クレジットカードのランクとは?|ランクを上げる方法やランクと色の関係なども徹底解説!

クレジットカード_ランク

クレジットカードのランクってどうしたら上げられるの?
ランクの高いクレジットカードを持ってるとどんなメリットがあるんだろう?

以上のように、クレジットカードのランクに関する疑問は多いでしょう。

そこで今回は、クレジットカードのランクの種類、ランクを上げる方法や、ランクを上げやすいクレジットカードを紹介します。

この記事を読めば、ランクを上げる方法が分かり、ランクの高いカードを持つことも夢ではなくなるでしょう!

クレジットカードのランクをざっくりいうと
  • クレジットカードのカードランクは、4種類ある
  • ランクの高いカードを発行するには条件がある
  • プロパーカードを持つことが、ランクを上げる一番の近道!
  • クレジットカードのランクを上げていきたい人が持つ最初の1枚としては、「JCB一般カード」がおすすめ!

\ランクアップを目指すなら/

>>> JCB一般カードを新規作成!<<<

JCB一般カード 公式サイトはこちら

\当サイト人気クレジットカードTOP3!/

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
年会費 永年無料
還元率 0.5%~5.0%
国際ブランド

VIASOカード

VIASOカード
年会費 永年無料
還元率 0.5%~1.0%
国際ブランド

ライフカード

ライフカード
年会費 永年無料
還元率 0.5%~1.5%
国際ブランド

クレジットカードのランクとは?

クレジットカード_ランク_とは

クレジットカードのランクとは、それぞれのカードが持つステータス(社会的信用・地位)のことです。

ランクの高いカードほど審査が厳しく年会費が高い一方、多くのサービスや恩恵を受けられます。

そしてクレジットカードのカードランクは、一般的には大きく次の4つに分けられます。

クレジットカードのランク

一般カード

クレジットカード_ランク_一般カード_アメックスカード

クレジットカードの中で最もランクが低く、審査基準が最も低いクレジットカードです。

一般カードは大きく次の2つに分けられます。

一般カードの分類
  • 審査基準が緩めの年会費無料カード
  • プロパーカードや銀行系クレジットカード

年会費無料カード

1つ目は専業主婦や学生、フリーターなど無収入の人や収入が安定していない人でも持てる、審査基準が緩めの年会費無料カードです。

編集者

楽天カード、イオンカードなどの流通系カード、ACマスターカードなどの消費者金融カードが当てはまります。

プロパーカードや銀行系カード

2つ目は、安定収入が見込める人を対象とするプロパーカードや銀行系クレジットカードです。

プロパーカードとは
American ExpressやJCBといった決済カードブランドが発行しているクレジットカードです。

プロパーカードにはJCB一般カードなど、銀行系カードには三井住友カードなどが挙げられます。

流通系カードなどよりステータスが高く、ランクアップシステムを導入しているカードが多いです。

一般カードは必要最低限の特典やサービスも付いているので、主に決済の手段としてクレジットカードを利用したい人や、初めてクレジットカードを作る人にはおすすめです。

一般カードのメリット
  • 年会費が無料or安い
  • ポイントを貯めやすい
  • 審査が比較的甘い
  • 気軽に申し込みができる

\最高ランクを目指せる!/

JCB一般カード
公式サイトはこちら

ゴールドカード

アメックス_ゴールドカード

一般カードと比べてステータスがワンランク高いカードゴールドカードです。

ゴールドカードのメリット
  • 一般カードに比べ、サービスや各種保険が豊富
  • 一般カードに比べ、ステータスが高い
  • ポイントを貯めやすい
  • 年会費が安いカードもある

