【2021年最新】一人暮らしにピッタリのウォーターサーバー7選|選び方やメーカーごとのポイントも解説

ウォーターサーバー




一人暮らし用のウォーターサーバーってどんな基準で選んだらいいのかな?


一人暮らしにウォーターサーバーって必要なの?

と気になって、ウォーターサーバーの導入に踏み込めない人も多いのではないでしょうか。

一人暮らしにとってウォーターサーバーは贅沢品で、置き場所がないから不要だとお思いかもしれません。

しかし実は、コンパクトなサイズのサーバーも0円からレンタルできてしまうのです。

あなたに合ったウォーターサーバーは日々の作業の時短や生活費を節約してくれるでしょう。

この記事ではそんな安くて便利な一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーを徹底解説します。

ウォーターサーバーが必要な人/必要でない人の特徴や、一人暮らしの方がサーバーを選ぶポイントも解説しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

「一人暮らし用のウォーターサーバー」をざっくりいうと

クリクラのホームページ

ウォーターサーバーを一人暮らしで使うときのメリット

熱湯と冷水がすぐに使えるので時短に

ウォーターサーバー最大のメリットは熱湯と冷水がすぐに使えることです。

ケトルでお湯を沸かすには5分くらいかかります。
現代人の朝は忙しいもの。1分1秒を争う人にはケトルでお湯を沸かす時間ももったいない。

一方でウォーターサーバーはボタンを押すだけで、3秒以内にお湯が使えるというメリットが

熱湯がすぐに使えることでコーヒーやお茶、インスタント食品などを楽しむことができます。

特に寒い冬場にウォーターサーバーがあると大助かりです。

ボトルを買う手間が省ける

ウォーターサーバーを導入することでペットボトルを買う手間も省けます。

なぜなら毎月頼んだお水をメーカーが配達してくれるからです。

「一人暮らしだとそんなに水を飲まないし、ペットボトルでいいか」と思う人もいるかもしれません。

しかし2Lのボトルは料理にも使うと、思っている以上にすぐになくなります。

したがってウォーターサーバーがあるとボトルを運ぶ手間が省けるのです。

健康にいい

ウォーターサーバーを導入することは健康にも役立ちます。

理由の1つはミネラルを含んだ天然水が飲めるからです。

天然水に含まれるナトリウムやマグネシウムは体調管理に重要な役割を果たしています。

また、水は人体の60%ほどを占める、生命を維持するのに水は必要不可欠な存在です。

たった6%減るだけで脳に影響するとも。

厚生労働省も健康のためにこまめに水分を補給することを推奨しています。

一人暮らし用ウォーターサーバーの選び方・基準

一人暮らし用のウォーターサーバーの選び方・基準


一人暮らし用のウォーターサーバーの選び方がわからない!

