FXとは?初心者のための基礎知識

生活費の節約にはクレジットカード払いがおすすめ!その理由やおすすめなクレジットカードをご紹介

節約におすすめ_クレジットカード_サムネイル

生活費の支出が家計の負担になっている。

クレジットカードを作って支払いを軽減したい

クレジットカードを作りたいけど、生活費を節約するためにはどこがおすすめなの?

毎月の生活費が家計を圧迫し、無駄を探すためにレシートから1枚ずつ家計簿をつけて計算するのも面倒でしょう。

クレジットカードで上記を解決できるとあれば、どのクレジットカードを発行するべきか迷いますよね。

そんなときは、生活費を節約するのに役立つクレジットカードがおすすめです。

今回の記事では、生活費をクレジットカードで支払うことのメリットやおすすめのクレジットカードについてご紹介していきます。

この記事を読めば、生活費の節約にどれだけクレジットカードが役に立つのかが明らかになり、今後の生活費を大幅に節約できるでしょう!

この記事を読んでわかること
  • クレジットカードで生活費を支払うのがお得な理由
  • ポイントプログラムや特典の有効活用法
  • 年間どのくらいお得になるかのシミュレーション
  • おすすめのクレジットカードの選び方
  • おすすめ人気のクレジットカード3選
  • 生活費をクレジットカードで支払うメリットやデメリット
クレジットカードで生活費の節約に関する記事についてざっくりいうと・・・

JCBカード

>>> JCBカードを新規作成!<<<

JCBカード 公式サイトはこちら

生活費はクレジットカードで支払うとお得って本当?おすすめな理由を解説

クレジットカード支払い_お得な理由

クレジットカードは特典やポイントを利用することでお得に生活費を支払えます。

生活費には、食費・光熱費・医療費・交通費・家賃・通信費などが挙げられます。

「毎月、生活費の負担が厳しい」「少しでも支出を減らしたい」といったニーズにクレジットカードは応えることができるでしょう。

そして、支払いの一部をポイントで補ったり、特典でギフト(商品券)やポイントを得ることで、生活費の負担を減らす使い方もできるのです。

生活費をクレジットカードで支払うおすすめポイント4つ
  1. カードの特典を受けとることができる
  2. 手数料負担を減らすことができる
  3. ポイントが貯まるから現金よりもお得
  4. お金の管理がしやすくなる

カードの特典を受けることができる

カードの特典_受ける

クレジットカードには、カード会社が提供する「特典」が付帯しています。

クレジットカードの特典は…
  1. 入会特典
  2. コンシェルジュサービス
  3. ポイント還元特典
  4. ギフト・キャッシュバック特典
  5. 保険特典