一般カードより審査が厳しい分、サービスや各種保険がかなり充実しているカードが多いです。

年会費は1万円~3万円程が一般的ですが、最近では年会費が2000円程度のゴールドカードも登場しています。

MEMO
20代の若者層をターゲットにした「ヤングゴールドカード」も登場しています。

ゴールドカードの審査基準はカード会社により異なりますが、年収200万~300万でも持てるカードが多くなっています。

つまり若くしてゴールドカードを持ちたい20代におすすめのクレジットカードです。

\20代専用のゴールドカード!/

>>> 三井住友プライムゴールドを新規作成!<<<

三井住友プライムゴールド
公式サイトはこちら

プラチナカード

クレジットカード_ランク_プラチナ_アメックスプラチナ

プラチナカードはゴールドカードのワンランク上のクレジットカードです。

年会費は3〜5万円程度のものが一般的ですが、三菱UFJニコスやクレディセゾンなどが、年会費2万円前後で持てるプラチナカードを発行しています。

プラチナカードのメリット
  • ゴールドカードよりも、サービスや各種保険が豊富
  • ゴールドカードよりも、ステータスが高い
  • コンシェルジュがつくカードもある
  • ポイント還元率が高いカードが多い
  • 外食がお得になるサービスが豊富

プラチナカードとゴールドカードの決定的な違いは、サービスの豊富さとステータス性です。

編集者

例えば、アメックスプラチナにはコンシェルジュサービスコース料理一名無料などサービスが非常に充実しています。

プラチナカードは招待制でしか作れないカードもあるため、持っているだけで社会的身分の高さを証明するカードにもなり得ます。

\最高ランクを目指せる!/

JCB一般カード
公式サイトはこちら

ブラックカード

クレジットカード_ランク-ブラック_アメックス_センチュリオン

数あるクレジットカードの中で、最高ランクのカードとして君臨しているのがブラックカードです。

注意点
  • ブラックカードはカード会社からインビテーション(招待)を受けなければ作れません。

最高峰のカードですので、紹介したどのランクよりもサービス、各種保険が充実し、ステータスの高いクレジットカードとなります。

そのため年会費が高いものが多く5~35万円のものまで存在します。

ブラックカードを持っているだけで、特別扱いされることが増える、そんな憧れのクレジットカードです。

クレジットカード 4種のランク おさらい
  1. 一般カード...ランクが一番低いカード。年会費が無料か安いカードが多く、作りやすい。
  2. ゴールドカード一般カードのワンランク上のカード。一般カードに比べ年会費が高く、サービスや保険が充実している。
  3. プラチナカード二番目にランクが高いカード。年会費が高く、サービスや保険が非常に充実している。
  4. ブラックカード最高ランクのカード。年会費が非常に高く、持っているだけで社会的身分が高いことを示せるカード。

\最高ランクを目指せる!/

JCB一般カード
公式サイトはこちら

クレジットカードのランクと色の関係

クレジットカード_ランク_色_関係性

クレジットカードのランクごとの違いについてご紹介しました。

次に、クレジットカードのランクと色の関係性について解説していきます。

ランクが上がるにつれて共通の色になることが多い

クレジットカード

一般的にクレジットカードはランクが上がるにつれて、共通の色へと変わっていきます。

注意点
  • 一般カードはカード会社によって、デザインが大きく異なるので、カードごとに色がかなり変わってきます。

ゴールドカード以降は、先程ご紹介したように金色、銀色、黒色へと変わっていきます。

しかし例外として、ラグジュアリーカードのようにランクの上がり方が特殊なカードは、色の変わり方が違うこともあります。

ラグジュアリーカードのランク
ラグジュアリーカードは、チタン、ブラック、ゴールドへとランクが上がっていきます。

ラグジュアリーカード 公式サイトはこちら

ランクが高いように見える一般カードもある

一般カード

ランクごとに色が変わってくるとお伝えしましたが、高ランクカードの色に似た一般カードも存在します。

例えば、Orico Card THE POINTは一般カードですが、色が黒色なので、ブラックカードだと勘違いされやすいカードです。

かっこいいクレジットカードが欲しい方は、クレジットカードの色に着目して選んでみるのもアリかもしれません。

ランクをあげていきたい方におすすめクレジットカード

クレジットカード_ランク_最初の一枚

プラチナカードやブラックカードの保有に向けて、クレジットカードのランクを少しでも早く上げていきたい人におすすめの「最初の1枚」を2つご紹介します。

JCB一般カード

JCB一般カード

JCB一般カードの特徴
  • インターネット入会で初年度無料&条件クリアで年会費無料
  • JCBのプロパーカード
  • クレヒスを積み上げることでブラックカードも目指せる