そんな方は以下の5つのポイントから選ぶことをおすすめします。

注文ノルマなしのメーカー

選び方・基準_注文ノルマがないもの

一人暮らしの場合には注文ノルマがない会社を選ぶことをオススメします。

注文ノルマとは毎月○○本購入すると決まっている、ウォーターサーバー会社との契約のことです。

水を定期的に届けてくれるので便利ですが、水の消費に関係なく新しいボトルが届いてしまいます。

そのため、一人暮らしだと水を消費しきれず、ボトルが溜まることもあるのです。

旅行に行く場合や、外出が多い時期などは家にいないので水も消費しないですよね。

そのためおすすめは注文ノルマのない会社です。

ボトルのタイプ:回収タイプか使い切りタイプのボトルか

選び方・基準_ボトルのタイプ

ウォーターサーバーのボトルには以下の種類があります。

ウォーターサーバーのボトルの種類

  • リターナブル方式…業者に回収される
  • ワンウェイ方式…簡単に捨てることができる使い捨てタイプ

一人暮らしでウォーターサーバーを使う場合には、使い捨てのワンウェイ方式のボトルが扱いやすいです。

その理由は、リターナブル方式のボトルは業者が回収するため、指定の日まで家に置いておく必要があるからです。

一人暮らしの場合は部屋も小さいので、リターナブル方式の空ボトルを部屋に置いておくと邪魔になってしまいます。

ボトルはワンウェイ方式のものを選びましょう。

ウォーターサーバー自体の大きさやデザイン:卓上かどうか

選び方・基準_ウォーターサーバーの大きさやデザイン

ウォーターサーバーは大き目な家電なので、大きさやデザインにも注意しましょう。

電子レンジや冷蔵庫などと同じようにウォーターサーバーも家電のひとつです。
一人暮らしの部屋に置いたら「邪魔だった」という人もいます。

テーブルや冷蔵庫の上における卓上タイプがおすすめです。

水の入ったボトルの設置位置

選び方・基準_ボトルの設置位置

ウォーターサーバーのボトル設置位置は下部にあるものをオススメします。

というのもボトル容量は12L〜が多いからです。

交換のたびに12Lの水を高い位置まで上げるのは、男女関係なく大変なものです。

サーバーの下部に設置できるものと、上部へ設置するものではボトル交換の際に身体にかかる負担が違います。

そのため、ボトルは下部に設置できるものがおすすめです。

月額料金

選び方・基準_月額料金

ウォーターサーバーを自宅に設置すると月額3000円〜6000円の費用がかかります。

ウォーターサーバーにかかる費用は以下の通りです。

ウォーターサーバーにかかる費用

  • 水代
  • サーバーレンタル代
  • メンテナンス代
  • 電気代
  • (解約金)

 

具体的な内訳を見てみましょう。

項目 一人暮らしの月額費用(24L)
水代 2500円〜5000円
サーバーレンタル代 0円〜1000円
メンテナンス代 0円〜2000円
電気代 400円〜1000円
合計 3000円〜6000円程度

上記の表からわかるように、どこのメーカーを選ぶかで費用は変化してきます。

またサーバーのレンタル料金は基本的には無料の会社が多いですが、機能やデザインによっては有料です。

自分の譲れないポイントを理解してから、ウォーターサーバーの導入を決めるのが良いでしょう。

コスパ重視の安いウォーターサーバーについてはこちらで詳しく説明しています。是非ご覧ください。

安いウォーターサーバー3選|一人暮らしや赤ちゃんのいる家庭など状況別におすすめを紹介

それでは、一人暮らしにおすすめなウォーターサーバーをポイント別におすすめをみてきます。

おすすめのウォーターサーバー【一人暮らし向け】比較表

おすすめのウォーターサーバー比較表

今回紹介した各ブランドの以下の項目を徹底比較しました。

ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー比較項目

  • 総合評価
  • 月額料金
  • 500mlあたりの料金
  • 水の種類
  • デザイン
  • 使いやすさ
  • 電気代
  • サポート
  • 宅配エリア
一人暮らし_ウォーターサーバー_アクアクララロゴ 一人暮らし_ウォーターサーバー_プレミアムウォーターロゴ 一人暮らし_ウォーターサーバー_フレシャスロゴ 一人暮らし_ウォーターサーバー_コスモウォーターロゴ 一人暮らし_ウォーターサーバー_クラリラロゴ 一人暮らし_ウォーターサーバー_アルピナウォータロゴ 一人暮らし_ウォーターサーバー_シンプルウォーターロゴ
ブランド アクアクララ プレミアムウォーター フレシャス コスモウォーター クリクラ アルピナウォーター シンプルウォーター
総合評価 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★★ ★★★ ★★★
月額料金(基本プラン) 3,740円 4,233円 5,632円 4,104円 2,920円 2,939円 2,250円
500mlあたりの料金 約71円 約88円 約98円 約86円 約60円 約61円 約62.5円
水の種類 RO水 天然水 天然水 天然水 RO水 RO水 天然水
デザイン
使いやすさ
電気代 300~700円 500~1,000円 300~500円 400~500円 750~1,200円 700~1,000円 300円
サポート
宅配エリア 全国 全国(離島を除く) 全国(沖縄・離島を除く) 全国(沖縄・離島を除く) 全国(沖縄・離島を除く) 全国(沖縄・離島を除く) 全国