クレジットカードを日常的に利用するタイミングで生活費の支払いに使える特典もいくつかあります。

以下で具体的に紹介します。

入会特典

クレジットカードを作ると最初に入会特典がもらえます。

よくある入会特典としては、年会費の初年度無料、ポイントの贈呈、ポイントの取得倍増、今月利用分のキャッシュバックによる還元などでしょう。

細かい条件をクリアしなくても、カードを作るだけで特典を自動的に受けられるため、「もれなく」誰もが一定のお得なサービスを受けられる仕組みが入会特典です。

コンシェルジュサービス

コンシェルジュサービスは、相談役や秘書のような役目を持つサービス優待のことです。
主にゴールド・シルバーランク以上でコンシェルジュサービスが受けられます。

会社によっては、コンシェルジュではなくサポートデスクの名称でサービスを提供するところもあるでしょう。

お店の手配や航空・列車チケットの予約、プレゼント用ギフトの検索・リサーチなど外食や旅行、ギフト用のプレゼントやお祝い品の購入などにも活用できます。

ポイント還元特典

入会特典やカード請求額が一定金額以上(10万円など)の条件を満たすと受け取れる特典です。

入会時に決められたポイントや利用した金額分のポイントを獲得できます。

ポイントは、そのままポイントプログラムやギフトカタログなどで使用できるでしょう。

ギフト・キャッシュバック特典

クレジットカードの入会時や一定額利用時に、キャンペーンとしてギフト(商品券)や引き落とし口座にキャッシュバックする特典です。

ポイント還元とは違い、ギフトや現金にそのまま還元してくれるので、どのくらい得するのかがすぐに分かります。

ギフトを普段から使う方、ポイントは面倒で現金に換えて生活費の足しにしたい方などには有用でしょう。

保険特典

クレジットカードは所有しているだけで、特典として保険が受けられる機能が付随しています。

例えば、海外旅行や国内旅行での傷害補償やショッピング時の事故補償などです。

海外・国内旅行でケガをしたり病気になったときは、クレジットカードの婦逮捕権で補償が受けられます。

さらに、ネットショッピングで不正にクレジットカードが使われたりしたときにも安心。

すぐカード会社に連絡して補償を受ければ、一定の保障範囲内で被害額を補填してもらえるのです。

手数料負担を減らすことができる

手数料負担_減らせる

クレジットカードは利用者が(一括の)買い物で手数料を負担することがありません。

そのため、後払いや銀行振り込み(振込・送金手数料)など、通販ショッピングを利用した際の手数料負担を低減することができます。

わずか100円~の手数料でも回数を重ねれば負担も増大します。

普段から買い物のときに一括で後払いの決済をする方には、クレジットカードで支払うほうがお得です。

しかも銀行振り込みでは、振込手数料が発生します。

また、クレジットカードでの支払いは、振込をショップが確認して、その後に商品発送する手間と時間を省略できるという利点もあります。

ポイントが貯まるから現金よりもお得

ポイント貯まる_現金よりもお得

クレジットカードは現金の買い物からは発生しないポイントの特典が充実しています。

クレジットカードを使うたびに、金額に応じてポイントが貯まったり、月単位で請求額から一定の割合でポイントを付与してくれるのです。

ポイントの発生条件、金額ごとの貯まるポイント数はカード会社の規約によって細かく決められています。

100円や1,000円でどのくらいのポイントを得られるのかを基準にして、利用するクレジットカードを選択する方もいます。

上手く有効利用して、ギフト券での現金代替やポイントの使用で買い物代金から引いて、生活費を補いましょう。

ポイントと電子マネー(お店のポイントカード)にチャージできる場合は、ポイントの二重取りができてさらにお得です。

お金の管理がしやすくなる

クレジットカード_お金の管理しやすい

クレジットカードを利用することで便利な点が、支出の管理を楽にできることです。

お店の買い物を現金で済ませていると、せいぜいその日に利用した金額くらいは把握できますが、週・月単位の計算は非常に大変です。

クレジットカードでは利用した金額や買い物店舗(利用した場所・日付)などを明細に記載していつでも把握できます。

最近のクレジットカードは、書類郵送の明細書だけではありません。

WEB明細という電子システムを利用したインターネットで明細の閲覧やダウンロードする機能を有しているのです。

先月や先々月、今月の利用状況など、明細から生活費のお金をしっかりと管理できます。

生活費をクレジットカードで支払った場合どれくらいお得になる?ざっくり計算で解説!

生活費クレジットカード支払い_お得

クレジットカードが生活費の支払いにお得なことが分かったところで、実際にどのくらいお得になるのかざっくり計算してみましょう。

1人世帯当たりの生活費(ポイント還元率1%の場合)
  • 食費 5万円(500ポイント)
  • 住居 4万円(400ポイント)
  • 光熱・水道 1.5万円(150ポイント)
  • 生活用品 1万円(100ポイント)
  • 衣料 1万円(100ポイント)
  • 医療 1万円(100ポイント)
  • 交通・通信 2万円(200ポイント)
  • 教 育(資格や習い事) 1万円(100ポイント)
  • 教養・娯楽 2万円(200ポイント)
  • その他、生活費の支出 3万円(300ポイント)

総計 21.5万円(2150ポイント)

1人世帯で生活費をすべてクレジットカードで支払うことを想定すると、計算上、毎月2150ポイントを貯めることができます。

支払いをクレジットカードにするだけで年間25,800円分もお得になるのです。

上記は、現金で支払っていたら得られなかったはずのポイントでしょう。

もし、家族が複数いる世帯の場合は、上記の数字に1.2~1.5倍すると、およその目安となります。

現在の生活費を計算して、どのくらいポイントがもらえるのか計算してみると良いでしょう。

生活費を節約できるクレジットカードのおすすめの選び方は?