JCB一般カードは国際ブランドであるJCBが発行するプロパーカードです。

JCBカードは一般、ゴールド、プラチナ、ブラックの4ランクがあり、クレジットカードの最高ランクであるブラックカードを目指すことができます。

そして、JCB一般カードは作りやすく使いやすいクレジットカードです。

通常は1000円につき1ポイント(5円相当)が貯まりますが、JCB提携店舗の利用でポイントが最大10倍になります。

JCBカードのサービス

また、OkiDokiランドというネットショッピングサイトの利用でポイント最大20倍MyJチェック登録後海外で利用することでポイントが2倍になります。

通常年会費は1375円(税込)ですが、インターネット入会で初年度無料かつ以下の条件をクリアすると年会費が無料になります。

年会費が無料になる条件
  • MyJチェックの登録(WEB明細)※無料
  • 年間合計50万円以上のショッピング利用

ランクアップを目指すのであれば、50万円以上の利用は必要となるので、実質年会費無料と考えてよいでしょう。

さらに、最高3000万円の国内外旅行傷害保険が付帯しているなど、使いやすく便利なクレジットカードです。

JCBカードのランク早見表

年会費 1375円(税込)※インターネット入会で初年度無料&条件クリアで無料
還元率 0.5%
国際ブランド JCB
ポイント OkiDokiポイント
追加カード 家族カード、ETCカード
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay
旅行保険 ・国内:最高3000万円(利用付帯&MyJチェックの登録)
・海外:最高3000万円
ショッピング保険 ・国内:ー
・海外:最高100万円
限度額 公式サイト参照
申し込み条件 18歳以上

>>> JCB一般カードを新規作成!<<<

JCB一般カード
公式サイトはこちら

JCBゴールド

JCBゴールドカード

JCBゴールドの特徴
  • インターネット入会で初年度年会費無料
  • 最高1億円の海外旅行保険が付帯
  • 使い方次第でワンランク上のカードへの招待が届く

こちらのカードは先程ご紹介した、JCB一般カードの1ランク上のカードです。

通常申し込みも可能ですが、もし審査が不安な方はJCB一般カードでクレヒスを積み上げ、インビテーションでこちらのカードを作ることをおすすめします。

JCBゴールドには数多くのおすすめポイントがありますが、特に大きなメリットをまとめると以下の通りになります。

JCBゴールドを使うメリット
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険をはじめ、海外旅行保険の内容が充実
  • 国内31空港にある空港ラウンジを無料で使える
  • 「JCBゴールド ザ・プレミア」へ招待されるチャンスあり
  • 最短即日発行が可能

特に旅行保険は各種ゴールドカードの中でもトップクラスの補償内容を誇り、飛行機が遅延・欠航した場合の保障もかなり充実しています。

また、JCBゴールドでのショッピング利用合計金額が2年連続で100万円(税込)を超えるなど、JCBが定める一定の条件をクリアすると、ポイント優遇率10%アップや、世界約1,000ヵ所の空港ラウンジ無料利用など、さらにワンランク上のサービスが受けられる「JCBゴールド ザ・プレミア」へ招待されるチャンスがあります。

旅行好きの方が持つ1枚目としては、特におすすめのゴールドカードと言えるでしょう。

年会費 11000円(税込)※インターネット入会で初年度無料
還元率 0.5%
国際ブランド JCB
ポイント OkiDokiポイント
追加カード 家族カード、ETCカード
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay
旅行保険 ・国内:最高5000万円
・海外:最高1億円(自動付帯※一部利用付帯)
ショッピング保険 ・国内:最高500万円
・海外:最高500万円
限度額 公式サイト参照
申し込み条件 20歳以上で安定した収入がある方