続いて一人暮らしにおすすめのウォーターサーバの詳細を見ていきましょう。

各メーカーのキャンペーン情報もまとめています。

人気のウォーターサーバー7選:一人暮らしにおすすめ

一人暮らし用のウォーターサーバー7選

ウォーターサーバーの種類によって月額料金、サイズ、サーバーのレンタル代金、契約期間などが違います。

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーは以下の7つです。

クリクラ:コスパ重視の人におすすめ

クリクラのホームページ

クリクラ
ボトル(12L) 1,460円
サーバーレンタル代 0円
宅配料金 0円
入会金 0円

クリクラのウォーターサーバーはコスパ重視の方におすすめです。

クリクラは9年連続お客様満足度No.1という実績を誇ります。

コスパが良いだけでなく、同社のお水は全国の産院に導入されています。
赤ちゃんでも安心して飲める美味しいお水として人気。

ボトルの形式はリターナブル方式で、上部にセットします。

また、解約金はありませんが、3ヶ月で利用本数が6本未満ならサーバーレンタル代金が1,100円/月が必要です。

クリクラのキャンペーンは以下の3つから選ぶことができます。

無料お試しキャンペーン
  • キャンペーンはクリクラを利用したことがない方を対象
  • 1週間クリクラを体験することが可能(ウォーターサーバーと12Lのボトル1本)
  • 無料でウォーターサーバー体験ができる嬉しいキャンペーン
クオカードプレゼントキャンペーン
  • 契約する意向がある方を対象
  • 契約月の翌月末までにクオカード3,000円分をもらえる
ご契約ボトル2本プレゼントキャンペーン
  • 新規で申し込みすると24Lのボトルを2本プレゼント

 

フレシャス:おしゃれなデザインも重視する人におすすめ

フレシャスのホームページ

料金 dewo(パック式7.2L) FRECIOUS富士 1,155円
FRECIOUS朝霧高原 1,140円
FRECIOUS木曽 1,170円
dewo mini(パック式4.7L) FRECIOUS富士 925円
Slat(ボトル式9.3L) FRECIOUS富士 1,506円
Slat+cafe(ボトル式9.3L) FRECIOUS富士 1,506円
SIPHON+(パック式7.2L) FRECIOUS富士 1,155円
FRECIOUS木曽 1,170円
サーバーレンタル代 0円
配送料 0円

フレシャスのウォーターサーバーはデザインを重視する方におすすめです。

同社のウォーターサーバーは2016年のグッドデザイン賞も受賞しています。

フレシャスは購入ノルマなしで、定期配送(1~4週毎と配送周期を選べる)のスキップが可能です。

また、以下にフレシャスで行われているキャンペーンをまとめました。

天然水1箱無料キャンペーン
  • 新規で申し込んだ方に無料で天然水1箱をプレゼント
  • 加えてダブルウォールグラスかマイバックのどちらがプレゼント
ウォーターサーバー乗り換えサポート
  • 他社ウォーターサーバーからフレシャスに乗り換える方向けのキャンペーン
  • 他社で発生する解約金をフレシャスが最大16,500円までキャッシュバックにより負担

 

プレミアムウォーター:配置スペースを気にしている人におすすめ

プレミアムウォーターのホームページ

プレミアムウォーター
12Lセット(2本)

7Lセット(2本)

3,974円

3,542円

サーバーレンタル代 レンタル代金無料

  • スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)
  • スリムサーバーⅢ(卓上型ショートタイプ)
  • amadanaスタンダードサーバー

レンタル代1,100円/月

  • amadanaウォーターサーバー
  • QuOL
配送料金 0円(7Lボトルのみ)

プレミアムウォーターのサーバーはスペースに配慮したい方におすすめです。

プレミアムウォーターはワンウェイ方式のボトルを上部にセットします。

ワンウェイ方式のボトルなので、スペースの節約になりますね。

基本プランは2年契約、PREMIUM3年パックは3年契約なので解約金は発生します。

新規申し込みキャンペーン
  • 新規でWebから申し込みをするとQUOカード2,000円分プレゼント
乗り換えキャッシュバックプレゼント
  • 他社サービスを利用中でプレミアムウォーターに新規で契約する方が対象
  • 他社サービスの解約違約金を上限16,500円まで負担

コスモウォーター:ボトル交換を楽にしたい人におすすめ

コスモウォーターのホームページ

コスモウォーター
月2本(24L) 3,800円
サーバーレンタル代 0円
配送料金 0円
サイズ(幅×奥裕×高さ) 30×34×110(cm)
契約期間 2年

コスモウォーターのウォーターサーバーは交換を楽にしたい方におすすめです。

コスモウォーターはワンウェイ方式のボトルをサーバーの下部にセットします。

そのため、重い水を持ち上げる必要がなく、片手でらくらくとボトル交換することができます。

一人暮らしで持ち上げるのが大変という人には、このように下部にボトルをセットするタイプがおすすめです。

また、ワンウェイ方式のボトルなので、交換のタイミングでボトルを捨てることができます。

冬の新規ご契約キャンペーン
  • 期間中に新規契約した方が対象
  • GreenPan(グリーンパン)片手鍋プレゼント(抽選300名)
  • さらにクレジット決済を利用する方には、「木のお椀ペアセット」が抽選で当たる(抽選100名)