クレジットカード_選び方

クレジットカードを選ぶときに生活費を節約するのにおすすめな選び方を紹介します。

生活費を節約したい人にとっては、毎月の生活費の負担を抑えて、それを補填できるクレジットカードが嬉しいでしょう。

つまり、ポイントサービスが充実し、還元率が高く、交換先の豊富なクレジットカードです。

ポイントを貯める・使うことで生活費の支出を抑え、年会費の安いクレジットカードで負担を減らします。

加えて、ポイントを交換することでさまざまなサービスから生活費に使えるように工夫するのです。

ポイントの還元率が低いと、なかなかポイントが貯まりません。

ショッピングにしか使わない方は、カード機能が高くても使い道がなく宝の持ち腐れになってしまうケースもあるでしょう。

そこで、ランクは低くても、余計な機能が付いていシンプルな機能と、ポイントの還元率が高くて年会費のかからないカードを選べばよいのです。

選び方を変えるだけで、ポイントが増えて、生活費の負担は減ることになるでしょう。

生活費がお得になるクレジットカードの選び方
  • ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶ
  • 年会費ができるだけ安いクレジットカードを選ぶ
  • ポイントやマイルの利用や交換先が豊富なカードを選ぶ

ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぼう

生活費を節約するためには、ポイント還元率が高いクレジットカードを使います。

1ポイントを1円として買い物やギフト(商品券)交換に使える場合、
  • A社 100円で1ポイント貯まる
  • B社 1,000円で1ポイント貯まる

上記の2社を比較すると、A社を利用するほうがお得です。

そして、1ポイントあたり1円として使えるなら還元率に10倍もの差があります。

特典やさまざまなサービスの付帯を受けられるという点からクレジットカード選びに迷う方も多いでしょう。

しかし、生活費の節約を第一目標とした使い方をするなら、ポイント還元率を重視した選び方がベストです。

JCBカード

\ポイント還元率なら楽天カード/
>>> 楽天カードを新規作成!<<<

楽天カード 公式サイトはこちら

年会費が出来るだけ安いクレジットカードを選ぼう

年会費安い_クレジットカード

クレジットカードを生活費の節約に使う場合、気をつけたいのが年会費です。

初年度無料のカード 翌年から有料
初年度無料でないカード 最初の年から一定の年会費が必要

年会費は、ランク(ゴールド・シルバーなど)やカードの種類によって異なります。

永久無料のカードや1~2万円ほどが発生するカードなどさまざまです。

上限枠がそれほど大きくなくてもよく、生活費の支払いに使うためには、ランクを一般カードにしましょう。

そうすれば、年会費が永久無料になって一切かかりません。

生活費の節約を考えるなら、出来るだけ年会費の安いカードを選ぶのがおすすめです。

JCBカード

\JCBカードは年会費無料/
>>> JCBカードを新規作成!<<<

JCBカード 公式サイトはこちら

ポイントやマイルの利用や交換先が豊富なカードを選ぼう

クレジットカードを生活費などの支払いに使うと、ポイントが貯まりそれを交換するサービスがあります。

ポイントをマイルや別のポイントプログラムに交換して使えるなど多彩な使い方が可能です。

マイルは航空会社のマイレージ会員のことで、航空券の予約や手配する時に費用の負担を軽減したり、ギフトに交換したりできます。

このように、クレジットカードを選ぶ際は、ポイントやマイルの利用や交換先が豊富なカード会社がよいでしょう。

生活費を節約できるおすすめクレジットカード人気ランキング!

クレジットカード_人気ランキング

生活費を節約するためにクレジットカードを利用したい方にとって「どのクレジットカードを使えばお得なのか?」というのはすごく気になる点ですよね。

クレジットカードを発行するカード会社はたくさんあります。

どの会社の、どの種類のカードを選ぶべきか、数が多すぎて探すのも大変でしょう。

そこで今回は、おすすめな3社のクレジットカードを紹介していきます。

ポイントを貯めやすく、生活費がお得になるカードを厳選したクレジットカードをそれぞれ解説します。

セゾンカード
インターナショナル
オリコカード 楽天カード
セゾンカードインターナショナル オリコカード 楽天カード
入会金・年会費 永久無料 永久無料 永久無料
ETC・家族カード あり あり(年会費無料) あり
ポイント(還元率) 貯める・交換可能(還元率1%~) オリコポイント(還元率1%以上) 楽天ポイント・交換可能(還元率1%)
電子マネー Suica・PASMO(チャージ可能) iD(アイディ)・QUICPay™(クイックペイ) 楽天Edyの電子マネーが使える
優待特典・補償 お店やホテルの価格割引
オンラインショッピング補償
旅行傷害保険の付帯
レストラン・ホテルの優待割引
海外旅行傷害保険
カード盗難保険

