスカードです。

ビジネスのサポートに重きをおいており、経費削減や、業務の効率化などが期待できます。

年会費も20,000円と非常にコスパも良いので、自営業をしている方全てにおすすめできるカードです。

JCB法人カード

jcb法人カード

JCB法人カードは起業したての方にも非常に作りやすいビジネスカードです。

年会費も1250円と非常に安いながらJCBと安心できるブランドなので、とりあえず起業したら申請しておきたいカードとも言えます。

ただし限度額が少し低いというところは注意しておきましょう。

正しい年収の申告方法

クレジットカード_年収の申告方法

クレジットカードの申し込みをする際に、年収は必ず申告しなければなりません。

ただ初めての申告だと、どの年収なのか、どうやって調べるのかなど分からないこともありますよね。

そこでここからはそういった方に向けてクレジットカードを申し込む際の年収の方法や調べ方を職業別に紹介していきます。

サラリーマンの年収の申告方法

クレジットカード_年収の申告_サラリーマン

サラリーマンなどの給与所得者は、保険料や税金などが差し引かれる前の年収を申告します。

フリーターやパート、アルバイトなど給料を所得している方もこれにあたります。

クレジットカード会社が申請者の年収を税務署などで確認することはないので、誤って手取りの年収などを申告してしまうと、収入が少ないとみなされて審査に落ちやすくなってしまいます。

必ず税金や保険料などが天引きされる前の給料を申告しましょう。

自営業者の年収の申告方法

クレジットカード_年収の申告_自営業

自営業の方は給与所得者とは年収の申告方法が変わってきますので注意しましょう。

自営業の場合は、収入から経費を差し引いた金額が年収になります。

そのため節税のために経費を多くとっている方はクレジットカード会社に申告する年金が低くなってしまい、審査に通りにくくなってしまいます。

学生・主婦の年収の申告方法

クレジットカード_年収の申告_学生や主婦

専業主婦の方やアルバイトをしていない学生は、収入が全く無いので年収が0になるかと思います。

クレジットカード会社によって申告方法は、同居している家族の年収を申告する場合や、本人の年収を申告する場合と変わってきます。

本人の年収を申告するように記載されている場合は、正直に0と入力しましょう。

年収が0でもカード会社によっては問題なく審査に通るので気にしなくても大丈夫です。

自分の年収の調べ方

クレジットカード_年収の調べ方

自分の年収の調べ方も、会社員か自営業かによって変わってきます。

会社員の場合は会社から前年度の源泉徴収票を発行してもらいましょう。

もちろん年度ごとに交付されているものがあれば、そちらから年収を確認することも可能です。

自営業の場合は確定申告書から確認しましょう。

もし源泉徴収票や確定申告書から確認するのが難しい場合は、役場から所得証明書を貰う方法もあります。

手数料がかかってしまうので最後の手段として利用しましょう。

もし勤続が1年未満で年収が分からない場合は、今の会社で今まで貰った給料から年収を算出しましょう。

平均月収×12+賞与で計算すれば問題ありません。

年収を申告する時の注意事項

クレジットカード_年収を申告するときの注意点

ここからは年収を申告するときの注意事項について紹介していきます。

これらの内容をしっかり理解していないと、審査に通らなかったり、今後のクレジットカード作成にも影響を与えてしまうかもしれません。

そうならないためにも最後まで一読しておきましょう。

年収を申告するときの注意事項
  • 嘘の年収を申告しない
  • キャッシング枠をつけるときは総量規制に注意する

嘘の年収を申告しない

クレジットカード_嘘の年収を申告しない

当然ではありますが、嘘の年収を申告をしてはいけません。

年収は自己申告制ではありますが、クレジットカード会社では、申請者の勤務先や今までの履歴など様々な要素から申請者を調べているので、大幅に嘘の年収を申告すると簡単にバレてしまいます。

悪質とみなされてしまえば、今後クレジットカードの発行が出来なくなる場合もあるので、年収は正直に正確なものを申告しましょう

キャッシング枠をつけるときは総量規制に注意する

クレジットカード_注意点_総量規制

キャッシング枠は、高い金利がついてしまうので基本的には枠をゼロにするのがおすすめです。

ただ、いざ現金が必要になった際に、対応出来るようにしておきたい方は、キャッシングを利用するのも良い手です。

もしキャッシング枠を付けるのであれば総量規制に注意しましょう。

貸金業法では年収の3分の1以上の、借入れを行うことはできないようになっています。

もしこの上限いっぱいまで借入れをしている状態で、クレジットカードを申し込んでも、過剰な借入れをしているとみなされて審査に通りにくくなります。

年収別クレジットカードの選び方のまとめ

年収別_クレジットカードの選び方_まとめ

今回はクレジットカードの選び方を年収別に紹介していきました。

クレジットカードというものは、自分の信用を担保にしているため、自分の年収や過去の使用履歴などを審査して、発行することになります。

そのため年収が低く、信用が少ないうちはグレードの高いクレジットカードを発行してもらうことは難しくなります。

ただグレードは低くてもオリコカードなどは、年会費無料でポイントの還元が高いので非常に使いやすいです。

低いグレードでもお得なクレジットカードはたくさんあるので、年収が高いからと言って無理にグレードの高いクレジットカードを作る必要はありません。

自分のクレジットカードで利用したい額や、特典などをしっかり確認して、自分にマッチしたクレジットカードを選びましょう。

それでは今回の記事のおさらいです。

年収別のクレジットカードをざっくりいうと
  • クレジットカードを作る際「年収◯万以上ないとダメ」という明確な基準はない
  • 年収が高いとグレードの高いクレジットカードが持てる
  • クレジットカードのグレードが高いと、限度額も高くなる
  • 年収が少なく支出も少ない場合は年会費無料のカードを作ると良い
  • 年収が高く支出も多いのであれば、限度額の高いカードを作ると良い
  • 嘘の年収を申告すると審査に落ちる可能性が高い
  • クレジットカードを新しく作るなら「エポスカード」「JCBカード」「楽天カード
  • 中でも「JCBカード」はランクアップを目指しやすく、ゴールドカードを目指す人におすすめ

 

JCBカード

\ゴールドカードを目指すなら/
>>> JCBカードを新規作成!<<<

JCBカード 公式サイトはこちら