のりかえキャンペーン

  • 他社ウォーターサーバーからのりかえると、全員に「現金5,000円」をキャッシュバック

アクアクララ:自分のペースで水を使いたい人におすすめ

アクアクララのホームページ

アクアクララ
12Lボトル

安心サポート料金

1,320円

1,000~2,000円/月

サーバーレンタル代 0円
配送料 0円

アクアクララは注文ノルマがなく自分のペースで水を使いたい人や予想外の出費をなくしたい方におすすめです。

アクアクララはリターナブル方式のボトルを上部にセットします。

安心サポート料金とはボトルの宅配料、注文ノルマ、サーバーの定期メンテナンス、故障対応といった、予想外の追加料金をなくすためのものです。

そのため、月額料金はサーバーごとの安心サポート料金+注文したボトル代のみになります。

アクアクララのキャンペーン情報を以下にまとめました。

かならずもらえるキャンペーン
  • アクアクララに新規で入会した方を対象
  • 「レコルト エアーオーブン」または「ソーダストリーム ジェネシスv2」のどちらかがプレゼント
のりかえキャンペーン
  • 他社ウォーターサーバーからアクアクララに乗り換えると、JCBギフトカード5,000円分がプレゼント

アルピナウォーター:注文ノルマなしがいい人におすすめ

アルピナウォーターのホームページ

アルピナウォーター
12Lボトル 1,050円
18.9Lボトル 【東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城】

1,640円

【栃木・群馬・福島】

1,740円

配送料 0円
スタンダードサーバー(床置き型・関東限定)

サイズ(高さ×横幅×奥行)

572円/月

100×27×37(cm)

床置き型

サイズ(高さ×横幅×奥行)

【東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城】

572円/月

【大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・愛知】

572円/月

【栃木・群馬・福島】

600円/月

97×30×31(cm)

卓上型

サイズ(高さ×横幅×奥行)

【東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城】

572円/月

【大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・愛知】

572円/月

【栃木・群馬・福島】

6000円/月

59×30×31(cm)

アルピナウォーターは注文ノルマがないほうがいい方におすすめです。

一人暮らしの場合、水を使いきれない場合もあります。

しかしノルマありだと、強制的に水が追加で届いてしまうのです。

そのため水を余らせてしまう、なんてことになりかねません。

「ノルマなし」は一人暮らしの人に最も嬉しい形です。

アルピナウォーターはリターナブル方式のボトルをサーバー上部にセット。

アルピナウォーターは以下の2種類のキャンペーンからひとつだけキャンペーンを選択することができます。

冬のキャンペーン
  • 初回アルピナウォーター12Lボトル4本とAmazonギフト券5,000円分が申込者全員にプレゼント
  • 抽選でパナソニック 電気圧力鍋、コンパクトホットプレート、パナソニック 電波振動ハブラシ、ソーダストリーム スターターキット、アルコールハンドジェルなどがプレゼント
のりかえキャンペーン
  • 他社のウォーターサーバーを利用中にアルピナウォーターに乗り換えた場合に10,000円キャッシュバック

 

シンプルウォーター:ノルマなしで卓上タイプがいい人におすすめ

シンプルウォーターのホームページ

シンプルウォーター
天然水 鳴沢の森林水(6L×3パック) 2,250円
サーバー代金 13,800円※
配送料 北海道:400円

東北:100円

関東・北陸・信越・中部・近畿:0円

中国:200円

四国:300円

九州:400円

沖縄:1,500円

※サーバー代金はスタートアップキャンペーンで0円

シンプルウォーターは卓上タイプでコンパクトに使え、月のノルマもありません。

定期購入はありますが、毎月のノルマはありません。

定期購入のキャンセルは制限なしで利用可能。

上部のパックホルダーにセットする形式ですが、ボトルが6Lなので負担は少ないです。

ウォーターサーバープレゼントキャンペーン
  • 2020年11月1日~2021年5月31日の期間に新規で申し込んだ方を対象
  • ウォーターサーバー(15,180円)が無料でプレゼント
子育て応援プラン
  • 満5歳以下のお子様がいらっしゃるご家庭
  • お水を1割引きで提供
  • ご契約から1年以上経過した後、お子様の誕生月に粗品プレゼント