セゾンカードインターナショナル

おすすめ_セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルは、最短で即日発行、専業主婦・学生OKという作りやすいのが特徴のクレジットカードです。

Amazonギフト券なら1ポイント5円相当に変換し、マイルにも交換できるため、ポイントを活用した多彩な使い方が可能です。

セゾンカードインターナショナルの強み
  • 年会費が永久に無料
  • 専業主婦や学生でもカードを作れる
  • ネットショッピングのもらえるポイント倍率が高い
  • 特定のショップで割引優待やキャンペーンを受けられる
  • 電子交通マネーのチャージに使えて便利
セゾンカードインターナショナルの概要
入会金・年会費 永久無料
ETC・家族カード あり
ポイント(還元率) 貯める・交換可能(還元率1%~)
電子マネー Suica・PASMO(チャージ可能)
優待特典・補償 お店やホテルの価格割引・オンラインショッピング補償

セゾンモール経由のネットショッピングを使えば、ポイント最大30倍(他のネットショッピングでも2~30倍)です。

しかも全国の西友・リヴィンで毎月第1・第3土曜日に食料品から衣料品まで5%オフの日を設定しています。

セゾンカードインターナショナルなら他の割引サービスとは別に、決められた曜日に5%オフの買い物ができます。

そして、年会費無料なうえに、優待としてレストラン・ホテル、水族館やレジャー施設の価格を割引します。

補償にはネットショッピングでの不正利用などの損害を補填する「オンライン・プロテクション」

生活費の支払いにカードを利用するときの心強い味方になってくれるでしょう。

おすすめ_セゾンカードインターナショナル

>>> セゾンカードインターナショナルを新規発行!<<<

セゾンカードインターナショナル 公式サイトはこちら

オリコカード

オリコカード_おすすめ

オリコカードは、オリエントコーポレーションが提供するクレジットカードです。

今回は、オリコカードの一般カードとして生活費の支払いなどに使える「Orico Card THE POINT」を紹介します。

スタンダードなクレジットカードとして生活費に使えるだけでなく、公共料金や税金のお支払いに対応しているといった特徴があります。

オリコカードの強み
  • 入会キャンペーンが7,000円分付与する特典の用意
  • 100円1ポイントの高効率で貯まるポイントと500円から利用できる使いやすさ
  • 特定のオンラインショップでダブルでポイントを貯められるサービスの充実感
  • ETC・家族カードが年会費を無料として作れる
  • クレジットカードでチャージしてiD(アイディ)・QUICPay™などのキャッシュレス決済に使える
オリコカードの概要
入会金・年会費 永久無料
ETC・家族カード あり(年会費無料)
ポイント(還元率) オリコポイント(還元率1%以上)
電子マネー iD(アイディ)・QUICPay™(クイックペイ)
優待特典・補償 旅行傷害保険の付帯・レストラン・ホテルの優待割引

年会費は永久無料で変わらず、100円で1ポイントの高レートに加えて、入会特典・キャンペーンとして7,000円相当のオリコポイントを贈呈しています。

何もしなくても、入会してカードを作るだけでポイントを受け取れるでしょう。

ポイントの有効期限は約1年間、受け取ったポイントは500オリコポイントから交換可能です。

また、オリコカードの優れた点は、オリコモールの買い物でW(ダブル)でポイントが貯まることです。マイルや電子マネーとも交換できます。

さらに、通常は会員費のかかるETC・家族カードも会費無料で作れるメリットがあります。

他にも、Apple Payの利用、電子マネーとしてiD(アイディ)やQUICPay™(クイックペイ)などを搭載できるなどカードの使い道が広く用意されているでしょう。