>>> JCBゴールドを新規作成!<<<

JCBゴールド
公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメックスゴールドの特徴
  • ステータス性が非常に高い
  • サービスや各種保険が豊富
  • ワンランク上のアメックスプラチナの招待が届く

日本で初めてゴールドカードを発行した、American Expressのゴールドカードです。

一昔前までは年収1000万以上しか作れないと言われていたカードでしたが、最近では審査がかなり緩くなっています。

他社からの借入履歴も延滞履歴もない30代以上の方なら、「企業の正社員」というだけで審査が通るとも言われています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドのメリット
  • ポイントは実質無期限でマイルや家電量販店のポイントなどに交換可能!
  • ゴールド・ダイニングby招待日和 で対象のレストランのコース料理が1名分無料
  • 同伴者1名まで空港のラウンジサービスが無料
  • 利用限度額は実質ない

優良会員にはインビテーションが届き、ワンランク上のアメックスプラチナを発行できる可能性もあります。

年会費は31900円(税込)と少々お高めですが、豊富なサービスと各種保険を考えると非常にお得なクレジットカードです。

年会費 31900円(税込)
還元率 1.0%
国際ブランド American Express
ポイント メンバーシップリワード
追加カード 家族カード、ETCカード
スマホ決済 Apple Pay
旅行保険 ・国内:最高5000万円
・海外:最高1億円
ショッピング保険 ・国内:最高500万円
・海外:最高500万円
限度額 一律の制限なし
申し込み条件 20歳以上で安定した収入がある方

>>> アメックスゴールドを新規作成!<<<

アメックスゴールド 公式サイトはこちら

ランクを上げたい方におすすめのクレジットカード

ランク別おすすめクレジットカード4選

ランク別_おすすめ_クレジットカード

ここではランクごとに当サイトが一番おすすめするクレジットカードをご紹介します。

ぜひこの機会に、ご自身が持ちたいランクのクレジットカードを発行してみてはいかかでしょうか。

JCB CARD W【一般カード】

jcbcardw

JCB CARD Wの特徴
  • 年会費無料かつポイント高還元のクレジットカード
  • 提携店舗やショッピングサイト利用で還元率がアップ
  • 申し込み対象は18歳以上39歳以下

JCB CARD Wは、JCBが発行しているクレジットカードです。

大きな特徴として、年会費が無料にもかかわらず、通常時のポイント還元率が1.0%と非常に高くなっている点が挙げられます。

JCBオリジナルパートナースの店舗ではポイント還元率が2~10倍にアップする仕組みがあり、日常的なお買い物で非常にポイントが貯まりやすいカードです。

また、OkiDokiランドというネットショッピングサイトを経由して、お買い物をするとポイント還元率が最大20倍になります。

さらに、一般的なクレジットカードのように毎回の決算ごとにポイントが付与されるのではなく、月の総利用額でポイントが決まります。

このシステムにより、少額決済のときに切り捨てられてしまっていたポイントも還元されるようになるので、ポイント還元の効率が良いクレジットカードとなっています。

最高2000万円の海外旅行保険がある(利用付帯)ことなど、年会費無料のクレジットカードとは思えないほど魅力たっぷりのカードです。

注意
JCBが発行するカードですが、こちらのカードはランクアッププログラムが用意されていません。ランクアップを目指したい方はJCB一般カードへの入会をおすすめします。
年会費 無料
還元率 1.0%
国際ブランド JCB
ポイント OkiDokiポイント
追加カード 家族カード、ETCカード
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay
旅行保険 ・国内:ー
・海外:最高2000万円(利用付帯)
ショッピング保険 ・国内:ー
・海外:ー
限度額 公式サイト参照
申し込み条件 18歳以上39歳以下の方

 