ウォーターサーバーを一人暮らしで必要とする人

一人暮らしでウォーターサーバーが必要な人

ウォーターサーバーは便利というけれど、本当に必要なのか判断に迷う方もいるかもしれません。

ここからはウォーターサーバーがあると便利な人と、そうでない人の特徴をみていきます。

以下の特徴に当てはまる人はウォーターサーバーがあると便利です。

お湯を使う人や水をよく使う人

ウォーターサーバー必要な人_お湯や水をよく使う人

ウォーターサーバーは水だけではなく、お湯をすぐ利用することができます。

そのため、お湯を沸かす手間が省けるので、料理をする際や朝の忙しい時に時短をすることができます。

インスタント食品をよく食べる方はヤカンやケトルなどでお湯を沸かす必要がなく、疲れているときなどすぐに食事をすることができます。

自宅にいる時間が長い人

ウォーターサーバー必要な人_在宅時間が長い人

在宅ワークなどで在宅時間が長い人はウォーターサーバーの利用頻度が多くなります。

喉が渇いたときや、外出するのが面倒なときも常に水はあるので生活することが可能。

また、ペットボトルの飲み物を買うことが少なくなるので、その分ゴミを捨てる機会や手間が省けます。

外出先で飲み物を買う人

ウォーターサーバー必要な人_外出先で飲み物を買う人

自宅からマイボトルに水を美味しい水を入れて外出することで節約にもつながります。

毎日外出の際に飲み物を買った場合は約4,500円かかります。

150(円)×30(日)=4,500(円)

毎日マイボトルを持って外に出ることで、節約になります。

ウォーターサーバーを一人暮らしで必要としない人

一人暮らしでウォーターサーバーがいらない人

ウォーターサーバーは便利な電化製品ですが、人によっては「あまり便利さを感じない・恩恵を受けない」という人もいます。

以下の特徴に当てはまる一人暮らしの人はウォーターサーバーがいらない人です。

一人暮らしでウォーターサーバーがいらない人

お湯が必要ない人・お湯を沸かす時間を待てる人

ウォーターサーバーいらない人_お湯が必要ない人

水もそんなに飲まなくて、料理などでもお湯を消費しないという人はウォーターサーバーのメリットを感じることが少ないです。

ウォーターサーバーは水だけではなく、お湯も瞬時に利用することができます。

しかし、お湯を沸かす時間にほかの作業をする人はあまり恩恵を受けません。

在宅時間が少ない人

ウォーターサーバーいらない人_在宅時間が少ない人

昼間は仕事で自宅にはいない、帰ってもすぐに寝ることが多い人はウォーターサーバーを利用する機会は相対的に少なくなります。

しかし、朝と夜に1杯ずつ水を飲む人だと1ヶ月で12Lほどの水を消費します。

そのような習慣がある方は便利さを感じることができます。

水の購入ノルマが達成できない人

ウォーターサーバーいらない人_購入ノルマが達成できない人

月に水の購入ノルマが設定されている会社と契約した場合には、購入ノルマを守る必要があります。

水を思ったよりも消費できず、購入ノルマが達成できない人にはおすすめできません。

会社によっては一人暮らしに厳しいノルマが設定されているので、無理をして水を消費することを強いられます。

よくある質問

ウォーターサーバーに関してよくある質問

ウォーターサーバーに関するよくある質問を以下にまとめました。

ウォーターサーバーに関するよくある質問

  • 不在時に水が届いたらどうなる?
  • 長期間留守にするときは電源を切ってもいいの?
  • 一人暮らしの1ヶ月の水の消費量はどのくらい?

Q.不在時に水が届いたらどうなる?

不在時に水が届いたらどうなる?

A.サーバー会社やボトルのタイプによって対応が変わります。

新しく水が届くときには、そのほかの荷物を運ぶのと同じように配達業者を介している場合がります。

その場合には不在表がポストに投函されていますので、改めて都合が合う日に調整をしましょう。

ワンウェイ方式のボトルは回収が必要ありませんが、リターナブル方式のボトルは回収を必要としています。

Q.長期間留守にするときは電源を切ってもいいの?

長期間留守にするときは電源を切ってもいいの?

A. 基本的には電源は切りません。

数週間ぶりにウォーターサーバーを使用する場合には、最初にコップ3、4杯分の水を排出してから利用するようにしましょう。

また、ウォーターサーバーの水は開封後の賞味期限が1ヶ月のものもあります。

1ヶ月前後使用しなかった場合には、ボトルの水は交換しましょう。

Q.一人暮らしの1ヶ月の水の消費量はどのくらいですか?

一人暮らしの1ヶ月の水の消費量はどのくらい?