楽天カード

楽天カード_おすすめ

楽天カードは、大手通販ショップの楽天が提供するクレジットカードです。

1週間~10日間の短期間で発行したカードを受け取れて、枠は最高100万円が可能、年会費は永年無料です。

特に、楽天カードは楽天ポイントなどを始めとした利用範囲の広いポイントとして使えることが特徴です。

楽天カードの強み
  • ショッピング枠が大きく設定されており、審査が甘い
  • 楽天ショップと連携することでポイントを有効に活用できる
  • あわせて5000ポイント贈呈など初回特典や利用特典のポイントサービス充実
  • 100円利用が1円分高い還元率で使用できる
  • 楽天経由でのポイント獲得倍率のアップ
楽天カードの概要
入会金・年会費 永久無料
ETC・家族カード あり
ポイント(還元率) 楽天ポイント・交換可能(還元率1%)
電子マネー 楽天Edyの電子マネーが使える
優待特典・補償 海外旅行傷害保険・カード盗難保険

新規の入会特典として、いまなら2,000ポイントに加えて、カード利用特典の3,000ポイントを初回利用時に付与してくれます。

100円につきポイント1円分が貯まり、他社と比べてもポイントが効率的に貯まります。

楽天市場に関連した買い物やポイント利用では、通常のポイント利用よりもお得なのが大きな強みでしょう。

楽天市場(通販)の決済を楽天カードで行うことで貯まるポイントが最大で3倍にまで増えます。

JCBカード

>>> 楽天カードを新規作成!<<<

楽天カード 公式サイトはこちら

生活費をクレジットカードで支払うメリット・デメリットは?

クレジットカード_メリット・デメリット

クレジットカードで生活費を支払うことには、メリットやデメリットがあります。

両者を比べて、生活費の支払いにクレジットカードを使うべきかを判断しましょう。

メリットは、ポイントの利用や家計管理の効率化など、クレジットカードを使うときの絶好の判断材料です。

結論としては、デメリットよりもメリットの方が勝ります。

特にクレジットカードを持つことに抵抗がない場合は、支払いのために所持しておきましょう。

生活費クレジットカード払いのメリット①ポイントがつくからお得

生活費をクレジットカードで支払う1つ目のメリットは、ポイントでお得に買い物ができることです。

前述したように、ポイントプログラムのサービスを利用してポイントを貯めていくことで、支払いやポイント交換など自由に使えます。

ポイントと電子マネー・会員カードのチャージをすれば二重にポイントをゲットできるチャンス。

ダブルポイント獲得で、さらにお得な買い物ができるでしょう。

生活費クレジットカード払いのメリット②家計の管理が楽になる

クレジットカード_家計の管理

2つ目のメリットは、こちらも前述したように、家計の管理が簡単になることです。

請求書をWEB明細で確認すれば、いつでもスマホやパソコンから請求額や個別の買い物で支払った金額を確認することもできます。

レシートや領収書での管理が不要となり、毎月の支出や生活費の管理がとても楽になるでしょう。

生活費クレジットカード払いのデメリット:無駄遣いをしすぎてしまう可能性がある

クレジットカードを生活費の支払いに使うデメリットとして、無駄遣いする可能性があります。

基本的にキャッシュレス決済の支払い方法として知られるクレジットカード。

買い物や料金の支払い時に使っても手持ちの現金が減ることがなく、ショッピング枠の範囲で好きに買い物できてしまいます。

しかし、そのために金銭感覚が麻痺し、たくさん使ってもお金が減るという危機感がなくなります。

多重債務のトラブルを抱える方の多くは、複数のクレジットカードを持って、金銭感覚が麻痺した結果、支払いができずに起こります。

上記理由から、利用する金額に気をつけておかないと無駄遣いしてしまうリスクがあります。

もちろん、正しく使えば、無駄遣いしてしまうという問題は起きません。

生活費をクレジットカードで支払うまとめ

生活費_クレジットカード_まとめ

 

クレジットカードは生活費を支払うのに優れた決済方法です。

ポイントや管理のしやすさを上手く活用することで、生活費の支払いを便利かつお得にすることができます。

また、特典や生活費以外の利用にも応用が利くため、別用途にもさまざまな便利な使い方が可能です。

まずは使いやすくて、ポイントがたくさん貯まるクレジットカードを選んで、実際に申し込んでみましょう。

クレジットカードで生活費の節約おさらい

JCBカード

>>> JCBカードを新規作成!<<<

JCBカード 公式サイトはこちら