>>> JCB CARD Wを新規作成!<<<

JCB CARD W 公式サイトはこちら

JCBゴールド【ゴールドカード】

JCBゴールドカード

JCBゴールドの特徴
  • インターネット入会で初年度年会費無料
  • 最高1億円の海外旅行保険が付帯
  • プロパーカードなのでステータスが高い

JCBゴールドカードは、前章でも紹介しましたが、ランクアップを目指していない方でもおすすめできるゴールドカードです。

空港ラウンジサービスをはじめとするゴールドカード特有のサービスだけでなく、なんと最高1億円の海外旅行保険が付帯しています。

年会費が約10000円とは考えられないほどの、豊富なサービスと手厚い付帯保険が搭載されています。

また、プロパーカードですのでステータス性も抜群です。

さらにインターネット入会で初年度年会費無料キャンペーンや新規入会&ご利用でで5000円プレゼントキャンペーンなど、多くの入会特典を開催しています。

ぜひこの機会に、発行してみてはいかかでしょうか。

年会費 11000円(税込)※インターネット入会で初年度無料
還元率 0.5%
国際ブランド JCB
ポイント OkiDokiポイント
追加カード 家族カード、ETCカード
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay
旅行保険 ・海外:最高1億円(自動付帯※一部利用付帯)
・国内:最高5000万円
ショッピング保険 ・海外:最高500万円
・国内:最高500万円
限度額 公式サイト参照
申し込み条件 20歳以上で安定した収入がある方

\最初の一枚に最適/
>>> JCBゴールドを新規作成!<<<

JCBゴールド公式サイトはこちら

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード【プラチナカード】

セゾンアメックスプラチナの特徴
  • 年会費が比較的安いプラチナカード
  • プラチナランク特有の充実したサービス
  • 高ステータスでかっこいいデザイン

セゾンプラチナアメックスカードはプラチナカードにしては年会費が比較的安く、持ちやすいプラチナカードです。

安めの年会費に関わらず、サービスが非常に充実しています。

セゾンプラチナアメックスのサービス
  • コンシェルジュサービス
  • プラチナ会員専用ホテル、ダイニング等優待サービス(オントレ)
  • プラチナ会員専用アプリ(Platinum Portal)
  • 空港ラウンジサービス
  • 旅行サービス
  • ライフサービス
  • ショッピングサービスなど..

また、サービスだけでなく保険も手厚く、最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯しています。

デザインもかっこよく、ステータスの高さを彷彿とさせます。

高すぎる年会費は払えないけれど、プラチナカードが欲しい、そんな方には非常におすすめです。

年会費 22000円(税込)
還元率 0.75%
国際ブランド American Express
ポイント セゾン永久不滅ポイント
追加カード 家族カード、ETCカード
スマホ決済 Apple Pay
旅行保険 ・国内:最高5000万円
・海外:最高1億円
ショッピング保険 ・国内:年間300万円
・海外:年間300万円
限度額 利用者のニーズや年収に合わせて決まる
申し込み条件 安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方(学生・未成年を除く)


>>> セゾンプラチナアメックスを新規作成!<<<

セゾンプラチナアメックス
公式サイトはこちら

アメリカンエキスプレス・センチュリオン・カード【ブラックカード】

アメックス_センチュリオン

アメックスセンチュリオンの特徴
  • 希望すれば、1枚ずつ手作りのチタン製のカードが届く
  • 「No」とは言わないパーソナルコンシェルジュが有能
  • レストランで所定のコースを2名以上で、1人分のコース代金無料
  • 国内のハイクラスなホテルのスイートルームが、通常の50%割引で利用できる