A. 家で使う飲料は一般的には1ヶ月で12~24L消費します。

朝と夜に200mlずつ水を飲んだ場合には、1ヶ月で12Lほど消費します。

1日にもっと水を使う人は12Lより容量が大きいものを選びましょう。

Q. ウォーターサーバーの電気代はいくらかかるの?

ウォーターサーバーの電気代は500円から1000円程度と言われています。

ただし最近は省エネモード搭載のサーバーが登場。

メーカーによっては月々の電気代が300円台のものもあります。

しかし、電気代だけに注目するのではなく、水代やサーバー代など総合的な費用を考えて選ぶ必要があります。

電気代についてはこちらの記事で詳しく説明しています。ぜひご覧ください。

ウォーターサーバーの電気代はいくら?|11社の比較や節約術を紹介

【シミュレーション】一人暮らしのウォーターサーバー使用量と月額費用

「ウォーターサーバーのお水はどれくらい使うのかわからない?」
「水の使用量によって値段はどれくらい変わるのかな?」

という方もいると思います。

この章では水の使用スタイルによって変化する水の使用量を計算します。

コップ1杯 200ml
ご飯1合 200ml
その他の料理 1000ml
マイボトル 500ml
水の料金(12Lあたり) 1460円(クリクラ)

上記の条件で試算します。

ケース①毎日自炊をする人

  • 朝晩にコップ1杯の水を飲む
  • 毎日自炊する
  • コーヒーやお茶も飲む
  • マイボトルを持参する

1月あたりの水の使用量:69L

  • コップ200ml×1日2回×30日=12L
  • 自炊1日1L×30日=30L
  • マイボトル500ml×30日=15L
  • お茶/コーヒー200ml×1日2回x30日=12L

1ヶ月のウォーターサーバー代の目安:8760円(税込)

ケース②料理には使わないけど、家にいる時間がほとんどの人

  • 朝晩と日中にコップ1杯の水を飲む
  • コーヒーやお茶も飲む
  • 家の中でこまめに水分補給をするように心掛けている

1月あたりの水の使用量:36L

  • コップ1杯200ml×1日4回x30日=24L
  • お茶/コーヒー200mlx1日2回x30日=12L

1ヶ月のウォーターサーバー代:4380

ケース③外食が基本で自炊はほとんどしない人

  • 朝晩コップ一杯の水を飲む
  • 自炊はしない
  • 朝昼はお弁当で、夜は外食

1月あたりの水の使用量:12L

  • コップ1杯200ml×1日2回×30日=12L

1ヶ月のウォーターサーバー代:1460円(税込)
12Lはおよそボトル1本分に相当するが、ウォーターサーバーを契約する場合、毎月2本と決められているところもある。ノルマなしのウォーターサーバーを選ぶと良い。

ケース④たまに自炊する人

  • 朝晩コップいっぱいの水
  • 週に3回は自炊

1ヶ月の水の使用量:25L

  • コップ1杯200ml×1日2回×30日=12L
  • 自炊1日1L×13日=13L

1ヶ月のウォーターサーバー代:2920

 

ここまでみてきたようにどのようにウォーターサーバーの水を使用するかは、個人の生活スタイルによって変わります。

特に自宅にいる時間が少なく、自炊も少ないよという方にはボトルのノルマがないウォーターサーバーがおすすめです。

おすすめのノルマなしウォーターサーバーはこちら

まとめ:ウォーターサーバーは一人暮らしでもコスパが良い

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー_まとめ

ウォーターサーバーは一般的に一人暮らしには贅沢、余計なコストがかかると思われがちです。

しかしすぐに美味しい水が飲める、お湯が出る、重たい水を持ち運ばなくて良いなどメリットも多いです。

そのため、一人暮らし家庭でもウォーターサーバーの導入は増えています。

一人暮らしでウォーターサーバーを便利に使える人・恩恵を受けることができる人

  • 普段よく水を購入する人
  • よくお湯を使う人や水をよく使う人(時短につながる)
  • 在宅時間が長い人
  • 外出先で飲み物を買う人

また、一人暮らしにおすすめウォーターサーバーの特徴を下記にまとめました。

クリクラはコスパも良く、最初の1ヶ月は無料でお試しできます。

ウォーターサーバーの導入を迷っている方は一度クリクラで試してみてはいかがでしょうか。

きっと生活が便利になることを実感できるはずです。

「一人暮らし用のウォーターサーバー」をざっくりいうと

クリクラのホームページ