アメックスセンチュリオンはブラックカードでも最上位に位置しているカードです。

なんと入会金で50万円(税別)、年会費で35万円(税別)がかかり、1年目はクレジットカードを持っているだけで、約90万円の支払いが必要になります。

これだけ見ても、特別なクレジットカードであるということが分かります。

以下は、センチュリオンの一部サービスです

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードのサービス
  • 10時〜18時半までだが、会員1人ずつのパーソナルコンシェルジュが付く
    それ以外の時間は他のコンシェルジュが対応する
  • 各国の空港1,200ヵ所以上の空港ラウンジが無料で利用できる
  • 国内航空券が、ANAだとスーパープレミアム、JALはファーストクラスに無料でグレードがアップする
  • 対象の路線を購入すると、空港〜ホテルまでをエアポート送迎してくれる
  • 海外旅行時、自宅〜空港までスーツケース2個を無料で配送してくれる
  • 高級ブランドショップ・美術館を貸切にできる
  • 「京都瑠璃庵」ラウンジが利用できる
  • 会員制のトップクラスのゴルフクラブをビジター料金で利用できる
  • プロ野球はグリーンシート、シーズンシートのVIP観戦ができる
  • プライベートクルーズの利用可能

将来的に富豪になり、特別なクレジットカードを持ちたいと考えている方は、まずはアメックスゴールドから利用を開始し、ランクアップを狙うことをおすすめします。

クレジットカード_ランク_ゴールドカード_アメックスゴールド


>>> アメックスゴールドを新規作成!<<<

アメックスゴールド 公式サイトはこちら

年会費 350000円(税別)
還元率 1.00%
国際ブランド American Express
ポイント メンバーシップリワード
追加カード 家族カード、ETCカード
スマホ決済 Apple Pay
旅行保険 ・国内:最高1億円
・海外:最高1億円
ショッピング保険 ・国内:年間500万円
・海外:年間500万円
限度額 一律の制限なし
申し込み条件 インビテーション(招待)が届いた方のみ

アメックスセンチュリオン 公式サイトはこちら

クレジットカードのランクを上げる方法

クレジットカード_ランク_上げる方法

クレジットカードのランクを上げるには、条件をクリアする必要があります。

ここでは、クレジットカードのランクを上げる方法について簡単にご紹介しましょう。

一般カードからゴールドへのランクを上げる方法

一般カードからゴールドカード画像

ゴールドカードは、基本的には自分から申し込むことによって作ることができます。

ただし一般カードからのランクアップを狙うには次の条件クリアが必要になります。

ランクアップの条件
  • 安定した収入源を持っている
  • 定期的にクレジットカードを利用している
  • カードの利用代金を毎回延滞することなく支払い続けている
  • 「信用情報」が優良である
「信用情報」とは「クレジットカードや各種ローン契約について、契約内容や支払状況などの客観的な取引事実を登録した個人情報」のこと。

要するに、支払い延滞や料金トラブルが発生していないことが条件となります。

編集者

つまり、安定した収入があり、延滞なしで支払いを続けてきた人は、ゴールドカードを保有できる条件が備わっています。

自分自身の信用情報は、「開示」という手続き(※有料)をすればスマホでも郵送でも確認できますので、気になる方は、CIC(クレジット インフォメーション センター)*のホームページをご覧ください。

\最高ランクを目指せる!/

JCB一般カード
公式サイトはこちら

ゴールド以上のランクに上げる方法

ゴールドカードからプラチナ・ブラックカード画像

ゴールドカードからプラチナカードやブラックカードにランクを上げたい場合は、クレジットカード会社からのインビテーション(招待)が必要なことが多いです

インビテーションを受ける条件
  • 安定した収入がある
  • 下位ランクのクレジットカードを年間100万円以上利用し続けている
  • 一切延滞することなくクレジットカードの利用代金を支払っている
  • 分割払い・リボ払いを利用していない
  • 「信用情報」が優良である

編集者

カード会社から“信用できる人”“利益をもたらす人”であると見なされることが、ランクアップのための大切なポイントとなります

そして、ランクアップに向けては他にも下記のような留意点があります。

ランクアップするための留意点
  1. プロパーカードを保有すること
  2. 下位のプロパーカードをたくさん利用し続けること
  3. 延滞は絶対にNG

留意点その1 プロパーカードを保有すること

基本的にクレジットカードは、提携カードよりもプロパーカードの方がステータスが高いです。

提携カードとは
国際ブランド(VISAやJCB)と提携している会社が発行するクレジットカード。

ハイステータスのカードが欲しい場合はプロパーカードを利用し続けるようにしましょう。

留意点その2 下位のプロパーカードをたくさん利用し続けること

カード会社から見れば「たくさん利用する人」=「利益をもたらす人」です。

そして「利益をもたらす人」は即ち「有益な人」でもあるため、下位のプロパーカードを頻繁に利用し続けることが必要になります。

利用額の目安は公表されていませんが、年間で100万円以上を何年か続けて利用している人に、インビテーションが届く傾向にあるようです。

\最高ランクを目指せる!/

JCB一般カード
公式サイトはこちら

留意点その3 延滞は絶対にNG

インビテーションは信用力の高いカード利用者にしか届きません。支払いを延滞すると信用力は著しく下がってしまいます。

インビテーションを受けたい人にとって支払いの延滞は絶対に禁物ですので、引き落し日と金額については確実に管理するよう心がけましょう。

クレジットカードのランク一覧早見表

クレジットカード_ランク-一覧早見表

各社が発行しているクレジットカードを10段階のランクに分類し、一覧の早見表形式にまとめてみました。

この一覧表を参考にしながら、どのランクのクレジットカードが今のあなたにピッタリなのかを検討してみてください。

ランク 種類 代表的なクレジットカード 年会費
(税抜)
審査難
易度
10 ブラック
カード
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード 350,000円 最高難度
9 ラグジュアリーカード・Mastercard Gold Card、ダイナーズクラブプレミアムカード
JCBザ・クラス、ANAダイナーズプレミアムカード
50,000円〜
200,000円
高難度
8 プラチナ
カード
・上級プラチナカード
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード、ラグジュアリーカード・Mastercard Black Card
100,000円〜
130,000円
7 三井住友カード プラチナ、JCBプラチナ、Mastercard Titanium Card、楽天ブラックカード 25,000円〜
6 ・準プラチナカード
ダイナースクラブカード、エポスプラチナカード
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス
18,519円〜
22,000円
5 ゴールド
カード
・上級ゴールドカード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、JCBゴールド ザ・プレミア
15,000円〜 やや難
4 三井住友カード ゴールド、JCBゴールド
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード、アメリカン・エキスプレス・カード
10,000円〜
12,000円
やや難
3 ・ヤングゴールドカード
三井住友カード プライムゴールド、JCB GOLD EXTAGE
・低年会費ゴールドカード
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD、MUFGカード ゴールド
1,805円〜
5,500円
普通
2 一般
カード
・プロパーカード(国際ブランド系/銀行系)
JCB CARD W、JCB CARD W plusL、JCB一般カード、三井住友カード
MUFGカード スマート、みずほマイレージクラブカード/THE POINT
無料〜
1,250円
普通
1 ・信販系/流通系一般カード
Orico Card THE POINT、ライフカード、イオンカードセレクト
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード、エポスカード、OMCカード
無料〜
3,000円
容易

クレジットカードのランクまとめ

クレジットカード_ランク_まとめ

今回は、クレジットカードのランクとは何か?、そしてランクの上げ方や、ステータスの高いカードについてご紹介しました。

クレジットカードのランクを上げていくためには、まず何よりもカードの利用実績を積み重ねていくことが大切です。

月々の返済能力や、年会費に見合う特典をフル活用できるかなどを十分に見極めながら、この記事を参考に自分自身のニーズにピッタリ合うカードを見つけてください。

クレジットカードのランク まとめ
  • クレジットカードのカードランクは、「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」「ブラックカード」の4つ
  • ランクの高いクレジットカードを持つには、カード会社から“信用できる人””利益をもたらす人”とみなされる必要がある。
  • 下位のプロパーカードを頻繁に、かつ継続的に利用することがインビテーションにつながる
  • クレジットカードのランクを上げていきたい人が持つ最初の1枚としては、「JCB一般カード」がおすすめ!

\ランクアップを目指すなら/

>>> JCB一般カードを新規作成!<<<

JCB一般カード 公式サイトはこちら